2019年5月の記事一覧

るり渓

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市園部町の高原に広がる渓谷、るり渓の写真です。
園部川に沿って岩や滝や淵がところどころにあり、そばを歩くだけでも楽しいところ。
カジカやオオサンショウウオも棲息しているそう。


(写真はあとで追加します)

るり渓の写真素材


るり渓の写真素材


るり渓の写真素材

ミツバツツジが彩るネパール友好の塔。

るり渓の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

和束町 正法寺

案内 写真はクリックすれば拡大

和束町の正法寺さんの写真です。
744年に聖武天皇が、17歳で亡くなった息子安積親王の菩提を弔うため、行基を開山として創建。

石段の上には閉まっている表門。

和束町 正法寺の写真素材

境内がカエデの新緑に包まれる5月の昼下がりの景色。

和束町 正法寺の写真素材


一段高い奥に建つ開山堂。

和束町 正法寺の写真素材

正法寺は紅葉の名所。良い発色のカエデがずらりと揃っています。
滋賀県の紅葉名所、永源寺のヤマモミジが移植されたのだそうです。

和束町 正法寺の紅葉写真素材

石塀の形も独特です。

和束町 正法寺の紅葉写真素材


和束町 正法寺の紅葉写真素材

本堂わきから表門を見て。

和束町 正法寺の紅葉写真素材

開山堂のカエデが光るお昼過ぎ。

和束町 正法寺の紅葉写真素材

カエデの背景が茶畑になっている景色は珍しいです。

和束町 正法寺の紅葉写真素材

安積親王の陵墓は近くの丘の上にあります。

和束町の茶畑の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

西願寺

案内 写真はクリックすれば拡大

和束町湯船の307号線沿いに建つ西願寺さんの写真です。
道路を見下ろすように咲く大きな枝垂れ桜が有名です。

和束町湯船の西願寺の桜の写真素材

5月新緑の西願寺
枝垂れ桜の緑に圧倒されます。

和束町湯船の西願寺の写真素材


爽快な新緑の色です。初夏でもススキは生えてますね。

和束町湯船の西願寺の写真素材


花より葉っぱのほうが密度が高いのでとても重量感がありますね。

和束町湯船の西願寺の写真素材


ススキいっぱい、秋の西願寺
桜は散って緑色の景色。

和束町湯船の西願寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

和束町の茶畑

案内 写真はクリックすれば拡大

茶源郷と呼ばれる京都府相楽郡和束町の茶畑風景の写真です。
アップダウンのある独特な地形のいたるところに茶畑が広がっており、散策するだけでも心が和みます。
見上げると高い崖のようなところを白い軽トラが走っていたり、急坂を軽トラがバックで降りてきたりするシーンも見られ、栽培する茶農家のかたがたのスキルは並大抵のものではないなあと感じます。

まずは有名な石寺の茶畑。
京都府景観資産第1号に登録されている風光明媚な場所です。

和束町の茶畑の写真素材

真ん中の小屋が景色の中心に。
新茶の季節の爽やかな緑の茶畑です。

和束町の茶畑の写真素材


真冬の2月でも一面の緑です。

冬の和束町の茶畑の写真素材

少し北へ進んだ高い位置から見る景観。

和束町の茶畑の写真素材

丘の上の安積親王陵墓。
聖武天皇の皇子で17歳で亡くなったかた。
太鼓山とも呼ばれるそうです。陵墓と参道の他はすべて茶畑になっています。

和束町の茶畑の写真素材

秋の安積親王陵墓。黒いカバーは外されました。

和束町の茶畑の写真素材


眺め抜群の天空カフェ。

和束町の茶畑の写真素材


和束町の茶畑の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

如意寺(亀岡市)

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の臨済宗のお寺、如意寺さんの写真です。
お寺はかつて山本城があったところで、石垣の上に背後の山に張り付くようにして建っています。城主は明智光秀ともかかわりのあった人。
遠目に見るといまもお城のようです。(写真右上)

亀岡市の如意寺の写真素材


石段を登るとネコが出迎えます。

亀岡市の如意寺の写真素材


うしろはすぐ山。
山道を入っていくと、からと越えです。

亀岡市の如意寺の写真素材

亀岡市の如意寺の写真素材

このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

真如寺

案内 写真はクリックすれば拡大

等持院の東側に建つ真如寺さんの写真です。
金閣寺や銀閣寺と同様に相国寺の塔頭寺院です。
真如寺は、いつでも拝観できるわけではなく、ときどき特別拝観が行われています。
まわりの道には立命館大学の学生のために、たくさんのガードマンのかたが配置されていて、歩くのには安心。

参道の途中に建つ山門前の堀にはカキツバタがたくさん咲いています。少しだけ黄色の花が混じっているのが面白いです。

真如寺の写真素材


真如寺の写真素材


まっすぐな参道は北側の法堂(大雄殿)まで続いています。

真如寺の写真素材

斜めの松をくぐり抜けて法堂に至ります。

真如寺の写真素材

客殿の南側には枯山水庭園が広がります。
ぼってりした燈籠のようなものは牛塔。あまり他所では見かけない塔ですね。

真如寺の写真素材

客殿とつながっている書院の東には小さな池があり、まわりに植えられたカエデが美しいです。

真如寺の写真素材

なお、京都市には真如堂、真如寺、真如院があるので、ちょっと頭がこんがらがることがあります。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

三之宮神社

案内 写真はクリックすれば拡大

桂川の左岸、桂徳大寺町の三之宮神社さんの写真です。

三之宮神社の写真素材

小学校の裏手、住宅地のなかの神社です。

三之宮神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

向西寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市西京区の西山浄土宗のお寺、向西寺さんの写真です。

向西寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年9月 [2]
  2. 2022年6月 [2]
  3. 2022年4月 [1]
  4. 2022年3月 [1]
  5. 2022年2月 [1]
  6. 2022年1月 [7]
  7. 2021年12月 [8]
  8. 2021年11月 [1]
  9. 2021年10月 [2]
  10. 2021年9月 [3]
  11. 2021年7月 [1]
  12. 2021年6月 [3]
  13. 2021年5月 [3]
  14. 2021年4月 [1]
  15. 2021年3月 [2]
  16. 2021年2月 [1]
  17. 2020年12月 [3]
  18. 2020年11月 [4]
  19. 2020年10月 [29]
  20. 2020年8月 [34]
  21. 2020年7月 [10]
  22. 2020年6月 [8]
  23. 2020年5月 [21]
  24. 2020年4月 [8]
  25. 2020年3月 [6]
  26. 2020年2月 [4]
  27. 2020年1月 [26]
  28. 2019年12月 [6]
  29. 2019年11月 [2]
  30. 2019年9月 [8]
  31. 2019年8月 [1]
  32. 2019年7月 [10]
  33. 2019年6月 [25]
  34. 2019年5月 [8]
  35. 2019年4月 [16]
  36. 2019年3月 [19]
  37. 2019年2月 [11]
  38. 2019年1月 [12]
  39. 2018年12月 [15]
  40. 2018年11月 [16]
  41. 2018年10月 [67]
  42. 2018年9月 [63]
  43. 2018年8月 [55]
  44. 2018年7月 [29]
  45. 2018年6月 [95]
  46. 2018年5月 [93]
  47. 2018年4月 [93]
  48. 2018年3月 [35]
  49. 2018年2月 [47]
  50. 2018年1月 [10]
  51. 2017年12月 [8]
  52. 2017年11月 [7]
  53. 2017年1月 [4]
  54. 2016年12月 [27]
  55. 2016年11月 [10]
  56. 2016年7月 [1]
  57. 2016年6月 [1]
  58. 2016年4月 [1]
  59. 2016年1月 [1]
  60. 2015年12月 [5]
  61. 2015年8月 [3]
  62. 2015年6月 [4]
  63. 2015年5月 [2]
  64. 2015年3月 [3]
  65. 2014年12月 [2]
  66. 2014年11月 [5]
  67. 2014年10月 [1]
  68. 2014年9月 [3]
  69. 2014年6月 [7]
  70. 2014年5月 [4]
  71. 2014年4月 [1]
  72. 2014年3月 [3]
  73. 2014年2月 [6]
  74. 2014年1月 [9]
  75. 2013年12月 [3]
  76. 2013年9月 [3]
  77. 2013年8月 [3]
  78. 2013年5月 [6]
  79. 2013年4月 [14]
  80. 2013年3月 [7]
  81. 2013年2月 [2]
  82. 2013年1月 [4]
  83. 2012年12月 [4]
  84. 2012年11月 [7]
  85. 2012年10月 [9]
  86. 2012年9月 [8]
  87. 2012年8月 [16]
  88. 2012年7月 [2]
  89. 2012年6月 [1]
  90. 2011年5月 [4]
  91. 2011年4月 [9]
  92. 2010年7月 [1]
  93. 2008年8月 [1]
  94. 2008年7月 [1]
  95. 2008年6月 [2]
  96. 2000年7月 [1]
  97. 2000年5月 [2]
  98. 2000年4月 [1]
  99. 2000年3月 [2]