2020年6月の記事一覧

南真経寺

案内 写真はクリックすれば拡大

向日市の鶏冠井の日蓮宗のお寺、南真経寺さんの写真です。
山門から正面に見えるお堂は開山堂。

南真経寺の写真素材


渡り廊下でつながっている本堂。

南真経寺の写真素材

元はひとつのお寺だった北真経寺さんへは阪急線を挟んですぐそば。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

北真経寺

案内 写真はクリックすれば拡大

向日市鶏冠井町の日蓮宗のお寺、北真経寺さんの写真です。

北真経寺の写真素材


北真経寺は、江戸時代には檀林(学問所)となっていたところで、本堂は当時は講堂だった建物です。
信仰の場所としては、すぐそばの南真経寺さんが担っていたのだそうです。

北真経寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

醍醐寺(福知山)

案内 写真はクリックすれば拡大

福知山の醍醐寺さんの写真です。

醍醐寺(福知山)の写真素材


三段池公園を奥へ奥へ進んで行って、まわりになにもなくなってきたころに山門に突き当たります。
山門の両側に巨大な杉の木が聳え立っています。

醍醐寺(福知山)の写真素材


1341年に足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために創建したお寺です。

醍醐寺(福知山)の写真素材


醍醐寺(福知山)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

福知山城

案内 写真はクリックすれば拡大

福知山のシンボルのお城、福知山城の写真です。
明智光秀が築いたお城で、天守閣は1986年の再建です。

福知山城の写真素材


「麒麟が来る」で注目が集まり、途中で麒麟が来なくなって、麒麟が来るまでお待ちくださいになって、さらに注目を浴びた年の福知山城

福知山城の写真素材

お城は丘の上に作られていて、とても高い位置に天守閣があり、市内のどこからでもその姿がよく見えます。

福知山城の写真素材


駐車場あたりから見上げる福知山城

福知山城の写真素材


JR山陰線の高架下から。

福知山城の写真素材


特急と福知山城
列車の本数が少ないので、ここでたくさん時間を使ってしまいました。

福知山城の写真素材


本丸の天守閣のすぐ下から。

福知山城の写真素材


石垣には野趣あふれる石が組まれています。野面積み・乱石積み・穴太積みなどの方法が取られています。
ハートの石を探すのもおもしろいです。

福知山城の石垣の写真素材


天守閣のそばに建つ朝暉神社(あさひじんじゃ)。

福知山城の写真素材

猛暑の日でしたが、できるだけいろいろな方向から撮影しました。
猪崎城跡から遠望する福知山城。

福知山城の写真素材


土師川橋梁と福知山城。丹波大文字もよく見えます。

福知山城の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

蛭子神社(下山)

案内 写真はクリックすれば拡大

京丹波町下山の蛭子神社さんの写真です。

下山の蛭子神社の写真素材


赤い鳥居が高屋川橋梁の真下に建っていて、はるか上がJR山陰線の線路。

下山の蛭子神社の写真素材


鳥居の先には草が茂った参道が見えます。

下山の蛭子神社の写真素材


草の参道は少しだけで、そのあとは岩山の尾根を登っていく感じです。
岩肌に落ち葉が積もっていて滑るので、慎重に歩いていきます。
質美川と高屋川に挟まれた河岸段丘で、両側は崖。
特に右側には遥か下のほうを高屋川が流れているのが見え、スリルがあります。
社殿の前から高屋川橋梁もちらりと見えます。
本殿はこの社殿のさらに奥、崖の突端にあります。

下山の蛭子神社の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

イボ水宮(イボ水さん)

案内 写真はクリックすれば拡大

京丹波町本庄のイボ水宮(イボ水さん)の写真です。

イボ水宮(イボ水さん)の写真素材


イボ水さんは、阿上三所神社の石段下を50mほど歩いたところに建つ小さな建物に祀られています。
床のふたを開けると、神水が汲めるようになっています。

イボ水宮(イボ水さん)の写真素材


柄杓でお水を汲んで、自分のからだのイボにつけるとあら不思議。
そのうちにイボがころりと取れるのです。

イボ水宮(イボ水さん)の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

太虚寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京丹波町本庄の坂の上に建つ曹洞宗のお寺、太虚寺さんの写真です。月桂山太虚寺。

太虚寺の写真素材


右手の斜面に沿って墓地が広がっており、どこに立っても良い眺望があります。
JR山陰線の赤い鉄橋がよく見えます。

太虚寺の写真素材


山門の中にも参道にも紫陽花が咲いていました。

太虚寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

石塔寺

案内 写真はクリックすれば拡大

向日市の西国街道沿いに建つ石塔寺さんの写真です。
鎌倉時代創建の日蓮宗のお寺です。
花まつりの際に行われる鶏冠井題目踊がよく知られています。

石塔寺の写真素材


石塔寺の写真素材


南側には大きな桜の木。

石塔寺の写真素材

湖東の石塔寺は「いしどうじ」ですが、向日市の石塔寺は「せきとうじ」と素直に読めばいいようです。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

御蔵山聖天(宝寿寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治市木幡の御蔵山のてっぺん近くに建つ御蔵山聖天さんの写真です。

御蔵山聖天(宝寿寺)の写真素材

聖天さんによくある形の鳥居。

御蔵山聖天(宝寿寺)の写真素材

鳥居からまっすぐ進むと本堂。
1920年創建の天台宗のお寺ですが、本堂には平安時代の仏像が安置されているそうです。

御蔵山聖天(宝寿寺)の写真素材

御前大明神社。

御蔵山聖天(宝寿寺)の写真素材

御蔵山は全体が住宅地になっていて、景色のいいところもたくさんあり、散歩するのも楽しいです。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

阿含宗総本殿

案内 写真はクリックすれば拡大

阿含の星まつりで知られる北花山の阿含宗総本殿(釈迦山大菩提寺)の写真です。
将軍塚の公園から立派な建物が見えます。

阿含宗総本殿の写真素材


夕陽を浴びてくっきりと見える総本殿。

阿含宗総本殿の写真素材

阿含の星まつりは毎年2月。
東山から煙が立ち昇り、京都市街からもよく見えます。
以前はKBSテレビでも中継されていましたが、最近は放映されていないようです。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内

よく使われる写真



サイト内検索

カテゴリ