sozai_head.jpg

京都の行事 一覧

京都の花手水

案内 写真はクリックすれば拡大

近年流行の花手水の写真です。
はなちょうずと読みます。(はなてみずと書いてあるところもあります。)
お寺や神社の手水舎や蹲踞の水面をお花で埋め尽くす手法です。

元気が出る北野天満宮の花手水。梅の紋がデザインされています。

北野天満宮の花手水の写真素材

柳谷観音さんの花手水

柳谷観音の花手水の写真素材


ほぼグレーであるはずの蹲踞に色があふれているのを見つけると、ハッとしますね。
カエデのハートのグラデーション。

柳谷観音の花手水の写真素材

柳谷観音の花手水の写真素材


宝泉院さんの花手水。

宝泉院の花手水の写真素材


飛行神社さんの花手水

飛行神社の花手水の写真素材


東福寺勝林寺さんの花手水

東福寺勝林寺の花手水の写真素材


正方形に切ってみる。

東福寺勝林寺の花手水の写真素材


紫陽花の季節の真如堂さんの花手水。シンプルな美しさ。

真如堂の花手水の写真素材

紫陽花の季節の岩船寺さんの花手水。

岩船寺の花手水の写真素材


大きな鉢が紫陽花で埋め尽くされています。

岩船寺の花手水の写真素材


いつからか流行り始めたあひる手水。
粟田神社さんのあひる手水です。

粟田神社のあひる花手水の写真素材

初めて見たときは衝撃的でしたが、もう慣れました。
かわいいと思います。

粟田神社のあひる花手水の写真素材


粟田神社のあひる花手水の写真素材


お風呂といっしょでカビてくるのがやっかいかも。

粟田神社のあひる花手水の写真素材

アヒル+お花の手水舎は金戒光明寺さん。
このときは真っ白な花に統一されていました。

金戒光明寺のあひる花手水の写真素材


金戒光明寺のあひる花手水の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

保津川下り

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡から嵐山へと保津峡を下る保津川下りの船の写真です。

スタート地点からしばらくすると請田神社。

保津川 請田神社の写真素材


タイミングが良ければトロッコ列車と何度も出会います。

保津川下りの写真素材


保津川下りの写真素材

ギラギラのなかを行く船。

保津川下りの写真素材


真上から。

保津川下りの写真素材

保津川下りの写真素材


カエデが真っ赤に色づいた保津峡を行く船とトロッコ列車。

保津川下りと嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津川下りの写真素材


保津川下りの写真素材


山陰線保津峡駅のホームの下をくぐります。

保津川下りの写真素材


嵯峨野トロッコ列車のお客さんと手を振り合うシーンも見られます。

保津川下りと嵯峨野トロッコ列車の写真素材

大悲閣や星のやのそばを通過するとゴールは近い。

大悲閣千光寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

嵐山花灯路

案内 写真はクリックすれば拡大

京都嵐山花灯路の写真です。

寒い寒い12月の風吹きすさぶ嵐山渡月橋が闇にくっきり浮かびました。
山はブルー・パープル系の灯りで照らされます。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

寒々しい色だけれどきれいだ。
京都嵐山花灯路 渡月橋の写真素材


別の年の嵐山花灯路。霧が出て幻想的です。対岸の中の島から。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

また北岸に戻りました。市バスを入れて。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

少しずつ移動。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材

それにしても川のそばは寒い。
嵐山花灯路 渡月橋の写真素材


竹林の小径も美しく照らされています。野宮神社から大河内山荘庭園までの道です。
嵐山花灯路 竹の小径

嵐山花灯路 竹の小径


嵐山花灯路 竹の小径

ひと回り歩くと相当な距離になります。
たいへんな露地行灯の数です。準備にはたいへんな労力がかかっていることと思います。
嵐山花灯路 竹の小径


虚空蔵法輪寺のプロジェクトマッピングでトリップ。
嵐山花灯路 虚空蔵法輪寺

頭クラクラ。
嵐山花灯路 虚空蔵法輪寺

グニャグニャ〜!
嵐山花灯路 虚空蔵法輪寺

京都嵐山花灯路(きょうとあらしやまはなとうろ)は2005年から続く京都の冬のイベント。灯りと花の路と題して露地行灯が延々と設置され足元を照らします。
夜間特別拝観は、常寂光寺・野宮神社・宝厳院・法輪寺・落柿舎・大河内山荘庭園など。さらに嵐山モンキーパークいわたやま・嵐山通船・嵯峨野トロッコ列車・嵯峨美術大学なども夜の公開や運行があります。

早春は『東山花灯路』。初冬は嵐山の『嵐山花灯路』。
東山花灯路の写真はこちら


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都のハート形の写真

案内 写真はクリックすれば拡大

京都で見にするハート形の写真をいくつか。

正寿院(宇治田原)のハートの写真素材


ハートが浮かぶアフロ仏。金戒光明寺さんの五劫思惟阿弥陀如来座像。

金戒光明寺 アフロ仏像の写真素材

ハートといえば、どこの寺社でも猪目の形の金具などが使われています。
神社の鈴にもたいていハートがあります。

神社のハートの写真素材

ハート形の猪目窓で人気を集めているのは宇治田原の正寿院さん
いわゆるインスタ女子殺到の幸せを呼ぶインスタ映えフォトジェニック寺!

正寿院(宇治田原)のハートの写真素材


晴れた日、夕方になればハートがダブル!

正寿院(宇治田原)のハートの写真素材

流行りの花手水もハートです。
柳谷観音さんのつくばいのハート。

柳谷観音の花手水の写真素材


柳谷観音さんのベンチのハート穴から紅葉を見る。

柳谷観音のハートの写真素材


出雲大神宮の落ち葉のハート。

出雲大神宮の落ち葉のハートの写真素材


梅雨どきになると、紫陽花が咲くお寺や神社ではハート形の紫陽花探しが始まります。

三室戸寺の紫陽花ハートの写真素材

京都の紫陽花寺、紫陽花神社といえば、藤森神社・善峯寺・三室戸寺・岩船寺・揚谷寺・福知山の観音寺・智積院・三千院など。
ハート紫陽花を一番アピールしているのは宇治の三室戸寺さんでしょう。


いくつか掲載します。
まずは、三室戸寺さんの紫陽花ハート

三室戸寺の紫陽花ハートの写真素材


ハートの紫陽花は探せばどこでも見つかる可能性はあります。
こちらは長福寺さんの紫陽花ハート

長福寺の紫陽花ハートの写真素材

東福寺方丈のハートのサツキ。
サツキの咲く時期は通天橋より方丈の拝観を優先してみてはいかがでしょうか。

東福寺方丈のハートのサツキの写真素材

3色カラーのハートがきれいな東本願寺さんの釘隠し。

東本願寺のハートの写真素材


おひがしさんはハートが多い。

東本願寺のハートの写真素材


小さいハートがだーっと並んでいます。

東本願寺のハートの写真素材


こちらもおひがしさん。

東本願寺のハートの写真素材


石橋のハート。

東本願寺のハートの写真素材


東福寺光明院さんの六葉釘隠しのハート。だいたいどこのお寺にでもあるハートです。

光明院のハートの写真素材


智積院さんの柱にもハート。
ハートとトマトのかわいい飾り。

智積院のハートの写真素材


金ぴかの釘隠しに桔梗とハート。これも智積院さん。

智積院のハートの写真素材


わら天神の杉の切り株、綾杉明神にもハート。

わら天神の杉の切り株のハートの写真素材


いつかニュースになった北山大橋の中州ハート。
自然に消えるので誰にも迷惑はかかりませんが、法律的にはアウトだそうです。

鴨川のハートの写真素材


鴨川のハートの写真素材


福知山城の石垣のハート石。探すとたくさん見つかります。

福知山城の写真素材

網野町八丁浜の岩肌のハートロック。
浦嶋太郎さん(水江浦嶋児)と乙姫さんが出会ったという場所です。

網野町の海のハートロックの写真素材

東光院さんの風鈴に混じって吊るされているハート。

東光院の風鈴祭りの写真素材

京都駅ビルのハート。目立ちすぎていてなんだか恥ずかしい。

京都駅ビルのハートの写真素材


MKタクシーのハート。
通常の行灯はオレンジですが、ピンクのが走ることもあるそうです。

MKタクシーのハートと新幹線の写真素材


木屋町通のハート。

木屋町通のハートの写真素材


そのほか、
石畳のハート形、樹々のあいだから見上げる空のハート形など。
四葉のクローバーやミッキー探しと同様に、ハート形を見つけたときの幸せアハ感は特別ですね。
あとでまた追加します。

仁和寺金堂の懸魚の猪目。
梨木神社の御神木「愛の木」の葉っぱのハート形。
上賀茂神社の摂社片岡社のハート形、葵の形の絵馬。
八坂神社の摂社大国主社のハート形、葵の形の絵馬。
圓光寺のハート石。

など。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の節分

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の各地で行われる節分行事の写真をいくつか。

八坂神社の節分。時間ごとに花街の舞妓さん芸妓さんの舞踊奉納があり、とても華やかです。

八坂神社の節分の写真素材


豆をキャッチしようとするひとも多いが、写真を撮るひともまた多い。

八坂神社の節分の写真素材


北野天満宮の節分。上七軒の舞妓さん芸妓さんも豆をまく。
四角い袋に入った豆はくるくる回転してよく飛びます。

北野天満宮の節分の写真素材


愉快な気分になれる北野追儺狂言は茂山千五郎社中によるもの。

北野天満宮の節分の写真素材


護王神社の節分。たいへん美しい出立の赤鬼青鬼登場。

護王神社の節分の写真素材


いっしょに記念撮影をしてくれる優しい鬼たちです。

護王神社の節分の写真素材

平安神宮の節分。方相氏登場。

平安神宮の節分の写真素材


応天門で矢を放つ。

平安神宮の節分の写真素材

廬山寺の節分。この日は寒すぎて、参拝者は全員ムラサキの唇になりました。鬼は暖かそうでうらやましかった。

廬山寺の節分の写真素材


壬生寺の節分。焙烙をばんばん割る狂言が大人気。

壬生寺の節分の写真素材

千本釈迦堂の節分。おかめさんが活躍。

千本釈迦堂の節分の写真素材

本堂からの豆まきは殻付きのピーナッツだ。

千本釈迦堂の節分の写真素材


吉田神社の節分。人が多すぎて吉田山で遭難しそうになります。
(準備中)


松尾大社の節分。石見神楽の奉納です。

石見神楽 松尾大社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の七夕

案内 写真はクリックすれば拡大

七夕飾りがたくさんの貴船神社の七夕。

貴船神社の七夕の写真素材


貴船神社の七夕の写真素材


貴船神社の七夕の写真素材


晴明神社の七夕。

そのほか高台寺・北野天満宮・白峯神宮など。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京の七夕 鴨川会場

案内 写真はクリックすれば拡大
三条大橋から眺める京の七夕(鴨川会場)です。 仄暗いオレンジの灯りがいくつも見えます。風鈴灯といって、近くを歩くと風に揺れて良い音色を響かせます。 京の七夕の写真素材

京の七夕は鴨川の他に堀川通りや二条城・清明神社など京都の至るところで夜のイベントが行われます。 京の七夕の写真素材

京の七夕の写真素材

納涼床も出ていますし、レストランは大盛況のようです。夜景がきれいなレストラン 京の七夕の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

花祭り

案内 写真はクリックすれば拡大

4月8日のお釈迦様の花祭りの写真です。
花祭りは正式には「灌仏会(かんぶつえ)」「降誕会(ごうたんえ)」などといい、お釈迦様の生まれた日にちなみ法要が行われます。
小さいお釈迦さんに甘茶をジャバジャバとかける行事として、こどもたちにも知られています。
「天上天下唯我独尊」がお釈迦様のセリフ。

花祭りの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

五山送り火 大文字・舟形・妙・法・左大文字・鳥居形

案内 写真はクリックすれば拡大

望遠レンズも持っていないので、毎年山の近くまで行って五山送り火を撮っています。

左大文字の送り火の写真素材


なにしろ1年にひとつしか撮れないので、なかなか写真が撮れません。
しかも1時間も燃えていませんから、失敗したらまた来年〜です。
ようやくここまで来ました。いやはや。

こちらは銀閣寺近くから見た大文字の送り火。
2014年の豪雨のあとの送り火です。

五山送り火 大文字の写真素材

五山送り火 大文字の写真素材


大雨洪水警報の中の送り火です。鴨川の河川敷は泥水の下に。どんな天候でも命がけでやり遂げるそうです。すごいです大文字保存会!

五山送り火 大文字の写真素材


2019年の台風10号が通り過ぎたのあとの大文字の送り火です。吉田山の東側斜面から。

大文字の送り火の写真素材


大文字の送り火の写真素材

大文字の送り火の写真素材


宝ケ池の球技場から見た妙法の妙の送り火。
2016年の送り火です。わかりにくいですが土砂降りの中の送り火でした。

妙の送り火の写真素材


妙の送り火と狐坂。

妙の送り火の写真素材


妙の送り火の写真素材

こちらは松ヶ崎の北山通の近くから見た妙法の法の字。
下のおうちの丸窓がちょっとおしゃれ。

五山送り火 妙法の写真素材

妙法が並んでいます。法のほうが少し斜面が険しい。

妙の送り火の写真素材

京都五山送り火の舟形を至近距離から。
舟形のふもとのゴルフ場からの撮影です。

五山送り火 舟形の写真素材


初夏の舟山を比叡山から。

五山送り火 舟形の写真素材

五山送り火 舟形の写真素材


丹鉄と舟山。

五山送り火 舟形の写真素材


こちらは船岡山近くから見た左大文字の送り火。
2015年の送り火です。雨予報だったからか人出は少なめ。京都府警の発表は6万人。

左大文字の送り火の写真素材


左大文字のある大文字山。

左大文字の送り火の写真素材


ふもとでは金閣寺がきらりと輝いています。

左大文字と金閣の写真素材


こちらは清涼寺の北側あたりから見た鳥居形の送り火。
2013年の送り火です。


近所のひとが犬の散歩をしながら送り火を見物。のどかな風景です。

京都 五山の送り火 鳥居形の写真素材

広沢池の灯籠流し。鳥居形の点火の前です。

京都 広沢池の灯籠流しの写真素材

カエルの声に包まれて、田んぼで見る鳥居の送り火。空には三日月。
こちらは2018年の送り火です。

京都 五山の送り火 鳥居形の写真の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の雛人形・雛飾り

案内 写真はクリックすれば拡大

桃の節句の雛飾りの写真です。

京都の雛人形・雛飾りの写真素材


随心院さんで毎年飾られる豪華な雛飾りです。

京都の雛人形・雛飾りの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [8]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [18]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [35]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [20]
  33. 2018年10月 [64]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [68]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [94]
  38. 2018年5月 [105]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [1]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [4]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [1]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [4]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年5月 [2]
  91. 2000年4月 [1]