2014年1月の記事一覧

御金神社

案内 写真はクリックすれば拡大

御金神社(みかねじんじゃ)

金運財運アップのご利益で人気の御金神社は小さな神社ですが、金の鳥居がまばゆいです。
元々は金属の神様でしたが、いつしか金運の強大なパワーを誇る神様として、全国から参拝者の訪れる神社となりました。
年々知名度が上がっているようで、お正月には長〜い行列ができる日も。 御金神社
鳥居も金色。お天気の日はもっと光っています。
御金神社の金色鳥居
鳥居に比べて、拝殿本殿は落ち着いた印象。
御金神社の拝殿

イチョウ形の絵馬には金運を祈願することばがずらり。
写真を撮りましたが、あまりにも個人情報がそのまま書いてあるので、ここでのアップは遠慮しておきます...。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

安井金比羅宮

案内 写真はクリックすれば拡大
京都で縁切り神社といえば、安井金比羅宮
この縁切り縁結びの碑(「断叶の碑」)はたいへんな人気で、行列ができていることも多いです。 安井金比羅宮の写真素材

逆向きにくぐれば縁結びにもなります。 安井金比羅宮の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

恋志谷神社

案内 写真はクリックすれば拡大

恋志谷神社(こいしだにじんじゃ)

南山城村の恋志谷神社。後醍醐天皇の側女であった恋志谷姫を祀っています。 縁結び・子授け・婦人病を治す神様として信仰を集めています。 恋志谷神社の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

霊鑑寺

案内 写真はクリックすれば拡大

雪の中の霊鑑寺さんの山門の写真です。

雪の霊鑑寺の写真素材


石段にたっぷりの雪を積もらせています。

雪の霊鑑寺の写真素材


いま門は閉じられていて、拝観するには春まで待たねばなりません。

雪の霊鑑寺の写真素材


妙見堂も雪のなか。

雪の霊鑑寺の写真素材

次は、紅葉の時期の霊鑑寺の写真です。
特別公開が終わり、また山門の閉ざされた霊鑑寺。まだ赤いカエデが残っています。

秋の霊鑑寺の写真素材


秋の霊鑑寺の写真素材


中の写真、追加しました。
山門が開くと向こうにはカエデの朱が見えます。

秋の霊鑑寺の写真素材

秋の霊鑑寺の写真素材

椿のころとは歩くコースが変わっています。

秋の霊鑑寺の写真素材


秋の霊鑑寺の写真素材


一面の苔に朝日が差します。

秋の霊鑑寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

圓光寺

案内 写真はクリックすれば拡大

一乗寺の圓光寺さんの紅葉写真です。
有名な「十牛の庭」。
まんなかの石は牛なんですね。

圓光寺の紅葉の写真素材

見事に敷き詰められた紅いカエデの葉。

圓光寺の紅葉の写真素材

書院から見る十牛の庭。

圓光寺の紅葉の写真素材

書院から見る十牛の庭。カエデが緋毛氈にくっきりと影を落とします。

圓光寺の紅葉の写真素材


圓光寺の初夏の写真です。

圓光寺の青もみじの写真素材


元々は1601年に徳川家康が学校として開いたお寺。

圓光寺の青もみじの写真素材


圓光寺の青もみじの写真素材


圓光寺の青もみじの写真素材


圓光寺の青もみじの写真素材

枝垂桜が迎えてくれる春の圓光寺。

圓光寺の桜の写真素材


春はすいていてゆっくりお庭を散策できます。

圓光寺の桜の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

廬山寺

案内 写真はクリックすれば拡大
紫式部が源氏物語を書いていたまさにその場所とされる廬山寺さんの写真です。
カエデは塀の向うからお庭に枝を差し掛けています。
廬山寺の紅葉写真素材

廬山寺の紅葉写真素材

節分には鬼が三匹やってくる。先頭は赤鬼。
廬山寺の鬼の写真素材


廬山寺さんの桔梗のお庭「源氏の庭」。
桔梗は見頃期間が長いので、7月〜8月に行けば美しい光景が見られます。
廬山寺の桔梗


廬山寺の桔梗



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

梨木神社

案内 写真はクリックすれば拡大

京都御苑のおとなりの梨木神社さんの写真です。
紅葉の季節。

梨木神社の紅葉の写真素材


萩の咲く初秋の梨木神社

梨木神社の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

善法律寺

案内 写真はクリックすれば拡大

八幡のもみじ寺、善法律寺さんの紅葉写真です。

善法律寺の紅葉の写真素材


小さな境内はカエデでいっぱいです。

善法律寺の紅葉の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

八神社

案内 写真はクリックすれば拡大
銀閣寺の門前を左に行くと八神社さん。 その先は大文字山の登山口ですが、この雪ではやめておきましょう。
雪の八神社の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [9]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [30]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [21]
  33. 2018年10月 [65]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [67]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [95]
  38. 2018年5月 [107]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [2]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [5]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [2]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [3]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年4月 [1]