sozai_head.jpg

京都の雪 一覧

京都市内は年に2〜3回しかが積もりません。それもお昼には融けてしまうことが多いです。
雪の写真を撮り溜めるのは何年もかかります...。

金閣寺

が積もったとき、たくさんの方の脳裏に「そうだ!雪の金閣寺を見よう!」という思いがわき起こるようで、そんな日の金閣寺は拝観券を買うのに長い行列ができてしまうほど。 ひとことで言えば「激混み」です。帰りのバス停もたいへんなことに...。 金閣寺の雪景色 雪の金閣寺の写真

銀閣寺

金閣寺ほどではありませんが、雪の銀閣寺も混みます。 雪が多いと山手を回遊できる道が通行止めになりますので、いつもより歩ける範囲がだいぶんせまくなります。 雪の日の銀閣 雪の銀閣寺の写真

清水寺

元々美しい景色をほこる清水さん。雪の積もった清水の舞台はさらに綺麗です。 舞台は傾斜しているので、すってんころりん事故防止のため舞台の外側は入れなくなります。 清水寺の雪 雪の清水寺の写真

清水・二年坂

絵になる清水の二年坂や三年坂。転ぶと二年以内・三年以内に死にますのでそろそろと歩いてください。 二年坂の雪 雪の二年坂・三年坂の写真

平安神宮

敷地が広いだけに平安神宮は雪が積もるとシンプルで美しい光景を見ることができます。 早朝から開いていますので、写真を撮るなら暗いうちに。 平安神宮の雪 雪の平安神宮の写真

貴船神社

本殿への石段の雪景色がきれいです。駅から雪の中を歩くのは難儀します。 奥宮まで行けば、雪の深さが違います。 最近では積雪のある日だけライトアップを行っておられます。 貴船神社の雪景色 雪の貴船神社の写真


鞍馬寺


鞍馬山に雪が積もると本殿までのつづら折りの山道を歩くのはなかなかたいへん。
山奥だけに景色は雄大です。
奥の院までも行けますが、わたしはやめておきました。
鞍馬寺の雪景色
雪の鞍馬寺の写真

妙満寺

岩倉幡枝の妙満寺さんのお庭は有名な「雪の庭」。ぜひ雪の日にごらんください。 妙満寺の雪景色

下鴨神社

世界遺産下鴨神社の雪景色。雪でも初詣客は続々と。 下鴨神社の雪景色

上賀茂神社

世界遺産上賀茂神社の雪景色。広大な芝生の参道が雪で真っ白に。 上賀茂神社の雪景色

鴨川

川の雪景色は広がりがあっていいですね。 京都 鴨川の雪 無料写真

相国寺

同志社のすぐ北側にありますが、雪が積もると山奥のお寺みたいになりました。 相国寺の雪景色

天龍寺

天龍寺さんは世界遺産。池越しの雪景色がきれいです。屋根にたくさん雪を積んでいます。 天龍寺の雪景色

渡月橋

京都の雪景色の定番のひとつ。白い嵐山を背景にした渡月橋は確かにとても美しい。 京都 嵐山 渡月橋の雪

常寂光寺

小倉山の中腹の常寂光寺さんの雪景色。多宝塔が雪に映えます。

愛宕念仏寺

愛宕念仏寺まで歩くとなるとけっこうたいへんです。でも雪積もる羅漢さんは見応えがあります。 愛宕念仏寺の雪景色

祇王寺

雪の積もった苔庭に陽が差すとカエデの影がゆらゆらとできて幻想的。 祇王寺の雪景色

仁和寺

御室桜のころもある意味雪景色のようですが、本当の雪景色もまた格別です。 仁和寺の雪景色

龍安寺

ザロックガーデンインザスノウ。 軽い積もり方で砂紋がうっすら見えるほうが良しとされます。 龍安寺の雪景色

青蓮院

青蓮院門跡の雪景色。建物の中の畳も床も冷え冷えとしていました。 雪の青蓮院門跡

霊鑑寺

寒い季節、霊鑑寺さんはずっと閉まったままです。でも門前の景色はいいです。 雪の霊鑑寺

安楽寺

安楽寺さんも冬は閉まっています。 雪の安楽寺

哲学の道

哲学の道を歩くひとも秋が終われば少ないです。雪の日はあまり人に会いませんでした。 哲学の道・雪 雪の哲学の道の写真

南禅寺

雪の中、参拝者はちらほらとありました。 南禅寺の雪 雪の南禅寺の写真

永観堂

モミジの永観堂も真っ白。ついひと月前は境内は真っ赤だったのに魔法のようです。 永観堂の雪景色 雪の永観堂の写真

毘沙門堂

雪が降ると良い景色がいっぱいの毘沙門堂。
毘沙門堂 本堂の雪景色
雪の毘沙門堂の写真


雨の京都の写真はこちらに

相国寺(しょうこくじ)

同志社大学に隣接する大きな境内を持つ相国寺さんの雪景色。 相国寺の雪景色

清水寺(きよみずでら)

少し雪の積もった朝一番の仁王門。

いわゆる「清水の舞台」です。寄棟造・桧皮葺きで139本の柱に支えられて崖に立っています。江戸時代の再建ですが、もとは坂上田村麻呂が長岡京の紫宸殿を賜わったものとされ、寝殿造風の豪壮優美な建物。舞台からは市街を一望できます。 清水寺の雪

清水の舞台から子安の塔のほうを眺めて。 清水寺の雪

だんだん空に色がついてきました。 清水寺の雪

清水寺の雪 清水寺近辺の旅館はこちら


清水の舞台を子安の塔から見たところ。雪。 清水寺の雪

遠くの山に雪。

音羽の滝も朝はだれもいません。
雪の日の銀閣 雪の日の銀閣です。 銀閣(観音殿)は国宝。 足利義政の山荘として造営、没後寺となった銀閣寺。北山文化に対し東山文化の中心となりました。



銀閣寺・金閣寺の写真はテレビや書籍には使えないようです。 個人的な目的にのみお使いください。

愛宕念仏寺の石仏

奥嵯峨の清滝トンネルに近いところに建つ愛宕念仏寺さんは1200体もの石の羅漢さんで有名です。
愛宕念仏寺の石仏


愛宕念仏寺の石仏


愛宕念仏寺の雪景色

奥嵯峨 愛宕念仏寺の雪景色画像です。
京都市内より雪深い山あいです。
愛宕念仏寺の雪景色

京都奥嵯峨 愛宕念仏寺の雪景色です。石仏に囲まれた多宝塔にも雪が積もります。 愛宕念仏寺の雪景色

愛宕念仏寺の新緑とシャガ

4月5月になると境内はシャガの花だらけ。
愛宕念仏寺


青もみじも清々しい。
愛宕念仏寺の石仏

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5

金閣寺(きんかくじ)

雪の日の金閣寺さん。
雪はもう融けかけですが、それでも綺麗です。

少しずつ違う角度から見た金閣を。

陽が差して金閣がキラキラと輝き、


その代わりに雪はどんどん融けていきます。


裏側から見る金閣。

陸舟の松にも雪。 (世界遺産鹿苑寺 冬)



銀閣寺・金閣寺の写真はテレビや書籍には使えないようです。 個人的な目的にのみお使いください。

雪の積もった建勲神社
こちらは船岡山のふもと。建勲神社の石段の一番下。

雪の建勲神社

建勲神社の社殿。

雪の建勲神社

船岡山の写真はこちら

桜咲く建勲神社

建勲神社の桜

社殿のかたわらに美しい枝垂桜があります。

建勲神社の桜

建勲神社の桜

雪の日の真如堂さん。
いろいろな角度から三重塔を撮ってみました。
まずはほとんどの方が登るなだらかな石段から。

真如堂の雪景色 三重塔

その右側の細い道から。

真如堂の雪景色 三重塔

北東側から。青空が広がり、雪はどんどん融けていきます。

真如堂の雪景色 三重塔

本堂で参拝してから、縁へ出て三重塔を振り返って。雪が吹き込むので濡れているところが多かったです。

真如堂の雪景色 本堂から見た三重塔 


本堂裏もとてもきれい。

雪の真如堂 本堂の裏

大徳寺山内で随時拝観できる塔頭寺院のひとつ瑞峯院さん。
まずは雪景色から。雪の積もった「独坐庭」。

大徳寺瑞峯院の雪の枯山水

今回のようにどばっと雪が降っても、瑞峯院の豪快な波紋は埋もれません!

大徳寺瑞峯院の雪の枯山水

小さな茶庭にも雪。

大徳寺瑞峯院の庭


初夏の瑞峯院。

大徳寺 瑞峯院の枯山水



大徳寺 瑞峯院の枯山水

大徳寺山内の西側に建つ塔頭高桐院さん。常時拝観できる少ないお寺のひとつです。

雪の大徳寺高桐院 入り口

絵になる長い一直線。ですが、向こうでカメラを構えて待っている人がいると慌てて通過しなければならなくて焦る道。

雪の大徳寺高桐院 参道

高桐院のメインは書院から見る横長のお庭です。小さい灯籠がひとつだけど真ん中に立っています。

雪の大徳寺高桐院 書院

これだけ開いているから、足元は冷え冷えです。
長く座っているひとはいませんでした。
こんな日はカメラマンばかりなので、全員奥側に張り付いて譲り合って撮っています。

雪の大徳寺高桐院 書院

端から見るお庭。ときどき木に積もった雪がサラサラっと落ちてきます。

雪の大徳寺高桐院 書院

高桐院は1601年細川忠興(三斎)が創建したお寺。開山は玉甫紹琮。
書院の前に広がる「楓の庭」は一面の苔とカエデの庭。真ん中の石灯籠は鎌倉時代のもの。
境内には細川三斎とガラシャ夫人の墓がある。
李唐筆の山水画「絹本墨画山水図」二幅は国宝。
大徳寺高桐院の拝観料は大人400円。お抹茶をいただくこともできます。

このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ