2018年6月の記事一覧

太閤殿下の「満足じゃ!」の声が聞こえてきそうな名前の満足稲荷神社の写真です。
仁王門のバス停のすぐ前に建つ神社です。通称満足さん。

満足稲荷神社の写真素材

本殿前には夏越の祓の茅の輪が置かれていました。

満足稲荷神社の写真素材


御神木のクロガネモチの木。

満足稲荷神社の写真素材

狭い境内は月極駐車場にもなっています。太閤さんの「窮屈じゃ」の声も聞こえてきそうです。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

小栗栖の丘の上に建つ本栖寺さんの写真です。

本堂。

本栖寺の写真素材

ほかに開運堂や源頼政の塚などがあります。
まわりは広い桃山霊苑と老人ホーム。

鐘楼のところが見晴らしが良いです。

本栖寺の写真素材

日野や宇治の街が見えます。この写真と別の方角には伏見桃山城。遠いですが生駒山、大阪のビル群まで見渡すことができます。

本栖寺の写真素材


高低差があるので車で行くことになりますが、細い道もなく行きやすいです。
駐車場も充実していて、桃山霊苑はなかなか良さそうです。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺の龍翔寺さんの写真です。

大徳寺 龍翔寺の写真素材


本派専門道場と呼ばれる修行の場で、非公開。山門から中を見るとたいへん広々とした境内です。

大徳寺 龍翔寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

岩船寺のそばの白山神社の写真です。
岩船寺の鎮守社として室町時代に建てられた神社で、白山神社と春日神社が並んで建っています。

白山神社(岩船寺)の写真素材

白山神社が左側で、室町時代の建築物。
春日神社は江戸時代になってから建てられたものだそうです。

白山神社(岩船寺)の写真素材

秋にまた訪れました。

白山神社(岩船寺)の写真素材

京都はどこも紅葉見頃に入っていましたが、ここはまだまだ緑でした。

白山神社(岩船寺)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宇治白川の白山神社の写真です。
いまの山の中の雰囲気からは想像できませんが、かつては白川金色院という大きなお寺があり、白山神社はその鎮守社でした。
拝殿は1277年に建ったもので、重要文化財。
金色院は平安時代から室町時代にはたいへん栄えましたが、江戸時代には衰退し、明治の廃仏毀釈で完全になくなってしまいました。

白山神社(宇治)の写真素材

白山神社(宇治)の写真素材

もみじ谷に陽が差してきれいでした。

白山神社 もみじ谷の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

世界遺産醍醐寺さんの写真です。山を含む広大な敷地を持つ醍醐寺、通常みなさんが拝観するのは下伽藍や三宝院です。国宝の建物は4棟。国宝の文化財はなんと7万5千点以上。霊宝館で見ることができるものも多数。
山門。

醍醐寺唐門の写真素材

国宝の唐門。三宝院の内側から。ちょっと遠いです。

醍醐寺唐門の写真素材

国宝の唐門。外側からからは間近に見ることができます。

醍醐寺唐門の写真素材

仁王門へ向かう桜の参道。桜が咲くころはたいへんな人出ですが、新緑のころは誰もいないことも。

醍醐寺唐門の写真素材


国宝の金堂。豊臣秀吉が和歌山の湯浅から移築させた建物です。

醍醐寺金堂の写真素材

国宝の五重塔。951年からここに建っているすごい五重塔です。

醍醐寺五重塔の写真素材

醍醐三宝院。最近、お庭の撮影が許されるようになり、嬉しい限り。書院は国宝。

醍醐三宝院の写真素材

醍醐三宝院の写真素材


醍醐寺霊宝館。展示物のボリュームがあります。オフシーズンにじっくり見るべきところ。

醍醐寺霊宝館の写真素材

醍醐三宝院の土牛の桜。
豊臣秀吉が晩年に盛大な醍醐の花見を行ったことは有名。

醍醐寺土牛の桜の写真素材

五重塔と桜。

醍醐寺五重塔と桜の写真素材

醍醐寺の桜写真、もっと見る

紅葉がきれいなのは境内奥の朱塗りの弁天堂まわり。五重塔よりさらに奥の上醍醐に抜ける手前にあります。
豊臣秀吉は醍醐寺での紅葉狩りも計画していたそうですが、実現せず。

醍醐寺紅葉の写真素材

醍醐寺の紅葉写真、もっと見る


上醍醐の写真はこちらに


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

紫野の西向寺さんの写真です。今宮神社の西のほうに建つ知恩院派のお寺です。
「京の三板碑」のひとつ南北朝時代に作られた地蔵菩薩板石塔婆があります。

西向寺(紫野)の写真素材

初夏の西向寺境内。

西向寺(紫野)の写真素材

本堂には藤原時代の「二葉の弥陀」が安置されています。

西向寺(紫野)の写真素材

顔が無い率59%。

西向寺(紫野)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺の南に建つ小さなお寺、雲林院さんの写真です。
「源氏物語」「伊勢物語」「大鏡」にも出てくるお寺で、その昔はいまの大徳寺をも含む広い境内を持ち、桜の名所かつ紅葉の名所として有名だったそうです。

雲林院の写真素材

雲林院観音堂。

雲林院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

もみじ寺とも呼ばれる八幡市の宝青庵さんの写真です。
歌人の吉井勇が住んでいたところです。
その小さなお庭はカエデ率がとても高く、苔の上に真っ赤な光景を見ることができます。

宝青庵の写真素材

次に、まだ染まっていない初秋のお庭の写真。

宝青庵の写真素材


緑の苔と緑のカエデの美しい空間です。

宝青庵の写真素材


宝青庵の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

井手町の地蔵禅院のお隣の玉津岡神社の写真です。創建ははっきりとしてはいませんが、540年ともいわれる古社です。

玉津岡神社の写真素材

社殿背後の山が青々として気持ちの良い境内です。

玉津岡神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内

よく使われる写真



サイト内検索

カテゴリ