2013年5月の記事一覧

京都大学

案内 写真はクリックすれば拡大

京都大学の正門を入ったところ。時計台と巨大なクスノキが目を引きます。
京都大学のメインキャンパスである吉田キャンパス。
レストランもあるしカフェもあるし、京都大学の学生じゃなくてもばんばん利用するといいですよ。

京都大学の写真素材


今出川通りの北、理学部や農学部の入り口。

京都大学の写真素材


吉田キャンパスを俯瞰。
左側が理学部の建物で、右側が農学部の建物だと思います。

京都大学の写真素材


遠くからも時計台はよく目立ちます。

京都大学の写真素材


京都大学の写真素材


京都大学宇治キャンパス。自然科学系・エネルギー系の研究所が集まります。

京都大学宇治キャンパスの写真素材


宇治市五ケ庄にあります。元は陸軍の敷地だったところ。

京都大学宇治キャンパスの写真素材


ちょっと遠い桂キャンパス。
写真はCクラスターの真ん中あたり。緑の部分がワイルド。

京都大学桂キャンパスの写真素材


地域のひとびとにも開かれており、気軽に立ち入れる雰囲気です。

京都大学桂キャンパスの写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

善峯寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

秋には素晴らしい景色を誇る西山の善峯寺

善峯寺の紅葉の写真素材

カエデの赤も黄色も鮮やかです。西山のカエデはいつも色がきれい。
大きな屋根は最初にくぐる山門。

善峯寺の紅葉の写真素材


けっこうな標高差を登っていきます。お稲荷さんの前も真っ赤っか。


眺望も素晴らしい。

伽藍と紅葉越しに遠く京都の街を見渡せます。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

善峯寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野の善峯寺さんの写真です。

遠くから見る善峯寺の写真素材

桜の名所であり、紫陽花の名所であり、紅葉の名所でもあります。秋明菊の景色も知られています。西山の中腹に建ち、眺望も素晴らしいお寺です。
徳川綱吉の生母、桂昌院ゆかりのお寺でもあります。

山門。拝観受付はここにあります。

善峯寺の山門の写真素材


雨の日の山門。

雨の善峯寺の写真素材


山門と新緑。

善峯寺の写真素材


本堂。ご本尊は十一面千手観世音菩薩。

善峯寺の本堂の写真素材


本堂はまだまだ下のほうにあり、ここからどんどんと山を登っていくことになります。

善峯寺の写真素材


長い長い飛龍の松。

善峯寺の桜の写真素材

桂昌院お手植えの枝垂桜。

善峯寺の桜の写真素材

善峯寺の桜の写真素材


多宝塔と紅枝垂桜。

善峯寺の桜の写真素材

高低差があるので、桜の咲くタイミングはかなりずれます。下のほうの桜が満開でも上のほうはツボミだったりします。

善峯寺の桜の写真素材

しあわせ地蔵の向こうに広がる桜あじさい苑。

善峯寺の桜の写真素材

自分の回りの人の幸せを願いつつ、桜を見る。

善峯寺の桜の写真素材

どの桜も大きくて立派です。

善峯寺の桜の写真素材


蜜を吸いに来るヤマガラ。

善峯寺の桜とヤマガラの写真素材


どんどん登っていきます。

善峯寺の桜の写真素材


見下ろせば圧巻の景色。

善峯寺の桜の写真素材


池に映るしだれ桜も見ることができます。

善峯寺の桜の写真素材


絵馬堂と葉桜になった桂昌院お手植えの枝垂桜。

善峯寺の写真素材

多宝塔と新緑。

善峯寺の写真素材

サツキが咲き始めました。

善峯寺の写真素材

かなり上まで登ってきました。桂昌院さんの前からの見晴らしが素晴らしい。

善峯寺の写真素材


善峯寺の桜の写真素材


京都タワー、京都駅、清水寺、東寺の五重塔などがなかなか良いバランスで見えます。
手前の緑は桂川の土手。

善峯寺からの眺望の写真素材


雨に煙る善峯寺さんの紫陽花苑の写真です。ひと回りするとずぶ濡れになります。

善峯寺の紫陽花の写真素材

別の日の善峯寺の紫陽花苑の写真。
今回は快晴でちょっと風情がありませんが、紫陽花の色がくっきり鮮やかです。

善峯寺の紫陽花の写真素材


善峯寺の紫陽花の写真素材


善峯寺の紫陽花の写真素材

善峯寺の紅葉写真はこちらに



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

高山寺(青もみじ・紅葉)

案内 写真はクリックすれば拡大

高山寺の紅葉

京都の世界遺産の中ではもっとも地味で渋好みのお寺、高山寺さん。 高山寺

高山寺の青もみじ

紅葉シーズン以外は無料で入れるのもうれしいです。
青もみじのころが素敵です。森林浴というかんじです。

高山寺の青もみじ

国宝の石水院。

石水院から見る青もみじの景色。
高山寺の青もみじ

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

随心院の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
隨心院(隨心院)の紅葉
山科の随心院さんの庭園の紅葉は素晴らしいです。 隨心院の紅葉
真っ赤なカエデが印象的です。 隨心院の紅葉
隨心院の紅葉

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

随心院

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の随心院さんの写真です。
初めて見るとおどろく襖絵。

随心院の襖絵の写真素材

塀からあふれる桜と椿。

随心院の写真素材


随心院の桜の写真素材


随心院の桜の写真素材


真っ赤なキリシマツツジ。

随心院の庭園の写真素材

ピンクのトキワマンサク。

随心院の庭園の写真素材


随心院の庭園の写真素材

シャクナゲ。

随心院の庭園の写真素材

庭園の青もみじ

随心院の皐月と青もみじの写真素材


ツツジとサツキが2列になっていて、6月はサツキがきれいです。

随心院の皐月と青もみじの写真素材


紅葉。

随心院のもみじの写真素材


小野の梅苑。

随心院の梅の写真素材

3月の後半に見頃を迎える遅めの梅が多いです。

随心院の梅の写真素材


梅らしい格好の良い枝ぶり。

随心院の梅の写真素材


開催されるはねずおどりと満開のタイミングが合えば、ほんとうに美しい空間になります。

随心院の梅の写真素材

随心院の梅の写真素材


随心院の梅の写真素材

唐実桜でしょうか。梅と同時に満開でした。

随心院の梅の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

楊谷寺

案内 写真はクリックすれば拡大

柳谷観音 楊谷寺さんの境内にはたくさんの紫陽花が植えられています。
その数は5000株近いとか。

楊谷寺の紫陽花の写真素材


楊谷寺の紫陽花の写真素材

楊谷寺さんは紅葉の名所でもあります。

楊谷寺の紅葉の写真素材

楊谷寺の紅葉の写真素材


楊谷寺の紅葉の写真素材

山奥にあるためか、参拝客は比較的少ないですので、落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。

楊谷寺の紅葉の写真素材


楊谷寺の紅葉の写真素材


楊谷寺の紅葉の写真素材


奥の院からふりかえる景色。サザンカも咲いています。

楊谷寺の紅葉の写真素材


池を見下ろす崖に書院の建物がつくられています。

楊谷寺の紅葉の写真素材

書院のすぐそばに赤いカエデがあります。

楊谷寺の紅葉の写真素材


楊谷寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

神泉苑

案内 写真はクリックすれば拡大

神泉苑の雪景色

雪の日の朝7時前の神泉苑です。 御池通りも真っ白で、クルマもあまり走っていません。 北側の門は閉まっているのを知らなかった。
神泉苑の雪景色 御池通りからの写真素材

南側の歩道から。

神泉苑の雪景色の写真素材

静まり返っている池に映る赤い橋、法成橋。
善女竜王社は金色に光る。

神泉苑の雪景色 池と赤い橋の写真素材

垣根はサザンカで、たくさんの花が咲いていますが、雪の下で目立ちません。

神泉苑の雪景色 池と赤い橋 サザンカの写真素材


神泉苑のツツジ


ツツジ満開の5月の神泉苑
神泉苑のツツジの写真素材

神泉苑のツツジの写真素材

法成就池のまわりをぐるりとツツジが彩ります。

神泉苑のツツジの写真素材


ただし、池の周りをずっと歩けるわけではないので、遠目に見るだけのところもあります。

神泉苑のツツジの写真素材



4月。桜咲く神泉苑の池。

京都 神泉苑の桜の写真素材

二条城の南側にある神泉苑は東寺真言宗のお寺。
二条城の南といっても、元は平安京大内裏に接して造営された禁苑で、二条城自体が昔は神泉苑の敷地でした。
桓武天皇を始めとして歴代の天皇が行幸しています。
西寺の守敏と東寺の空海が雨乞いバトルをしたのもここ。
源義経と静御前が電撃の出会いを果たしたのもこの神泉苑であります。
863年に神泉苑で行われた御霊会が祇園祭の起源とされています。

ご本尊は聖観音・不動明王・弘法大師。
境内の法成就池のほとりの歳徳神は可動式で、毎年年の暮れに恵方にロックオンされます。
境内には料亭「祇園神泉苑平八」があります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

勧修寺

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の勧修寺さんの四季折々の写真です。

そうだ京都行こうにも登場した桜の景色。

山科 勧修寺の桜の写真素材

観音堂の影がくっきり。日差しの強い春の日。

山科 勧修寺の桜の写真素材

山科 勧修寺の桜の写真素材

観音堂をくるむようにソメイヨシノが満開です。

山科 勧修寺の桜の写真素材

桜のあとはキリシマツツジ。

山科 勧修寺のカキツバタの写真素材

青もみじ。

山科 勧修寺の青もみじの写真素材

カキツバタと睡蓮咲く氷室池。
勧修寺のお庭は、氷室池をめぐる池泉回遊式庭園です。

山科 勧修寺のカキツバタの写真素材

花しょうぶ咲く氷室池。雨。

山科 勧修寺の花しょうぶの写真素材

勧修寺の蓮。


山科 勧修寺の青もみじ

氷室池の蓮はちょっと見頃より早かったようです。

山科 勧修寺の青もみじ

勧修寺の紅葉写真です。

山科 勧修寺のもみじ写真素材


たくさんの種類のカエデが植えられていてゴージャスなお庭です。

山科 勧修寺のもみじ写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

梅宮大社(霧島ツツジ・藤・花菖蒲 他)

案内 写真はクリックすれば拡大

子授け・安産の神。また酒造の神として信仰を集める梅宮大社さんの写真です。
梅宮大社の楼門。随身門。

梅宮大社


梅宮大社拝殿と本殿。

梅宮大社


梅宮大社


ゴールデンウィークの梅宮大社の神苑では霧島ツツジが見頃でした。

梅宮大社の霧島ツツジ


梅宮大社の霧島ツツジ


梅宮大社

藤が咲く北神苑。

梅宮大社

花菖蒲もたくさん。

梅宮大社


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [9]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [35]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [20]
  33. 2018年10月 [64]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [68]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [94]
  38. 2018年5月 [105]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [1]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [4]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [2]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [4]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年5月 [2]
  91. 2000年4月 [1]