十三まいりのお寺、嵐山の虚空蔵法輪寺さん。

数え年13歳でお詣りします。お詣りの後は「渡月橋を渡り終わるまで振り返ってはならぬ!」と都市伝説のようにいわれています。
振り返るとせっかく授かった知恵が抜けてしまい、元の木阿弥に...。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


もし、渡月橋から振り返れば、こんなふうに緑に埋もれた多宝塔が見えます。

虚空蔵法輪寺の多宝塔の写真素材

虚空蔵法輪寺の山門。夏。
虚空蔵法輪寺


カエデに覆われた石段。
虚空蔵法輪寺


舞台からの眺めは爽快です。向こうの山は五山の送り火の鳥居形。
虚空蔵法輪寺


法輪寺の舞台から見おろす渡月橋。
なぜ渡月橋を渡り終わるまで振り返ってはならないのかというと、かつては渡月橋は「法輪寺橋」といい、文字通り橋までが法輪寺の境内だったからだそうです。
虚空蔵法輪寺


修復されて舞台がきれいになりました。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材

嵐山花灯路でのサイケデリックなプロジェクトマッピング。

虚空蔵法輪寺


桜は早咲き。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


虎の上をピンクの花びらが覆います。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


虚空蔵法輪寺の桜の写真素材