2014年3月の記事一覧

二条城

案内 写真はクリックすれば拡大

二条城(にじょうじょう)

京都の世界遺産のひとつ二条城。 手前は京都御苑で、奥の緑が二条城。
京都御苑と二条城の写真


二の丸御殿。
二条城の写真素材


天守閣跡からの眺め。
二条城の写真素材

比叡山や大文字も見えます。

二条城の写真素材

この東南隅櫓は天明の大火で焼けなかった古いもの。重要文化財。

二条城の写真素材


二条城の写真素材


外側を歩いてみます。南側の堀。

二条城の写真素材


西側の堀。水草がびっしりで水面が見えません。

二条城の写真素材



石垣はいろいろな時代のものがあるようで、おもしろいです。

二条城の写真素材


北側のこのあたりは膨らんでみえるように錯覚してしまいます。

二条城の写真素材





二条城の桜


二条城は桜の名所でもあります。
堀川通の向かいから八重桜越しに見る開城前の二条城。
二条城の写真素材


天守閣跡から見下ろす桜。
二条城の写真素材




城内には50品種約400本の桜が植えられていて、豪華なお花見ができます。
こちらは里桜。


二条城の雪景色

開城時間前でしたので、中の写真はありません。 二条城の南東角の雪景色です。道路は真っ白け。
雪の二条城の写真素材


雪の二条城と濠の写真素材

このあとは神泉苑に行きました。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

生身天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

生身天満宮(いきみてんまんぐう)

日本最古の天満宮として知られる園部の生身天満宮です。
日本全国に1万2000社もあるという天満宮の中で最初に祀ったのがここだということです。
参道脇には梅園もあり、3月には美しい光景が見られます。 生身天満宮

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

出雲大神宮

案内 写真はクリックすれば拡大

出雲大神宮(いずもだいじんぐう)

縁結びのご利益で有名な亀岡のパワースポット出雲大神宮さんの写真です。
出雲大神宮の写真素材


出雲大神宮の写真素材


出雲大神宮の写真素材

出雲大神宮の写真素材


良縁を願う夫婦岩。

出雲大神宮の写真素材


出雲大神宮の写真素材


境内にはたくさんの巨石が祀られています。

出雲大神宮の写真素材


紅葉シーズンの出雲大神宮。

出雲大神宮の紅葉の写真素材


霧の多い亀岡。少し前は真っ白でなにも見えませんでした。

出雲大神宮の写真素材

だんだんと霧は晴れて、カエデの赤が濃くなります。

出雲大神宮の紅葉の写真素材

桜咲く出雲大神宮。

出雲大神宮の桜の写真素材

出雲大神宮の写真素材

出雲大神宮の写真素材

出雲大神宮の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [9]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [30]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [21]
  33. 2018年10月 [65]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [67]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [95]
  38. 2018年5月 [107]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [2]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [5]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [2]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [3]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年4月 [1]