2013年3月の記事一覧

北野天満宮 御土居の紅葉・青もみじ

案内 写真はクリックすれば拡大
北野天満宮の御土居の紅葉です。
流れている川は紙屋川。 北野天満宮の紅葉

北野天満宮の紅葉

こちらは初夏の青もみじの写真。 2015年から公開になりました。
北野天満宮の御土居の青もみじ

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

雪の北野天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

受験の神様北野天満宮さんの雪景色です。
朝は5時半に門が開きます。みなさん総出で雪かきをしておられます。

雪の北野天満宮

雪が降った日はもう受験シーズン真っただ中だからか、朝早すぎるからか、お詣りの学生さんはおられませんでした。
みなさん最後は自力でがんばるしかない。


牛は雪をかぶり、白い梅はつぼみがふっくら膨らんでいます。

雪の北野天満宮の牛と白梅

雪は降ったりやんだり。ときどき陽も差したり。

雪の北野天満宮本殿拝殿

朝日がパッと差して、社殿の屋根の雪が輝きました。社殿は国宝です。

雪の北野天満宮本殿拝殿


中門(三光門)から拝殿を見て。

雪の北野天満宮本殿拝殿

咲いた梅の花に雪が積もると、なんともいえず美しいのですが、この日はまだ1月半ばで白梅が少ししか咲いていませんでした。
白梅に雪が積もっても見えない!


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

北野天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

学問の神として知られる菅原道真を祀る北野天満宮さん。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の写真素材


日本全国の天満宮のトップの社です。

北野天満宮の写真素材


京都の受験の神様といえば北野天満宮。
だれもがテストの前にまずお参りするのはここ。
祈願すれば京都大学だって一発合格。

北野天満宮の雪の写真素材

本殿・拝殿など桃山時代の建物がたち、史跡や遺跡も。
毎月25日は縁日。梅の名所としても全国的に有名です。

北野天満宮の雪の写真素材


比叡山から遠望。緑の部分は手前から北野天満宮と平野神社、妙心寺、双ヶ丘。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の節分。一番うしろにいても豆はしっかり飛んできました!

北野天満宮の節分の写真素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材


短冊がキラキラリン。

北野天満宮の七夕のgif動画素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の写真素材


本殿前の茅の輪。

北野天満宮の茅の輪の写真素材


楼門の大茅の輪。

北野天満宮の茅の輪の写真素材


直径5mの茅の輪は京都でも最大級。
城南宮のクルマ用の茅の輪の次に大きいかしら。

北野天満宮の茅の輪の写真素材


北野大茶会のときの井戸。

北野天満宮の井戸 写真素材

灯籠の大黒様は鼻がえぐれています。

北野天満宮の写真素材

北野天満宮の花手水。梅の紋がデザインされたビタミンカラー。

北野天満宮の花手水の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

北野天満宮の梅

案内 写真はクリックすれば拡大
梅といえば天神さん。北野天満宮の梅は見事。
北野天満宮の梅の写真素材


北野天満宮の梅


北野天満宮の梅の写真素材


白梅は1月に咲き始めます。
北野天満宮の梅の写真素材


梅園に入らないひともたっぷり梅を愉しむこともできます。
北野天満宮の梅の写真素材


北野天満宮の雪の写真素材


枝垂れ梅も境内のあちこちに。
北野天満宮


北野天満宮の梅

北野天満宮の梅


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

浄住寺

案内 写真はクリックすれば拡大

浄住寺さんの紅葉の参道の写真です。
東を向いているので、朝に見るカエデがきれい。

浄住寺の紅葉の写真素材


また別の年の紅葉の参道。

浄住寺の紅葉の写真素材


石段を登って行くご夫婦。

浄住寺の紅葉の写真素材


次は初夏の浄住寺さん。

浄住寺の青もみじの写真素材


石段を登り詰めて本堂に至れば、カエデの木はなくなります。

浄住寺の青もみじの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

祐正寺

案内 写真はクリックすれば拡大

娶妻結地蔵(つまとりじぞう)で知られる祐正寺さんの写真です。

祐正寺の写真素材

境内の左手奥が地蔵堂。

祐正寺の写真素材

見事すぎるしだれ梅。

祐正寺のしだれ梅 写真素材

たった1本で圧倒されます。

祐正寺のしだれ梅 写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

常照寺

案内 写真はクリックすれば拡大
鷹峯の常照寺さんの紅葉。参道のカエデがひときわ赤い。見えている屋根は吉野門。
境内はグラデーションのかかったカエデの景色が広がります。
常照寺の紅葉

本堂を正面から。
常照寺

遺芳庵の吉野窓の向こうにも紅葉がちらり。遺芳庵は吉野大夫を偲んで建てられた茶室です。 窓はまんまるではなく、下だけ直線に切られています。
常照寺の紅葉



常照寺の新緑のころの写真です。
常照寺の写真素材


常照寺の写真素材

鷹峯の近くのお寺の紅葉はこちら。
源光庵の紅葉
光悦寺の紅葉
吟松寺の紅葉

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

赤山禅院(紅葉・青もみじ)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の表鬼門を守る赤山禅院さんの紅葉。




鮮やかな赤。



赤山禅院は、七福神の福禄寿のお寺。



青もみじの季節も良い赤山禅院

赤山禅院 青もみじ


赤山禅院 青もみじ


赤山禅院 青もみじ

赤山禅院の「おしどり絵馬」は人型の絵馬。

赤山禅院 絵馬


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年7月 [2]
  2. 2021年6月 [2]
  3. 2021年5月 [4]
  4. 2021年4月 [3]
  5. 2021年3月 [4]
  6. 2021年2月 [1]
  7. 2021年1月 [1]
  8. 2020年12月 [3]
  9. 2020年11月 [2]
  10. 2020年10月 [9]
  11. 2020年9月 [1]
  12. 2020年8月 [17]
  13. 2020年7月 [4]
  14. 2020年6月 [2]
  15. 2020年5月 [22]
  16. 2020年4月 [4]
  17. 2020年3月 [8]
  18. 2020年2月 [4]
  19. 2020年1月 [27]
  20. 2019年12月 [6]
  21. 2019年11月 [2]
  22. 2019年9月 [20]
  23. 2019年8月 [2]
  24. 2019年7月 [10]
  25. 2019年6月 [35]
  26. 2019年5月 [11]
  27. 2019年4月 [18]
  28. 2019年3月 [2]
  29. 2019年2月 [18]
  30. 2019年1月 [12]
  31. 2018年12月 [16]
  32. 2018年11月 [20]
  33. 2018年10月 [64]
  34. 2018年9月 [80]
  35. 2018年8月 [67]
  36. 2018年7月 [33]
  37. 2018年6月 [94]
  38. 2018年5月 [107]
  39. 2018年4月 [101]
  40. 2018年3月 [35]
  41. 2018年2月 [37]
  42. 2018年1月 [7]
  43. 2017年12月 [11]
  44. 2017年11月 [12]
  45. 2017年10月 [2]
  46. 2017年1月 [4]
  47. 2016年12月 [32]
  48. 2016年11月 [13]
  49. 2016年7月 [2]
  50. 2016年6月 [2]
  51. 2016年4月 [1]
  52. 2016年1月 [1]
  53. 2015年12月 [8]
  54. 2015年8月 [3]
  55. 2015年6月 [5]
  56. 2015年5月 [2]
  57. 2015年3月 [4]
  58. 2014年12月 [2]
  59. 2014年11月 [5]
  60. 2014年10月 [1]
  61. 2014年9月 [5]
  62. 2014年6月 [9]
  63. 2014年5月 [4]
  64. 2014年4月 [1]
  65. 2014年3月 [3]
  66. 2014年2月 [8]
  67. 2014年1月 [9]
  68. 2013年12月 [4]
  69. 2013年9月 [3]
  70. 2013年6月 [2]
  71. 2013年5月 [11]
  72. 2013年4月 [14]
  73. 2013年3月 [8]
  74. 2013年2月 [2]
  75. 2013年1月 [3]
  76. 2012年12月 [5]
  77. 2012年11月 [12]
  78. 2012年9月 [16]
  79. 2012年8月 [23]
  80. 2012年7月 [2]
  81. 2012年6月 [1]
  82. 2012年2月 [2]
  83. 2011年5月 [5]
  84. 2011年4月 [9]
  85. 2010年7月 [1]
  86. 2008年8月 [1]
  87. 2008年7月 [1]
  88. 2008年6月 [2]
  89. 2000年7月 [1]
  90. 2000年5月 [2]
  91. 2000年4月 [1]