小倉山の写真です。
桂川を挟んで嵐山と相対する山で、標高は296m。
藤原定家の撰集した小倉百人一首にゆかりの深い山です。平安時代にはやんごとなき方々がこの山の麓に山荘を建てて住んだそうです。
亀山公園の有名な展望台を越えて、大河内山荘の垣根の外側を進んだところが登山口。
下の写真の左側が嵐山で、右側が小倉山になります。

亀山公園の展望台から見る大悲閣千光寺の写真素材


登山道からも千光寺のお堂がときどき見えます。

大悲閣千光寺の写真素材

標高283mの第2峰の近くに展望地があり、渡月橋からうねうねと蛇行して流れる桂川が見渡せます。

小倉山の写真素材

展望地は整備されており、居心地も良いです。

小倉山の写真素材