2020年3月の記事一覧

嵐電の沿線は見所が多く、のんびり散歩するのにもよいところが多いです。

嵐電の写真素材

背景に比叡山。

嵐電の写真素材

桜と雪柳の向こうから飛び出してくる紫の電車。

嵐電の桜の写真素材


嵐電の車折神社駅は鳥居のすぐ前。
「嵐電乗る人おらんでん」と、こどもたちが歌う。

嵐電 車折神社の写真素材


嵐電の写真素材


特に有名なのは鳴滝と宇多野のあいだの桜のトンネルです。

嵐電の桜の写真素材

嵐電の桜の写真素材

乗って眺めるのが一番ですが、沿線にもたくさん見所があります。

嵐電の桜の写真素材


嵐電の桜の写真素材


叡電と桜。貴船口と鞍馬のあいだ。

叡電の桜の写真素材


叡電と桜。岩倉駅近く。

叡電の桜の写真素材


同じく岩倉駅近く。

叡電の桜の写真素材


桜咲く伏見の濠川を渡る近鉄電車。

近鉄電車と桜の写真素材

澱川橋梁を渡る近鉄電車。菜の花が咲いています。

近鉄電車と鉄橋の写真素材


澱川橋梁を渡る近鉄電車。

近鉄電車と鉄橋の写真素材


東寺の五重塔と近鉄。夕暮れ。

東寺の五重塔と近鉄の写真素材

日が暮れました。

東寺の五重塔と近鉄の写真素材

藤森駅の桜並木と京阪電車。

京阪電車と疏水と桜の写真素材

疏水を渡る京阪電車。

京阪電車と疏水と桜の写真素材

疏水を渡る京阪電車。

京阪電車と疏水の写真素材


宇治川派流を渡る京阪電車。満開の桜の下には十石船。

京阪電車と宇治川派流の写真素材


これも同じ場所。

京阪電車と宇治川派流の写真素材

チューリップと京阪電車。

京阪電車とチューリップの写真素材


桜のすきまを走る京阪大津線の電車。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

鞍馬口通り沿いに建つ上善寺さんの写真です。
8月の六地蔵巡りのお寺のひとつです。

上善寺の写真素材

上善寺の写真素材

地蔵堂と観音堂が並んでいます。左側の地蔵堂は六角形の建物です。
お地蔵さんは「鞍馬口地蔵」「深泥池地蔵」と呼ばれ大切にされています。

上善寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都を走る鉄道の写真です。
ここではJR西日本や嵯峨野観光鉄道などの写真を。
私鉄などはこちらに分けました。


新幹線と京都タワー。

京都の新幹線の写真素材


金網にカメラをくっつけて新幹線と京都タワーを。

京都の新幹線の写真素材


新幹線の上下線がちょうど並んだところ。東山跨線橋から。
この跨線橋は、こどもを連れたお母さんお父さんやカメラを持った人が仲良く電車を眺める場所。

京都の新幹線の写真素材


六孫王神社のそばを音もなく走る新幹線。

六孫王神社の桜の写真素材


天神川と桂川のあいだの桜並木の向こうに新幹線。

京都の新幹線の写真素材


上の写真のもう少し南。京都らしい背景はありませんが、よく見ると愛宕山が見える。

京都の新幹線の写真素材

本気で走る新幹線を見ると、いまさらながら速いと感じます。

京都の新幹線の写真素材

春の桂川を渡る新幹線。黄色い花はセイヨウカラシナ。

京都の新幹線の写真素材


京都の新幹線の写真素材


京都の新幹線の写真素材


宇治川。向こうの鉄橋をちょうど京阪電車が渡っています。

京都の新幹線の写真素材


鴨川を渡るJR奈良線の電車。

京都の電車の写真素材


春先の写真です。遠い山には雪が残ります。

京都の電車の写真素材


山科の街と電車。

京都の電車の写真素材

宇治川を渡るJR奈良線の電車。宇治橋からの眺めです。

宇治川を渡る電車の写真素材

反対側から。ひとつ向こうの橋が宇治橋。

宇治川を渡る電車の写真素材

煙を吐いて通過する嵯峨野トロッコ列車。左奥の山に桜咲く。

嵐山高雄パークウェイから見る嵯峨野トロッコ列車。30分足らずの旅ですが、けっこう楽しいです。


保津川渓谷は谷がとても深くて京都らしくない景色です。


追加します。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

夕闇迫る京都らしい夕景の写真をいくつか。

将軍塚から見た雲のすきまの夕日。

将軍塚から見る夕暮れの写真素材


将軍塚から見る夕暮れの写真素材


清水寺の夕暮れ。

清水寺の舞台の写真素材


東寺の夕暮れ。近鉄電車入り。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の夕暮れ。よく焼けた日。

夕焼けの東寺の写真素材

八坂の塔の夕暮れ。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の夕暮れ。

八坂の塔の写真素材


平等院鳳凰堂の夕暮れ。

平等院鳳凰堂の写真素材

京都タワーの夕暮れ。

夕方の京都タワーの写真素材


京都タワーの夕暮れ。


伏見桃山城の夕暮れ。

伏見桃山城の夕暮れの写真素材


大文字山の夕暮れ。

大文字山の夕暮れの写真素材

夕暮れの写真は一回に一箇所しか撮影できないのでなかなか増えません。
がんばります。

南東の空が焼けました。

夕焼けの写真素材

邪悪なものに吸い込まれそうな気持ち悪い夕焼け空。

夕焼けの写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都府城陽市の広大な梅林、青谷梅林の写真です。
20ヘクタール、10000本もの梅の園で、背の低い白梅の木が至るところにあります。梅干しや梅酒になる梅なのだそうです。
梅林の借景となっているのはエアーズロック。

青谷梅林の写真素材


オーストラリアのエアーズロックと同様に、登ることはできません。

青谷梅林の写真素材

青空に白梅。

青谷梅林の写真素材

曲がりくねった道をどこまでも散策。のどかなところです。

青谷梅林の写真素材


菜の花が植えられて彩りを添えている場所も。

青谷梅林の写真素材

菜の花にはたくさんのミツバチがおしごと中。向こうには白い花。

青谷梅林の写真素材

梅の花のアップ。

青谷梅林の写真素材

蕾は色が濃いですね。

青谷梅林の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

城陽市の青谷梅林のそばに建つ龍福寺さんの写真です。
創建は1607年。浄土宗のお寺です。
境内には大きな桜の木。

青谷 龍福寺の写真素材

本堂右手の墓地のほうに登れば、境内を見下ろせて、なかなかの眺望が広がります。

青谷 龍福寺の写真素材


本堂の前の小さな小さな鐘楼。
指でつまんで鳴らしてみるとキンと軽やかな音。

青谷 龍福寺の写真素材


参道の小さな祠にはお地蔵さんが祀られています。
ほおを手でおさえてガマンする姿の歯痛地蔵菩薩。身代わりになって歯痛を止めてくれるお地蔵さんだそうです。

青谷 龍福寺の歯痛地蔵の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

城陽市の中天満神社の写真です。青谷梅林の近くです。

中天満神社の写真素材

菅原道真公を祀る天満宮で、この辺りの集落の氏神様です。

中天満神社の写真素材


中天満神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

の写真素材です。
まずは京都の虹ではありませんが、並べておきます。

虹 RAINBOWの写真素材


虹 RAINBOWの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都駅のすぐ北側に建つ灯台、京都タワーの写真です。燭台にも見えます。 展望階は東京タワーに比べるととってもこぢんまりした空間。 七条大橋あたりからビル越しに。 雪景色の京都タワー。 将軍塚から見る京都タワー。その左が京都駅で、そのまた左が東寺の五重塔。

同じところから日没後の写真。
五条通りからの日没後の写真。
今日は赤い赤いタワー。 動かしてみました。すでに暗くなってからです。 手持ちなので京都タワーが横移動したりします。UFOも飛びます。
そびえ立つ京都のシンボル京都タワー。京都駅を北に出るとこの景色。

堀川塩小路の歩道橋から京都タワーを見る。


東本願寺境内から見る京都タワー
東本願寺の写真素材


八坂の塔ごしの京都タワー

遠いですが、清水の舞台と京都タワー

ちらっとですが、東福寺方丈から京都タワー

京都タワーと京都駅ビルと愛宕山。

遠くの山から見る京都タワー
京都タワー 京都市街の眺望の写真素材


桜越しの京都タワーの写真。

次は桜の京都タワーのイラスト。

京都タワー、まあどこからでも見えます...。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

燭台のかたちの京都のシンボル京都タワー
京都タワーには入場料を払えば登ることができます。
エレベーターがへんな形をしています。
展望階は東京タワーをすごくこじんまりさせたようなかんじ。
でも、五山が全部見えたり、清水寺や東福寺、東西本願寺、東寺、三十三間堂などの有名なお寺が見えたり、京都らしい景色が楽しめます。
水族館でいるかがジャンプするのも見えます。

京都タワー  無料画像 写真素材


京都タワー  無料画像 写真素材


すぐ下に京都駅。

京都タワーから京都駅

京都駅や郵便局の向こうに東寺の五重塔。

京都タワーから東寺   無料画像 写真素材



京都タワーのある景色はこちら

京都タワー  無料画像 写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内

よく使われる写真



サイト内検索

カテゴリ