2018年8月の記事一覧

獅子崎稲荷神社

案内 写真はクリックすれば拡大

宮津湾を見下ろす丘の上に建つ獅子崎稲荷神社さんの写真です。
獅子崎はしいざきと読むようです。

獅子崎稲荷神社の写真素材


朱の鳥居をくぐりながら石段を登っていけば、中腹にお稲荷さんが祀られています。

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


さらに上まで登れば展望台になっていて、東屋と小さな祠が建ちます。

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材

この位置は雪舟の国宝「天橋立図」と見る角度が似ているので、雪舟観と呼ばれています。
ただし雪舟さんの絵はドローンっぽい俯瞰になっており、且つ、デフォルメされているので、同じ印象の景色を見ることはできません。

獅子崎稲荷神社の写真素材


日没の雪舟観。

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材

ミツバツツジが群生していて、4月には丘全体がピンクになります。

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


散策する路が整備されています。

ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


ミツバツツジ 獅子崎稲荷神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

離湖

案内 写真はクリックすれば拡大

網野町の小さな淡水湖、離湖の写真です。
真ん中に離山がポコッと浮かぶように見え、味わいのある景色になっています。

離湖の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

本願寺(久美浜町)

案内 写真はクリックすれば拡大

久美浜町の本願寺さんの写真です。
730年、奈良時代に行基が創建したと伝えられる古刹。

本願寺(久美浜町)の写真素材


山門には熊目撃の張り紙があり、びびりながらくぐることに。

本願寺(久美浜町)の写真素材


夏の境内。

本願寺(久美浜町)の写真素材


なだらかな屋根の美しい本堂は鎌倉時代のもので、丹後で現存する最古の建物。重要文化財。

本願寺(久美浜町)の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

八幡神社(四所駅)

案内 写真はクリックすれば拡大

舞鶴市の京都丹後鉄道宮舞線「四所駅」駅前に建つ八幡神社さんの写真です。

四所駅前 八幡神社の写真素材


石段を登れば神社の杜に覆われて社殿が建ちます。
珍しい三角屋根の本殿かと思えば、

四所駅前 八幡神社の写真素材


こちらは正面ではなくサイドなのでした。

四所駅前 八幡神社の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

通妙寺

案内 写真はクリックすれば拡大

鳥辺山の墓地の中に建つ通妙寺さんの写真です。

通妙寺の写真素材

門前の道は墓地の中をゆるやかに上っていき、やがて清水寺の境内に入ります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

鳥辺山妙見堂

案内 写真はクリックすれば拡大

鳥辺山の墓地の中のお堂、妙見堂の写真です。鳥辺山妙見大菩薩妙見宮。

鳥辺山妙見堂の写真素材


絵馬堂は懸崖作りの見晴し台になっていて、景色を見ながらホッとできます。江戸時代からある見晴し台です。

鳥辺山妙見堂の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

実報寺

案内 写真はクリックすれば拡大

東山五条の実報寺さんの写真です。
高い位置にある山門へまっすぐ登って行く石段はとても雰囲気が良いです。

実報寺の写真素材

大谷本廟のそばに建つお寺で、墓地も隣のお寺と隣接しており、一見、どこまでが実報寺さんのお墓なのかわかりません。

実報寺の写真素材


本堂。

実報寺の写真素材


開山本廟。

実報寺の写真素材

そのかたわらにはお俊伝兵衛のお墓もあります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

本寿寺

案内 写真はクリックすれば拡大

鳥辺山の大谷道に建つ本寿寺さんの写真です。
本法寺のお墓を守るお寺です。
ここは歌舞伎の「鳥辺山心中」の舞台となった場所。

本寿寺の写真素材

昔は大きな白梅の木がありましたが、もうないようです。

本寿寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

桂離宮

案内 写真はクリックすれば拡大

桂離宮の参観は2018年11月から有料になりました。
その前にまた見ておこうと思い、出かけました。無料のうちの駆け込み人気でいつもより申込みが多いようでしたが、真夏でしたので簡単に予約できました。

桂離宮の写真素材


参観はスタッフの説明を受けながら、グループが一団となってお庭を巡る形式。建物内には入れませんが、茶室の待ち合いに腰を下ろしたり、茶室の縁に腰掛けたりもできますし、すぐ近くから見学できます。建物内にカメラを向けてもOKでした。
桂離宮はカエデが多く、紅葉の時期にはたいへんな美しさになります。
逆に桜はかなり少ないです。

桂離宮の写真素材


桂離宮の写真素材

真ん中の石橋は天橋立、右手に出っ張っている浜が州浜。先に石灯籠が立ちます。

桂離宮の写真素材


わざとらしく飛んできてとまってくれる白鷺。
白鷺の向こうの建物は書院と月波楼。

桂離宮の写真素材


石橋は400年間落ちたことはないが、人はばんばん落ちるそうです。渡った先が松琴亭。

桂離宮の写真素材


青と白のモダンな松琴亭の襖。

桂離宮の写真素材


「笑意軒」。船に乗って行く茶室。

桂離宮の写真素材


丸い下地窓が6つ。

桂離宮の写真素材


池と月を眺める月波楼。

桂離宮の写真素材

書院。古書院・中書院・楽器の間・新御殿の建物がつながっています。

桂離宮の写真素材


京都御所の写真
仙洞御所の写真
修学院離宮の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

仙洞御所・大宮御所

案内 写真はクリックすれば拡大

京都御苑の中の南東側の大きな長方形、仙洞御所の写真です。

外から見ると長い長い塀。見た目は京都御所とあまり変わりません。

仙洞御所の塀の写真素材


中には大宮御所と、大きな池をめぐる素晴らしい池泉回遊式庭園が広がります。面積は9万平方メートルを超えます。
仙洞御所は建物自体は火事で焼失し、いまは庭のみです。

仙洞御所の跡地。建物はなにもなく、森です。

仙洞御所の写真素材


大宮御所御常御殿。いまも皇族の方が泊まるところ。

仙洞御所の塀の写真素材


仙洞御所の藤の写真素材

仙洞御所 写真素材

ガラス戸に白いカーテン。そして、梅の木。

仙洞御所の写真素材

4月は松竹梅よりツツジに目をひかれます。

仙洞御所の写真素材


参観は無料ですが事前申込み制で、説明を受けながら一団となって順路通りに進みます。ぼーっとしてグループから離れると係の人に怒られます。
北池。

仙洞御所の写真素材

水は琵琶湖疏水から引かれています。

仙洞御所の写真素材


池のかたすみに一艘のふねが浮かんでいます。

仙洞御所の写真素材


水が流れ込んでいます。

仙洞御所の写真素材

仙洞御所の写真素材


南池。橋の上は藤棚になっています。

仙洞御所の藤棚 写真素材

仙洞御所の藤棚 写真素材

藤が見頃のときにぜひ行ってみてください。

仙洞御所の藤の写真素材

仙洞御所の藤の写真素材


仙洞御所の藤棚 写真素材

仙洞御所の藤棚 写真素材


仙洞御所の藤棚 写真素材


仙洞御所の藤棚 写真素材


橋を渡るとキリシマツツジ。

仙洞御所の藤の写真素材

岸に敷かれた玉石はきっちりとサイズが統一されていて壮観です。11万個もあるそうです。

仙洞御所の写真素材


次に行ったときには12万個に増えていました。

仙洞御所の写真素材

醒花亭と又新亭の2つの茶室が建ちます。写真は醒花亭。敷地のもっとも南に建つ建物です。

仙洞御所醒花亭の写真素材


醒花亭。

仙洞御所の醒花亭の写真素材


醒花亭。

仙洞御所の醒花亭の写真素材

やはり仙洞御所が最も美しいのは紅葉の時期。
塀の中にこんなにカラフルな世界があるとは、来てみないとわかりません。

仙洞御所の塀の写真素材


それでも予約がとれないほどではなく、少し早めに申し込んでおけば取れますし、ピークのときにも当日受付は出ていました。(たくさん並んでおられましたが)

仙洞御所の塀の写真素材


もみじ山にかかる橋。

仙洞御所の塀の写真素材


仙洞御所の塀の写真素材


仙洞御所の塀の写真素材

もみじ山に渡る橋の下の細い水路で北池と南池がつながっているようです。

仙洞御所の写真素材

近年、仙洞御所の敷地で、豊臣秀吉の最後のお城「京都新城」の遺構が見つかりました。
京都新城は秀吉が亡くなるその前年に完成した城で、まだまだ謎多き城だということです。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ