2014年5月の記事一覧

六波羅蜜寺

案内 写真はクリックすれば拡大

六波羅蜜寺さんの写真です。
このあたり一帯はかつて平家一門のお屋敷が立ち並んでいた場所。その数5000を越えるというから、その繁栄ぶりがわかります。

六波羅蜜寺の写真素材


それらは平家の衰亡とともに焼けてなくなり、鎌倉時代には鎌倉幕府の六波羅探題が置かれました。

六波羅蜜寺の写真素材

このお寺は仏師運慶一族の菩提寺だったことから、宝物館にはたくさんの木像が安置されています。
もっとも有名なものは、口から阿弥陀を出す「空也上人像」と経文を読む「平清盛坐像」 。

六波羅蜜寺の写真素材

夏の万灯会のときの六波羅蜜寺。日差しが強い。

六波羅蜜寺の写真素材

お盆の前の迎え鐘も撞くことができます。
大混雑の六道珍皇寺に比べるといくらかすいているようです。

六波羅蜜寺の写真素材

本堂は室町時代の建物で、応仁の乱でも焼けずに残った貴重な建築物です。

六波羅蜜寺の写真素材

平清盛公の塚。供養塔。
右側は阿古屋塚。

六波羅蜜寺の写真素材


黒い十一面観音が青空を映します。
本堂のご本尊のほうは国宝で秘仏です。ご開帳は基本的に12年に一度。

六波羅蜜寺 十一面観音の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

美山かやぶきの里

案内 写真はクリックすれば拡大

国の重要伝統的建造物保存地区に指定されているかやぶきの里の写真です。
誰にとっても日本の故郷、原風景のように思えます。
新緑から夏にかけては鮮やかな緑に包まれ、紅葉の秋、雪景色の冬にも美しい風景が広がります。

5月と12月に行われる防災のための一斉放水は見にくるひとが大勢集まります。
雪が降ると行きにくいですが、雪灯籠も人気。1月末から2月初めに雪灯籠でほんのりとライトアップされるその景色はとても幻想的です。

雨の美山かやぶきの里。そぞろ歩くにはほんとにいい場所。写真は5月初旬。
バックの山が新緑でまだらになっているのもいいです。

美山かやぶきの里


近年は台湾からの観光客がたくさんだそうです。
こちらは紫陽花の季節。またまた雨でした。
背景の山々は迫ってくるように見え、手前にかやぶき屋根の民家が雛壇のように整然と並びます。

美山かやぶきの里


駐車場も広く用意されているので、ドライブに行きやすいです。162号線は走りやすいですし。

美山かやぶきの里


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

粟田神社

案内 写真はクリックすれば拡大

粟田口に建つ粟田神社さんの写真です。
粟田口は京の七口のひとつ。ここを過ぎれば都の外、ということで、古くから旅の安全を祈願する神様として信仰を集めてきました。

粟田神社の写真素材


新緑の粟田神社。本殿前の青もみじ。

新緑の粟田神社の写真素材


拝殿の向こうに夏越しの祓の茅の輪が見えます。

粟田神社の写真素材


茅の輪越しに本殿を。

粟田神社の写真素材

本殿。

粟田神社の写真素材


人気のアヒル手水。

粟田神社の写真素材

アヒル手水。

粟田神社のアヒル手水写真素材


粟田神社のアヒル手水写真素材

粟田神社のアヒル手水写真素材

秋。カエデがきれいに色づきました。

粟田神社の紅葉の写真素材


嵯峨菊もきれいでした。

粟田神社の紅葉の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

蹴上のインクライン

案内 写真はクリックすれば拡大

蹴上の琵琶湖疏水の遺構、インクラインの写真です。
桜の季節。

京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材


京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材

京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材

京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材


いつでも人がたくさんおられるので、写真は難しいです。

京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材

京都 蹴上のインクラインの桜の写真素材

新緑のころのインクライン
京都 蹴上のインクラインの新緑の写真素材

草がぼーぼーと延びてきて廃線らしいレトロ感が出てきます。

京都 蹴上のインクラインの新緑の写真素材


蹴上浄水場より見る新緑のインクライン。トンネルはねじりまんぽ。向こうには南禅寺の山門が見えます。

京都 蹴上のインクラインの新緑の写真素材


真夏のインクライン。春よりさらにボーボー。
夏はだれも歩いていません。

夏のインクラインの写真素材


秋のインクライン

京都 蹴上のインクラインの秋の写真素材


雪のインクライン

京都 蹴上のインクラインの写真素材


インクラインの向こうには南禅寺の山門。

京都 蹴上のインクラインの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [4]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [3]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [23]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [9]
  15. 2020年6月 [8]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [6]
  18. 2020年3月 [6]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [25]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [36]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [19]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [18]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [85]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [31]
  38. 2018年6月 [91]
  39. 2018年5月 [98]
  40. 2018年4月 [93]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [36]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [8]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [4]
  63. 2014年6月 [8]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [8]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [8]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年9月 [11]
  81. 2012年8月 [20]
  82. 2012年7月 [2]
  83. 2012年6月 [1]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]
  93. 2000年3月 [1]