sozai_head.jpg

京都の山と川 一覧

木屋町通りに沿って南北に流れる高瀬川。
三条や四条はお店がいっぱいあるのでごみごみしていますが、二条を少し下がった一之船入のところはきれいに整備されています。高瀬舟が再現されています。
高瀬川

春には八重桜が咲き、華やかです。
高瀬川

高瀬川は木屋町を南北に流れる浅い運河。1611年ころに角倉了以が開いた。船入は高瀬舟の荷物のあげおろしをするところで高瀬川一之船入はそのひとつ。西側に堀割が残されていて、江戸時代の交通運輸の遺跡として史跡に指定されている。

琵琶湖疏水の山科あたりの紅葉写真です。
疏水は特に紅葉の名所ではありませんが、ところどころにはっとするほど赤いカエデを見ることができます。 桜の紅葉や他の樹々の黄色い葉っぱもきれいです。

安朱橋の東側の鮮やかなカエデ。
琵琶湖疏水の紅葉

琵琶湖疏水の紅葉

安祥寺橋の少し西。
琵琶湖疏水の紅葉

もう少し西へ歩けば天智天皇の御陵。
琵琶湖疏水の紅葉

朝日が当たると輝きます。
山科 琵琶湖疏水の紅葉

本圀寺に渡る橋。
山科 琵琶湖疏水の紅葉

山科 琵琶湖疏水の紅葉


山科 琵琶湖疏水の紅葉


第二トンネルの東側。
琵琶湖疏水の紅葉

船岡山 Funaoka-yama

船岡山はこんもりと緑に包まれた岡。平安京の中心線の基準になったスポットです。 公園と建勲神社があります。
高いところから見た船岡山の写真です。
船岡山


次は雪の日の船岡山。日曜日だったので雪遊びをする家族が何組か来ておられました。

雪の船岡山

大徳寺の伽藍も雪を載せています。

雪の船岡山から大徳寺

まずは三条大橋の雪景色。 まだ木に積もった雪が融けていなくて綺麗です。 京都 鴨川の雪の写真
欄干の雪は通る人が崩していくのでまばら。 京都 鴨川の雪 無料画像
今回の雪はなんと61年ぶりだとか。京都は雪が少ないのです。 京都 鴨川の雪 無料画像

次は今出川の賀茂大橋から。
京都 鴨川の雪 無料写真
鴨川三角州では雪と戯れる人々も。 京都 鴨川の雪の写真
嵐山 渡月橋の雪景色写真追加しました。 京都 嵐山 渡月橋の雪
ちょっと青空も出て清々しい景色ですが、写真を撮っているととなりのお兄さんが叫びました。「くっそ寒い!!」
川端は空気もキンキンに冷えています。 京都 嵐山 渡月橋の雪

雪の降る嵐山 渡月橋です。 京都 嵐山 渡月橋の冬
さすがに観光客も少ないですが、それでも人の流れはありますし、人力車もスタンバイしています。 京都 嵐山 渡月橋の冬

立岩(たていわ)

柱状節理の安山岩(玄武岩)の岩山。高さ20m!周囲は約1km。
存在感があります。
ここは後ヶ浜海水浴場。こどものころ海水浴に来ました。 丹後立岩
麿子親王の鬼退治の伝説があります。
立岩の中には退治された鬼がいまも埋められていて、まだ生きていて、夜中にウォンウォンと泣き叫ぶそうですよ。 丹後立岩
哲学の道・雪
"日本の道百選"の一つにも選ばれている哲学の道は若王子神社前の白川疏水に架かる若王子橋から、銀閣寺橋までの約2kmにわたる琵琶湖疏水支流に沿った散歩道。哲学者西田幾多郎が思索の場として散策したところから名付けられたもので、昭和14年作の歌を刻んだ鞍馬産の自然石の歌碑があります。この土堤には画家・橋本関雪夫人が植えたソメイヨシノの並木があり、春には花のトンネルになります。 哲学の道・雪
雪の日の哲学の道。
夏の終わり、9月の哲学の道の写真です。
このころは観光客も少ないので、ぶらぶらと気楽に歩くことができます。
川沿いですので、白川通りを歩くのに比べればいくぶんか風も涼しいですね。 哲学の道
哲学の道
哲学の道・桜
哲学の道・紫陽花
哲学の道・紅葉
哲学の道・雪
哲学の道の紫陽花。
たくさんはありませんがとても綺麗。 哲学の道・紫陽花
哲学の道・紫陽花

日吉ダム(ひよしだむ)

南丹市の巨大なダム、日吉ダム。
ダムのすぐ下は広々とした芝生広場になっています。
隣接するスプリングスひよしはプールありお風呂ありの楽しいところ! 日吉ダム
日吉ダム

このページの上部へ

サイト内検索


ご案内


よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ

  • 平岡八幡宮の紅葉
  • 大徳寺山門  金毛閣
  • 雪の建勲神社
  • 真如堂の雪景色 三重塔
  • 大徳寺瑞峯院の庭
  • 雪の大徳寺高桐院 書院
  • 平野神社の雪景色
  • 雪の北野天満宮本殿拝殿