2021年10月の記事一覧

京都の紅葉名所写真特集

案内 写真はクリックすれば拡大
お寺の名前はわからないけれども、なんとなく京都らしい紅葉写真を探している方のために、よく見かける感じの京都の紅葉写真を並べます。
くわしくはそれぞれの写真のリンク先をごらんください。


渡月橋の紅葉
渡月橋のすぐそばのポッコリした嵐山が朝日に染まり真っ赤に燃えます。
嵐山渡月橋・紅葉の写真素材

嵐山渡月橋の紅葉写真をもっと見る

保津峡の紅葉
渡月橋から少し上流へ。
保津峡の紅葉の写真素材

保津峡をゆくトロッコ列車と保津川下りの船。
保津峡の紅葉の写真素材


天龍寺の紅葉
天龍寺の紅葉の写真素材
天龍寺の紅葉写真をもっと見る

天龍寺 宝厳院(ほうごんいん)の紅葉
宝厳院の紅葉の写真素材
天龍寺 宝厳院の紅葉写真をもっと見る

宝筐院(ほうきょういん)の紅葉
宝筐院の紅葉の写真素材
宝筐院の紅葉写真をもっと見る

厭離庵(えんりあん)の紅葉
厭離庵(えんりあん)の紅葉の写真素材
厭離庵の紅葉写真をもっと見る

祇王寺の紅葉
晩秋の嵯峨野の敷き紅葉の名所。苔庭に降り積もるカエデの葉が見事です。
祇王寺の紅葉の写真素材
祇王寺の紅葉写真をもっと見る

二尊院の紅葉
山門から続く紅葉の馬場もきれいですし、一段高い本堂まわりのカエデも素敵です。
二尊院の紅葉の写真素材
二尊院の紅葉写真をもっと見る

常寂光寺の紅葉
山門から多宝塔までかなりの高低差があり、すべての場所に美しい紅葉の彩があります。 常寂光寺の紅葉の写真素材
常寂光寺の紅葉写真をもっと見る

南禅寺の紅葉
山門まわりなど自由に歩ける区域だけでもすごい紅葉のボリュームですが、方丈庭園や天授庵の庭園にはさらに素晴らしい景色があります。
南禅寺の紅葉の写真素材
南禅寺の紅葉写真をもっと見る

清水寺の紅葉
奥の院や舞台から見る赤い錦雲渓は圧巻です。あとは修理が終わっているかどうかが問題。
清水寺の紅葉の写真素材
清水寺の紅葉写真をもっと見る

東福寺の紅葉
桜がない分だけ赤の割合がとても高い渓谷「洗玉澗」。通天橋からの眺めも臥雲橋からの眺めも抜群です。
東福寺の紅葉の写真素材
東福寺の紅葉写真をもっと見る

仁和寺の紅葉
紅葉より桜のほうが名高いせいか、他所よりすいています。落ち着いてカエデを眺めることができる場所。
仁和寺の紅葉の写真素材
仁和寺の紅葉写真をもっと見る

直指庵の紅葉
直指庵の紅葉の写真素材
直指庵の紅葉写真をもっと見る

圓光寺の紅葉
圓光寺の紅葉の写真素材
圓光寺の紅葉写真をもっと見る

東寺の紅葉
東寺の紅葉の写真素材
東寺の紅葉写真をもっと見る

建仁寺の紅葉
建仁寺の紅葉の写真素材
建仁寺の紅葉写真をもっと見る

永観堂の紅葉
永観堂のもみじの写真素材
永観堂の紅葉写真をもっと見る

真如堂の紅葉
真如堂の紅葉の写真素材
真如堂の紅葉写真をもっと見る

高台寺の紅葉
高台寺の紅葉の写真素材
高台寺の紅葉写真をもっと見る

知恩院の紅葉
境内の一番奥の勢至堂の断層崖の紅葉景色がすばらしいです。
知恩院の紅葉写真素材
知恩院の紅葉写真をもっと見る

銀閣寺の紅葉
銀閣寺はカエデはそれほど多くないのですが、庭園のところどころに朱が差して美しいです。 銀閣寺の紅葉写真をもっと見る

毘沙門堂の紅葉
早朝からカメラを持ったひとがたくさん訪れる美しい勅使坂。
山科毘沙門堂の紅葉の写真素材
毘沙門堂の紅葉写真をもっと見る

隨心院の紅葉
小野小町ゆかりのお寺の奥に広がる上品な紅葉景色です。
隨心院の紅葉の写真素材
隨心院の紅葉写真をもっと見る

勝持寺(花の寺)の紅葉
勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材
勝持寺(花の寺)の紅葉写真をもっと見る

光明寺の紅葉
光明寺の紅葉の写真素材
光明寺の紅葉写真をもっと見る

寂光院の紅葉
寂光院の紅葉の写真素材
寂光院の紅葉写真をもっと見る

無鄰菴の紅葉
無鄰菴の紅葉の写真素材
無鄰菴の紅葉写真をもっと見る

金閣寺の紅葉
池越しに金閣を眺める立ち位置にセンスよくカエデが配されています。たいへん混み合いますが。
金閣寺の紅葉の写真素材
金閣寺の紅葉写真をもっと見る

泉涌寺の紅葉
カエデを見るならぜひ奥の御座所庭園へ。歴代の天皇や皇后が眺めた上品な景色です。
泉涌寺の紅葉の写真素材
泉涌寺の紅葉写真をもっと見る

智積院の紅葉
鐘楼のまわりはたいへんなボリュームの紅葉。無料でしかもゆったりと散策できる場所です。
智積院の紅葉の写真素材 智積院の紅葉写真をもっと見る

化野念仏寺の紅葉
石仏の集まるグレーのゾーンとその周りを囲む赤いゾーンのコントラストが美しいお寺。
化野念仏寺の紅葉の写真素材
化野念仏寺の紅葉写真をもっと見る

東福寺 光明院の紅葉
東福寺の通天橋が大混雑でもこちらは比較的すいています。ただし、紅葉のピークは少し後になるようです。
光明院の紅葉の写真素材
東福寺 光明院の紅葉写真をもっと見る

上賀茂神社の紅葉
社頭ではパッと見はカエデは多くないように見えますが、奥に素敵な紅葉の景色がたくさん隠れています。
上賀茂神社の紅葉の写真素材
上賀茂神社の紅葉写真をもっと見る

十輪寺の紅葉
なだらかな曲線の本堂の屋根がカエデに包まれて美しいです。
十輪寺の紅葉の写真素材
十輪寺の紅葉写真をもっと見る

大徳寺 高桐院の紅葉
拝観できる区域がとても少ない大徳寺のなかで、素晴らしい紅葉の庭園を見せてもらえる塔頭です。
大徳寺高桐院の紅葉の写真素材
大徳寺 高桐院の紅葉写真をもっと見る

妙心寺 退蔵院の紅葉
年中拝観できる退蔵院のお庭にはセンスよくカエデが植えられています。つい長居したくなる庭園。
妙心寺退蔵院の紅葉の写真素材
妙心寺 退蔵院の紅葉写真をもっと見る

哲学の道の紅葉
哲学の道は桜のほうが多いと思います。カエデは南の端のほうにまとまっています。
哲学の道の紅葉の写真素材
哲学の道の紅葉写真をもっと見る

金蔵寺の紅葉
西山の山奥の秘境の紅葉です。山門をくぐり石段を登り切るとあっと驚く紅葉景色が。
金蔵寺の紅葉の写真素材
金蔵寺の紅葉写真をもっと見る

曼殊院の紅葉
曼殊院の紅葉の写真素材
曼殊院の紅葉写真をもっと見る

善峯寺の紅葉
善峯寺の紅葉の写真素材
善峯寺の紅葉写真をもっと見る

金戒光明寺 栄摂院の紅葉
金戒光明寺栄摂院の紅葉の写真素材
金戒光明寺 栄摂院の紅葉写真をもっと見る

源光庵の紅葉
丸い悟りの窓と四角い迷いの窓のなかには、それぞれ違う紅葉景色があります。 鷹峯 源光庵の紅葉の写真素材
源光庵の紅葉写真をもっと見る

光悦寺の紅葉
光悦寺の紅葉の写真素材
光悦寺の紅葉写真をもっと見る

神護寺の紅葉
神護寺の紅葉の写真素材
神護寺の紅葉写真をもっと見る

桂坂ニュータウンの紅葉
京都大学桂キャンパスの近くのモミジバフウ並木。アップダウンがあるので遠くまで見渡せます。
桂坂南通りのモミジバフウ 写真素材
桂坂ニュータウンの紅葉写真をもっと見る


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

水尾の風景(柚子・フジバカマ・清和天皇陵・円覚寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市右京区の水尾(嵯峨水尾)の風景の写真です。

水尾のフジバカマとアサギマダラ 写真素材


保津峡の駅から4キロほど北の山に囲まれた地域で、愛宕山のふもとです。
読み方はみずおですが、かつては「みずのお」「みのお」ともいったそうです。

水尾のゆずの 写真素材


山の中の静かな集落です。
地元のかたによると「家はけっこうたくさんあるけど、住んでないとこも多いよ」と。

水尾のゆずの 写真素材

柚子栽培が盛んで、柚子風呂も有名。

水尾のゆずの 写真素材


水尾のゆずの 写真素材


通り雨のあと、柚子にしずく。

水尾のゆずの 写真素材


スズメバチの巣が巨大。

水尾の蜂の巣 写真素材


清和源氏の祖である清和天皇ゆかりの地で、清和天皇陵、清和天皇社があります。
円覚寺と清和天皇社
小学校の校庭を横切ると、円覚寺が建ちます。

水尾の円覚寺の写真素材


水尾の円覚寺の写真素材

水尾の円覚寺の写真素材


さらに進むと、地域の氏神さまである清和天皇社があります。うっそうとして暗い森の中といった雰囲気です。

水尾の清和天皇社の写真素材


水尾の清和天皇社の写真素材


お地蔵さん。

水尾のお地蔵さん 写真素材

清和天皇陵
集落の西側を水尾川が流れます。
清和天皇陵へは集落からいったん水尾川の谷筋まで下りて、向いの山を鉄塔近くまで登ることになります。軽い気持ちで登るとけっこうつらい思いをすることになります。
晴れのはずが雨になり、砂利は歩きにくく、石畳は滑りやすく、実際つらい思いをしました。

水尾の清和天皇陵の写真素材


また晴れてきました。

水尾の清和天皇陵の写真素材


水尾のフジバカマ
休耕田ではフジバカマが育てられています。地域のかたやボランティアのかたががんばっています。
10月初旬にはフジバカマ鑑賞会が行われていて、畑のなかに入って散策することができます。
運が良ければ、渡り蝶のアサギマダラが乱舞する様子を見ることができます。
アサギマダラが気温に敏感なので、暑くなるとどこかへ隠れてしまうそうです。

水尾のフジバカマとアサギマダラ 写真素材


アサギマダラはたくさん飛んでいましたが、飛んでいる瞬間を撮るのはやっぱり難しい。

水尾のフジバカマとアサギマダラ 写真素材


フジバカマ鑑賞会の期間外は畑には入れませんが、それでもまあまあ近くから鑑賞することができますので、行ってみても良いかもしれません。

水尾のフジバカマとアサギマダラ 写真素材

見学に来たおばちゃんがたびたび「この蝶々はなんていう蝶々ですのん?」と地域のひとに尋ねます。地域のひとはその都度丁寧に教えていますが、あとで小さい声で、
「なんや蝶の名前も知らんとここまで来たはんのかいな...。」とつぶやいておられました。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年10月 [2]
  2. 2021年9月 [3]
  3. 2021年8月 [2]
  4. 2021年7月 [2]
  5. 2021年6月 [2]
  6. 2021年5月 [3]
  7. 2021年4月 [3]
  8. 2021年3月 [3]
  9. 2021年2月 [1]
  10. 2021年1月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [1]
  13. 2020年10月 [23]
  14. 2020年8月 [28]
  15. 2020年7月 [9]
  16. 2020年6月 [8]
  17. 2020年5月 [20]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [6]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [25]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [2]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [36]
  28. 2019年5月 [9]
  29. 2019年4月 [18]
  30. 2019年3月 [19]
  31. 2019年2月 [18]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [19]
  34. 2018年11月 [18]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [85]
  37. 2018年8月 [57]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [91]
  40. 2018年5月 [96]
  41. 2018年4月 [91]
  42. 2018年3月 [34]
  43. 2018年2月 [35]
  44. 2018年1月 [10]
  45. 2017年12月 [8]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [4]
  63. 2014年6月 [7]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [8]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [7]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年10月 [9]
  81. 2012年9月 [8]
  82. 2012年8月 [18]
  83. 2012年7月 [2]
  84. 2012年6月 [1]
  85. 2011年5月 [4]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]
  94. 2000年3月 [1]