2021年6月の記事一覧

京都府庁舎

案内 写真はクリックすれば拡大

京都守護職屋敷跡に建つ京都府庁舎の写真です。
京都府知事さんのいるところ。
なかでも京都府庁旧本館は1904年竣工のレトロな建物で、用事がなくても見に行きたいところです。
桜の時期に行くのが気軽かもしれません。大勢のかたがお花見に来られますので。

京都府庁旧本館の写真素材


京都府庁旧本館の写真素材

京都府庁旧本館と桜の写真素材

京都府庁旧本館と桜の写真素材

このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

京都市役所

案内 写真はクリックすれば拡大

河原町御池の角に建つ京都市役所の写真です。
1927年竣工のレトロな建物です。京都市長さんのいるところ。

京都市役所の写真素材

京都市役所の写真素材


目の前の交差点で祇園祭の辻回し。

京都市役所の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

祇園閣(大雲院)

案内 写真はクリックすれば拡大

祇園の塔と八坂の塔がなかよく並んでいます。

八坂の塔と祇園の塔の写真素材


祇園の塔と高台寺。

祇園の塔の写真素材

東山界隈を歩くと八坂の塔とともによく見えるのが大雲院さんの祇園の塔です。
祇園閣はホテルオークラや帝国ホテル、大成建設などの生みの親、大倉喜八郎さんが別邸のなかに建てたもので、のちに大雲院がこの地に移転して祇園閣も管理するようになりました。

祇園閣の写真素材


てっぺんにはツル。「鶴翁」という大倉喜八郎の号にちなんだもの。

祇園の塔の鶴の写真素材

満開の桜と祇園閣。

祇園閣と桜と夕日の写真素材

ツルはシルエットに。

祇園の塔の鶴の写真素材

夕日が根元に重なりました。

祇園の塔の鶴の写真素材


わらびもちの洛匠さんからみる祇園閣。

祇園閣の写真素材


祇園祭の山鉾のかたちをしているので祇園閣。

祇園の塔の写真素材

北側の大谷祖廟の参道から見る祇園閣。

大雲院祇園閣の写真素材


通常非公開ですがときどき特別公開され、上まで登ることができます。

大雲院の本堂。左側には白い涅槃仏。

大雲院の写真素材

高台寺の境内から見る祇園閣


同じ場所から見る桜と祇園閣

祇園閣と桜の写真素材


日没後の祇園閣

祇園の塔の写真素材

シルエットになった大雲院。

大雲院の写真素材


夜の祇園閣。

祇園の塔の写真素材


祇園閣のうえからの眺め。
八坂の塔が見えます。


大雲院さんの紅葉の写真です。

大雲院の写真素材


特別公開のときに祇園閣に登れば、上から紅葉の景色を眺めることができます。

大雲院の紅葉

八坂の塔や霊山観音も見渡せて、まさに絶景。
秋に毎年公開されるわけではありませんので、情報に敏感でないと見逃してしまいます。

大雲院の紅葉



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年9月 [2]
  2. 2022年6月 [2]
  3. 2022年4月 [1]
  4. 2022年3月 [1]
  5. 2022年2月 [1]
  6. 2022年1月 [7]
  7. 2021年12月 [8]
  8. 2021年11月 [1]
  9. 2021年10月 [2]
  10. 2021年9月 [3]
  11. 2021年7月 [1]
  12. 2021年6月 [3]
  13. 2021年5月 [3]
  14. 2021年4月 [1]
  15. 2021年3月 [2]
  16. 2021年2月 [1]
  17. 2020年12月 [3]
  18. 2020年11月 [4]
  19. 2020年10月 [29]
  20. 2020年8月 [34]
  21. 2020年7月 [10]
  22. 2020年6月 [8]
  23. 2020年5月 [21]
  24. 2020年4月 [8]
  25. 2020年3月 [6]
  26. 2020年2月 [4]
  27. 2020年1月 [26]
  28. 2019年12月 [6]
  29. 2019年11月 [2]
  30. 2019年9月 [8]
  31. 2019年8月 [1]
  32. 2019年7月 [10]
  33. 2019年6月 [25]
  34. 2019年5月 [8]
  35. 2019年4月 [16]
  36. 2019年3月 [19]
  37. 2019年2月 [11]
  38. 2019年1月 [12]
  39. 2018年12月 [15]
  40. 2018年11月 [16]
  41. 2018年10月 [67]
  42. 2018年9月 [63]
  43. 2018年8月 [55]
  44. 2018年7月 [29]
  45. 2018年6月 [95]
  46. 2018年5月 [93]
  47. 2018年4月 [93]
  48. 2018年3月 [35]
  49. 2018年2月 [47]
  50. 2018年1月 [10]
  51. 2017年12月 [8]
  52. 2017年11月 [7]
  53. 2017年1月 [4]
  54. 2016年12月 [27]
  55. 2016年11月 [10]
  56. 2016年7月 [1]
  57. 2016年6月 [1]
  58. 2016年4月 [1]
  59. 2016年1月 [1]
  60. 2015年12月 [5]
  61. 2015年8月 [3]
  62. 2015年6月 [4]
  63. 2015年5月 [2]
  64. 2015年3月 [3]
  65. 2014年12月 [2]
  66. 2014年11月 [5]
  67. 2014年10月 [1]
  68. 2014年9月 [3]
  69. 2014年6月 [7]
  70. 2014年5月 [4]
  71. 2014年4月 [1]
  72. 2014年3月 [3]
  73. 2014年2月 [6]
  74. 2014年1月 [9]
  75. 2013年12月 [3]
  76. 2013年9月 [3]
  77. 2013年8月 [3]
  78. 2013年5月 [6]
  79. 2013年4月 [14]
  80. 2013年3月 [7]
  81. 2013年2月 [2]
  82. 2013年1月 [4]
  83. 2012年12月 [4]
  84. 2012年11月 [7]
  85. 2012年10月 [9]
  86. 2012年9月 [8]
  87. 2012年8月 [16]
  88. 2012年7月 [2]
  89. 2012年6月 [1]
  90. 2011年5月 [4]
  91. 2011年4月 [9]
  92. 2010年7月 [1]
  93. 2008年8月 [1]
  94. 2008年7月 [1]
  95. 2008年6月 [2]
  96. 2000年7月 [1]
  97. 2000年5月 [2]
  98. 2000年4月 [1]
  99. 2000年3月 [2]