2015年8月の記事一覧

御香宮神社

案内 写真はクリックすれば拡大

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)Gokonomiya-jinja Shrine

伏見の御香宮神社さんの写真です。 御香水が有名で毎日汲みに来る方も多いです。


大きなソテツがあって、南国の神社ような雰囲気もあります。

伏見の御香宮神社

季節は夏。
御香宮神社



御香水。現在は煮沸が必要とのこと。
御香宮神社の御香水

御香宮神社の御香水

御香宮神社は、桜のころも華やかです。
御香宮神社の桜


2月の御弓始神事では、鬼の的が立てられ、それを目掛けて氏子さんが矢を放ちます。

伏見の御香宮神社の写真素材


「鬼」の字は裏返しに書かれています。
突風が吹くと的ごと倒れます。

伏見の御香宮神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

梅小路公園

案内 写真はクリックすれば拡大

真夏の梅小路公園の写真です。

梅小路公園 朱雀の庭の写真素材




朱雀の庭にはサルスベリの花が咲きとても美しいです。
しかし、暑すぎて誰も散策するひとはいません。
庭師さんがせっせと作業中。
梅小路公園の朱雀の庭


梅小路公園の朱雀の庭

梅小路公園の朱雀の庭

梅小路公園 朱雀の庭の写真素材


梅小路公園 朱雀の庭の写真素材

梅小路公園 朱雀の庭の写真素材

梅小路公園 朱雀の庭の写真素材

梅小路公園 朱雀の庭の写真素材


いのちの森。こちらも無人。
進む度にセミがばさばさと飛び立ちます。セミの森です。
しずかに歩いてもやっぱりセミはばさばさと飛び立ちます。邪魔するつもりはないのだけれど。
梅小路公園のいのちの森


梅小路公園のいのちの森


京都水族館の写真はこちらに


冬の梅小路公園朱雀の庭の写真も1枚。

梅小路公園の朱雀の庭 冬

冬の夜の芝生広場。京都タワーの上に高い満月。

満月と京都タワーの夜景の写真素材


風がぴゅーぴゅー吹いていますが、芝生広場にはけっこう人がいて、それぞれに楽しんでいる様子。トレーニングしている方が多いようです。

京都水族館の写真素材

梅の花が咲く梅小路公園。

梅小路公園の写真素材

梅小路公園の写真素材


無限列車が通りました。

梅小路公園の写真素材

蒸気機関車の黒煙があがっています。

梅小路公園の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

京都水族館

案内 写真はクリックすれば拡大

JR京都駅の西側、梅小路公園の中に建つ京都の新しい名所「京都水族館」。
京都水族館の写真素材

オオサンショウウオ。

京都水族館の写真素材


京都水族館の写真素材

京都になぜ水族館?なんていう声もありますが、たくさんの工夫もあり、楽しいところです。
京都水族館の写真素材

イルカショーをしている時間は水族館前の芝生に座っていても、ジャンプするイルカが垣間見えます。
今回はタイミングを外してしまい、イルカレス写真です。
京都水族館の写真素材


こどもは予想外にチンアナゴなんかに反応しますね。
京都水族館の写真素材

見えた!

京都水族館の写真素材


上から見下ろす水族館。

京都水族館の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

お役に立ちましたら、インスタグラムもフォローしてください。

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年4月 [1]
  2. 2022年3月 [1]
  3. 2022年2月 [1]
  4. 2022年1月 [7]
  5. 2021年12月 [8]
  6. 2021年11月 [1]
  7. 2021年10月 [4]
  8. 2021年9月 [3]
  9. 2021年8月 [1]
  10. 2021年7月 [2]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]