sozai_head.jpg

京都の世界遺産 一覧

京都の世界遺産まとめ

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の世界遺産をまとめたページです。
拝観料は合計10,500円なり。(取材当時)
リンク先にたくさんの写真を掲載していますので、ご利用ください。

金閣寺(鹿苑寺)
杜若満開の天国のような池に建つ金閣。金閣寺の写真を見る

金閣寺の杜若の写真素材


銀閣寺(慈照寺)
牡丹の花に彩られる4月の銀閣。銀閣寺の写真を見る

銀閣寺の写真素材

龍安寺
エリザベス女王大絶賛の石庭に紅枝垂桜。龍安寺の写真を見る

龍安寺の桜の写真素材

東寺(教王護国寺)
五重塔もすごいが、不二桜もすごい。東寺の写真を見る

東寺の五重塔の写真素材


平等院
鳳凰堂の上に雲がもくもく。平等院の写真を見る

平等院鳳凰堂の写真素材


宇治上神社
本殿は平安時代後期の建築物。古さにおいて最高峰。
宇治上神社の写真を見る

宇治上神社の写真素材

清水寺
雪のなかの静かな清水寺本堂。清水寺の写真を見る

清水寺の冬の写真素材

西芳寺(苔寺)
写経のあとはひたすら緑、緑、緑。すべてが苔むした西芳寺庭園。西芳寺の写真を見る

西芳寺(苔寺)の写真素材


仁和寺
御殿から見るスペシャルな錦秋。仁和寺の写真を見る

仁和寺の紅葉の写真素材


比叡山延暦寺
ほぼ滋賀県だけど京都の世界遺産、比叡山延暦寺。比叡山延暦寺の写真を見る

比叡山延暦寺 横川の写真素材


下鴨神社(賀茂御祖神社)
原生林、糺の森をテクテク歩けば、鳥居と楼門が見えてきます。下鴨神社と糺の森の写真を見る

下鴨神社の写真素材


上賀茂神社(賀茂別雷神社)
清々しく開放感あふれる芝生の真ん中に真っ直ぐな参道。上賀茂神社の写真を見る

上賀茂神社の参道の写真素材

天龍寺
嵐山亀山を借景にした曹源池庭園はスケール感が違います。天龍寺の写真を見る

天龍寺の紅葉の写真素材


醍醐寺
桜まみれの醍醐寺境内は太閤殿下の夢の跡。醍醐寺の写真を見る

醍醐寺五重塔と桜の写真素材


神護寺
苦しい石段を登りつめたその先に天上の庭が広がります。神護寺の写真を見る

神護寺の新緑の写真素材


高山寺
静かな山のなかに佇む地味で落ち着いた世界遺産。気分は森林浴。高山寺の写真を見る

西本願寺
「京の三名閣」といえば、金閣・銀閣そしてこの飛雲閣。
西本願寺の写真を見る

飛雲閣 国宝

二条城
江戸時代が始まり、そして終わった歴史的な場所。二条城の写真を見る

雪の二条城と濠の写真素材

以上、京都の世界遺産でした。
世界遺産には1994年に「古都京都の文化財」として17ヶ所が登録されています。寺院が13、神社が3つ、そしてお城がひとつ。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
世界遺産東寺の紅葉写真です。
東寺の紅葉


東寺境内は池のまわりにたくさんのカエデがあり、どれも鮮やかな赤になっていました。
東寺の紅葉

晴れた日の昼間に行くと、五重塔を背景にした写真は激しく逆光になり、目がくらくらします。
東寺の紅葉


東寺の紅葉

五重塔を入れなければ綺麗に撮れるのですが。
東寺の紅葉


東寺の紅葉

イチョウも鮮やかに色づきます。
東寺の紅葉
東寺の桜の写真はこちら

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

東寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京都駅の南西に建つ世界遺産、東寺さんの写真です。

東寺の五重塔の写真素材


虹のかかる五重塔。

東寺の五重塔と虹の写真素材

東寺五重塔とワコールのビル。

東寺の五重塔の写真素材

新幹線で西から来る方が最初に見るであろう車窓の五重塔の写真。
京都に住む人には帰ってきたと実感できる光景ですね。

東寺の五重塔の写真素材

京都タワーの左のほうに五重塔が見えます。

京都タワー・京都駅・東寺の写真素材


京都駅ビル大空広場からガラス越しに見る東寺の堂塔と新幹線

京都の新幹線の写真素材

京都タワーから見る東寺。

京都タワーから東寺   無料画像 写真素材


京都鉄道博物館のスカイテラスから見る東寺。

東寺の五重塔の写真素材

東寺の五重塔の写真素材


手前の線路を新幹線が通ります。

東寺の五重塔と新幹線の写真素材

五重塔の相輪が満月に刺さっているところ。とてもきれいでした。

東寺の五重塔と満月の写真素材


堀の水に映っていました。


沈む夕日に輝く五重塔。
五重塔の先っぽに太陽が来る予定でしたが、厚い雲にはばまれ悲しかった。

東寺の五重塔の写真素材

中井精也さんになったつもりで電車を入れてみた。

東寺の五重塔と近鉄電車の写真素材


東寺の五重塔と清水寺の三重塔のコラボ写真。左は京都駅です。

東寺の五重塔の写真素材

夜の枝垂桜と五重塔。

東寺の五重塔の写真素材

月と五重塔。

東寺の五重塔の写真素材

金堂。大きな薬師如来と日光菩薩・月光菩薩は東寺のご本尊。

東寺 金堂 国宝


金堂。手前は講堂。

東寺の金堂と講堂の写真素材


無料のエリアに建つ国宝、大師堂。

東寺の大師堂 写真素材

御影堂とも。

東寺の大師堂 写真素材


修復が終わり、きれいになりました。

東寺の大師堂の写真素材

東寺の五重塔と梅。

東寺の梅の写真素材


東寺の梅の写真素材

東寺の梅の写真素材


桜の季節。

東寺の五重塔の桜 写真素材


とっても逆光ですが、なんとか見れる程度に補正しました。

東寺の五重塔と枝垂れ桜の写真素材

東寺の桜の写真

東寺の五重塔と不二桜の葉桜。

東寺の五重塔の写真素材

不二桜と五重塔。ツツジの季節。

東寺の五重塔の写真素材


黄菖蒲もたくさん植えられています。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

夜明けの五重塔。

朝の東寺の五重塔の写真素材

だんだん明るくなる空が堀の水に映ります。

東寺の五重塔の写真素材


開門したばかりの東寺南大門。

東寺の金堂の写真素材


東寺東門のあたり。

東寺の五重塔の写真素材


5月のフレッシュな新緑の色に五重塔が映える。

東寺の五重塔の写真素材


掘越しに見る朝の五重塔。

東寺の五重塔の写真素材

南北の通は大宮通。けっこうトラックがいっぱい停まる道です。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

五重塔と朝の月。

東寺の五重塔の写真素材


朝日を浴びる五重塔。

朝の東寺の五重塔の写真素材

相輪。

東寺の五重塔の写真素材


向こうに近鉄電車が九条通を高架で渡るのが見えます。

東寺の五重塔と近鉄の写真素材


どんよりと黒い雨雲がかかる東寺。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材


激しい通り雨の後。

東寺の五重塔の写真素材


東寺の五重塔の写真素材

7月は蓮。

東寺のハスの写真素材

あまりにも見事ですので、ぜひ午前中にお出かけください。

東寺のハスの写真素材


蓮の花咲くお堀は有料拝観エリアではありませんので、早朝から見ることができます。

東寺のハスの写真素材


東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材


東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材

東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材


東寺の蓮。

東寺のハスの写真素材


カラフルな秋の五重塔。

東寺の五重塔 国宝

東寺の紅葉の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

比叡山延暦寺 東塔

案内 写真はクリックすれば拡大

比叡山延暦寺の中でもメインのくくりとなる東塔エリアの写真です。
延暦寺発祥の地で、根本中堂があるエリア。
東塔はとうとうではなく、とうどうと読むのが正しいそうです。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

大講堂。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

鐘楼から見る大講堂。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材


比叡山延暦寺 東塔の写真素材


比叡山延暦寺の総本堂である根本中堂。石段を下り、または坂道を下って到達する大きな国宝のお堂です。(写真は修復中)
薬師如来をご本尊とし、「不滅の法灯」が守られています。
須弥壇のある内陣は薄暗く、神秘的な雰囲気。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材


根本中堂から向かいの文殊楼を見て。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材


文殊楼。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

戒壇院。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

阿弥陀堂。1937年の建物です。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

法華総持院東塔。1980年の建物です。

比叡山延暦寺 東塔の写真素材

ほぼ全体が滋賀県でありながら、古都京都の文化財として世界遺産登録されている比叡山延暦寺
比叡山自体は滋賀県と京都にまたがっていますが、堂塔は京都にはありません。
でも、そうだ京都行こうでもやはり京都のくくりで宣伝されている比叡山延暦寺
最澄が延暦寺を開いた理由のひとつが京都の鬼門封じのためということで、京都に向いたお寺だともいえます。
比叡山の見える風景
比叡山延暦寺 西塔
比叡山延暦寺 横川


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

比叡山延暦寺 横川

案内 写真はクリックすれば拡大

比叡山延暦寺横川の写真です。
比叡山ドライブウェイの横川入り口付近の紅葉。

比叡山延暦寺 横川の写真素材

横川の入り口の紅葉。

比叡山延暦寺 横川の写真素材


中心的な建物、横川中堂。
杉木立とカエデに囲まれた舞台造りの朱塗りの建物です。火事で燃えて1971年に再建されました。
ご本尊は聖観音菩薩。

比叡山延暦寺 横川の写真素材

カエデのグラデーションに少しだけ日が差しました。

比叡山延暦寺 横川の写真素材


元三大師堂。魔除けの護符をいただくところとしても知られています。

比叡山延暦寺 横川の写真素材


比叡山延暦寺 横川の写真素材

鐘楼前はT字路になっています。ここもグラデーション。

比叡山延暦寺 横川の写真素材

恵心堂まで来ると誰もいません。恵心僧都源信の旧跡で、「往生要集」「二十五三昧式」を書いた場所です。

比叡山延暦寺 横川の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

比叡山延暦寺 西塔

案内 写真はクリックすれば拡大

比叡山延暦寺の西塔エリアの写真です。
車で行くと、東塔から西塔に移動すると料金がぐんと上がるのでドッキリします。

常行堂と法華堂のふたつを合わせてにない堂です。

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材


渡り廊下でつながっているので、この部分を担ぎあげれば両方のお堂が持ち上がるような空想ができます。
弁慶が実際にそうやって持ち上げたという伝説があり、「弁慶のにない堂」とも。

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材


下りアプローチの釈迦堂(転法輪堂)。西塔の本堂です。

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材

ご本尊は釈迦如来。
三井寺の園城寺から豊臣秀吉がこの地へ移築したもの。

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材


浄土院。少し離れた場所にあり、東塔と西塔のあいだ。
最澄上人の御廟所です。
いつも掃き清められていて「掃除地獄」と呼ばれるそうな。
(所属は東塔エリアですが、公式サイトでも西塔のページに記されています)

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材


比叡山延暦寺 西塔川の写真素材

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材

椿堂。聖徳太子が建てたという言い伝えがあります。

比叡山延暦寺 西塔川の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

銀閣寺・雪

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産銀閣寺。雪の日の銀閣の写真です。

京都にしてはたくさん雪が降りすぎたので、山のほうをめぐる道には進入できませんでした。
銀閣を隠さずに撮影できる場所は幅3mくらいしかありませんでした。

雪の日の銀閣の写真素材


銀閣(観音殿)は国宝。 足利義政の山荘として造営、没後寺となった銀閣寺。北山文化に対し東山文化の中心となりました。

雪の日の銀閣の写真素材

雪の日の銀閣の写真素材


雪の日の銀閣の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

銀閣寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
世界遺産、銀閣寺は紅葉の名所でもあります。 紅葉シーズンでなくとも観光客はいつも多いですが。
銀閣寺の紅葉の写真素材





銀閣寺の雪景色はこちら



銀閣寺・金閣寺の写真はテレビや書籍には使えないようです。 個人的な目的にのみお使いください。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

銀閣寺

案内 写真はクリックすれば拡大

銀閣寺 Ginkaku-ji(Jisho-ji),The Silver pavilion

新緑の銀閣寺さんの写真です。
緑の中に沈んでしまいそうな銀閣。
銀閣寺の写真素材


長い目隠しエントランスが期待を高めます。生垣がありえないほどの高さ。
銀閣寺の写真素材


受付を済ませればけっこうすぐに銀閣に出会えます。
銀閣寺の写真素材


金閣とは違って、近くで見ると室町時代から現在への歴史の重みを感じさせます。
わびさびというのか、渋いというのか・・・。
銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


国宝の東求堂。日本の四畳半一間の原点がここにあります。
銀閣寺の写真素材


5月の境内は修学旅行の生徒たちと海外からの観光客で満員御礼でした。
さすが京都を代表する世界遺産、慈照寺。大人気です。
銀閣寺の写真素材


広い境内は緑がいっぱいで、苔もみずみずしく、贅沢な森林浴といったかんじ。
銀閣寺の写真素材


新緑の銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


水に映る向月台。
銀閣寺の写真素材


上から見おろす銀閣も緑の中。向こうの小山は吉田山。
銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


特に銀閣の左側は緑しかありません。
銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


贅沢な景色です。
銀閣寺の写真素材


みずみずしい苔が庭園を覆います。苔寺のような景色も続きます。
銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


「仙草壇」には大きな牡丹の花が咲き誇っていました。
銀閣寺の写真素材

これは福島県の須賀川牡丹園から植樹されたもの。
銀閣寺弄清亭の襖絵に須賀川の牡丹を描いた絵があることつながりで、本物の牡丹も植えましょうということになったそうです。
弄清亭は特別拝観のときに見ることができます。
銀閣寺の写真素材


銀閣寺の写真素材


プリンに牡丹を添えて。
銀閣寺の写真素材


牡丹の向こうの鮮烈な赤はキリシマツツジ。
銀閣寺の写真素材


イラストの銀閣寺
新緑の銀閣寺のイラスト素材


銀閣寺へ向かう道「銀閣寺道」は桜の名所。
桜の銀閣寺道の写真素材


桜を見ながら哲学の道を歩けば、
桜の銀閣寺道の写真素材


もうそれで満足して、銀閣寺まで辿り着けません。
桜の銀閣寺道の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

金閣寺(初夏)

案内 写真はクリックすれば拡大

こちらに移動しました。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ