2018年9月の記事一覧

源空寺

案内 写真はクリックすれば拡大

伏見の大手筋の少し北に建つ源空寺さんの写真です。

源空寺の写真素材

おもしろい形の山門は伏見城から移された遺構。中には豊臣秀吉の持念仏だった朝日大黒天、愛染明王、お地蔵さんが祀られています。

源空寺の写真素材

山門をくぐると境内は左側に深く、門前に立ったときの印象より広いお寺だということがわかります。

源空寺の写真素材

門前の通りは一方通行で、アーケード街の大手筋を渡らねばならないので、車で行くにはちょっと集中力が必要です。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

西林寺(木槿地蔵)

案内 写真はクリックすれば拡大

木槿地蔵と呼ばれる西林寺さんの写真です。

西林寺(木槿地蔵)の写真素材


平安時代には大きなお寺だったそうですが、いまはお地蔵さんのおられるお堂だけのお寺です。
木槿の名の通りムクゲの木が植えられています。

お寺の名前より四柱推命の字のほうがだいぶん大きいです。

西林寺(木槿地蔵)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

若宮八幡宮(八幡市)

案内 写真はクリックすれば拡大

八幡市民スポーツ公園南側の若宮八幡宮さんの写真です。

若宮八幡宮(八幡市)の写真素材


割り拝殿になっていて、細いところを通り抜けます。

若宮八幡宮(八幡市)の写真素材


小さめの本殿。

若宮八幡宮(八幡市)の写真素材

毎年9月の下旬になると、境内は一面の彼岸花に彩られます。

若宮八幡宮(八幡市)の写真素材


若宮八幡宮(八幡市)の写真素材


木陰の下の至る所に赤い花。

若宮八幡宮(八幡市)の写真素材


お花を踏まないように散策します。

若宮八幡宮(八幡市)の写真素材


こどもの遊具も赤い色に囲まれています。

若宮八幡宮(八幡市)の写真素材


赤いなかで、こどもたちはいつもどおり楽しそうに遊んでいます。

若宮八幡宮(八幡市)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

専琳寺

案内 写真はクリックすれば拡大

八幡市の流れ橋のそばに建つ専琳寺さんの写真です。
浄土真宗本願寺派のお寺です。

専琳寺の写真素材

お寺の裏手はすぐ木津川の土手になっています。
時代劇でお侍さんたちが土手を歩くときには専琳寺さんの屋根が写っていたりします。

専琳寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

福長神社

案内 写真はクリックすれば拡大

福長神社の写真です。
御苑の西、室町通りに面して西向きに建つ神社です。小さな拝殿の向こうに小さな本殿があります。

福長神社の写真素材

平安時代からあったという福井神(さくいのかみ)と綱長井神(つながいのかみ)が合わさったものですが、聚楽第の中に取り込まれたり、聚楽第の取り壊しのため移転させられたり、さらには天明の大火で焼失したりと多難な歴史を経て今の小さな神社に。

前にひょろっと立っていた御神木さえも無くなって、なにもない空間が増えていました。

福長神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

霊光殿天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

京都御苑の西のほうに建つ霊光殿天満宮の写真です。

霊光殿天満宮の写真素材


鳥居の「天下無敵 必勝利運」の額が頼もしい!
これは蒙古襲来に由来するもので、祈祷により元が撤退したということで、後宇多天皇より賜った額なのだそうです。
徳川家康も若いころ祈願に来たといいます。

霊光殿天満宮の写真素材

霊光殿天満宮の写真素材
天下無敵のお守りもあるそうです。大きな勝負をする方は持っておくとよいかもしれません。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

猿田彦神社(上京区)

案内 写真はクリックすれば拡大

上御霊神社の西に建つ猿田彦神社さんの写真です。
平安遷都の直前793年に建てられた神社で、元は大きな神社だったようです。応仁の乱などですっかり燃えてしまいました。
いまでは猫の額ほどの敷地になりましたが、歴史をつないでいる価値はあるのだと思います。
上御霊神社が管理しているそうで、この日もきれいに掃き清められていました。

猿田彦神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

延命寺

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市八木町の曹洞宗のお寺、延命寺さんの写真です。
1645年の創建。

延命寺の写真素材


ススキが揺れる初秋の風景です。

延命寺の写真素材

普段は無住のようで、この日もシンとしており、時折り建物がカタカタと鳴っていました。

延命寺の写真素材


本堂と墓地のあいだに石段があり、その先に鎮守社の八幡宮が建ちます。

延命寺の写真素材


八幡宮の創建は1750年だそうです。

延命寺の写真素材


延命寺には手前の山陰線の踏切を渡ります。

JR山陰線と踏切の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宮垣神社

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡市千代川町に建つ宮垣神社さんの写真です。
創建736年という古社。
前の踏切に目が行くと、見逃してしまいそうなさりげない社頭。

宮垣神社の写真素材


細い石段をまっすぐ登ると、右手に平らな境内地が現れます。

宮垣神社の写真素材


木漏れ日が差して、苔むした地面を照らします。

宮垣神社の写真素材


覆屋に入った本殿の上にはカエデの木。

宮垣神社の写真素材


本殿から振り返る心地よい神域。

宮垣神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

法常寺

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の後水尾天皇ゆかりのお寺、法常寺さんの写真です。

亀岡 法常寺の写真素材


拝観には事前の予約が必要です。今回は予約をしていませんので、自由に歩けるところだけ。
それでもなんとも言えぬ風情があり、楽しめました。

亀岡 法常寺の写真素材


遠くから見ると大きなカエデが赤く染まっているのが見えます。

亀岡 法常寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]