2020年3月の記事一覧

東寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
世界遺産東寺の紅葉写真です。
東寺の紅葉


東寺境内は池のまわりにたくさんのカエデがあり、どれも鮮やかな赤になっていました。
東寺の紅葉

晴れた日の昼間に行くと、五重塔を背景にした写真は激しく逆光になり、目がくらくらします。
東寺の紅葉


東寺の紅葉

五重塔を入れなければ綺麗に撮れるのですが。
東寺の紅葉


東寺の紅葉

イチョウも鮮やかに色づきます。
東寺の紅葉
東寺の桜の写真はこちら

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京都駅の南西に建つ世界遺産、東寺さんの写真です。

東寺の五重塔の写真素材


夜の東寺五重塔。

夜の東寺の五重塔の写真素材


虹のかかる五重塔。

東寺の五重塔と虹の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

東寺五重塔とワコールのビル。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材


新幹線で西から来る方が最初に見るであろう車窓の五重塔の写真。
京都に住む人には帰ってきたと実感できる光景ですね。

東寺の五重塔の写真素材

京都タワーの左のほうに五重塔が見えます。

京都タワー・京都駅・東寺の写真素材


京都駅ビル大空広場からガラス越しに見る東寺の堂塔と新幹線

京都の新幹線の写真素材


少し位置を変えて。

東寺の五重塔の写真素材

京都タワーから見る東寺。

京都タワーから東寺   無料画像 写真素材


京都鉄道博物館のスカイテラスから見る東寺。

東寺の五重塔の写真素材

東寺の五重塔の写真素材


手前の線路を新幹線が通ります。

東寺の五重塔と新幹線の写真素材

稲荷山から見る東寺五重塔。

東寺の五重塔の写真素材


こうやってみると京都も都会ですね。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

五重塔の相輪が満月に刺さっているところ。とてもきれいでした。

東寺の五重塔と満月の写真素材


歩道橋のうえから。

東寺の五重塔と満月の写真素材


堀の水に映っていました。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材


沈む夕日に輝く五重塔。
五重塔の先っぽに太陽が来る予定でしたが、厚い雲にはばまれ悲しかった。

東寺の五重塔の写真素材

中井精也さんになったつもりで電車を入れてみた。

東寺の五重塔と近鉄電車の写真素材


夜の五重塔と近鉄電車。

東寺の五重塔と近鉄電車の写真素材


東寺の五重塔と清水寺の三重塔のコラボ写真。左は京都駅です。

東寺の五重塔の写真素材

夜の枝垂桜と五重塔。

東寺の五重塔の写真素材

月と五重塔。

東寺の五重塔の写真素材

金堂。大きな薬師如来と日光菩薩・月光菩薩は東寺のご本尊。

東寺 金堂 国宝


金堂。手前は講堂。

東寺の金堂と講堂の写真素材


無料のエリアに建つ国宝、大師堂。

東寺の大師堂 写真素材

御影堂とも。

東寺の大師堂 写真素材


修復が終わり、きれいになりました。

東寺の大師堂の写真素材

東寺の五重塔と梅。

東寺の梅の写真素材


東寺の梅の写真素材

東寺の梅の写真素材


桜の季節。

東寺の五重塔の桜 写真素材


とっても逆光ですが、なんとか見れる程度に補正しました。

東寺の五重塔と枝垂れ桜の写真素材

東寺の桜の写真

東寺の五重塔と不二桜の葉桜。

東寺の五重塔の写真素材

不二桜と五重塔。ツツジの季節。

東寺の五重塔の写真素材


黄菖蒲もたくさん植えられています。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

夜明けの五重塔。

朝の東寺の五重塔の写真素材

だんだん明るくなる空が堀の水に映ります。

東寺の五重塔の写真素材


開門したばかりの東寺南大門。

東寺の金堂の写真素材

白い玉子がひしめく東寺南大門。

東寺の金堂の写真素材


東寺東門のあたり。

東寺の五重塔の写真素材


5月のフレッシュな新緑の色に五重塔が映える。

東寺の五重塔の写真素材


掘越しに見る朝の五重塔。

東寺の五重塔の写真素材

南北の通は大宮通。けっこうトラックがいっぱい停まる道です。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

五重塔と朝の月。

東寺の五重塔の写真素材


朝日を浴びる五重塔。

朝の東寺の五重塔の写真素材

相輪。

東寺の五重塔の写真素材


向こうに近鉄電車が九条通を高架で渡るのが見えます。

東寺の五重塔と近鉄の写真素材


どんよりと黒い雨雲がかかる東寺。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材


激しい通り雨の後。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

7月は蓮。

東寺のハスの写真素材

あまりにも見事ですので、ぜひ午前中にお出かけください。

東寺のハスの写真素材


蓮の花咲くお堀は有料拝観エリアではありませんので、早朝から見ることができます。

東寺のハスの写真素材


東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材


東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材

東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材


東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材

東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材


カラフルな秋の五重塔。

東寺の五重塔 国宝

東寺の紅葉の写真

東寺の五重塔の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東寺 観智院

案内 写真はクリックすれば拡大

東寺観智院さんの写真です。北大門を出て亀だらけの池をこえたところに建っています。

東寺 観智院の写真素材


客殿が国宝となっています。宮本武蔵が描いた「鷲の図」「竹林の図」があります。

東寺 観智院の写真素材


海から龍が首を出す以前のお庭です。いまはだいぶんレイアウトが変わっているそうです。

東寺 観智院の写真素材


枝垂れ梅が一本。早春に特別公開が行われることもあります。

東寺 観智院の写真素材


素晴らしい咲きっぷりの梅です。

東寺 観智院の枝垂れ梅の写真素材


東寺 観智院の枝垂れ梅の写真素材

京都タワーがちらり。

東寺 観智院の枝垂れ梅の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都のハート形の写真

案内 写真はクリックすれば拡大

京都で見にするハート形の写真をいくつか。

正寿院(宇治田原)のハートの写真素材


ハートが浮かぶアフロ仏。金戒光明寺さんの五劫思惟阿弥陀如来座像。

金戒光明寺 アフロ仏像の写真素材

ハートといえば、どこの寺社でも猪目の形の金具などが使われています。
神社の鈴にもたいていハートがあります。

神社のハートの写真素材

ハート形の猪目窓で人気を集めているのは宇治田原の正寿院さん
いわゆるインスタ女子殺到の幸せを呼ぶインスタ映えフォトジェニック寺!

正寿院(宇治田原)のハートの写真素材


晴れた日、夕方になればハートがダブル!

正寿院(宇治田原)のハートの写真素材

流行りの花手水もハートです。
柳谷観音さんのつくばいのハート。

柳谷観音の花手水の写真素材


柳谷観音さんのベンチのハート穴から紅葉を見る。

柳谷観音のハートの写真素材


出雲大神宮の落ち葉のハート。

出雲大神宮の落ち葉のハートの写真素材


梅雨どきになると、紫陽花が咲くお寺や神社ではハート形の紫陽花探しが始まります。

三室戸寺の紫陽花ハートの写真素材

京都の紫陽花寺、紫陽花神社といえば、藤森神社・善峯寺・三室戸寺・岩船寺・揚谷寺・福知山の観音寺・智積院・三千院など。
ハート紫陽花を一番アピールしているのは宇治の三室戸寺さんでしょう。


いくつか掲載します。
まずは、三室戸寺さんの紫陽花ハート

三室戸寺の紫陽花ハートの写真素材


ハートの紫陽花は探せばどこでも見つかる可能性はあります。
こちらは長福寺さんの紫陽花ハート

長福寺の紫陽花ハートの写真素材

東福寺方丈のハートのサツキ。
サツキの咲く時期は通天橋より方丈の拝観を優先してみてはいかがでしょうか。

東福寺方丈のハートのサツキの写真素材

3色カラーのハートがきれいな東本願寺さんの釘隠し。

東本願寺のハートの写真素材


おひがしさんはハートが多い。

東本願寺のハートの写真素材


小さいハートがだーっと並んでいます。

東本願寺のハートの写真素材


こちらもおひがしさん。

東本願寺のハートの写真素材


石橋のハート。

東本願寺のハートの写真素材


東福寺光明院さんの六葉釘隠しのハート。だいたいどこのお寺にでもあるハートです。

光明院のハートの写真素材


智積院さんの柱にもハート。
ハートとトマトのかわいい飾り。

智積院のハートの写真素材


金ぴかの釘隠しに桔梗とハート。これも智積院さん。

智積院のハートの写真素材


わら天神の杉の切り株、綾杉明神にもハート。

わら天神の杉の切り株のハートの写真素材


いつかニュースになった北山大橋の中州ハート。
自然に消えるので誰にも迷惑はかかりませんが、法律的にはアウトだそうです。

鴨川のハートの写真素材


鴨川のハートの写真素材


福知山城の石垣のハート石。探すとたくさん見つかります。

福知山城の写真素材

網野町八丁浜の岩肌のハートロック。
浦嶋太郎さん(水江浦嶋児)と乙姫さんが出会ったという場所です。

網野町の海のハートロックの写真素材

東光院さんの風鈴に混じって吊るされているハート。

東光院の風鈴祭りの写真素材

京都駅ビルのハート。目立ちすぎていてなんだか恥ずかしい。

京都駅ビルのハートの写真素材


MKタクシーのハート。
通常の行灯はオレンジですが、ピンクのが走ることもあるそうです。

MKタクシーのハートと新幹線の写真素材


木屋町通のハート。

木屋町通のハートの写真素材


西ノ山展望公園のハート。

西ノ山展望公園のハートの写真素材


西ノ山展望公園のハートの写真素材

そのほか、
石畳のハート形、樹々のあいだから見上げる空のハート形など。
四葉のクローバーやミッキー探しと同様に、ハート形を見つけたときの幸せアハ感は特別ですね。
あとでまた追加します。

仁和寺金堂の懸魚の猪目。
梨木神社の御神木「愛の木」の葉っぱのハート形。
上賀茂神社の摂社片岡社のハート形、葵の形の絵馬。
八坂神社の摂社大国主社のハート形、葵の形の絵馬。
圓光寺のハート石。

など。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の虹・ハロなど

案内 写真はクリックすれば拡大

なかなか撮れないの写真素材です。

虹と比叡山の写真素材


虹が出てから家を出ても遅いので、出そうな予感がしたときはできるだけ出かけますが、当たるのは20回に1回くらい。虹が出なければただのどん曇りの空を見るだけなので、虚しいかぎり。
だんだん増やしていこうとは思います。

京都の虹の写真素材


八坂の塔と朝の虹。

八坂の塔と朝の虹の写真素材


鳥居の向こうの虹。

京都の虹の写真素材


太陽が昇っていくので、虹が下がってくる。

京都の虹の写真素材


虹の上には青空。

京都の虹の写真素材


宝ヶ池と比叡山にかかる虹。

虹と宝ヶ池と比叡山の写真素材


よく見ると内側に過剰虹のついた虹です。
雨の水滴が細かいときにこうなるそうです。

京都の虹の写真素材

虹より手前に雲。

比叡山の上の虹の写真素材


妙満寺本堂から見る二重の虹。

妙満寺から見る虹 ダブルレインボーと比叡山の写真素材


比叡山にかかる虹。

虹と比叡山の写真素材

東寺の五重塔にかかる虹。

虹と東寺の五重塔の写真素材

夕方の薄い虹です。
雨が降っていないのに虹が出ていたので気づくのが遅れました。

虹と東寺の五重塔の写真素材


JR山陰線にかかる虹。梅小路京都西駅のあたり。

京都の虹とJR山陰線の写真素材


京都の虹とJR山陰線の写真素材

梅小路の蒸気機関車庫の向こうに虹。

虹 京都鉄道博物館の写真素材

虹と山科市街。日没前の巨大な虹を期待しましたが、一部分しか見えませんでした。

京都の虹の写真素材


山科、大石街道のそばから。

京都の虹の写真素材


こちらは京都の虹ではなく、琵琶湖に出た虹です。
副虹も見えました。

虹 RAINBOW 琵琶湖の写真素材


やっぱり海や湖の虹は壮大でいいですね。

虹 RAINBOW 琵琶湖の写真素材

虹 RAINBOW 琵琶湖の写真素材

次に京都で撮影したハロ。
この輪っかはハロや日暈、暈などと呼ばれます。太陽の周りにうすぼんやりと輪が見える現象です。巻層雲などの薄い雲が太陽のところに広がっているときによく見えます。太陽から視野半径角22度なのだそうです。
このあとお天気は下り坂。

京都のハロと空の写真素材


山の上にハロ。

京都のハロと空の写真素材


縁が少し虹色。

京都のハロと空の写真素材

ハロはうっすらとしていますが、雲が網目のようになってとても美しい空でした。

京都のハロと空の写真素材


真如堂の三重塔とハロ。

真如堂の三重塔とハロと空の写真素材


彩雲。東寺の五重塔と満月。

彩雲 東寺の五重塔の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都タワーのある風景

案内 写真はクリックすれば拡大

京都駅のすぐ北側に建つ灯台、京都タワーの写真です。

夕焼と京都タワーの写真素材


設計は建築家の山田守氏。日本武道館もこのかたの設計です。
南禅寺の水路閣同様、できた当時は「京都のイメージにそぐわへん。なんてものを作ってくれたんや!」と多くの批判を受けたそうです。

京都タワーの写真素材


燭台にも見えます。
開業は昭和39年の年末。東海道新幹線開通の年です。
高さは131m。風速90mでもなんともないように設計されているそうで、いままでに特にダメージを受けたニュースは聞きません。
構造はモノコック構造といって、エビカニや飛行船と似た骨のない造り。

京都タワーの写真素材


展望階は東京タワーに比べるととってもこぢんまりした空間。
その先には航空障害灯、風向計、風速計、そして避雷針などがあります。
外側についた梯子で登るようですが、怖いですね。

京都タワーの写真素材


七条大橋あたりからビル越しに。

京都タワーの写真素材


新幹線と京都タワー。

新幹線と京都タワーの写真素材


新幹線と京都タワー。夕暮れ。

京都の新幹線と京都タワー 夕暮れの写真素材

夕日が京都タワーに迫りくる。

夕日と京都タワーの写真素材


夏至の夕暮れの京都タワー。

夕日と京都タワーの写真素材


真夏の夕暮れ。

夕日と京都タワーの写真素材


夕日と京都タワーの写真素材

夕日と京都タワーの写真素材

だいぶん暗くなった京都市街に紫の京都タワー。

夜の京都タワーの写真素材

山陰線の電車と京都タワー。

京都の山陰線と京都タワーの写真素材


雪景色の京都タワー。


清水寺の境内から見る京都タワー

清水寺の境内から見る京都タワーの写真素材


将軍塚から見る京都タワー。その左が京都駅で、そのまた左が東寺の五重塔。

京都タワー・京都駅・東寺の写真素材


同じところから日没後の写真。
京都タワーと東寺の五重塔もライトアップされて暗いなかに浮かび始めます。

京都タワー・京都駅・東寺の写真素材


深草から森越しに見る京都タワー。

京都タワーの写真素材


五条通りからの日没後の写真。

夜の京都タワーの写真素材


クルマのテールライトが線を引きます。

夜の京都タワーの写真素材


今日は赤い赤いタワー。
公式サイトを見るとオレンジのカラーライトアップと記載されていました。
児童虐待啓発のイベント「ときめきプロジェクト」に連動して、日の出をイメージしたカラーにライトアップされているとのこと。

夜の京都タワーの写真素材


動かしてみました。すでに暗くなってからです。
手持ちなので京都タワーが横移動したりします。UFOも飛びます。

夜の京都タワーの写真素材

今夜はブルーのライトアップでした。

京都タワー ブルーのライトアップの写真素材


梅小路公園から見る夜の京都タワー。

京都タワーの写真素材

京都タワーのそばに満月。

京都タワーの写真素材


刺さりました。

京都タワーの写真素材


そびえ立つ京都のシンボル京都タワー。夏の雲が湧きます。

京都タワーの写真素材

京都駅を北に出るとこの景色。

京都タワーの写真素材


ビルの隙間の京都タワー。

京都タワーの写真素材

京都タワーの写真素材


京都駅の構内から見る京都タワーと青空。

京都タワーの写真素材


積乱雲がもくもくと。

京都タワーの写真素材


ダブル京都タワー。

京都タワーの写真素材

堀川塩小路の歩道橋から京都タワーを見る。

京都タワーの写真素材


東本願寺の渉成園から見る京都タワー

京都タワーの写真素材


東寺の境内から見る京都タワー

東寺から見た京都タワーの写真素材


東本願寺境内から見る京都タワー

東本願寺の写真素材


西本願寺境内から見る京都タワー

西本願寺から見た京都タワーの写真素材


八坂の塔越しの京都タワー

八坂の塔と京都タワーの写真素材

夜の八坂の塔と京都タワー

八坂の塔と京都タワーの写真素材


遠いですが、清水の舞台と京都タワー

清水寺の雪の写真素材


東寺と清水寺と京都タワー。特撮のセットみたいな感じもします。

京都タワーと東寺と清水寺の夜景の写真素材


清閑寺の境内から見る京都タワー。

清閑寺の雪の写真素材


ちらっとですが、東福寺方丈から京都タワー

東福寺から見る京都タワーの写真素材

京都タワーと京都駅ビルと愛宕山。東福寺あたりから。

京都タワーの写真素材


遠くの山から見る京都タワー

京都タワー 京都市街の眺望の写真素材


善峯寺から桂川越しに見る京都タワー。清水寺や東寺も見えます。探してみて。

善峯寺からの眺望の写真素材


桜越しの京都タワーの写真。


次は桜の京都タワーのイラスト。

京都タワーのイラスト素材


線路わきの公園から桜越しに見る京都タワー。
いい景色かと思ったが、電線が多すぎました。

京都タワーと桜の写真素材


仲恭天皇の御陵から見る京都タワーと桜。

京都タワーと桜の写真素材

京都タワーと桜の写真素材

京都タワー、まあどこからでも見えます...。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都タワーからの眺望

案内 写真はクリックすれば拡大

燭台のかたちの京都のシンボル京都タワー
京都タワーには入場料を払えば登ることができます。
その展望室は地上100mの高さ。
エレベーターがへんな形をしています。

京都タワー  無料画像 写真素材


展望階は東京タワーをすごくこじんまりさせたようなかんじ。360度ガラス張りで外側の赤い鉄骨枠で補強されています。

京都タワー  無料画像 写真素材


でも、五山が全部見えたり、清水寺や東福寺、東西本願寺、東寺、三十三間堂などの有名なお寺が見えたり、京都らしい景色が楽しめます。
水族館でいるかがジャンプするのも見えます。

すぐ下に京都駅。

京都タワーから京都駅

京都駅や郵便局の向こうに東寺の五重塔。

京都タワーから東寺   無料画像 写真素材



京都タワーのある景色はこちら

京都タワー  無料画像 写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の蜃気楼

案内 写真はクリックすれば拡大

天橋立を散歩していたら蜃気楼が見えました。

蜃気楼の写真素材

島影が少し浮き上がっています。浮島現象。

蜃気楼の写真素材


砂浜の先がちょっとだけ浮いています。丹鉄の由良川橋梁の夏の景色です。

京都丹後鉄道 由良川橋梁の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]