2020年6月の記事一覧

福知山城

案内 写真はクリックすれば拡大

福知山のシンボルのお城、福知山城の写真です。

明智光秀が築いたお城で、天守閣は1986年の再建です。

福知山城の写真素材


「麒麟が来る」で注目が集まり、途中で麒麟が来なくなって、麒麟が来るまでお待ちくださいになって、さらに注目を浴びた年の福知山城

福知山城の写真素材

お城は丘の上に作られていて、とても高い位置に天守閣があり、市内のどこからでもその姿がよく見えます。

福知山城の写真素材


駐車場あたりから見上げる福知山城

福知山城の写真素材


JR山陰線の高架下から。

福知山城の写真素材


特急と福知山城
列車の本数が少ないので、ここでたくさん時間を使ってしまいました。

福知山城の写真素材


本丸の天守閣のすぐ下から。

福知山城の写真素材


石垣には野趣あふれる石が組まれています。野面積み・乱石積み・穴太積みなどの方法が取られています。
ハートの石を探すのもおもしろいです。

福知山城の石垣の写真素材


天守閣のそばに建つ朝暉神社(あさひじんじゃ)。

福知山城の写真素材

猛暑の日でしたが、できるだけいろいろな方向から撮影しました。
猪崎城跡から遠望する福知山城。

福知山城の写真素材


すぐそばを流れる由良川。

福知山城と由良川の写真素材


土師川橋梁と福知山城。

福知山城の写真素材


丹波大文字もよく見えます。

福知山城の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の坂道

案内 写真はクリックすれば拡大

坂道の多い京都ですが、名前のついた坂道は思ったほど多くないようです。
ここでは名前のある坂道の写真を中心にいくつか掲載します。

京都の坂道の写真素材

千束坂
紙屋川のほとりから鷹ヶ峰の然林房へ登る急坂。25%の表示があります。
ここはけっこうキツい坂。

鷹ヶ峰 千束坂の写真素材

たらたら坂
三条通のアーケードから新京極のアーケードに曲がるところのたらたらと下る坂道。


一念坂
ねねの道から二年坂に至る短い道。風情はありますが、100メートルもなく、あまり坂でもありません。

京都 一念坂の写真素材


ニ寧坂・二年坂
北西方面から清水寺に向かうひとのために作られた参詣道の坂道。
ねねの道から産寧坂をつないでいます。
なだらかで優しい感じの石畳の道で、石段が少し。スイーツのお店も多く、甘党の素通り出来ぬ二寧坂とも。
ここで転ぶと二年で死ぬといわれる二年殺しの坂。

京都の二年坂の写真素材


産寧坂・三年坂
清水寺の仁王門のそばに建っていた子安の塔に安産祈願に向かう坂ということで、産寧坂と呼ばれる。八坂の塔からカーブして上がってきて、最後はけっこう急な石段を登り清水坂へ。石段途中の明保野亭の枝垂桜が情感をプラスしています。
ここで転ぶと三年で死ぬといわれる三年殺しの坂。

京都の三年坂の写真素材

五条坂
東山五条交差点から北東に向かって伸びるまっすぐな坂道。
五条大橋のほうから清水寺へお参りするメインストリート。


清水坂
東大路通の「清水道」のところから清水寺仁王門に向かう参詣道。

茶碗坂
清水坂の右側のルート。清水焼のお店が立ち並びます。
まっすぐな道なので清水坂より少し距離が短く、仁王門に早く着けます。

京都 夜の茶碗坂の写真素材

龍馬坂
暗殺された坂本龍馬さんの葬列が通った坂道+石段。
途中から振り返り八坂の塔を見ることができます。

京都の龍馬坂の写真素材

台所坂
ねねの道から高台寺へと登る石段。

高台寺 雪の写真素材

夢見坂
東大路通から八坂庚申堂を経て八坂の塔に向かう坂道。八坂通。
ひとの映らない写真を撮りたいが、そう簡単にはいきません。

京都の坂道の写真素材


末吉坂
常寂光寺の石段。仁王門から本堂へまっすぐ登る石段ではなく、右側のゆるい石段のほう。
常寂光寺の庭園の再興に尽力した森田末吉氏の名前をとって末吉坂に。

常寂光寺 青もみじの写真素材


狐坂(狐子坂)
ちょっと怖い話もある狐坂。旧道と新道があり、クルマは快適なカーブの新道を走ります。

狐坂と五山送り火の写真素材


雲母坂
比叡山へ登る登山道のひとつ。

薬王坂
鞍馬寺の山門のそばから山道を登ってしばらくすると薬王坂に着きます。
静原・大原や天ヶ岳へと至る山道の分岐点となっています。

鞍馬 薬王坂の写真素材

屏風坂
鞍馬山のなかの坂道。
いわゆる鞍馬寺金堂へ向かうつづら折りの道のことではなく、さらに先の奥の院へ向かう途中の地蔵堂のあたりの坂道のことだそうです。


琴坂
宇治川畔から興聖寺へまっすぐに登る坂道。
カエデのトンネルになっており、坂道の両側を宇治川へ向かって流れ落ちる水音がお琴の調べのようであることからその名前がついたそうです。
まっすぐなので、ひとの映らない写真を撮るのはたいへんです。

興聖寺の坂道 琴坂の写真素材

桂坂南通り
桂坂ニュータウンの坂道です。モミジバフウの並木が見事。

桂坂南通りの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ