2014年12月の記事一覧

青蓮院

案内 写真はクリックすれば拡大

「粟田御所」青蓮院さんの写真です。
まず目に入るのは巨大なクスノキとがっしりした薬医門。

青蓮院の写真素材

こんなサイズのクスノキが5本もあります。親鸞聖人お手植えの楠といわれているので、樹齢は800年を超えていることになります。
どれも巨大ですが、最近1本だけ虫の被害に遭い大きく枝を切られてしまいました。通りの向かい側まで枝を伸ばしていた見事なクスノキでしたが。

青蓮院のクスノキの写真素材


相阿弥の庭の青もみじ。池は龍心池。霧島ツツジもたくさんあります。

青蓮院相阿弥の庭の写真素材


青蓮院の青もみじの写真素材


霧島の庭。

青蓮院の霧島ツツジの写真素材


宸殿の前には右近の橘と左近の桜が植えられていて、門跡寺院らしい光景となっています。

青蓮院宸殿の写真素材

紅葉の青蓮院の庭園。

青蓮院門跡の紅葉の写真素材

青蓮院門跡の紅葉の写真素材


青蓮院門跡の紅葉の写真素材


毎年、ライトアップも行われています。

青蓮院門跡の紅葉ライトアップの写真素材


妖しい青い光に誘われて境内へ。

青蓮院門跡の紅葉ライトアップの写真素材

灯りはとても控えめで暗く、昔の夜といった印象。

青蓮院門跡の紅葉ライトアップの写真素材


青蓮院門跡の紅葉ライトアップの写真素材

霧島の庭の大きなカエデもほんのりと照らされ赤く赤く。

青蓮院門跡の紅葉ライトアップの写真素材

秋から冬の夜間拝観では宸殿前の苔庭に青いライトがちりばめられ、とてもきれいです。

青蓮院宸殿の写真素材

巨大なクスノキが目をひく青蓮院さんの雪景色。

雪の青蓮院門跡の写真素材

雪の青蓮院門跡の写真素材

障子や扉を開け放たれた室内はとても寒く、特に足が冷え冷え〜。

雪の青蓮院門跡の写真素材


植髪堂。境内の北にあり、拝観料の要らないエリアに建つお堂です。

青蓮院の植髪堂の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

諸羽神社

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の諸羽神社さんの写真です。
読み方はもろはじんじゃ。

山科 諸羽神社の夜の写真素材

秋、毘沙門堂の帰りに寄るひとや疏水歩きの寄り道で紅葉を見るひとがちらほらおられました。
普段からお詣りに来る地元の人は多いようです。

山科 諸羽神社の紅葉の写真素材


いろいろな種類の木の色づきがあり、カラフルでした。

山科 諸羽神社の紅葉の写真素材


雪の朝の諸羽神社。

山科 諸羽神社の雪の写真素材

春、参道に桜が一本。

山科 諸羽神社の桜の写真素材


サルスベリ咲く真夏の諸羽神社参道。

山科 諸羽神社の写真素材


夏越の祓の茅の輪が設置されました。

山科 諸羽神社 夏越の祓の茅の輪の写真素材


半年の間の穢れを落とします。

山科 諸羽神社 夏越の祓の茅の輪の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [9]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [30]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [21]
  33. 2018年10月 [65]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [67]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [95]
  38. 2018年5月 [107]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [2]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [6]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [5]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [7]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [2]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [3]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年4月 [1]