2020年8月の記事一覧

獅子崎稲荷神社

案内 写真はクリックすれば拡大

宮津湾を見下ろす丘の上に建つ獅子崎稲荷神社さんの写真です。
獅子崎はしいざきと読むようです。

朱の鳥居をくぐりながら石段を登っていけば、中腹にお稲荷さんが祀られており、さらに上まで登れば展望台になっていて、東屋と小さい祠が建ちます。

獅子崎稲荷神社の写真素材


この位置は雪舟の国宝「天橋立図」と見る角度が似ているので、雪舟観と呼ばれています。
ただし雪舟さんの絵はドローンっぽい俯瞰になっており、且つ、デフォルメされているので、同じ印象の景色を見ることはできません。
ミツバツツジが群生していて、4月には丘全体がピンクになります。

獅子崎稲荷神社の写真素材


日没の雪舟観。

獅子崎稲荷神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

離湖

案内 写真はクリックすれば拡大

網野町の小さな淡水湖、離湖の写真です。
真ん中に離山がポコッと浮かぶように見え、味わいのある景色になっています。

離湖の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

本願寺(久美浜町)

案内 写真はクリックすれば拡大

久美浜町の本願寺さんの写真です。
730年、奈良時代に行基が創建したと伝えられる古刹。

本願寺(久美浜町)の写真素材


山門には熊目撃の張り紙があり、びびりながらくぐることに。

本願寺(久美浜町)の写真素材


夏の境内。

本願寺(久美浜町)の写真素材


なだらかな屋根の美しい本堂は鎌倉時代のもので、丹後で現存する最古の建物。重要文化財。

本願寺(久美浜町)の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

八幡神社(四所駅)

案内 写真はクリックすれば拡大

舞鶴市の京都丹後鉄道宮舞線「四所駅」駅前に建つ八幡神社さんの写真です。

四所駅前 八幡神社の写真素材


石段を登れば神社の杜に覆われて社殿が建ちます。
珍しい三角屋根の本殿かと思えば、

四所駅前 八幡神社の写真素材


こちらは正面ではなくサイドなのでした。

四所駅前 八幡神社の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(JR西日本など)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都を走るJRの写真です。
そのほかの鉄道の写真はこちらに。新幹線嵯峨野トロッコ列車阪急電鉄京阪電車近鉄嵐電叡電叡山ケーブル丹鉄蒸気機関車


福知山城をバックに土師川橋梁を渡る特急はしだて。

土師川橋梁と福知山城の写真素材


福知山城のそばの高架。

山陰線と福知山城の写真素材


深い森を一瞬で渡っていきます。安栖里駅と立木駅のあいだの南深沢川橋梁。

JR山陰線の写真素材

第一和知川橋梁。
走る列車をお地蔵さんが見守っています。

和知 JR山陰線の写真素材


和知駅のそばの道路沿いの紫陽花。

紫陽花とJR山陰線の写真素材

和知駅と下山駅のあいだの高屋川の支流に掛かる橋梁。山の中です。

JR山陰線の写真素材

高さのある質美川橋梁。
場所は下山駅の北西。

JR山陰線 質美川橋梁の写真素材


質美川橋梁。
銀河鉄道感があります。

JR山陰線 質美川橋梁の写真素材

どこから見ても高い。

JR山陰線の写真素材


質美川橋梁を山から俯瞰。

JR山陰線の写真素材

光秀さんが来ました。

JR山陰線の写真素材

JR山陰線の写真素材


お天気も良く、気候も良く、ほどよい風が心地よく、立ち去り難い。

JR山陰線の写真素材


JR山陰線の写真素材


質美川橋梁の上。
集落から同じ目の高さで見ると高さを感じません。

JR山陰線の写真素材

トンネルの向こうにすぐ杉谷橋梁が見えます。

JR山陰線の写真素材

紫陽花咲く吉尾沢橋梁。1910年に架けられたものだそうです。

紫陽花とJR山陰線の写真素材

高屋川橋梁。
ここも、はるか上空の一本橋を渡っていきます。
森に音を消されるからか、急に電車が飛び出してくるのでびっくりします。

高屋川橋梁 JR山陰線の写真素材


高屋川橋梁を同じくらいの目の高さから。

JR山陰線の写真素材


高屋川橋梁を遠望。

JR山陰線の写真素材


ススキをかきわけるようにして特急が来ます。

JR山陰線の写真素材


場所は鍼灸大学駅と胡麻駅のあいだ。

JR山陰線の写真素材


ススキから列車が飛び出してきます。

JR山陰線の写真素材

コスモスの中を去っていく列車。

JR山陰線の写真素材

コスモスも列車もぼける。

JR山陰線の写真素材

向日葵と特急きのさき。

向日葵とJR山陰線特急きのさきの写真素材

場所は胡麻駅と鍼灸大学前駅のあいだ。

向日葵とJR山陰線特急きのさきの写真素材

桂川にかかる第一大堰川橋梁。

JR山陰線の写真素材

船岡駅の北の橋梁。桂川にかかる第二大堰川橋梁です。

JR山陰線の写真素材

橋梁を渡った列車がいったん森に消えて、ふたたび現れます。

JR山陰線の写真素材


一日中ここにいたいくらい気持ちのいいところです。

JR山陰線の写真素材


JR山陰線の写真素材

たゆたう水面の近くから。

JR山陰線の写真素材


特急を動かしてみよう。
たいてい電車が来るまでは晴れていて、来たと思うと曇るんですよ。

JR山陰線の動画素材


船岡駅の南。鷺が列車を追いかけていました。

JR山陰線の写真素材

コイケヤの工場のそばでコスモスが揺れていました。

JR山陰線の写真素材

吉富駅の南の小さな踏切。

JR山陰線と踏切の写真素材


八木駅と千代川駅のあいだのカーブ。

JR山陰線の写真素材


見通しの良い八木駅と千代川駅のあいだ。

JR山陰線の写真素材

田んぼの畔はどこもかしこも彼岸花のライン。

JR山陰線の写真素材


カラッとした空気、9月の終わりです。

JR山陰線の写真素材


もうすぐ稲刈り。
まわりを見ると、お米が収穫されて赤いラインだけが残っている田んぼも多いです。

JR山陰線の写真素材


コスモスがぜんぶ裏返った。風が強いです。

JR山陰線の写真素材

こんもりした藤越神社の杜のそばを通り過ぎる山陰線。

JR山陰線と藤越神社の写真素材

亀岡。列車は馬堀駅を出てカーブに差し掛かります。

JR山陰線の写真素材

亀山城の森の向こうに特急が見え隠れ。

JR山陰線の写真素材


JR山陰線は保津峡を何度か渡ります。
トンネル、鉄橋、トンネル、鉄橋、またトンネルのくりかえし。
山深いところですが、林道やハイキングコース沿いに山陰線を望むスポットはたくさんあります。

保津峡 JR山陰線の写真素材


保津川の上空の橋梁上に作られた保津峡駅。

保津峡駅 JR山陰線の写真素材


特急は通過します。ホームに立っているとすごい風圧を受けます。

保津峡駅 JR山陰線の写真素材


ホームの両側はすぐにトンネル。

保津峡駅 JR山陰線の写真素材


乗っていればなんとなく過ぎてしまうのですが。

保津峡駅 JR山陰線の写真素材

嵯峨嵐山あたり。向こうの山は比叡山。

JR嵯峨野線の写真素材


竹林の道や野宮神社のそばの踏切。
電車のスピードが出ていて、緊張感のある踏切です。

JR嵯峨野線の踏切 写真素材


嵯峨嵐山駅あたり。歩道橋から俯瞰。

JR山陰線の写真素材

嵯峨嵐山駅あたり。まだまだ街なかですが山深い感じ。

JR嵯峨野線の写真素材

嵯峨嵐山駅あたり。小倉山から俯瞰。

JR嵯峨野線の写真素材


太秦あたり。西に向かって登り坂。

JR嵯峨野線の写真素材


花園あたり。坂の上に特急きのさきが姿を現す。

JR嵯峨野線の写真素材


今度は見送る。尺取虫みたい。

JR嵯峨野線の写真素材


二条。教習所のふちを嵯峨野線が通ります。

JR嵯峨野線の写真素材

東山トンネルの西の跨線橋。細〜い橋脚の歩行者専用の橋です。
1870年製の古いレールも使われていて、相当古い橋のようです。
撤去が決まっているそうで、すでに渡ることはできなくなっていました。

京都 JR貨物列車 EF66 サメ 東山トンネルの西の跨線橋の写真素材


東大路通りに近い跨線橋から湖西線を。

JR湖西線の写真素材


銀色の電気機関車が来ました。なかなかの汚れっぷり。

京都のJR貨物列車 EF510-509 銀釜の写真素材


こちらの電気機関車も屋根が茶色。

京都のJR貨物列車 EF66-122 サメの写真素材


東山跨線橋から。待機中の特急のそばを貨物列車が通り過ぎていきます。

京都のJR貨物列車 EF210-145の写真素材

東山跨線橋から京都タワーのある風景。

京都のJRと京都タワーの写真素材


ほんの一部分だけメラメラと燃える夕焼け。

京都のJRと京都タワーの写真素材


夕日を浴びて京都駅から東に向かう電車。

京都のJRの写真素材


京都駅東側の大屋根のあるお寺は西光寺さん。
風景に京都らしさを演出しています。

京都のJRと西光寺の写真素材


京都駅と京都タワーとサンダーバード。

京都のJRの写真素材


鴨川を渡る電気機関車。

京都 鴨川を渡るEF66-27の写真素材

鴨川を渡るJR奈良線の電車。桜の季節。

京都の電車の写真素材


春先の写真です。遠い山には雪が残ります。

京都の電車の写真素材


京都と滋賀の県境の跨線橋から、西を向いて見る湖西線。
カーブのあたりから向こうが京都府。

京都山科のJR湖西線の写真素材


東向きはすでに滋賀県に入っています。でも前方左側はまた京都府になったりする。

JR湖西線の写真素材


ちょっと陰になった線路を渋い電気機関車が通ります。

JR貨物列車 EF66-27 ニーナの写真素材

トンネルに向かうサンダーバードの後ろ姿。

特急サンダーバードの写真素材


向こうの街は小金塚の住宅街。

特急サンダーバードの写真素材


山科駅の東側。円光寺さんを背景にサンダーバードが走る。

京都山科 特急サンダーバードと円光寺の写真素材

電気機関車も走る。

京都山科 貨物列車の写真素材

山科駅の西側は築堤が続きます。

京都山科の電車の写真素材


夏至の夕陽を反射します。

京都山科のJRの写真素材


特急サンダーバード号が通ります。こちらも山科の築堤。

京都山科のJRの写真素材

サンダーバードの窓には夕焼け空が映りました。

京都山科の電車の写真素材


琵琶湖疏水沿いの遊歩道から線路がよく見えるところが何箇所かあります。

京都山科の電車の写真素材


カーブのところを切り取ってみる。

京都山科のJRの写真素材


夕暮れに流してみる。

京都山科のJRの写真素材


築堤のギリギリそばまで住宅が密集しているので、街へ下りてしまうと、すっきりと電車が見えるところはあまりありません。
この場所もどんどん家が建っている途中なので、もうすぐ視界は遮られ撮影地はなくなる模様。

京都山科のJRの写真素材


南側の三条通から築堤を見る。

京都山科のJR 電気機関車の写真素材


青いのと赤いのと。おふたりさま。

京都山科のJR 電気機関車EF64-1039ムドDD200-4の写真素材


屋根に統一感があるのがちょっといい。

京都山科のJR 電気機関車EF66-115の写真素材


背景のなだらかな山並みもいい。コンテナはスカスカだけど。

京都山科のJR 電気機関車EF66-27の写真素材


三条通の歩道橋から。

京都山科のJR湖西線の写真素材


地上から。三条通は渋滞中。

京都山科のJR湖西線の写真素材

六所神社の近くから見る山科の築堤のカーブ。
ここで撮影すると藪蚊の大群に包まれます。いつまでも跡が残るのでヌカカかもしれません。
夏は覚悟して行かねばならない場所です。

京都山科のJRの写真素材


蚊に刺されながらカンガルーライナーを見る。

京都山科のJR貨物列車EF66-27の写真素材


京都山科のJR貨物列車EF66-27の写真素材


京都山科のJR貨物列車の写真素材


雨の日も貨物列車は行く。

京都山科のJR貨物列車EF66-27の写真素材


東福寺の南側でJR奈良線と京阪電車が交差。

京阪とJR奈良線の写真素材


歴代の天皇が眠る深草北陵(ふかくさのきたのみささぎ)。
すぐそばが奈良線の線路と踏切です。

深草北陵とJR奈良線の写真素材


JR奈良線。六地蔵駅のあたり。

JR奈良線 六地蔵の写真素材


複線化工事が着々と進行中。

JR奈良線 六地蔵の写真素材


山科川の橋梁にも片側にガッチリした側壁ができました。

JR奈良線 六地蔵の写真素材


緑色と緑色。

JR奈良線 六地蔵の写真素材


街なかとは思えない雰囲気で森に消えていく電車。

JR奈良線 六地蔵の写真素材


JR奈良線、黄檗駅付近。複線化工事中。猛暑の中、係のひとは微動だにしない。

JR奈良線の写真素材


JR奈良線、黄檗駅付近。

JR奈良線の写真素材

宇治川を渡るJR奈良線の電車。宇治橋からの眺めです。

宇治川を渡る電車の写真素材

蟹満寺あたり。大浜踏切。

JR奈良線の写真素材

たわわに実った柿。渋柿かな。
列車は天井川をくぐって来ます。

JR奈良線の写真素材

上狛駅。

JR奈良線の写真素材

橋梁からなぜかSの字を描く線路。
まっすぐでいいように思えますが、なにか事情があるのでしょうね。

JR奈良線の写真素材


コスモス畑の向こうの橋梁を電車が通る。
同じような色だから目立ちません。

JR奈良線の写真素材

桂川橋梁。明治時代の終わりに架けられたアメリカ製の橋梁と、昭和5年の日本製のものが並んでいます。少しあいだを開けて新幹線のカーブした橋梁も。

JR 電気機関車 EF65-2068の写真素材


赤プレートをつけた電気機関車が赤手拭さんのそばを通り過ぎます。

JR電気機関車 EF65-2068と赤手拭さんの写真素材


桂川の西側。重連で来るとちょっとうれしい。

JR 電気機関車 EF210の写真素材


青いのと赤いのと。逆光すぎて色がわからない。

JR 電気機関車の写真素材


赤い電気機関車。

JR 電気機関車 EF510-12レッドサンダーの写真素材


顔面半分だけギラギラ反射。

JRの写真素材

JRの写真素材

老ヶ辻橋梁は、開業当時から使われている3径間連続アーチ橋。
なんと明治9年に作られた橋。

JR貨物列車 EF65 カラシ 老ヶ辻橋梁の写真素材


JR京都線の長岡京駅と山崎駅のあいだ、小畑川に合流する犬川を渡る橋梁です。

JR老ヶ辻橋梁の写真素材


老ヶ辻三連橋とも呼ばれています。

JR老ヶ辻橋梁の写真素材


JR京都線 老ヶ辻橋梁の写真素材


七反田橋梁。六連のアーチ橋で、神足六連橋とも呼ぶそうです。6か7かややこしい。

JR京都線 七反田橋梁の写真素材


七反田橋梁。明治9年から現役の橋梁です。場所は長岡京駅のすこし北。
小畑川が氾濫したときに水を流せるように避溢橋の役目も持っています。

JR京都線 神足六連橋の写真素材

恵解山古墳。明智光秀が陣を敷いたところだとか。

JR京都線 貨物列車 EF81 トワイライトエクスプレス 恵解山古墳の写真素材


恵解山古墳。光秀、がんばれ!

JR京都線 貨物列車 EF65-2070 恵解山古墳の写真素材


長岡京市や大山崎町あたりにくると遠くまで見渡せるところが増えてきます。

JR京都線の写真素材


調子踏切のカーブ。電気機関車がやってきた。かわいい顔だ。

JR貨物列車 EF210-155の写真素材


サントリーの工場の西側は農地。

JR京都線 JR貨物列車レッドサンダー 長岡京市のサントリーの工場の写真素材


初秋には彼岸花やコスモスといっしょに電車を見ることができます。
彼岸花の見頃はちょっと過ぎていました。

JR京都線 長岡京市のサントリーの工場の写真素材


満開のコスモス。

JR京都線 長岡京市のサントリーの工場 貨物列車 桃太郎の写真素材


幸せな景色です。サンダーバードがキラリ。

JR京都線 長岡京市のサントリーの工場 特急サンダーバードの写真素材


右からも左からも次々と列車が来ます。

JR京都線 長岡京市のサントリーの工場 スーパーはくとの写真素材


10月中旬の写真です。

JR京都線 長岡京市のサントリーの工場 貨物列車 桃太郎の写真素材


長慶公園も見やすい場所。

長慶公園から見るJR京都線の写真素材


長慶公園。澄んだ水の上をキティちゃんが渡っていきます。
ハローキティはるか。京都と関空を結んでいて、けっこうひんぱんに見かけます。
デザインも数種類あって、これは「KANZASHI」。

長慶公園から見るJR京都線の写真素材


曇り空の長慶公園。

長慶公園から見るEF66-27の写真素材


長慶公園から橋梁をくぐって南側。

長慶公園から見るサンダーバードの写真素材

佃踏切。畑が広がるのどかな風景。
向こう側には住宅がたくさん建っていますが、列車が来ると隠れます。

JR京都線 踏切の写真素材

一番西側の線路を通る列車は近くて迫力があります。
京都と鳥取・倉吉のあいだを走るスーパーはくと。
これより南へ行くとまもなく大阪府。

JR京都線 踏切の写真素材

次に関西本線。
加茂駅と笠置駅のあいだ。

JR関西本線の写真素材


とてもかっこいい車両です。カーテンがおしゃれ。
でも、これ一種類しか見たことないです。
向こうの山には茶畑が点在しています。

JR関西本線キハ120系の写真素材

遠くの畑でなにか燃やしています。

JR関西本線の写真素材


高台から見るのんびりした風景。

JR関西本線の写真素材


なかなか列車が来ませんが、気持ちの良い場所です。

JR関西本線の写真素材


関西本線の線路を山から俯瞰。蕩々と流れる木津川のそばを走ります。

JR関西本線の写真素材


送電線が五線のようです。

JR関西本線の写真素材


木野の集落から川向こうの列車を見る。

JR関西本線の写真素材



関西電力の布目川発電所。

JR関西本線の写真素材


沈下橋越しに見る木津川橋梁。
笠置駅と大河原駅のあいだ。右側が笠置方面。

JR関西本線の写真素材


沈下橋は車も通れます。
実際に走ってみると左右を目で確認できないのでスリルがあります。
暗い時間とか、雨の日とか、さらに怖いのではないでしょうか。

JR関西本線の写真素材


木津川橋梁のたもとから見上げる。
石と煉瓦の橋脚は1896年製で、ほぼ当時のままだそうです。
列車は向こうにちょろっと見えています。

JR関西本線の写真素材


月ヶ瀬口駅のそばのストレート。

JR関西本線の写真素材


月ヶ瀬口駅は高い位置にあります。

JR関西本線の写真素材


逆光の月ヶ瀬口駅。

JR関西本線の写真素材


これで写真は終わりです。
最後までごらんいただきありがとうございました。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(嵯峨野トロッコ列車)

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡と嵐山を結び、保津川沿いを走る嵯峨野トロッコ列車は30分足らずの旅ですが、とても楽しいです。

煙を吐いて通過する嵯峨野トロッコ列車。左奥の山に桜咲く。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

トロッコ嵯峨駅を出発するトロッコ列車。亀岡方面は客車のほうが前。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

トロッコ嵯峨駅とトロッコ嵐山駅のあいだ。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材


だいぶん観光地っぽい雰囲気になってきます。

嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津峡駅の下の河原から見るトロッコ列車。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡駅のホームから。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡駅のホームから。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

トロッコ保津峡駅の跨線橋から。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

桜の木が多いので、春はまた格別。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

請田神社から続く保津川沿いの林道を歩けば、素敵な景色があちこちに。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

対岸を走るトロッコ列車がよく見えます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

危なっかしい山肌に線路が続きます。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


アフロヘアーのトロッコ列車。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津川下りの船のほうが本数が多いです。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材

ちょうどトロッコ列車と山陰線が交差。こりゃあ相当運がいいのではないでしょうか。

保津峡 嵯峨野トロッコ列車の写真素材


嵐山高雄パークウェイから見る嵯峨野トロッコ列車。

嵐山高雄パークウェイから見た嵯峨野トロッコ列車の写真素材

保津川渓谷は谷がとても深くて京都らしくない景色です。

嵐山高雄パークウェイから見た嵯峨野トロッコ列車の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(阪急電車)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都を走る阪急電車の写真です。

渡月橋と阪急電車。

阪急電車の写真素材


嵐山駅と松尾大社駅のあいだは車の通れない小さな踏切が多いです。

阪急電車の写真素材


阪急電車の写真素材

阪急電車の写真素材


松尾あたり。

阪急電車の写真素材


松尾大社より南側です。築堤が続くので電車がよく見えるところが多いです。

阪急電車の写真素材


車体に空と雲が映ります。

阪急電車の写真素材

阪急電車の写真素材


三角公園の縁を走る阪急電車。

阪急電車の写真素材


鳩が驚いて飛び立つ。飛び立たないのもいる。

阪急電車の写真素材


西京極駅の西の天神川の橋梁。

阪急電車の写真素材


西京極総合運動公園。京都アクアリーナ横の緑の丘から阪急電車を眺めます。
サブの陸上競技場のトラックではトレーニングしている選手が数人。

阪急電車の写真素材


野球場(わかさスタジアム京都)では試合が行われていて、威勢のいい掛け声が聞こえてきました。

阪急電車の写真素材


桂川鉄橋を渡る阪急電車。

阪急電車の写真素材

阪急電車に向かって走る犬。

阪急電車の写真素材

背景のなだらかな山並のカーブがやさしい感じ。

阪急電車の写真素材

向日神社の近くの踏切。

阪急電車の写真素材


西山天王山駅あたり。
西山天王山駅は2013年に開業した新駅です。
西へ行けば小倉神社があり、天王山の登山口にもなっています。

阪急電車の写真素材


西山天王山駅あたり。
小泉川にかかる橋梁。

阪急電車の写真素材

小さな公園のクジラと阪急電車。
暑すぎて公園にはだれもいません。

阪急電車の写真素材

大山崎の天王山跨線橋から俯瞰。

阪急電車の写真素材

山崎聖天の石段の下。

阪急電車の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(嵐電)

案内 写真はクリックすれば拡大

嵐電の沿線は見所が多く、のんびり散歩するのにもよいところが多いです。

嵐電の写真素材


背景に比叡山。

嵐電の写真素材


桜と雪柳の向こうから飛び出してくる紫の電車。

嵐電の桜の写真素材


嵐電の車折神社駅は鳥居のすぐ前。
「嵐電乗る人おらんでん」と、こどもたちが歌う。

嵐電 車折神社の写真素材

嵐電の写真素材


特に有名なのは鳴滝と宇多野のあいだの桜のトンネルです。

嵐電の桜の写真素材

嵐電の桜の写真素材


乗って眺めるのが一番ですが、沿線にもたくさん見所があります。

嵐電の桜の写真素材


流し撮り。

嵐電の桜の写真素材


もう一枚。

嵐電の桜の写真素材

梅雨。沿線に紫陽花の咲くところもあります。
御室仁和寺駅の東。

嵐電の紫陽花の写真素材


常盤駅の南側。

嵐電の紫陽花の写真素材


ペコちゃんが来た。

嵐電の紫陽花の写真素材

猿田彦神社のそばを通ります。

嵐電の写真素材

嵐山駅の屋上から。

嵐電嵐山駅の写真素材


ここでも比叡山が背景です。

嵐電嵐山駅と比叡山の紫陽花の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(叡山電鉄)

案内 写真はクリックすれば拡大

叡山電鉄、叡電の写真をいくつか。


ひえい。深い緑色で高級感があって姿が良い車両です。
叡山電車公式サイトによれば、この楕円モチーフの意味は、比叡山と鞍馬山の歴史あるふたつの山の神秘、パワーやダイナミズムを表現しているのだそう。
わかるようなわからないような感じですが、シンプルに格好良い車両です。

叡電のひえいの写真素材


三宅八幡と八瀬比叡山口のあいだ。

叡電のひえいの写真素材


楕円のモチーフが側面にもたくさん。

叡電のひえいの写真素材

叡電のひえいの写真素材

八瀬比叡山口の駅舎。

叡電 八瀬比叡山口駅の写真素材

叡電の八瀬比叡山口駅の写真素材

八瀬の緑の中から飛び出す列車。

叡電の写真素材

青もみじのトンネルから出てくる緑のきらら。

叡電の写真素材

叡電の写真素材

貴船口あたり。新緑の中のきらら。

叡電の写真素材

赤い鳥居と赤い橋とオレンジのきらら。

叡電の写真素材


叡電と桜。貴船口と鞍馬のあいだ。

叡電の桜の写真素材

ふごおろしトンネルの北側に桜が三本。くらま辻井さんの空き地です。

叡電の桜の写真素材


叡電と桜。岩倉駅近く。

叡電の桜の写真素材


同じく岩倉駅近く。

叡電の桜の写真素材

花園橋。背景は比叡山。

花園橋 叡電と比叡山の写真素材


黄緑のきららが来ました。

花園橋 叡電の写真素材

一両だけでゴトゴトと渡っていきました。

叡電と比叡山の写真素材


花園橋。初秋の青空。

花園橋 叡電の写真素材

花園橋。天気が悪いので比叡山をあきらめて裏側から狙ってみました。

叡電の写真素材

八幡前駅の北側。

叡電のきららの写真素材

叡電の写真素材


線路際のお地蔵さんと大文字。

叡電の写真素材


木野駅。

叡電の写真素材


木野駅のそば。なだらかなカーブが続き、撮りやすい立ち位置がいくつかあります。

叡電の写真素材

一乗寺公園。ヘッドマークは「ゆるゆり」とのコラボ。

叡電の写真素材

茶山駅から一乗寺、修学院駅までは一直線の線路。

叡電の写真素材


その区間では、どこから見ても線路の先に京都タワーが見えます。

叡電のひえいの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(近鉄電車)

案内 写真はクリックすれば拡大

近鉄京都駅。大きくカーブして新幹線と立体交差。

近鉄京都駅の写真素材

京都駅の中も上階が新幹線のホームで、下階が近鉄のホームという構造。

京都の新幹線と近鉄の写真素材


東寺の五重塔の向こうに近鉄。九条通を高架で渡ります。

東寺の五重塔と近鉄の写真素材


電車の左側に近鉄東寺駅があります。

東寺の五重塔と近鉄の写真素材


東寺の五重塔と近鉄。夕暮れ。

東寺の五重塔と近鉄の写真素材


日が暮れました。
五重塔はライトアップされ、金色に光ります。

東寺の五重塔と近鉄の写真素材


桜咲く伏見の濠川を渡る近鉄電車。

近鉄電車と桜の写真素材


くいな橋のひとつ下流の近鉄鴨川橋梁を渡る列車。

近鉄電車とくいな橋の写真素材


近鉄鴨川橋梁。

近鉄電車とくいな橋の写真素材


近鉄鴨川橋梁を過ぎて北へ。

近鉄電車 くいな橋の写真素材


近鉄鴨川橋梁過ぎて南へ。

近鉄電車 くいな橋の写真素材


丹波橋。

近鉄電車 丹波橋の写真素材


丹波橋。イラスト。

近鉄電車 丹波橋の写真素材


丹波橋。

近鉄電車 丹波橋の写真素材


京阪線と交差。

近鉄電車 丹波橋の写真素材

澱川橋梁を渡る近鉄電車。セイヨウカラシナがたくさん。

近鉄電車と鉄橋の写真素材


澱川橋梁を渡る近鉄電車。
昔は観月橋あたりまでは宇治川ではなく、澱川といっていたそうです。

近鉄電車と鉄橋の写真素材

澱川橋梁は登録有形文化財にも指定されている下路曲弦プラット分格トラス橋で、164.5mというのは単純トラス橋では日本最長なのだそう。
陸軍が橋脚の建設許可をしなかったため、こんな巨大な橋をかけることに。
橋が大きすぎて、電車が映えません。

近鉄電車と鉄橋の写真素材


夕日の澱川橋梁。

近鉄電車と鉄橋の写真素材

シルエットになりました。

近鉄電車と鉄橋の写真素材

澱川橋梁と伏見桃山城。

近鉄電車と澱川橋梁と伏見桃山城の写真素材

澱川橋梁と伏見桃山城。梅雨の中の晴れ間なので、宇治川の水量がたっぷりです。
「この先降るのを見越して、天ヶ瀬ダムが多めに流しとるんやろな。」と、お散歩中のおじさん。

近鉄電車と澱川橋梁と伏見桃山城の写真素材

西宇治公園のあたり。この辺は巨椋池を干拓して農地にしたところ。

近鉄 西宇治公園の写真素材


線路の西側は一面の田畑で、東側は住宅街。

近鉄電車と田んぼの写真素材


木津川の橋梁。
富野荘駅と新田辺駅のあいだです。

近鉄電車の写真素材


木津川の南側河川敷には運動公園の広いグラウンド。

近鉄電車の写真素材


夕方でグラウンドは無人でした。

近鉄電車の写真素材

稲がわんさかと実った田んぼの向こうを走ります。

近鉄電車の写真素材

一面の曇り空に少しだけ夕陽が差します。

近鉄電車の写真素材

京都市営地下鉄の車両も走っています。

近鉄電車の写真素材

田辺記念病院の近く。

近鉄電車の写真素材

このあたりは線路を渡れるところが少ないので、踏切はけっこう渋滞していました。

近鉄電車の写真素材

電気検測車のはかるくんが来ました。
ドクターイエローよりもレアかもしれません。

近鉄電車の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内

よく使われる写真



サイト内検索

カテゴリ