2017年11月の記事一覧

しょうざんリゾート京都 日本庭園(紅葉)

案内 写真はクリックすれば拡大

鷹峯のしょうざんリゾート京都はホテル、レストラン、結婚式場などを有する広い広い敷地を持っています。

35000坪の日本庭園には美しい紅葉の景色があります。
有名な寺社の紅葉ほどは知られていませんので、ゆったりと紅葉狩りを楽しめる可能性が高い穴場です。
しょうざんリゾート京都 日本庭園の紅葉

向こうの形のいい山は鷹峯です。
しょうざんリゾート京都 日本庭園の紅葉


レストラン楼蘭の窓越しに見える大きなカエデ。
しょうざんリゾート京都 紅葉


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

龍潭寺

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の龍潭寺さんの写真です。時代劇でよく見るお寺です。
紅葉の写真を撮りたいなあと思っているのですが、よそより遅めに色づくので行く機会がなかなかありません。
山門。

龍潭寺の写真素材

龍潭寺本堂と開山堂。

龍潭寺の写真素材

少し紅葉。

龍潭寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

龍興寺

案内 写真はクリックすれば拡大

梅といえば南丹市の龍興寺さん。山門の前は広々とした梅園になっています。
早春の写真を一枚。
龍興寺の梅
ちなみに「京都三龍寺」は世界遺産龍安寺、亀岡の龍潭寺、そしてこの龍興寺。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

かけ観音寺

案内 写真はクリックすれば拡大

八瀬の崖の上の小さなお寺、かけ観音寺さん。
秋には紅葉に包まれてきれいです。
碊観音寺


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

八瀬天満宮社

案内 写真はクリックすれば拡大

比叡山に登る八瀬坂の起点に建つ八瀬天満宮社さんの写真です。

八瀬天満宮

八瀬天満宮


この地区の氏神様です。

八瀬天満宮


菅原道真を祀り、道真公自身もここから比叡山に登ったといわれます。

八瀬天満宮


秋の八瀬天満宮社境内は黄色いカエデに包まれます。
八瀬天満宮


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

南座

案内 写真はクリックすれば拡大

由緒ある南座は四条大橋のたもと。正しくは京都四條南座。
南座


歌舞伎発祥の地で、そのルーツは出雲の阿国にまで遡ります。
南座


夜の南座。

京都 南座の写真素材


ひときわ輝く夜の南座。

京都 南座の写真素材


その背後には清水寺のライトも見えます。

京都 南座の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

虚空蔵法輪寺

案内 写真はクリックすれば拡大

十三まいりのお寺、嵐山の虚空蔵法輪寺さん。

数え年13歳でお詣りします。お詣りの後は「渡月橋を渡り終わるまで振り返ってはならぬ!」と都市伝説のようにいわれています。
振り返るとせっかく授かった知恵が抜けてしまい、元の木阿弥に...。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


もし、渡月橋から振り返れば、こんなふうに緑に埋もれた多宝塔が見えます。

虚空蔵法輪寺の多宝塔の写真素材

虚空蔵法輪寺の山門。夏。
虚空蔵法輪寺


カエデに覆われた石段。
虚空蔵法輪寺


舞台からの眺めは爽快です。向こうの山は五山の送り火の鳥居形。
虚空蔵法輪寺


法輪寺の舞台から見おろす渡月橋。
なぜ渡月橋を渡り終わるまで振り返ってはならないのかというと、かつては渡月橋は「法輪寺橋」といい、文字通り橋までが法輪寺の境内だったからだそうです。
虚空蔵法輪寺


修復されて舞台がきれいになりました。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材

嵐山花灯路でのサイケデリックなプロジェクトマッピング。

虚空蔵法輪寺


桜は早咲き。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


虎の上をピンクの花びらが覆います。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


桜のなかの法輪寺多宝塔。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材

紅葉の法輪寺さん。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


渡月橋のほうも真っ赤です。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


舞台から見る紅葉。イチョウも大きい。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


多宝塔。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材

石段上から見下ろす紅葉。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年9月 [2]
  2. 2022年6月 [2]
  3. 2022年4月 [1]
  4. 2022年3月 [1]
  5. 2022年2月 [1]
  6. 2022年1月 [7]
  7. 2021年12月 [8]
  8. 2021年11月 [1]
  9. 2021年10月 [2]
  10. 2021年9月 [3]
  11. 2021年7月 [1]
  12. 2021年6月 [3]
  13. 2021年5月 [3]
  14. 2021年4月 [1]
  15. 2021年3月 [2]
  16. 2021年2月 [1]
  17. 2020年12月 [3]
  18. 2020年11月 [4]
  19. 2020年10月 [29]
  20. 2020年8月 [34]
  21. 2020年7月 [10]
  22. 2020年6月 [8]
  23. 2020年5月 [21]
  24. 2020年4月 [8]
  25. 2020年3月 [6]
  26. 2020年2月 [4]
  27. 2020年1月 [26]
  28. 2019年12月 [6]
  29. 2019年11月 [2]
  30. 2019年9月 [8]
  31. 2019年8月 [1]
  32. 2019年7月 [10]
  33. 2019年6月 [25]
  34. 2019年5月 [8]
  35. 2019年4月 [16]
  36. 2019年3月 [19]
  37. 2019年2月 [11]
  38. 2019年1月 [12]
  39. 2018年12月 [15]
  40. 2018年11月 [16]
  41. 2018年10月 [67]
  42. 2018年9月 [63]
  43. 2018年8月 [55]
  44. 2018年7月 [29]
  45. 2018年6月 [95]
  46. 2018年5月 [93]
  47. 2018年4月 [93]
  48. 2018年3月 [35]
  49. 2018年2月 [47]
  50. 2018年1月 [10]
  51. 2017年12月 [8]
  52. 2017年11月 [7]
  53. 2017年1月 [4]
  54. 2016年12月 [27]
  55. 2016年11月 [10]
  56. 2016年7月 [1]
  57. 2016年6月 [1]
  58. 2016年4月 [1]
  59. 2016年1月 [1]
  60. 2015年12月 [5]
  61. 2015年8月 [3]
  62. 2015年6月 [4]
  63. 2015年5月 [2]
  64. 2015年3月 [3]
  65. 2014年12月 [2]
  66. 2014年11月 [5]
  67. 2014年10月 [1]
  68. 2014年9月 [3]
  69. 2014年6月 [7]
  70. 2014年5月 [4]
  71. 2014年4月 [1]
  72. 2014年3月 [3]
  73. 2014年2月 [6]
  74. 2014年1月 [9]
  75. 2013年12月 [3]
  76. 2013年9月 [3]
  77. 2013年8月 [3]
  78. 2013年5月 [6]
  79. 2013年4月 [14]
  80. 2013年3月 [7]
  81. 2013年2月 [2]
  82. 2013年1月 [4]
  83. 2012年12月 [4]
  84. 2012年11月 [7]
  85. 2012年10月 [9]
  86. 2012年9月 [8]
  87. 2012年8月 [16]
  88. 2012年7月 [2]
  89. 2012年6月 [1]
  90. 2011年5月 [4]
  91. 2011年4月 [9]
  92. 2010年7月 [1]
  93. 2008年8月 [1]
  94. 2008年7月 [1]
  95. 2008年6月 [2]
  96. 2000年7月 [1]
  97. 2000年5月 [2]
  98. 2000年4月 [1]
  99. 2000年3月 [2]