2017年12月の記事一覧

清閑寺(さつき・青もみじ・雪景色)

案内 写真はクリックすれば拡大

6月、さつきの頃の清閑寺さん。

清閑寺の写真素材


青もみじが美しい境内です。

清閑寺の写真素材


清閑寺の雪景色。

清閑寺の雪景色の写真素材


雪の日は誰にも会いませんでした。

清閑寺の雪景色の写真素材


清閑寺の雪景色の写真素材


少しだけ見える京都市街の眺め。

清閑寺の雪景色の写真素材

六条天皇清閑寺陵の雪景色も絵になります。

六条天皇清閑寺陵の雪景色の写真素材

清閑寺のもみじの写真はこちらに


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清閑寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

ひっそりとした清閑寺さんの紅葉写真です。
清水寺から少し歩いたところにありますが、ここまで来る人はそれほど多くないようです。
紅葉の季節でも誰もおられないことがあります。

清閑寺の紅葉の写真素材

こぢんまりした境内には美しいカエデが数本枝を広げています。

清閑寺の紅葉の写真素材


清閑寺の紅葉の写真素材


清閑寺の紅葉の写真素材



高い位置にあり、少しだけ眺望が開けています。

清閑寺の紅葉の写真素材


隣には六條天皇の御陵。こちらも真っ赤なカエデに包まれています。

清閑寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

天神社(山科区)

案内 写真はクリックすれば拡大

名神高速道路の東の山手に建つ天神社さんの写真です。
ご祭神は菅原道真公。

天神社(山科区)の写真素材

社殿は1820年に焼失しており、それ以前の歴史はわからないそうです。

天神社(山科区)の写真素材

岩屋神社さんが管理していて、普段はひとはおられないようです。

天神社(山科区)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大歳神社

案内 写真はクリックすれば拡大

大原野の大歳神社の写真です。
創建718年という古社で、そのころといえば行基や藤原不比等が生きていた時代です。
近年修復されてとてもきれいな境内。扁額もピカピカです。

大歳神社の写真素材

ピンクの桜が咲いていました。

大歳神社の写真素材


大歳神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大豊神社

案内 写真はクリックすれば拡大

哲学の道から少し奥に入ったところに建つ大豊神社さんの写真です。
かわいい狛ねずみで知られています。

大豊神社の写真素材

夏はジャングル状態の大豊神社。お参りするのに勇気が必要です。

大豊神社の写真素材


春の大豊神社

大豊神社の写真素材


見事な枝垂れ桜。

枝垂れ桜 大豊神社の写真素材


枝垂桜と梅の競演が見られる年もありますが、この年は梅は終わっていました。

枝垂れ桜 大豊神社の写真素材


夕日を浴びて輝きます。

枝垂れ桜 大豊神社の写真素材


狛ねずみ。
狛ねずみばかりでなく、鳶や狐や蛇なども。

大豊神社の狛ねずみ 写真素材


狛ヘビは比較的新しいもの。

大豊神社の狛ヘビ 写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大寧軒

案内 写真はクリックすれば拡大

南禅寺大寧軒さんの写真です。元は南禅寺の塔頭大寧院だった場所で、廃仏毀釈の際にお寺ではなくなりました。
2019年は秋の特別公開があることを知り、一目散に向かいましたが、朝から一目散に訪れると逆光でまぶしいことがわかりました。

大寧軒の秋の写真素材

池の向こうに石の三角の鳥居があり、その奥に小さい滝があります。

大寧軒の秋の写真素材


大寧軒の秋の写真素材

珍しい三柱鳥居。木嶋神社より小さいサイズです。

大寧軒の秋の写真素材


大寧軒の秋の写真素材

大寧軒の秋の写真素材


大寧軒の秋の写真素材


色鮮やかなカエデの葉が水に沈んでいます。

大寧軒の秋の写真素材


滝のまわりにはカエデの葉が積もっています。

大寧軒の秋の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

臨川寺

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐山の臨川寺さんの写真です。

臨川寺の写真素材


いつも山門は閉まっています。
ですので、門前の写真のみ。

臨川寺の写真素材

「龍華三会の庭」という広々とした枯山水庭園があるそうですが、拝見したことはまだありません。

臨川寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

正伝永源院

案内 写真はクリックすれば拡大

建仁寺の境外塔頭の正伝永源院さん。
正伝院と永源庵が合わさって正伝永源院になったそうです。
そのお庭は、春の桜と霧島つつじの頃、秋の紅葉の頃に一層美しくなります。
正伝永源院

写真は4月終わりのキリシマツツジの頃。
正伝永源院


正伝永源院とキリシマツツジ


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清凉寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の清凉寺さんの境内のカエデが真っ赤です。

清涼寺の紅葉の写真素材

清凉寺はほんとうはにすいの「凉」の字ですが、変換しにくいので清涼寺と書かれていることもあります。

清涼寺の紅葉の写真素材


聖徳太子殿。

清凉寺の写真素材


拝観料金を払って中へ入れば、紅葉の美しい景色がいくつもあります。
スライドショーの紅葉といわれる渡り廊下から見る弁天堂の紅葉。
清凉寺の紅葉の写真素材

弁天堂や忠霊塔のある庭園は歩くことはできないので、写真も撮りやすいです。
清凉寺の紅葉の写真素材


清凉寺は、それほど混雑していたことはありませんので、紅葉の穴場っぽい場所といえます。
清凉寺の紅葉



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清凉寺

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の清凉寺さんの写真です。
西からの遠景。

清凉寺の写真素材


清凉寺の立派な山門。通りの正面に建つ門なので遠くからも見えます。
清涼ではなくて清凉なのですが、漢字の変換ですぐでてこないので、公式にも清涼寺と書かれていることがあります。
清凉寺の写真素材


赤い仁王さんの向こうに赤いカエデ。

清凉寺の写真素材

立派な本堂。

清凉寺の写真素材


清凉寺の写真素材


形のよい多宝塔。

清凉寺の写真素材


梅や河津桜、ソメイヨシノもたくさん咲きます。

清凉寺の桜の写真素材

清凉寺の桜の写真素材

河津桜が見頃のときの写真です。

清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材

清凉寺の紅葉の写真はこちら

清凉寺の写真素材


清凉寺の紅葉の写真素材


清涼寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [9]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [35]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [20]
  33. 2018年10月 [64]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [67]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [94]
  38. 2018年5月 [107]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [1]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [4]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [2]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [3]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年5月 [2]
  91. 2000年4月 [1]