sozai_head.jpg

京都の桜 一覧

京都の桜名所写真まとめ

案内 写真はクリックすれば拡大

京都らしい桜の名所の写真を並べます。
春の京都の紹介にお役立てください。
なお、京都の桜の写真は別サイトkyoto-sakura.netにまとめています。

醍醐寺の桜

太閤殿下のお花見で有名な醍醐寺の桜。桜の巨木が多すぎて感動が麻痺します。
醍醐寺の桜の写真素材

平野神社の桜

古くからの京のさくらの名所。夜桜で宴会をするなら平野神社。
平野神社の桜の写真素材

清水寺の桜

桜越しの三重塔。
清水寺の桜の写真素材

三年坂(産寧坂)の桜

坂の途中、明保野亭の前に大きく枝を広げる枝垂れ桜。
三年坂(産寧坂)の桜の写真素材

高台寺の桜

1本だけ残った形の良い枝垂れ桜。夜は妖しく照らされます。
高台寺の桜の写真素材


円山公園の桜


往年の樹勢はないものの咲いているだけで感動を呼ぶ祇園の枝垂れ桜。
円山公園の桜の写真素材

毘沙門堂の桜

般若桜とも呼ばれる本堂前の立派な枝垂れ桜です。
毘沙門堂の桜の写真素材

平安神宮の桜

八重紅枝垂れ桜の名所。この時期は神苑に入らずに帰るともったいないです。
平安神宮の桜の写真素材

なからぎの道の桜

京都植物園の西側の賀茂川のほとりの道。
なからぎの道の桜の写真素材

上賀茂神社の桜

巨大な枝垂れ桜ですが、緑の芝生が広いのでそれほど大きく見えません。
上賀茂神社の桜の写真素材

雨宝院の桜

こぢんまりした境内にたくさんの種類の桜が咲き乱れる西陣の美しいお寺。
雨宝院の桜の写真素材


京都御苑の桜


御苑の桜はまず早咲きの枝垂れ桜から始まります。近衛邸跡や出水の桜が有名です。
京都御苑の桜の写真素材


本満寺の枝垂桜


寺町通沿いに建つ本満寺さんの見事すぎる一本桜。
本満寺の枝垂桜の写真素材

哲学の道の桜

哲学の道沿いは桜がいっぱいで、散歩するだけで充実した気分になることができます。
哲学の道の桜の写真素材

琵琶湖疏水の桜

山科・蹴上・岡崎・深草など疏水沿いにはたくさんの桜並木があります。
琵琶湖疏水の桜の写真素材


東寺の桜


遠く岩手県で生まれた立派な枝垂れ桜が春の一番の見所です。
東寺の桜の写真素材


千本釈迦堂の桜


おかめさんゆかりの枝垂れ桜。その名も阿亀桜。
千本釈迦堂の桜の写真素材

二条城の桜

世界遺産のひとつ二条城は桜の名所。お城は広いので、桜にたどり着く前に疲れてしまう人多し。
二条城の桜の写真素材

法金剛院の桜

すこし紫がかった待賢門院桜が見事です。
法金剛院の桜の写真素材

佐野藤右衛門邸の桜

いつでも自宅の敷地に自由に立ち入ることを許しておられる佐野藤右衛門さん。夜には篝火が焚かれ、幽玄の境地に。
佐野藤右衛門邸の桜の写真素材

仁和寺の桜

遅咲きの御室の桜。有名なのでたいへんな人出。
仁和寺の桜の写真素材

原谷苑の桜

ピンクの紅しだれ桜が密集して咲く秘境原谷苑。別格の不思議感。
原谷苑の桜の写真素材


龍安寺の桜


石庭のグレーの景色にピンクを差す枝垂れ桜。
龍安寺の桜の写真素材

大覚寺の桜

勅使門のかたわらに咲く雅な枝垂れ桜。
大覚寺の桜の写真素材

嵐山渡月橋の桜

年中華やかな嵐山渡月橋ですが、桜の季節はまた格別。
嵐山渡月橋の桜の写真素材

天龍寺の桜

断層に沿って圧巻の桜群が続きます。
天龍寺の桜の写真素材

二尊院の桜

二尊の目線の先で咲く優雅な枝垂れ桜。
二尊院の桜の写真素材


常照皇寺の桜


本堂前に咲く御車返しの桜。
常照皇寺の桜の写真素材

黒田の百年桜

ゴールデンウィーク前後になってやっと満開を迎える珍しい桜。
黒田の百年桜の写真素材

背割堤(淀川河川公園背割堤地区)の桜

圧倒的な桜の本数と密度を誇る背割堤。広いので人が多くてもあまり気になりません。
背割堤の桜の写真素材

淀水路の桜

水路沿いに伊豆の河津桜がずらりと並びます。水路までは立ち入ることができないので、写真も撮りやすいです。
淀水路の桜の写真素材


京都の桜、まだまだありますが、ひとまずこれで終わりにします。
そのほかの写真はこちらで探してみてください。>>kyoto-sakura.net


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

嵐山渡月橋・春

案内 写真はクリックすれば拡大

渡月橋は、嵐山というとまず頭に浮かぶ景色。
南にある嵐山は秋の紅葉、春の桜など風景が見事。
平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになったそうです。

嵐山渡月橋の春 桜の写真

橋の長さは155m。2001年にリニューアルされ綺麗になりました。台風でずいぶんと被害を受けましたが、また修復されました。


春の嵐山です。


嵐山や中ノ島に桜が咲いてきれいです。

嵐山渡月橋の春 桜の写真


夜の渡月橋。
橋に満月がかかるはずでしたが、いくら待っても雲の向こう。

嵐山渡月橋の夜の写真


別の夜の渡月橋。
ぼんやりした赤い満月が登ってきました。

嵐山渡月橋の夜 満月の写真


月に暈がかかって目玉焼きだ。

嵐山渡月橋の夜 満月の写真


嵐山渡月橋の夜 満月の写真


嵐山渡月橋の桜写真をもっと見る
梅雨の嵐山 渡月橋の写真はこちら
夏の嵐山 渡月橋の写真はこちら
秋・紅葉の嵐山 渡月橋の写真はこちら
冬の嵐山 渡月橋の写真はこちら



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

琵琶湖疏水の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

山科疏水

桜のピンクと菜の花の黄色、目に鮮やかなコラボレーションが見られる琵琶湖疏水のお花見のベストスポット安朱橋です。日没の写真です。
疏水 桜と菜の花の写真素材

疏水 桜と菜の花の動画素材

こちらは昼間の安朱橋。


次は朝一番の光る桜。

琵琶湖疏水の桜の写真素材


また別の年。少しずつ違う。

疏水 桜と菜の花の写真素材


少し東へ移動して、一燈園あたりの桜。

疏水 桜と菜の花の写真素材

岡崎疏水

岡崎疏水の桜。満開の中を十石船が行きます。 「岡崎さくら回廊十石舟めぐり」
疏水 桜と船の写真素材

桜の向こうは東山。南禅寺の山門も見えます。

疏水 桜と十石船の写真素材


乗ってみるとけっこうスピードがあって爽快です。
橋のくぐるときに屋根が下がるのがおもしろい。

疏水 桜と十石船の写真素材


夕暮れの岡崎疏水。

疏水 桜と船の写真素材

光の中を十石船が行きます。

疏水 桜と船の写真素材


しばらくすると船溜まりで折り返して帰ってきます。

疏水 桜と船の写真素材


もうすぐ日没。

疏水 夕日と桜の写真素材

松ヶ崎疏水

このあたりは桜が満開でも普通の日常生活の朝。
松ヶ崎疏水の写真素材

松ヶ崎疏水の写真素材


藤森疏水


疏水を渡る京阪電車と桜。
京阪電車と疏水と桜の写真素材


名神高速道路が見えます。

京阪電車と疏水と桜の写真素材


伏見インクライン


むかしはここにもインクラインがありました。
濠川と名前が変わって、その上を近鉄が渡ります。
近鉄電車と桜の写真素材




琵琶湖疏水の桜写真をもっと見る


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

毘沙門堂の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の北の果て、毘沙門堂の有名な枝垂桜「般若桜」の写真です。

山科毘沙門堂の枝垂桜


JR東海CMそうだ京都行こうシリーズでも美しい映像が全国に流れました。

山科毘沙門堂の枝垂桜


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

背割堤

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治川と木津川のあいだの堤防、背割堤の写真です。
淀川河川公園背割堤地区。

背割堤の写真素材

1.4kmにわたり、両側に220本のソメイヨシノが植えられており、どれもが巨木といえるほどになっています。
まさに桜の名所です。

背割堤の写真素材


ハイスピードで自転車が走る。
土手の下は両側とも走りやすい平坦な道です。
歩くひと、トレーニングするひと、暴走するひとなど様々。

背割堤の写真素材


さくらであい館。
連なる桜を優雅に見下ろせる塔です。

背割堤の写真素材


木津川御幸橋から見る桜のライン。

背割堤の写真素材


男山の展望台から見る背割堤。
こっち側が木津川で、向こう側が宇治川です。

背割堤の写真素材


天王山から見る背割堤。

背割堤の写真素材


土手を歩けば両側が桜。早朝はまだひとが少ない。

背割堤の写真素材


どこまでも続く桜のライン。

背割堤の写真素材


桜に先駆けてピンクのハナモモが咲きます。

背割堤のハナモモ 写真素材

背割堤のハナモモ 写真素材

背割堤のハナモモ 写真素材


思わず立ち止まって写真を撮るひとも多いです。

背割堤のハナモモ 写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

仁和寺

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産、御室仁和寺さんの写真です。
「仁和寺にある法師」の仁和寺です。

京都 仁和寺の写真素材


昔々の仁和寺。
草でタクシーや自動車を隠しました。ちょっと見えているけど。

京都 仁和寺の写真素材


堂々たる仁和寺の山門。

京都 仁和寺の写真素材


近くの山から見える仁和寺の五重塔。

京都 仁和寺の写真素材


仁和寺の五重塔。

京都 仁和寺の写真素材


京都 仁和寺の写真素材


双ヶ丘の一の丘から見る仁和寺境内。

双ヶ丘から見た仁和寺境内の写真素材

同じ場所から桜の季節。

双ヶ丘から見た仁和寺境内の写真素材


西から遠望する仁和寺五重塔。

京都 仁和寺の写真素材

福王子神社のちょっとややこしい交差点も見えます。

京都 仁和寺の写真素材


比叡山が背景になって見ごたえのある景色です。

京都 仁和寺の写真素材

五重塔と比叡山のうえに満月が出ました。

仁和寺の五重塔と満月の写真素材


法輪寺の舞台から見る仁和寺五重塔。

京都 仁和寺の写真素材

さらに遠くの山から見る仁和寺五重塔と比叡山。

仁和寺の五重塔の写真素材


仁和寺の五重塔の写真素材


五重塔があるだけで風景が引き締まる気がします。

仁和寺の五重塔の写真素材

すぐ近くから見上げる早春の五重塔。

京都 仁和寺の写真素材

青もみじと五重塔。

京都 仁和寺の写真素材


まっすぐ歩いてくると突き当たるのは国宝の建物、金堂。

京都 仁和寺の写真素材


金堂から振り返る青もみじと青空。

京都 仁和寺の写真素材


御室の桜は初夏はこんなかんじ。立ち入ることはできません。

京都 仁和寺の写真素材



仁和寺の桜写真はこちらに移動しました仁和寺の桜

京都 仁和寺の桜の写真素材

別名「お多福桜」というそうですが、そんなふうに呼んでいる人見たことないなあ。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

仁和寺の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の世界遺産のひとつ、仁和寺さんの春の写真です。

京都 仁和寺の桜の写真素材

京都 仁和寺のミツバツツジの写真素材

境内のあちこちにミツバツツジが咲いています。

京都 仁和寺の五重塔の写真素材

京都 仁和寺のミツバツツジの写真素材


京都 仁和寺のミツバツツジの写真素材

仁和寺といえば、遅咲きの御室桜が有名ですが、その前にたくさんのソメイヨシノが咲き、紅枝垂れ桜もたいへん綺麗です。
御室桜のときほど人が多くないのもうれしい。

京都 仁和寺の写真素材


仁和寺の五重塔と紅枝垂桜・ソメイヨシノのコラボ。

京都 仁和寺の写真素材

仁和寺の五重塔と紅枝垂桜。
枝垂桜のころは、御室の桜はまだつぼみです。

京都 仁和寺の写真素材

さて、こちらが仁和寺の主役の桜、遅咲きで知られる背の低い御室桜です。

中門からのぞく桜の園。

京都 仁和寺の御室桜の写真素材

京都 仁和寺の御室桜の写真素材


京都 仁和寺の御室桜の写真素材

京都 仁和寺の御室桜の写真素材


京都 仁和寺の御室桜の写真素材

五重塔がアクセント。

京都 仁和寺の御室桜の写真素材

京都 仁和寺の写真素材
仁和寺の桜、もっと見る

青もみじの季節になりました。桜の区域には立ち入り禁止です。

京都 仁和寺の写真素材

また次の春。
あと二週間ほどで咲く御室の桜。

京都 仁和寺の写真素材


つぼみがふくらんでいます。

京都 仁和寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

龍安寺の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

移動しました


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙覚寺

案内 写真はクリックすれば拡大

門前に立派な枝垂桜の咲く妙覚寺さんの写真です。

妙覚寺の桜の写真

妙覚寺の桜の写真


妙覚寺大門は豊臣秀吉の聚楽第の遺構。

妙覚寺の桜の写真


枝垂桜の終わったあとは八重桜。これもまた美しい。

妙覚寺の八重桜の写真

妙覚寺の八重桜の写真


桜が終わったあとの緑の門前の景色。
葉桜もいいものです。

妙覚寺の八重桜の写真


妙覚寺は織田信長の定宿となっていたお寺ですが、歴史的事件があった本能寺に比べればあまり知られていません。斎藤道三が少年時代に得度したお寺でもあり、そのつながりで信長の宿所になったのです。

妙覚寺の写真


正面の大きなお堂は祖師堂。

妙覚寺祖師堂の写真


広い本堂の前は法婆園
5月の法婆園は青もみじと苔で緑一色。

妙覚寺の法婆園の写真


ポットに熱いお茶が用意されていて、のどを潤しながら、お庭を眺めることができます。

妙覚寺の法婆園の写真

妙覚寺の法婆園の写真


次は紅葉の妙覚寺。
外側からも庭園のカエデは見えます。

妙覚寺の紅葉の写真


紅葉の法婆園。開放的な景色です。

妙覚寺の紅葉の写真

拝観のお客さんも少なく、ゆったりカエデを眺めることができます。

妙覚寺の紅葉の写真

鳶が舞っています。

妙覚寺の紅葉の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

西願寺

案内 写真はクリックすれば拡大

和束町湯船の307号線沿いに建つ西願寺さんの写真です。
道路を見下ろすように咲く大きな枝垂れ桜が有名です。

和束町湯船の西願寺の桜の写真素材

5月新緑の西願寺
枝垂れ桜の緑に圧倒されます。

和束町湯船の西願寺の写真素材


爽快な新緑の色です。初夏でもススキは生えてますね。

和束町湯船の西願寺の写真素材


花より葉っぱのほうが密度が高いのでとても重量感がありますね。

和束町湯船の西願寺の写真素材


ススキいっぱい、秋の西願寺
桜は散って緑色の景色。

和束町湯船の西願寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [9]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [35]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [20]
  33. 2018年10月 [64]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [67]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [94]
  38. 2018年5月 [107]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [1]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [4]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [2]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [3]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年5月 [2]
  91. 2000年4月 [1]