2019年6月の記事一覧

永観堂

案内 写真はクリックすれば拡大

もみじの永観堂さんの写真です。
右奥に多宝塔が見えます。手前の建物は東山高校。

永観堂の写真素材


春先の永観堂。多宝塔は高い位置にあるので、外からもよく見えます。

多宝塔と山桜。

永観堂の桜の写真素材


多宝塔と山桜。

永観堂の桜の写真素材

永観堂さんの初夏の青もみじの写真です。

永観堂の青もみじの写真素材

拝観の入り口。

さすが「もみじの永観堂」。新緑の季節も圧巻のもみじ景色です。

放生池。


秋の紅葉の永観堂。

永観堂の秋の写真素材


秋はひとだらけ。

永観堂の秋の写真素材

永観堂の紅葉の写真はこちらに。


それからひと月、雪の永観堂。
永観堂の雪の写真はこちらに。

永観堂の雪景色の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

永観堂の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

12月末にたくさん雪が降りました。
もみじの永観堂は雪景色はたいへん綺麗です。

山門をくぐってすぐの景色。

永観堂の雪景色の写真素材


参拝者はほとんどおられません。

永観堂の雪景色の写真素材


弁天さんの鳥居。

永観堂の雪景色の写真素材


放生池。

永観堂の雪景色の写真素材


紅葉からたったひと月でこんなに景色が変わるのがまったく不思議です。

永観堂の雪景色の写真素材

永観堂の雪景色の写真素材


多宝塔が雪に埋もれるように見えます。

永観堂の雪景色の写真素材


永観堂の雪景色の写真素材

永観堂の雪景色の写真素材


こんなに雪が積もっていて多宝塔にはたどり着けないように思えますが、ちゃんと登ることができました。

永観堂の雪景色の写真素材


多宝塔からの眺望。

永観堂の雪景色の写真素材


がんばって登ってきたかいがありました。

永観堂の雪景色の写真素材


阿弥陀堂。

永観堂の雪景色の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

光雲寺

案内 写真はクリックすれば拡大

哲学の道の少し西の光雲寺さんの写真です。
遠くから見る桜の光雲寺

光雲寺 桜の写真素材


夕方の桜の光雲寺

光雲寺 桜の写真素材


秋です。朝一番の強い光を浴びてカエデが真っ赤になりました。

光雲寺 紅葉の写真素材


やっぱり紅葉は朝がいいですね。

光雲寺 紅葉の写真素材


光雲寺 紅葉の写真素材

玄関前に菊が置かれています。

光雲寺 紅葉の写真素材


紅葉のお庭の写真。小川治兵衛が作庭した池泉廻遊式庭園です。

光雲寺 紅葉の写真素材

梅の咲くのが待ち遠しい冬の光雲寺

光雲寺 冬の写真


光雲寺 冬の写真

裏手の哲学の道にのぼってくるとネコがたくさんいます。

哲学の道のネコ 光雲寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

永観堂の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
永観堂の紅葉写真、さらに追加しました。

今回は晴天の朝、しっかり開門前から並んで入りました。
永観堂の紅葉の写真素材


まだ茶店まわりをお掃除ちゅう。
永観堂のもみじの写真素材


永観堂の紅葉の写真素材


永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材


永観堂の紅葉写真、追加しました。曇天。
相当大勢の人が紅葉を楽しんでいますが、広い境内なのでそれほどぎゅうぎゅう感はありません。(平日です)
永観堂の紅葉の写真素材

カエデ越しに見上げる多宝塔。
永観堂の紅葉 多宝塔の写真素材

多宝塔へ登る途中の景色。
永観堂の紅葉の写真素材

多宝塔からもみじの海を見おろす。
永観堂の紅葉の写真素材

阿弥陀堂の柱が美しいです。
永観堂の紅葉の写真素材


次に、永観堂の夜間拝観の写真をいくつか。手持ちなのであまりうまくは撮れませんが。
夜間は多宝塔に登る道は閉じられています。
永観堂の紅葉-夜間拝観

ぶれております。
永観堂の紅葉-夜間拝観の写真素材
夜間拝観のときは阿弥陀堂にまであまり人が来ないので、有名な見返り阿弥陀如来とじっくり対峙することができます。


永観堂のもみじの写真素材

永観堂放生池が青空を映しています。よく雑誌などで見る定番の構図です。
山手には回廊で結ばれた諸堂が並びます。古来より紅葉の名所として名高く、重文の見返り阿弥陀如来も有名です。


永観堂の広い境内にはカエデが多く、京都の紅葉の名所として知られています。垣のようにめぐらした岩に紅葉がはえているさまをいう「岩垣もみじ」も有名。山の中腹の多宝塔から見下ろすと、紅葉の海の中に端正な堂宇の陰が見え隠れし素晴らしい景色です。


永観堂のもみじの写真素材


永観堂阿弥陀堂の紅葉。カエデも鮮やかですが、柱まわりの装飾も鮮やか!

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

裏千家今日庵

案内 写真はクリックすれば拡大

裏千家今日庵の写真です。邸内の茶室が今日庵で、裏千家の中心的存在です。
小川通沿いに、本法寺に向かい合って建つ兜門。

裏千家今日庵の写真素材


時折、和装の方々が出入りしておられます。わたしたち一般人は入る機会がありません。

本法寺の桜越しに見る兜門です。

裏千家今日庵の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

黄徳寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京北の黄徳寺さんの写真です。
訪れたときはお寺は閉まっていました。妙蓮寺円常院さんが管理しているお寺だそうで、開いている日は少ないかもしれません。なにしろたいへんな距離があるので。

黄徳寺の写真素材

前はこどもの公園になっていて、桜が満開でした。

黄徳寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

興聖寺

案内 写真はクリックすれば拡大

興聖寺(こうしょうじ)の青もみじ

宇治の興聖寺さんの参道「琴坂」の青もみじ。
雨の興聖寺の青もみじの写真素材

カエデの葉の密度が高く美しいです。雨は本降り。

雨の興聖寺の青もみじの写真素材


雨の興聖寺の写真素材

雨の興聖寺の写真素材


変わって、晴天の興聖寺の写真。後ろの朝日山もきれい。

興聖寺の写真素材

端正な竜宮門をくぐり、まっすぐ進めば法堂です。

興聖寺の写真素材


興聖寺の紅葉


宇治の興聖寺さんの参道「琴坂」は紅葉の名所として知られています。
写真は12月を過ぎた散り際の様子。坂の上は既に散っていますが、坂の下はまだ緑。
ずいぶんと紅葉の進み具合に差があります。
興聖寺のもみじ



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

平等院

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治の世界遺産、平等院さんの写真です。
川向いの山から見る夕方の平等院。

平等院の写真素材

平等院といえば、まずは藤。

平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材


藤棚の藤は毎年ゴールデンウィークに見頃になります。

平等院の藤棚の写真素材


なので観光客はいっぱいです。
人の写らない一瞬を隅のほうでひたすら待つしかないのです。

平等院鳳凰堂の写真素材


藤棚に風が吹き抜ける。

平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材


風が止まる。

平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材


霧島ツツジが真っ赤。

平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材

藤は毎年剪定が行われますので、房のあるうちに撮らなくてはなりません。
切ったあとに訪れるとなんともいえず悲しい気分に。

平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材


平等院鳳凰堂の写真素材

蜂の羽音がぶんぶんとうるさいくらい。

平等院鳳凰堂の写真素材

門前の藤は3種類。

平等院の藤棚の写真素材


平等院鳳凰堂の藤棚の写真素材


赤い門に藤。

平等院鳳凰堂の写真素材


夕暮れの平等院鳳凰堂。平成の大修理以前の写真です。

平等院鳳凰堂の写真素材

修理がほぼ終わったときの写真。
5月の連休のころの平等院鳳凰堂です。
阿弥陀さんの前は見学するひとがかなり詰まっています。整理券制なので人数制限があります。

平等院鳳凰堂の写真素材

日本の誇るザ・10円玉。

平等院鳳凰堂の写真素材

平等院鳳凰堂の写真素材


10円玉。太陽が真上に。

平等院鳳凰堂の写真素材


雲の表情が豊か。宇治は空が広いですね。

平等院鳳凰堂の写真素材


今日は阿弥陀さんは見えません。

平等院鳳凰堂の写真素材

こちらは4月下旬の霧島ツツジのころの阿字池と鳳凰堂の写真。
大きめの写真です。

平等院鳳凰堂の写真素材

鳳凰は後ろから見たほうが近いです。

平等院鳳凰堂の鳳凰の写真素材


快晴で鳳凰もまぶしい。

平等院鳳凰堂の写真素材


桜咲く平等院鳳凰堂はまさにお浄土。

平等院鳳凰堂の桜の写真素材

池のほとりの紅しだれ桜の姿が美しすぎてクラクラします。

平等院鳳凰堂の桜の写真素材

数は多くはありませんが、じつに良い場所に植えられています。

平等院鳳凰堂の桜の写真素材

平等院鳳凰堂の桜の写真素材


池をふた回りしても立ち去り難かったです。

平等院鳳凰堂の桜の写真素材


平等院鳳凰堂の写真素材


平等院鳳凰堂の写真素材

ツツジの刈り込み。平等院の刈り方は上が平たいテーブル型。

平等院鳳凰堂の写真素材


平等院鳳凰堂の写真素材

平等院鳳凰堂の写真素材

平等院鳳凰堂の写真素材


秋の平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂の写真素材


紅葉シーズンの平等院もまぶしく美しい。

平等院鳳凰堂の写真素材

カエデの木はたくさんあり、紅葉の名所のひとつです。

平等院の紅葉

左側の鐘楼のところにもカエデが密集しています。

平等院の紅葉


青空で清々しい晩秋でした。正面近くから撮影すると紅葉はあまり入りませんが。

平等院の紅葉

とても広い敷地ですが、修学旅行やツアーの団体さんがどっと入るとごった返します。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宇治神社

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治川のほとりに建つ宇治神社さんの写真です。

宇治神社の写真素材

宇治神社の写真素材

新緑の季節で気持ちの良い境内。

宇治神社の写真素材

宇治神社の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宇治上神社

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治の世界遺産宇治上神社さん。
参道は樹々に覆われ、気持ちの良いトンネルになっています。

宇治上神社の写真素材

雨の日の参道。

宇治上神社の写真素材

小さな石橋を渡って境内へ。

宇治上神社の写真素材


宇治上神社の写真素材

拝殿は鎌倉時代の建物。

宇治上神社の写真素材


本殿の中は3つに分かれています。
日本で現存する最古の神社建築で、1060年頃に建てられたものだそうです。
藤原頼通が存命のころには建っているので、彼が見たものがいまもあるといえます。

宇治上神社の写真素材

宇治上神社の紅葉

宇治上神社の境内にはカエデはあまりありませんが、参道の紅葉が真っ赤で綺麗です。
宇治上神社の紅葉の写真素材

宇治上神社の紅葉の写真素材

宇治上神社の桜

その参道は桜の参道でもあります。
宇治上神社の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年10月 [2]
  2. 2021年9月 [3]
  3. 2021年8月 [2]
  4. 2021年7月 [2]
  5. 2021年6月 [2]
  6. 2021年5月 [3]
  7. 2021年4月 [3]
  8. 2021年3月 [3]
  9. 2021年2月 [1]
  10. 2021年1月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [1]
  13. 2020年10月 [23]
  14. 2020年8月 [28]
  15. 2020年7月 [9]
  16. 2020年6月 [8]
  17. 2020年5月 [20]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [6]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [25]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [2]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [35]
  28. 2019年5月 [9]
  29. 2019年4月 [18]
  30. 2019年3月 [19]
  31. 2019年2月 [18]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [19]
  34. 2018年11月 [18]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [85]
  37. 2018年8月 [57]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [91]
  40. 2018年5月 [96]
  41. 2018年4月 [91]
  42. 2018年3月 [34]
  43. 2018年2月 [35]
  44. 2018年1月 [10]
  45. 2017年12月 [8]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [4]
  63. 2014年6月 [7]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [8]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [7]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年10月 [9]
  81. 2012年9月 [8]
  82. 2012年8月 [18]
  83. 2012年7月 [2]
  84. 2012年6月 [1]
  85. 2011年5月 [4]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]
  94. 2000年3月 [1]