sozai_head.jpg

京都の山・川・海・自然 一覧

京都のコスモス

案内 写真はクリックすれば拡大

みなさん、今回ご紹介するのは亀岡の「夢コスモス園」です。

亀岡の夢コスモス園の写真素材

赤・白・ピンク・黄色、見渡す限りのコスモス畑。きれいですねえ。

亀岡の夢コスモス園の写真素材


わあ〜きれい〜!

亀岡の夢コスモス園の写真素材

見てください。幸せそうなカップルがコスモスに埋もれそう。

亀岡の夢コスモス園の写真素材


こんなところ歩いてみたぁい。

亀岡の夢コスモス園の写真素材

面積はなんと4.5ヘクタール!
コスモスの数はなんと800万本!

亀岡の夢コスモス園の写真素材

800万本!?
これだけあったらきっとお高いんでしょう?

亀岡の夢コスモス園の写真素材

こーんなにたくさんのコスモスが満開の「夢コスモス園」が、たったの600円。

亀岡の夢コスモス園の写真素材


600円?すごぉ〜い!

亀岡の夢コスモス園の写真素材


でも......、もっとお安くなりませんか?

亀岡の夢コスモス園の写真素材


困りましたねえ......。

亀岡の夢コスモス園の写真素材

じゃあ、周りの道路から見れば、
0円にします。

亀岡の夢コスモス園の写真素材


やったあ!
(おわり)

亀岡の夢コスモス園の写真素材




(もう少し夢コスモス園の写真が続きます。)
幸せそうな家族。肩車って幸せの象徴ですね。

亀岡の夢コスモス園の写真素材

コスモスのなかに天使がいました。

亀岡の夢コスモス園の写真素材

花の小径でメイちゃんがチビトトロを見つけました。

亀岡の夢コスモス園の写真素材

愛犬の撮影をしているかたがとても多いです。

亀岡の夢コスモス園の写真素材


待てといえばピシッと止まる賢いワンちゃんたちです。

亀岡の夢コスモス園の写真素材

案山子がいい味を出しています。
毎年「創作かかしコンテスト」が行われています。
新型コロナのため中止が続き、いまはちょっと前の流行のモチーフの案山子が多いです。

アナと雪の女王 案山子 亀岡の夢コスモス園の写真素材

京都に咲くコスモスの写真。
まずは有名な亀岡の夢コスモス園の写真でした。


次にご紹介するのは、長岡京市のコスモス畑。サントリーの工場のそばです。
鉄道の風景写真を撮るかたにもおすすめの場所です。

長岡京市のコスモス畑と電車の写真素材


上狛駅のそばのコスモス畑。

京都府のコスモス畑と電車の写真素材


叡電と岩倉川のコスモス。

岩倉のコスモス畑と叡電の写真素材


京都府立植物園のコスモス。

京都府立植物園のコスモスの写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

京都の黄砂

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の黄砂の写真です。
霞んで視界の悪い西京極運動公園。

京都の黄砂の写真素材


黄砂でかなり汚れている丹後の海。

黄砂で汚れる丹鉄「丹後の海」の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

淀水路

案内 写真はクリックすれば拡大

淀水路の河津桜の写真です。

淀水路の河津桜の写真素材

ポカポカと暖かい春らしい日。3月の初め。
水路にはひとは立ち入れません。なので写真が撮りやすいです。

淀水路の河津桜の写真素材

伊豆の河津町の河津桜を2002年に植え始め、最初の年には2本。いまや300本を超え、桜の名所となっています。
2月中旬には咲き始め、3月になる前に見頃を迎えます。

淀水路の河津桜の写真素材

河津桜は見頃が長く、この写真のように緑の葉っぱが目立ち始めても、まだ花には勢いがあります。

淀水路の河津桜の写真素材

枝ぶりがおもしろい。
河津桜はソメイヨシノと同様に、クローンの桜なんですね。

淀水路の河津桜の写真素材


淀水路の河津桜の写真素材


自治会や地域の方々が精力的に活動しておられ、さらに植樹も進んでいるそうです。

淀水路の河津桜の写真素材


桜の向こうを京阪電車が通ります。

淀水路の河津桜の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

京都の花粉(花粉光環)

案内 写真はクリックすれば拡大

花粉がたくさん飛散していると太陽の周りには虹のリングが出ます。
花粉光環」と呼ばれる現象です。太陽光が空気中に浮遊する花粉によって曲げられるのだそうです。
魔のサークルともいうそうです。花粉症の人にとってはまさに悪魔の現象ですね。

清水寺で花粉光環を撮りました。直接見ると目がつぶれるのでいろいろなもので太陽を隠して撮ることが多いです。

清水寺仁王門の鬼瓦。

花粉光環の写真素材


清水寺三重塔。

花粉光環の写真素材


御来迎。ありがたい気がしてきます。

花粉光環の写真素材


真如堂の三重塔。

花粉光環 真如堂の三重塔の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

保津川下り

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡から嵐山へと保津峡を下る保津川下りの船の写真です。

スタート地点からしばらくすると請田神社。

保津川 請田神社の写真素材


タイミングが良ければトロッコ列車と何度も出会います。

保津川下りの写真素材


秋晴れ!

保津川下りの写真素材

ギラギラのなかを行く船。

保津川下りの写真素材


真上から。

保津川下りの写真素材


ドローン的な目線で。

保津川下りの写真素材

ぶれてもスピード感重視で。

保津川下りの写真素材


ぶれてもスピード感重視で。

保津川下りの写真素材

白飛びしてもキラキラ重視で。

保津川下りの写真素材


カエデが真っ赤に色づいた保津峡を行く船とトロッコ列車。

保津川下りと嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津川下りの写真素材


紅葉盛りの保津川をゆく。

紅葉 保津川下りの写真素材


保津川下りの写真素材


山陰線保津峡駅のホームの下をくぐります。

保津川下りの写真素材


嵯峨野トロッコ列車のお客さんと手を振り合うシーンも見られます。

保津川下りと嵯峨野トロッコ列車の写真素材

大悲閣や星のやのそばを通過するとゴールは近い。

紅葉の保津川と大悲閣千光寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

嵐山高雄パークウェイ

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐山高雄パークウェイの写真です。
晩秋の嵐山高雄パークウェイ。

嵐山高雄パークウェイの秋の写真素材


初夏。ツツジ咲く嵐山高雄パークウェイ。

嵐山高雄パークウェイの写真素材


保津峡展望台からの眺望。

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材

双眼鏡も設置されています。有料ですが、ひとつだけお金を入れなくてもいつでも見えるものがありました。(ずいぶん前のはなしです・・・。)

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材

ときおり、保津川を下る船や鉄橋を渡るトロッコ列車も見えます。
右はトロッコ列車の駅(トロッコ保津峡駅)があり、左にはトロッコ列車の橋梁があります。

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材


嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材

嵐山高雄パークウェイの眺望の写真素材


藤棚で藤の花がよく咲いています。

嵐山高雄パークウェイの藤棚の写真素材


嵐山高雄パークウェイの藤棚の写真素材


小倉山から遠望。

嵐山高雄パークウェイの藤棚の写真素材


トロッコ保津峡駅のホームから見上げる保津峡展望台。
あんなとこから双眼鏡で見下ろしてるのね。

嵐山高雄パークウェイの写真素材

次に紅葉シーズンを迎えた嵐山高雄パークウェイの写真です。

嵐山高雄パークウェイの紅葉の写真素材


保津峡展望台からの景色。

嵐山高雄パークウェイの紅葉の写真素材

嵐山高雄パークウェイの紅葉の写真素材


大きなカエデのしたにはベンチが置かれています。

嵐山高雄パークウェイの紅葉の写真素材


トンネルの向こうは真っ赤。

嵐山高雄パークウェイの紅葉の写真素材


紅葉ストレートをバイクが走り抜けていきます。

嵐山高雄パークウェイの紅葉の写真素材


陽の当たった紅葉ストレート。
道路の白線などがきれいに塗り直されていました。

嵐山高雄パークウェイの紅葉の写真素材

真っ赤な夕焼け空を見ることができました。

嵐山高雄パークウェイの夕焼けの写真素材


神護寺側の駐車場のハートのカエデがちょっと有名。

嵐山高雄パークウェイの紅葉のハート 写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

小倉山

案内 写真はクリックすれば拡大

小倉山の写真です。
桂川を挟んで嵐山と相対する山で、標高は296m。
藤原定家の撰集した小倉百人一首にゆかりの深い山です。平安時代にはやんごとなき方々がこの山の麓に山荘を建てて住んだそうです。
亀山公園の有名な展望台を越えて、大河内山荘の垣根の外側を進んだところが登山口。
下の写真の左側が嵐山で、右側が小倉山になります。

亀山公園の展望台から見る大悲閣千光寺の写真素材


登山道からも千光寺のお堂がときどき見えます。

大悲閣千光寺の写真素材

標高283mの第2峰の近くに展望地があり、渡月橋からうねうねと蛇行して流れる桂川が見渡せます。

小倉山の写真素材

展望地は整備されており、居心地も良いです。

小倉山の写真素材


嵐電の嵐山駅から見る小倉山。

小倉山の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

嵐山 渡月橋・冬・雪

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐山 渡月橋の雪景色写真追加しました。
京都 嵐山 渡月橋の雪の写真素材

ちょっと青空も出て清々しい景色ですが、写真を撮っているととなりの若者が叫びました。「くっそ寒い!」
そのとおりで、川端は空気もキンキンに冷えています。

京都 嵐山 渡月橋の雪の写真素材

ミニチュア写真風に。

京都 嵐山 渡月橋の雪の写真素材


雪の降る嵐山 渡月橋です。

京都 嵐山 渡月橋の冬の写真素材

さすがに観光客も少ないですが、それでも人の流れはありますし、人力車もスタンバイしています。

京都 嵐山 渡月橋の冬の写真素材

渡月橋のライトアップ。嵐山花灯路のメインの景色です。
嵐山花灯路の写真素材


かなり離れて下流から撮影しました。

ライトアップ 嵐山 渡月橋の冬の写真素材

市バスが線になりました。

ライトアップ 嵐山 渡月橋の冬の写真素材


歩道ではひとが大渋滞を起こしているのが見えます。
渡月橋を北に向かって渡るためには、いったん南へ向かう行列に並ばねばなりません。ここは橋が一本しかありませんからねえ......。

ライトアップ 嵐山 渡月橋の冬の写真素材

スカイランタンも上がっていました。

スカイランタン 嵐山 渡月橋の冬の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

嵐山渡月橋・春

案内 写真はクリックすれば拡大

渡月橋は、嵐山というとまず頭に浮かぶ景色。
南にある嵐山は秋の紅葉、春の桜など風景が見事。
平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになったそうです。

嵐山渡月橋の春 桜の写真

橋の長さは155m。2001年にリニューアルされ綺麗になりました。台風でずいぶんと被害を受けましたが、また修復されました。


春の嵐山です。


嵐山や中ノ島に桜が咲いてきれいです。

嵐山渡月橋の春 桜の写真


夜の渡月橋。
橋に満月がかかるはずでしたが、いくら待っても雲の向こう。

嵐山渡月橋の夜の写真


別の夜の渡月橋。
ぼんやりした赤い満月が登ってきました。

嵐山渡月橋の夜 満月の写真


月に暈がかかって目玉焼きだ。

嵐山渡月橋の夜 満月の写真


嵐山渡月橋の夜 満月の写真


嵐山渡月橋の桜写真をもっと見る
夏の嵐山 渡月橋の写真はこちら
秋・紅葉の嵐山 渡月橋の写真はこちら
冬の嵐山 渡月橋の写真はこちら



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

嵐山渡月橋と保津峡の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐山渡月橋の秋景色の写真です。

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材


嵐山が色とりどりになりました。

嵐山・紅葉の写真素材

嵐山・紅葉の写真素材

紅葉シーズンはものすごい混雑の京都嵐山渡月橋
橋なのに歩道も一方通行になったりしています!

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材

午前中でも早いうちに嵐山が翳りますので、写真は難しいです。
目でみたほうがきれい。

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材


嵐山渡月橋・紅葉のgif動画素材


少し下流へ移動。

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材


もっともっと下流へ移動。

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材





次は、朝日のチカラを借りて、真っ赤に燃える嵐山。

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材


嵐山渡月橋・紅葉の写真素材

葉っぱの落ちた桜の木なんかも赤く見えています。

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材

橋の上で写真を撮るひと。

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材

渡月橋より上流へ。

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材


優雅な嵐山の渡し船。

嵐山渡月橋・紅葉の写真素材

渡し船と紅葉。

嵐山の渡し舟と紅葉の写真素材

嵐山の渡し舟と紅葉の写真素材

保津川下りの船と紅葉。

嵐山 保津川下りと紅葉の写真素材


嵐山の渡し船は400円なり。意外と安い。

少し上流に歩けばこの景色も見られます。

嵐山の展望台からの紅葉写真


平安時代から人気爆発の名所です。

嵐山の展望台からの紅葉写真


左上に見えるお堂は大悲閣千光寺さん。その下の大堰川沿いが「星のや 京都」

嵐山の展望台からの保津峡の紅葉写真


雄大な景色です。

保津峡の紅葉の写真素材


大悲閣のまわりは特に赤いです。イチョウも真っ盛り。

嵐山の展望台からの紅葉写真

春の嵐山渡月橋の写真はこちら
夏の嵐山 渡月橋の写真はこちら
冬の嵐山 渡月橋の写真はこちら


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年9月 [2]
  2. 2022年6月 [2]
  3. 2022年4月 [1]
  4. 2022年3月 [1]
  5. 2022年2月 [1]
  6. 2022年1月 [7]
  7. 2021年12月 [8]
  8. 2021年11月 [1]
  9. 2021年10月 [2]
  10. 2021年9月 [3]
  11. 2021年7月 [1]
  12. 2021年6月 [3]
  13. 2021年5月 [3]
  14. 2021年4月 [1]
  15. 2021年3月 [2]
  16. 2021年2月 [1]
  17. 2020年12月 [3]
  18. 2020年11月 [4]
  19. 2020年10月 [29]
  20. 2020年8月 [34]
  21. 2020年7月 [10]
  22. 2020年6月 [8]
  23. 2020年5月 [21]
  24. 2020年4月 [8]
  25. 2020年3月 [6]
  26. 2020年2月 [4]
  27. 2020年1月 [26]
  28. 2019年12月 [6]
  29. 2019年11月 [2]
  30. 2019年9月 [8]
  31. 2019年8月 [1]
  32. 2019年7月 [10]
  33. 2019年6月 [25]
  34. 2019年5月 [8]
  35. 2019年4月 [16]
  36. 2019年3月 [19]
  37. 2019年2月 [11]
  38. 2019年1月 [12]
  39. 2018年12月 [15]
  40. 2018年11月 [16]
  41. 2018年10月 [67]
  42. 2018年9月 [63]
  43. 2018年8月 [55]
  44. 2018年7月 [29]
  45. 2018年6月 [95]
  46. 2018年5月 [93]
  47. 2018年4月 [93]
  48. 2018年3月 [35]
  49. 2018年2月 [47]
  50. 2018年1月 [10]
  51. 2017年12月 [8]
  52. 2017年11月 [7]
  53. 2017年1月 [4]
  54. 2016年12月 [27]
  55. 2016年11月 [10]
  56. 2016年7月 [1]
  57. 2016年6月 [1]
  58. 2016年4月 [1]
  59. 2016年1月 [1]
  60. 2015年12月 [5]
  61. 2015年8月 [3]
  62. 2015年6月 [4]
  63. 2015年5月 [2]
  64. 2015年3月 [3]
  65. 2014年12月 [2]
  66. 2014年11月 [5]
  67. 2014年10月 [1]
  68. 2014年9月 [3]
  69. 2014年6月 [7]
  70. 2014年5月 [4]
  71. 2014年4月 [1]
  72. 2014年3月 [3]
  73. 2014年2月 [6]
  74. 2014年1月 [9]
  75. 2013年12月 [3]
  76. 2013年9月 [3]
  77. 2013年8月 [3]
  78. 2013年5月 [6]
  79. 2013年4月 [14]
  80. 2013年3月 [7]
  81. 2013年2月 [2]
  82. 2013年1月 [4]
  83. 2012年12月 [4]
  84. 2012年11月 [7]
  85. 2012年10月 [9]
  86. 2012年9月 [8]
  87. 2012年8月 [16]
  88. 2012年7月 [2]
  89. 2012年6月 [1]
  90. 2011年5月 [4]
  91. 2011年4月 [9]
  92. 2010年7月 [1]
  93. 2008年8月 [1]
  94. 2008年7月 [1]
  95. 2008年6月 [2]
  96. 2000年7月 [1]
  97. 2000年5月 [2]
  98. 2000年4月 [1]
  99. 2000年3月 [2]