六波羅蜜寺さんの写真です。
このあたり一帯はかつて平家一門のお屋敷が立ち並んでいた場所。その数5000を越えるというから、その繁栄ぶりがわかります。

六波羅蜜寺の写真素材


それらは平家の衰亡とともに焼けてなくなり、鎌倉時代には鎌倉幕府の六波羅探題が置かれました。

六波羅蜜寺の写真素材

このお寺は仏師運慶一族の菩提寺だったことから、宝物館にはたくさんの木像が安置されています。
もっとも有名なものは、口から阿弥陀を出す「空也上人像」と経文を読む「平清盛坐像」 。

六波羅蜜寺の写真素材

夏の万灯会のときの六波羅蜜寺。日差しが強い。

六波羅蜜寺の写真素材

お盆の前の迎え鐘も撞くことができます。
大混雑の六道珍皇寺に比べるといくらかすいているようです。

六波羅蜜寺の写真素材

本堂は室町時代の建物で、応仁の乱でも焼けずに残った貴重な建築物です。

六波羅蜜寺の写真素材

平清盛公の塚。供養塔。
右側は阿古屋塚。

六波羅蜜寺の写真素材