2018年9月の記事一覧

伏見の大手筋の少し北に建つ源空寺さんの写真です。

源空寺の写真素材

おもしろい形の山門は伏見城から移された遺構。中には豊臣秀吉の持念仏だった朝日大黒天、愛染明王、お地蔵さんが祀られています。

源空寺の写真素材

山門をくぐると境内は左側に深く、門前に立ったときの印象より広いお寺だということがわかります。

源空寺の写真素材

門前の通りは一方通行で、アーケード街の大手筋を渡らねばならないので、車で行くにはちょっと集中力が必要です。

木槿地蔵と呼ばれる西林寺さんの写真です。

西林寺(木槿地蔵)の写真素材


平安時代には大きなお寺だったそうですが、いまはお地蔵さんのおられるお堂だけのお寺です。
木槿の名の通りムクゲの木が植えられています。

お寺の名前より四柱推命の字のほうがだいぶん大きいです。

西林寺(木槿地蔵)の写真素材

福長神社の写真です。
御苑の西、室町通りに面して西向きに建つ神社です。小さな拝殿の向こうに小さな本殿があります。

福長神社の写真素材

平安時代からあったという福井神(さくいのかみ)と綱長井神(つながいのかみ)が合わさったものですが、聚楽第の中に取り込まれたり、聚楽第の取り壊しのため移転させられたり、さらには天明の大火で焼失したりと多難な歴史を経て今の小さな神社に。

前にひょろっと立っていた御神木さえも無くなって、なにもない空間が増えていました。

福長神社の写真素材

京都御苑の西のほうに建つ霊光殿天満宮の写真です。

霊光殿天満宮の写真素材


鳥居の「天下無敵 必勝利運」の額が頼もしい!
これは蒙古襲来に由来するもので、祈祷により元が撤退したということで、後宇多天皇より賜った額なのだそうです。
徳川家康も若いころ祈願に来たといいます。

霊光殿天満宮の写真素材

霊光殿天満宮の写真素材
天下無敵のお守りもあるそうです。大きな勝負をする方は持っておくとよいかもしれません。

上御霊神社の西に建つ猿田彦神社さんの写真です。
平安遷都の直前793年に建てられた神社で、元は大きな神社だったようです。応仁の乱などですっかり燃えてしまいました。
いまでは猫の額ほどの敷地になりましたが、歴史をつないでいる価値はあるのだと思います。
上御霊神社が管理しているそうで、この日もきれいに掃き清められていました。

猿田彦神社の写真素材

亀岡の後水尾天皇ゆかりのお寺、法常寺さんの写真です。

亀岡 法常寺の写真素材


拝観には事前の予約が必要です。今回は予約をしていませんので、自由に歩けるところだけ。
それでもなんとも言えぬ風情があり、楽しめました。

亀岡 法常寺の写真素材


遠くから見ると大きなカエデが赤く染まっているのが見えます。

亀岡 法常寺の写真素材

亀岡の延福寺さんの写真です。
塀の外からも見える大きな十三重石塔は国の重要文化財。

亀岡 延福寺の写真素材


よく手入れされた庭園。大きな桜の木がありますので、春も楽しみです。

亀岡 延福寺の写真素材

亀岡 延福寺の写真素材
左手に回ると赤い二天門が建ちます。

亀岡市の穴太寺のそばに建つ金剛寺さんの写真です。
通りから奥まった場所にひっそりと建っています。

亀岡 金剛寺(応挙寺)

金剛禅寺・応挙寺とも呼ばれるお寺。
円山応挙が8歳から15歳まで小僧として寝起きしていたお寺です。
亀岡 金剛寺(応挙寺)


応挙は50歳を過ぎてからまたここへ来て、襖や壁に絵を描きました。「山水図」「波濤図」「群仙図」がいまも残っています。(「山水図」「波濤図」は東京国立博物館で保管されています。)

亀岡 金剛寺(応挙寺)

養仙寺さんの写真です。
細い細い坂道を進み境内へ。最初に選んだ道は車の幅より狭くなって断念。このあたりの道は本当に狭いです。


丹波七福神のひとつ布袋さんのお寺ということで、境内の至るところで布袋さんがニンマリしておられます。

亀岡 養仙寺の写真素材


境内のお庭は手入れが行き届いています。

亀岡 養仙寺の写真素材


布袋さんの数は500だとか600だとか。とにかくたくさんの布袋さんに出会えます。

亀岡 養仙寺の写真素材

亀岡市千歳町の愛宕神社の写真です。

亀岡 愛宕神社の写真素材


全国にある愛宕神社の総本宮といわれていて、「元愛宕」と呼ばれる神社です。

亀岡 愛宕神社の写真素材

鎌倉時代に建てられた本殿。国の重要文化財指定。

亀岡 愛宕神社の写真素材

亀岡 愛宕神社の写真素材

境内には巨木がいくつも立っており、神域らしい雰囲気です。

亀岡 愛宕神社の写真素材

このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ