2014年5月の記事一覧

六波羅蜜寺

案内 写真はクリックすれば拡大

六波羅蜜寺さんの写真です。
このあたり一帯はかつて平家一門のお屋敷が立ち並んでいた場所。その数5000を越えるというから、その繁栄ぶりがわかります。

六波羅蜜寺の写真素材


それらは平家の衰亡とともに焼けてなくなり、鎌倉時代には鎌倉幕府の六波羅探題が置かれました。

六波羅蜜寺の写真素材

このお寺は仏師運慶一族の菩提寺だったことから、宝物館にはたくさんの木像が安置されています。
もっとも有名なものは、口から阿弥陀を出す「空也上人像」と経文を読む「平清盛坐像」 。

六波羅蜜寺の写真素材

夏の万灯会のときの六波羅蜜寺。日差しが強い。

六波羅蜜寺の写真素材

お盆の前の迎え鐘も撞くことができます。
大混雑の六道珍皇寺に比べるといくらかすいているようです。

六波羅蜜寺の写真素材

本堂は室町時代の建物で、応仁の乱でも焼けずに残った貴重な建築物です。

六波羅蜜寺の写真素材

平清盛公の塚。供養塔。
右側は阿古屋塚。

六波羅蜜寺の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

美山かやぶきの里

案内 写真はクリックすれば拡大

国の重要伝統的建造物保存地区に指定されているかやぶきの里の写真です。
誰にとっても日本の故郷、原風景のように思えます。
新緑から夏にかけては鮮やかな緑に包まれ、紅葉の秋、雪景色の冬にも美しい風景が広がります。

5月と12月に行われる防災のための一斉放水は見にくるひとが大勢集まります。
雪が降ると行きにくいですが、雪灯籠も人気。1月末から2月初めに雪灯籠でほんのりとライトアップされるその景色はとても幻想的です。

雨の美山かやぶきの里。そぞろ歩くにはほんとにいい場所。写真は5月初旬。
バックの山が新緑でまだらになっているのもいいです。

美山かやぶきの里


近年は台湾からの観光客がたくさんだそうです。
こちらは紫陽花の季節。またまた雨でした。
背景の山々は迫ってくるように見え、手前にかやぶき屋根の民家が雛壇のように整然と並びます。

美山かやぶきの里


駐車場も広く用意されているので、ドライブに行きやすいです。162号線は走りやすいですし。

美山かやぶきの里


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の町並み

案内 写真はクリックすれば拡大
京都の町並みといえば、求められる写真は祇園や先斗町・上七軒などの町家でしょうか。
いくつかアップしておきます。
先斗町、花見小路、祇園、西陣などアップしていきます。


祇園白川あたり。枝垂桜がきれい。
京都の町並み

巽橋。
京都の町並み

巽橋の先。
京都の町並み

新橋通りの落ち着いた町並み。
祇園の写真素材
雪の二年坂。
二年坂の雪の写真素材

三年坂。
三年坂の雪の写真素材

真夏の三年坂。
三年坂の写真素材

夕方の三年坂あたり。
三年坂の写真素材

京都は夜が早いので三年坂もほとんど人がいなくなります。 三年坂の写真素材

石塀小路(いしべこうじ)。

東山花灯路のときの石塀小路。
東山花灯路の石塀小路の写真素材


日暮れの祇園の塔。
祇園閣の写真素材


遠めの八坂の塔。高台寺の駐車場から。

八坂塔の下の町並み。八坂の塔の西側です。うっすらと雪が積もる朝。
八坂の塔の写真素材

あー、おじさんが写っちゃった。
八坂の塔の写真素材

こんどは八坂の塔の東側です。
八坂の塔の写真素材

塔の下の町並み。
八坂塔の下の町並みの写真素材

雨がしとしと降る祇園花見小路。四条より南側の町並みです。
祇園花見小路の町並み写真

祇園花見小路の町並み写真

ポストも古風です。車も走っていいのですが、石畳なのでちょっと躊躇します。 花見小路の町並みの写真素材

先斗町の小道。道路は工事中で、いつもの模様は無し。
先斗町の写真素材


夕立土砂降りの膏薬辻子(こうやくのずし)。四条通から綾小路通に抜ける風情ある路地です。
膏薬辻子の路地の夕立の写真素材

北野天満宮のそば、上七軒。
上七軒 京都の町並みの写真素材
上七軒の写真
四条烏丸あたり。まだ4車線あるころです。いまは2車線なので、よほどの用事がないかぎり車では通らないほうが無難です。 京都の町並みの写真素材
御池の柊屋旅館。 京都の町並みの写真素材
京都駅の近く、堀川塩小路あたり
京都タワーの写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

粟田神社(紅葉・青もみじ)

案内 写真はクリックすれば拡大

粟田口に建つ粟田神社の写真です。

粟田神社の写真素材


新緑の粟田神社。拝殿前の青もみじ。

新緑の粟田神社の写真素材


秋。カエデがきれいに色づきました。

粟田神社の紅葉の写真素材

嵯峨菊もきれいでした。

粟田神社の紅葉の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

祇園白川・辰巳大明神と巽橋

案内 写真はクリックすれば拡大

祇園白川(ぎおんしらかわ)

伝統的建造物群保存地区にも指定されており、とても情緒あふれる祇園白川のあたり。
祇園白川の桜の写真素材


祇園の人々の信仰厚い辰巳大明神。

祇園白川の写真素材

白川南通と新橋通の分岐点に鎮座しています。

祇園白川の写真素材


芸妓さん舞妓さんが芸事の上達を祈願するお社。
よくテレビで目にしますね。

祇園白川の辰巳大明神の写真素材

祇園白川の写真素材


辰巳大明神。

祇園白川の写真素材

辰巳大明神。

祇園白川の写真素材


祀られているのはお稲荷さん。辰巳稲荷とも呼ばれます。

祇園白川の写真素材


白川にかかる小さな巽橋。

祇園白川の写真素材

祇園白川の写真素材

南側から巽橋を見て。

祇園白川の写真素材


犬矢来に自転車が立てかけてあります。

祇園白川の写真素材


春の夜のこのあたりは格別です。
白川の流れと桜が風流です。

祇園白川の夜桜の写真素材


辰巳大明神にも小さな桜がばばっと咲きます。

祇園白川の夜桜の写真素材

祇園白川の夜桜の写真素材


川端通近くには夜空を覆う圧巻の桜並木があります。

祇園白川の夜桜の写真素材

祇園白川の夜桜の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

蹴上のインクライン

案内 写真はクリックすれば拡大

蹴上の琵琶湖疏水の遺構、インクラインの写真です。
桜の季節。

京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材


京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材

京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材

京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材


いつでも人がたくさんおられるので、写真は難しいです。

京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材

京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材

新緑のころのインクライン
京都 蹴上のインクラインの新緑の写真素材

草がぼーぼーと延びてきて廃線らしいレトロ感が出てきます。

京都 蹴上のインクラインの新緑の写真素材


蹴上浄水場より見る新緑のインクライン。トンネルはねじりまんぽ。向こうには南禅寺の山門が見えます。

京都 蹴上のインクラインの新緑の写真素材


真夏のインクライン。春よりさらにボーボー。
夏はだれも歩いていません。

夏のインクラインの写真素材


秋のインクライン

京都 蹴上のインクラインの秋の写真素材


雪のインクライン

京都 蹴上のインクラインの写真素材


インクラインの向こうには南禅寺の山門。

京都 蹴上のインクラインの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ