2018年8月の記事一覧

獅子崎稲荷神社

案内 写真はクリックすれば拡大

宮津湾を見下ろす丘の上に建つ獅子崎稲荷神社さんの写真です。
獅子崎はしいざきと読むようです。

獅子崎稲荷神社の写真素材


朱の鳥居をくぐりながら石段を登っていけば、中腹にお稲荷さんが祀られています。

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


さらに上まで登れば展望台になっていて、東屋と小さな祠が建ちます。

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材

この位置は雪舟の国宝「天橋立図」と見る角度が似ているので、雪舟観と呼ばれています。
ただし雪舟さんの絵はドローンっぽい俯瞰になっており、且つ、デフォルメされているので、同じ印象の景色を見ることはできません。

獅子崎稲荷神社の写真素材


日没の雪舟観。

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材

ミツバツツジが群生していて、4月には丘全体がピンクになります。

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


散策する路が整備されています。

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

離湖

案内 写真はクリックすれば拡大

網野町の小さな淡水湖、離湖の写真です。
真ん中に離山がポコッと浮かぶように見え、味わいのある景色になっています。

離湖の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

本願寺(久美浜町)

案内 写真はクリックすれば拡大

久美浜町の本願寺さんの写真です。
730年、奈良時代に行基が創建したと伝えられる古刹。

本願寺(久美浜町)の写真素材


山門には熊目撃の張り紙があり、びびりながらくぐることに。

本願寺(久美浜町)の写真素材


夏の境内。

本願寺(久美浜町)の写真素材


なだらかな屋根の美しい本堂は鎌倉時代のもので、丹後で現存する最古の建物。重要文化財。

本願寺(久美浜町)の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

八幡神社(四所駅)

案内 写真はクリックすれば拡大

舞鶴市の京都丹後鉄道宮舞線「四所駅」駅前に建つ八幡神社さんの写真です。

四所駅前 八幡神社の写真素材


石段を登れば神社の杜に覆われて社殿が建ちます。
珍しい三角屋根の本殿かと思えば、

四所駅前 八幡神社の写真素材


こちらは正面ではなくサイドなのでした。

四所駅前 八幡神社の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

通妙寺

案内 写真はクリックすれば拡大

鳥辺山の墓地の中に建つ通妙寺さんの写真です。

通妙寺の写真素材

門前の道は墓地の中をゆるやかに上っていき、やがて清水寺の境内に入ります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

鳥辺山妙見堂

案内 写真はクリックすれば拡大

鳥辺山の墓地の中のお堂、妙見堂の写真です。鳥辺山妙見大菩薩妙見宮。

鳥辺山妙見堂の写真素材


絵馬堂は懸崖作りの見晴し台になっていて、景色を見ながらホッとできます。江戸時代からある見晴し台です。

鳥辺山妙見堂の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

実報寺

案内 写真はクリックすれば拡大

東山五条の実報寺さんの写真です。
高い位置にある山門へまっすぐ登って行く石段はとても雰囲気が良いです。

実報寺の写真素材

大谷本廟のそばに建つお寺で、墓地も隣のお寺と隣接しており、一見、どこまでが実報寺さんのお墓なのかわかりません。

実報寺の写真素材


本堂。

実報寺の写真素材


開山本廟。

実報寺の写真素材

そのかたわらにはお俊伝兵衛のお墓もあります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

本寿寺

案内 写真はクリックすれば拡大

鳥辺山の大谷道に建つ本寿寺さんの写真です。
本法寺のお墓を守るお寺です。
ここは歌舞伎の「鳥辺山心中」の舞台となった場所。

本寿寺の写真素材

昔は大きな白梅の木がありましたが、もうないようです。

本寿寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

壬生寺

案内 写真はクリックすれば拡大

壬生寺さんの写真です。
節分会と壬生狂言が有名なお寺です。
991年創建の律宗のお寺。

壬生寺の写真素材

お盆の万灯供養会。雨脚の強いなか、参拝者がちらほらと。

壬生寺 万灯供養会の写真素材


壬生寺の写真素材


壬生寺の写真素材


千体仏塔と本堂。

壬生寺の写真素材


門の外からも千体仏塔がよく見えます。

壬生寺の写真素材


節分の壬生寺。大勢の参拝客でごったがえします。壬生狂言がくりかえし上演されます。

壬生寺 節分会の写真素材

真冬ですが、たくさんの屋台も出てにぎやかです。

壬生寺の写真素材

壬生寺は新選組ゆかりの地としても知られています。新選組の隊士たちが訓練を行った場所でもあり、実際に隊士たちが壬生狂言を見て楽しんだことも記録にあるそうです。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

梛神社(元祇園社)

案内 写真はクリックすれば拡大

元祇園とも呼ばれる梛神社の写真です。
八坂神社の古址にあたる神社です。交通量の多い四条通り沿いに建ちます。

梛神社(元祇園社)の写真素材


梛神社(元祇園社)の写真素材


梛神社(元祇園社)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年1月 [3]
  2. 2021年12月 [3]
  3. 2021年11月 [1]
  4. 2021年10月 [4]
  5. 2021年9月 [3]
  6. 2021年8月 [1]
  7. 2021年7月 [2]
  8. 2021年6月 [2]
  9. 2021年5月 [3]
  10. 2021年4月 [2]
  11. 2021年3月 [2]
  12. 2021年2月 [1]
  13. 2020年12月 [3]
  14. 2020年11月 [4]
  15. 2020年10月 [29]
  16. 2020年8月 [34]
  17. 2020年7月 [10]
  18. 2020年6月 [8]
  19. 2020年5月 [21]
  20. 2020年4月 [8]
  21. 2020年3月 [6]
  22. 2020年2月 [4]
  23. 2020年1月 [26]
  24. 2019年12月 [6]
  25. 2019年11月 [2]
  26. 2019年9月 [8]
  27. 2019年8月 [1]
  28. 2019年7月 [10]
  29. 2019年6月 [25]
  30. 2019年5月 [8]
  31. 2019年4月 [16]
  32. 2019年3月 [19]
  33. 2019年2月 [11]
  34. 2019年1月 [12]
  35. 2018年12月 [15]
  36. 2018年11月 [16]
  37. 2018年10月 [67]
  38. 2018年9月 [63]
  39. 2018年8月 [54]
  40. 2018年7月 [29]
  41. 2018年6月 [95]
  42. 2018年5月 [95]
  43. 2018年4月 [93]
  44. 2018年3月 [35]
  45. 2018年2月 [47]
  46. 2018年1月 [10]
  47. 2017年12月 [8]
  48. 2017年11月 [7]
  49. 2017年1月 [4]
  50. 2016年12月 [27]
  51. 2016年11月 [10]
  52. 2016年7月 [1]
  53. 2016年6月 [1]
  54. 2016年4月 [1]
  55. 2016年1月 [1]
  56. 2015年12月 [5]
  57. 2015年8月 [3]
  58. 2015年6月 [4]
  59. 2015年5月 [2]
  60. 2015年3月 [3]
  61. 2014年12月 [2]
  62. 2014年11月 [5]
  63. 2014年10月 [1]
  64. 2014年9月 [3]
  65. 2014年6月 [7]
  66. 2014年5月 [4]
  67. 2014年4月 [1]
  68. 2014年3月 [3]
  69. 2014年2月 [6]
  70. 2014年1月 [9]
  71. 2013年12月 [3]
  72. 2013年9月 [3]
  73. 2013年8月 [3]
  74. 2013年6月 [1]
  75. 2013年5月 [6]
  76. 2013年4月 [14]
  77. 2013年3月 [7]
  78. 2013年2月 [2]
  79. 2013年1月 [4]
  80. 2012年12月 [4]
  81. 2012年11月 [7]
  82. 2012年10月 [9]
  83. 2012年9月 [8]
  84. 2012年8月 [16]
  85. 2012年7月 [2]
  86. 2012年6月 [1]
  87. 2011年5月 [4]
  88. 2011年4月 [9]
  89. 2010年7月 [1]
  90. 2008年8月 [1]
  91. 2008年7月 [1]
  92. 2008年6月 [2]
  93. 2000年7月 [1]
  94. 2000年5月 [2]
  95. 2000年4月 [1]
  96. 2000年3月 [2]