2019年9月の記事一覧

大徳寺 孤篷庵

案内 写真はクリックすれば拡大

小堀遠州が建てたお寺、大徳寺の孤篷庵さんの写真です。
外からの写真のみです。

大徳寺 孤篷庵の写真素材


大徳寺 孤篷庵の写真素材


外から見えるのはここまで。

大徳寺 孤篷庵の写真素材

上半分が障子になっている茶室「忘筌」がおもしろいです。

大徳寺 孤篷庵の写真素材

大徳寺 孤篷庵の写真素材


大徳寺 孤篷庵の写真素材


大徳寺 孤篷庵の写真素材


大徳寺 孤篷庵の写真素材


大徳寺 孤篷庵の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 龍翔寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺の龍翔寺さんの写真です。

大徳寺 龍翔寺の写真素材


大徳寺 龍翔寺の写真素材


本派専門道場と呼ばれる修行の場で、非公開。山門から中を見るとたいへん広々とした境内です。

大徳寺 龍翔寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 高桐院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺高桐院さんでは紅葉の素晴らしい景色を見ることができます。

大徳寺高桐院の紅葉の写真素材


横幅の広い苔庭には、竹林の緑を背景にカエデの黄色や赤が映えます。ど真ん中に石灯籠がひとつ。

大徳寺高桐院の紅葉の写真素材


苔のうえにカエデが散るさまも美しいです。

大徳寺高桐院の紅葉

大徳寺高桐院の紅葉

大徳寺高桐院の紅葉

大徳寺山内の西側に建つ塔頭高桐院さん。常時拝観できる少ないお寺のひとつです。

雪の大徳寺高桐院 入り口の写真素材

絵になる長い一直線。ですが、向こうでカメラを構えて待っている人がいると慌てて通過しなければならなくて焦る道。

雪の大徳寺高桐院 参道の写真素材

高桐院のメインは書院から見る横長のお庭です。小さい灯籠がひとつだけど真ん中に立っています。

雪の大徳寺高桐院 書院の写真素材

これだけ開いているから、足元は冷え冷えです。
長く座っているひとはいませんでした。
こんな日はカメラマンばかりなので、全員奥側に張り付いて譲り合って撮っています。

雪の大徳寺高桐院 書院の写真素材


端から見るお庭。ときどき木に積もった雪がサラサラっと落ちてきます。

雪の大徳寺高桐院 書院の写真素材

高桐院は1601年細川忠興(三斎)が創建したお寺。開山は玉甫紹琮。
書院の前に広がる「楓の庭」は一面の苔とカエデの庭。真ん中の石灯籠は鎌倉時代のもの。
境内には細川三斎とガラシャ夫人の墓がある。
李唐筆の山水画「絹本墨画山水図」二幅は国宝。
大徳寺高桐院の拝観料は大人400円。お抹茶をいただくこともできます。

細川家ゆかりのお寺、大徳寺高桐院さんの写真です。
竹とカエデの参道も美しく、本堂前の苔とカエデの庭園も素敵です。

大徳寺 高桐院の青もみじ

人工的なものは真ん中の灯籠ひとつ。
雨がしとしとと降り続き、境内には数人だけの参拝者。

大徳寺 高桐院の青もみじ


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 総見院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺の総見院さんの写真です。
豊臣秀吉が織田信長の菩提を弔うために建てたお寺です。等身大の織田信長公坐像があります。
拝観期間ではありませんでしたので、表からの写真です。

大徳寺 総見院の写真素材


大徳寺 総見院の写真素材

真夏の総見院さん。

大徳寺 総見院の写真素材

大徳寺 総見院の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 龍源院

案内 写真はクリックすれば拡大

いくつもの独特な枯山水のお庭を持つ大徳寺 龍源院さんの写真です。
大徳寺は拝観謝絶のお寺が多いなか、いつでも山門を開けている少ないお寺のひとつがこの龍源院

大徳寺 龍源院の写真素材

方丈南庭はまんなかのまんまる苔と白砂と石組の枯山水。

大徳寺 龍源院の写真素材

方丈北庭は青苔ふわふわの中に石組を配した素敵な枯山水。

大徳寺 龍源院の写真素材

苔の癒しのお庭。

大徳寺 龍源院の写真素材


小さな枯山水も有名で、たった5個の石を配置した「東滴壷」という坪庭です。

大徳寺 龍源院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 龍光院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺山内の龍光院さんの写真です。大徳寺全体の南西にあり、向かい側は民家が並んでいるので、外から見るだけでは特別なお寺という印象はありません。
しかし龍光院といえば、星が美しくきらめく国宝の曜変天目茶碗を、あの茶碗のプラネタリウムを、所蔵しているお寺なのです。
そして、茶室「密庵席」のある書院も国宝。他にもまだまだ国宝を所蔵しています。

大徳寺 龍光院の写真素材

残念ながら、いつも拝観謝絶です。

大徳寺 龍光院の写真素材

木漏れ日が美しい参道。

大徳寺 龍光院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 瑞峯院(雪・初夏)

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺山内で随時拝観できる塔頭寺院のひとつ瑞峯院さん。
まずは雪景色から。雪の積もった「独坐庭」。

大徳寺瑞峯院の雪の枯山水

今回のようにどばっと雪が降っても、瑞峯院の豪快な波紋は埋もれません!

大徳寺瑞峯院の雪の枯山水

小さな茶庭にも雪。

大徳寺瑞峯院の庭


初夏の瑞峯院。

大徳寺 瑞峯院の枯山水



大徳寺 瑞峯院の枯山水


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 三玄院

案内 写真はクリックすれば拡大

拝観謝絶の札がかかる大徳寺三玄院さんの写真です。

大徳寺 三玄院の写真素材


三玄院は、石田三成や長谷川等伯ゆかりのお寺です。

大徳寺 三玄院の写真素材


よく手入れされている小さな前庭。

大徳寺 三玄院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 徳禅寺

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺山内の徳禅寺さんの写真です。
元は船岡山の東に広大な敷地を持つ大寺院でしたが、応仁の乱で焼失。一休宗純の力添えでいまの位置に再興されて、大徳寺の別院となりました。
江戸期には沢庵和尚が住んでいたこともあるそうです。

大徳寺 徳禅寺の写真素材

非公開のお寺です。

大徳寺 徳禅寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 正受院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺山門の西に建つ正受院さんの写真です。
境内には茶室「瑞応軒」があります。

大徳寺 正受院の写真素材

大徳寺 正受院の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [3]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [68]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]