2019年11月の記事一覧

正寿院(宇治田原)

案内 写真はクリックすれば拡大

客殿のハート型の猪目窓や160枚の天井画が有名な宇治田原の正寿院さんの写真です。
小さいお寺ですが、1200年頃に創建された古刹です。お不動さんは快慶の作。
夏の風鈴まつりもよく知られています。

正寿院(宇治田原)の写真素材


たくさんのひとが集まる人気のお寺で、実際、秋の土曜日の午後に訪ねてみたところ、あふれんばかりの人がおられました。
どこを撮ってもひとがたくさん写ってしまいますので、今回は以下のような写真のみです。
また機会がありましたら、追加したいと思います。

正寿院(宇治田原)の写真素材

外から見るハート窓です...。

正寿院(宇治田原)の写真素材


あらためて桜咲く正寿院さんを訪れました。

正寿院(宇治田原)の写真素材


今回は静かなひとときを過ごすことができました。

正寿院(宇治田原)の写真素材


影もハート。拝観時間が終わる間際にふたつ目のハートが出ました。

正寿院(宇治田原)の写真素材

猪目窓の向こうは桜と灯籠。

正寿院(宇治田原)の写真素材


いつまでも眺めていたい天井画です。

正寿院(宇治田原)の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

笠置寺

案内 写真はクリックすれば拡大

笠置寺さんの写真です。
何度訪れても、思っていたより大きく感じる巨石の景観。

笠置寺の写真素材

カエデも大きいですが、石はさらに大きい。

笠置寺の紅葉写真素材


天武天皇や後醍醐天皇のゆかりの地です。

笠置寺の写真素材


巨大な弥勒磨崖仏がご本尊。ふんわりと形が見えるのみ。

笠置寺の紅葉写真素材


巨石の壁はこちらに向かって傾いているので、迫ってくる感じがあります。

笠置寺の写真素材


境内を巡るには登ったり下りたりしてけっこう体力も必要です。
見下ろす景色は雄大。

笠置寺の写真素材


見下ろす方向は東のほう。木津川畔を関西本線の線路が走っています。

笠置寺の写真素材


西日に明明と照らされて派手に輝く色とりどりのカエデ。
笠置山もみじ公園の紅葉写真。

笠置山もみじ公園の紅葉の写真素材


笠置山もみじ公園の紅葉の写真素材


まさに紅葉見頃のタイミングでした。

笠置山もみじ公園の紅葉の写真素材


夜はライトアップも行われています。

笠置山もみじ公園の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年9月 [2]
  2. 2022年6月 [2]
  3. 2022年4月 [1]
  4. 2022年3月 [1]
  5. 2022年2月 [1]
  6. 2022年1月 [7]
  7. 2021年12月 [8]
  8. 2021年11月 [1]
  9. 2021年10月 [2]
  10. 2021年9月 [3]
  11. 2021年7月 [1]
  12. 2021年6月 [3]
  13. 2021年5月 [3]
  14. 2021年4月 [1]
  15. 2021年3月 [2]
  16. 2021年2月 [1]
  17. 2020年12月 [3]
  18. 2020年11月 [4]
  19. 2020年10月 [29]
  20. 2020年8月 [34]
  21. 2020年7月 [10]
  22. 2020年6月 [8]
  23. 2020年5月 [21]
  24. 2020年4月 [8]
  25. 2020年3月 [6]
  26. 2020年2月 [4]
  27. 2020年1月 [26]
  28. 2019年12月 [6]
  29. 2019年11月 [2]
  30. 2019年9月 [8]
  31. 2019年8月 [1]
  32. 2019年7月 [10]
  33. 2019年6月 [25]
  34. 2019年5月 [8]
  35. 2019年4月 [16]
  36. 2019年3月 [19]
  37. 2019年2月 [11]
  38. 2019年1月 [12]
  39. 2018年12月 [15]
  40. 2018年11月 [16]
  41. 2018年10月 [67]
  42. 2018年9月 [63]
  43. 2018年8月 [55]
  44. 2018年7月 [29]
  45. 2018年6月 [95]
  46. 2018年5月 [93]
  47. 2018年4月 [93]
  48. 2018年3月 [35]
  49. 2018年2月 [47]
  50. 2018年1月 [10]
  51. 2017年12月 [8]
  52. 2017年11月 [7]
  53. 2017年1月 [4]
  54. 2016年12月 [27]
  55. 2016年11月 [10]
  56. 2016年7月 [1]
  57. 2016年6月 [1]
  58. 2016年4月 [1]
  59. 2016年1月 [1]
  60. 2015年12月 [5]
  61. 2015年8月 [3]
  62. 2015年6月 [4]
  63. 2015年5月 [2]
  64. 2015年3月 [3]
  65. 2014年12月 [2]
  66. 2014年11月 [5]
  67. 2014年10月 [1]
  68. 2014年9月 [3]
  69. 2014年6月 [7]
  70. 2014年5月 [4]
  71. 2014年4月 [1]
  72. 2014年3月 [3]
  73. 2014年2月 [6]
  74. 2014年1月 [9]
  75. 2013年12月 [3]
  76. 2013年9月 [3]
  77. 2013年8月 [3]
  78. 2013年5月 [6]
  79. 2013年4月 [14]
  80. 2013年3月 [7]
  81. 2013年2月 [2]
  82. 2013年1月 [4]
  83. 2012年12月 [4]
  84. 2012年11月 [7]
  85. 2012年10月 [9]
  86. 2012年9月 [8]
  87. 2012年8月 [16]
  88. 2012年7月 [2]
  89. 2012年6月 [1]
  90. 2011年5月 [4]
  91. 2011年4月 [9]
  92. 2010年7月 [1]
  93. 2008年8月 [1]
  94. 2008年7月 [1]
  95. 2008年6月 [2]
  96. 2000年7月 [1]
  97. 2000年5月 [2]
  98. 2000年4月 [1]
  99. 2000年3月 [2]