2011年5月の記事一覧

有栖館(有栖川宮旧邸)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都御苑の西に建つ有栖川宮旧邸は、いまは平安女学院大学のキャンパスに含まれています。

有栖館(有栖川宮旧邸)の桜の写真素材


国登録有形文化財に指定されており、一般のひとは入ることはできませんが、春などに数日だけ一般公開されることがあります。邸内には小川治兵衞が作庭した庭園があります。
巨大なしだれ桜があり、土塀の外へあふれるように枝を広げていますので、通るひとも桜を楽しむことができます。

有栖館(有栖川宮旧邸)の桜の写真素材

醍醐三宝院から分けられた桜だということです。
向こうに見えるのは同じく平安女学院の文化財の聖アグネス教会

有栖館(有栖川宮旧邸)の桜の写真素材


見頃を迎えたばかりなので、花の色は濃いピンクです。

有栖館(有栖川宮旧邸)の桜の写真素材

ソメイヨシノよりも早くに満開をむかえる桜です。

旧有栖川邸の枝垂桜の写真素材

5月になり、桜は葉桜になりました。

旧有栖川邸の枝垂桜の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

花山稲荷神社

案内 写真はクリックすれば拡大

花山稲荷神社の桜の写真です。

花山稲荷神社の桜の写真素材

太い幹がぐーんと曲がっています。

花山稲荷神社の桜の写真素材

幹の下に入ると、月並みな表現ですが、シャワーのよう。

花山稲荷神社の桜の写真素材

花山稲荷神社の枝垂桜です。

枝垂桜のあとはソメイヨシノ。参道の桜のトンネルが見事です。

花山稲荷神社の桜の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

岩屋寺

案内 写真はクリックすれば拡大

伏見稲荷の稲荷山の東側のふもとに建つ山科の岩屋寺さん。
大石内蔵助が吉良邸討ち入りを前に一時期身を潜めていたお寺。大石神社もすぐそばです。
石段の上の枝垂桜は小さいけれど風情豊か。

岩屋寺の桜の写真素材


そびえるといった表現がふさわしい大きなしだれ桜の下から見る山科盆地は格別。

岩屋寺の桜の写真素材

岩屋寺の桜

かなり巨大な桜の木です。

岩屋寺の桜の写真素材


岩屋寺の桜の写真素材

石段わきのお稲荷さんの赤い鳥居。

岩屋寺の桜の写真素材


紅葉の岩屋寺
まっすぐな坂道の参道にカエデが枝を差しかけます。

岩屋寺の紅葉の写真素材


日差しが出るのを待っていたら、日が沈んでしまいました。
山の際の境内ですので、秋冬なら午後2時過ぎに太陽が山に隠れるのですね。
カエデの上のほうだけ少し光っています。

岩屋寺の紅葉の写真素材


まだまだ枝には葉っぱが残るのに、敷き紅葉が見事。

岩屋寺の紅葉の写真素材


散策するとヌスビトハギが服や靴にいっぱいくっつきます。

岩屋寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

勝持寺(花の寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

花の寺と呼ばれる勝持寺さんの写真です。
4月には西行ゆかりの西行桜が咲きます。

勝持寺(花の寺)の桜の写真素材

勝持寺の山門。

勝持寺(花の寺)の桜の写真素材

桜の写真、もっと見る


新緑の勝持寺さん。きれいな水が勢い良く流れています。

勝持寺(花の寺)の新緑の写真素材

境内は圧倒的なもみじ力!

勝持寺(花の寺)の新緑の写真素材

勝持寺(花の寺)の新緑の写真素材

勝持寺さんの紅葉の写真です。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材


花の寺のイメージが紅葉を連想させないからか、紅葉の時期にはひどく混むことはないようですが、カエデの発色の良さは目をみはるものがあります。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材

この年の紅葉はここが一番だったように思います。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材


京都でこんなにのんびりと紅葉狩りができるお寺は、最近はなかなかありません。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

法然寺

案内 写真はクリックすれば拡大
天龍寺や渡月橋から嵐電の踏切のほうへ歩くと枝垂桜の立派な法然寺さんがあります。
法然寺の枝垂桜の写真素材
嵐山の法然寺の枝垂桜

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [9]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [35]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [20]
  33. 2018年10月 [64]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [67]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [94]
  38. 2018年5月 [107]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [1]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [4]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [2]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [3]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年5月 [2]
  91. 2000年4月 [1]