2012年10月の記事一覧

善福寺(綾部市)

案内 写真はクリックすれば拡大

綾部の善福寺さんの写真です。綾部観音札所の30番のお寺です。
急な石段の上にお堂が建っています。

善福寺の写真素材


善福寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

光明寺(綾部市)

案内 写真はクリックすれば拡大

綾部の君尾山の中腹に建つ光明寺さんの写真です。
深い山中に鎌倉時代創建の二王門が立っています。
石段を登ってきて、木々の向こうに二王門が見えてくると感動的です。

光明寺(綾部市)の写真素材

二王門は1248年に建てられたもので、2018年に修理が終わり朱色が鮮やか。

光明寺(綾部市)の写真素材


京都府北部唯一の国宝です。

光明寺(綾部市)の写真素材

この場所にこの標高にどうやってこんなに立派な山門を建てたのでしょう。

光明寺(綾部市)の写真素材

二王門をくぐり、カエデのトンネルを抜けて登っていくと、また石段があります。

光明寺(綾部市)の写真素材

石段を登りきると本堂です。
お寺自体はさらに古く、聖徳太子による創建だといわれています。

光明寺(綾部市)の写真素材


二王門を見下ろせる場所もあります。

光明寺(綾部市)の写真素材

場所はたいへんな山の中ですが、車道がしっかり整備されていて、行きやすいです。
あやべ温泉からだと二王門より下に、一本西側の道を選べば、二王門より上の本堂石段下に到達します。どちらにも駐車場があります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

シャガの群生地(綾部市老富町)

案内 写真はクリックすれば拡大

綾部市老富町のシャガの群生地の写真です。

綾部のシャガの群生地の写真素材


かなり最近に知られ始めた場所です。
杉林を間伐したら、自生したシャガがどんどん増えて素敵な群生の景色になったそうです。

綾部のシャガの群生地の写真素材


場所は府道1号線の福井県との県境ギリギリのところ。
駐車場も2箇所に作られており、府道からすぐで、細い山道などもないので、車でも行きやすいです。
協力金200円をポストにカランと入れて入山します。

綾部のシャガの群生地の写真素材

三脚のカメラマンも大勢おられましたが、4ヘクタール以上もあり、広いのでそれほど邪魔になりません。
犬の散歩の方も多いですね。
写真は満開の少し前、7分咲きといったタイミングでしょうか。

綾部のシャガの群生地の写真素材

シャガの花には黄色と紫の模様がありますが、遠目に見れば真っ白。たいへん清らかで神秘的な景色と思えます。

綾部のシャガの群生地の写真素材

綾部のシャガの群生地の写真素材


シャガの見頃はゴールデンウィーク前後。2019年はゴールデンウィークが明けてからしばらくして満開に。
次々と花が咲くので、見頃は一週間以上続くそうです。

綾部のシャガの群生地の写真素材

巨木に挟まれる小さな祠。

綾部のシャガの群生地の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

綾部市 岩王寺

案内 写真はクリックすれば拡大
嵯峨天皇ゆかりの綾部の岩王寺さん。 綾部 岩王寺の萩

茅葺き屋根のお堂は民話の世界。 綾部 岩王寺の萩

綾部 岩王寺の萩

紅い萩が見頃でした。 綾部 岩王寺の萩

綾部 岩王寺の萩

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

綾部八幡宮

案内 写真はクリックすれば拡大

綾部八幡宮は、平重盛が石清水八幡宮を勧請して建てたといわれる由緒ある神社です。

綾部八幡宮の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

綾部市 正暦寺

案内 写真はクリックすれば拡大
平重盛ゆかりの綾部市のお寺正暦寺さんの境内は萩でいっぱいです。
綾部 正暦寺の萩の写真素材


綾部 正暦寺の萩

奈良の正暦寺は、しょうりゃくじ。綾部の正暦寺は、しょうれきじ。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東光院(綾部市)

案内 写真はクリックすれば拡大

東光院(とうこういん)

綾部市の東光院さんの紫陽花です。 2500株以上の紫陽花が参道を埋め尽くしています。
東光院のあじさいの写真素材

紫陽花を見るなら、ここ東光院と福知山市の観音寺ですね。
それほど距離も離れていませんから車があれば回れます。

東光院のあじさいの写真素材

東光院のあじさいの写真素材


この日は快晴。
紫陽花を見るには向いてはいませんが、ひさしぶりに出かけてみました。

東光院のあじさいの写真素材


風鈴まつりで賑わう東光院さんの境内です。

東光院のあじさいの写真素材

風鈴の向こうには雲がもくもくと湧く。

東光院の写真素材


書院にあがって涼むこともできます。

東光院のあじさいの写真素材

東光院のあじさいの写真素材

東光院のあじさいの写真素材


東光院のあじさいの写真素材


東光院のあじさいの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

雲源寺(綾部市)

案内 写真はクリックすれば拡大

枝垂桜がたいへんな迫力の綾部市の雲源寺さん。
雲源寺

雲源寺

高台の上に咲く桜は石段下から見上げる姿も貫禄があります。
雲源寺

わたしは桜の時期しか訪れたことがありません。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

安国寺(綾部市)

案内 写真はクリックすれば拡大

茅葺きの屋根が風情ある綾部の安国寺さん。
足利尊氏が建立した古刹です。
安国寺の写真素材


安国寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [4]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [3]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [23]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [9]
  15. 2020年6月 [8]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [7]
  18. 2020年3月 [6]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [25]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [36]
  27. 2019年5月 [9]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [19]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [18]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [85]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [31]
  38. 2018年6月 [91]
  39. 2018年5月 [98]
  40. 2018年4月 [92]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [35]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [8]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [27]
  48. 2016年11月 [10]
  49. 2016年7月 [1]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [1]
  53. 2015年12月 [5]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [4]
  62. 2014年6月 [7]
  63. 2014年5月 [4]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [6]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年8月 [2]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [8]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [4]
  78. 2012年11月 [8]
  79. 2012年10月 [9]
  80. 2012年9月 [9]
  81. 2012年8月 [20]
  82. 2012年7月 [2]
  83. 2012年6月 [1]
  84. 2011年5月 [4]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]
  93. 2000年3月 [1]