sozai_head.jpg

京都の桜 一覧

木津川市の神童寺さんの写真です。
聖徳太子が開創したと伝わる古刹です。

神童寺の写真素材

春は桜とミツバツツジがたくさん咲きます。
安定感のある本堂は室町時代に再建されたもの。

神童寺の写真素材


石段の前の水路沿いには紫陽花がたくさん植えられています。

神童寺の写真素材


初秋の神童寺さん。本堂裏手の小山に立って伊賀街道に沿う集落を望む。
境内ではコスモスやシュウカイドウが咲いていました。

神童寺の写真素材


京都らしい桜の名所の写真を並べます。
春の京都の紹介にお役立てください。
なお、京都の桜の写真は別サイトkyoto-sakura.netにまとめています。

醍醐寺の桜

太閤殿下のお花見で有名な醍醐寺の桜。桜の巨木が多すぎて感動が麻痺します。
醍醐寺の桜の写真素材

平野神社の桜

古くからの京のさくらの名所。夜桜で宴会をするなら平野神社。
平野神社の桜の写真素材

清水寺の桜

桜越しの三重塔。
清水寺の桜の写真素材

三年坂(産寧坂)の桜

坂の途中、明保野亭の前に大きく枝を広げる枝垂れ桜。
三年坂(産寧坂)の桜の写真素材

高台寺の桜

1本だけ残った形の良い枝垂れ桜。夜は妖しく照らされます。
高台寺の桜の写真素材


円山公園の桜


往年の樹勢はないものの咲いているだけで感動を呼ぶ祇園の枝垂れ桜。
円山公園の桜の写真素材

毘沙門堂の桜

般若桜とも呼ばれる本堂前の立派な枝垂れ桜です。
毘沙門堂の桜の写真素材

平安神宮の桜

八重紅枝垂れ桜の名所。この時期は神苑に入らずに帰るともったいないです。
平安神宮の桜の写真素材

なからぎの道の桜

京都植物園の西側の賀茂川のほとりの道。
なからぎの道の桜の写真素材

上賀茂神社の桜

巨大な枝垂れ桜ですが、緑の芝生が広いのでそれほど大きく見えません。
上賀茂神社の桜の写真素材

雨宝院の桜

こぢんまりした境内にたくさんの種類の桜が咲き乱れる西陣の美しいお寺。
雨宝院の桜の写真素材


京都御苑の桜


御苑の桜はまず早咲きの枝垂れ桜から始まります。近衛邸跡や出水の桜が有名です。
京都御苑の桜の写真素材


本満寺の枝垂桜


寺町通沿いに建つ本満寺さんの見事すぎる一本桜。
本満寺の枝垂桜の写真素材

哲学の道の桜

哲学の道沿いは桜がいっぱいで、散歩するだけで充実した気分になることができます。
哲学の道の桜の写真素材

琵琶湖疏水の桜

山科・蹴上・岡崎・深草など疏水沿いにはたくさんの桜並木があります。
琵琶湖疏水の桜の写真素材


東寺の桜


遠く岩手県で生まれた立派な枝垂れ桜が春の一番の見所です。
東寺の桜の写真素材


千本釈迦堂の桜


おかめさんゆかりの枝垂れ桜。その名も阿亀桜。
千本釈迦堂の桜の写真素材

二条城の桜

世界遺産のひとつ二条城は桜の名所。お城は広いので、桜にたどり着く前に疲れてしまう人多し。
二条城の桜の写真素材

法金剛院の桜

すこし紫がかった待賢門院桜が見事です。
法金剛院の桜の写真素材

佐野藤右衛門邸の桜

いつでも自宅の敷地に自由に立ち入ることを許しておられる佐野藤右衛門さん。夜には篝火が焚かれ、幽玄の境地に。
佐野藤右衛門邸の桜の写真素材

仁和寺の桜

遅咲きの御室の桜。有名なのでたいへんな人出。
仁和寺の桜の写真素材

原谷苑の桜

ピンクの紅しだれ桜が密集して咲く秘境原谷苑。別格の不思議感。
原谷苑の桜の写真素材


龍安寺の桜


石庭のグレーの景色にピンクを差す枝垂れ桜。
龍安寺の桜の写真素材

大覚寺の桜

勅使門のかたわらに咲く雅な枝垂れ桜。
大覚寺の桜の写真素材

嵐山渡月橋の桜

年中華やかな嵐山渡月橋ですが、桜の季節はまた格別。
嵐山渡月橋の桜の写真素材

天龍寺の桜

断層に沿って圧巻の桜群が続きます。
天龍寺の桜の写真素材

二尊院の桜

二尊の目線の先で咲く優雅な枝垂れ桜。
二尊院の桜の写真素材


常照皇寺の桜


本堂前に咲く御車返しの桜。
常照皇寺の桜の写真素材

黒田の百年桜

ゴールデンウィーク前後になってやっと満開を迎える珍しい桜。
黒田の百年桜の写真素材

背割堤(淀川河川公園背割堤地区)の桜

圧倒的な桜の本数と密度を誇る背割堤。広いので人が多くてもあまり気になりません。
背割堤の桜の写真素材
京都の桜、まだまだありますが、ひとまずこれで終わりにします。 そのほかの写真はこちらで探してみてください。>>kyoto-sakura.net

門前に立派な枝垂桜の咲く妙覚寺さん。
妙覚寺大門は豊臣秀吉の聚楽第の遺構。

妙覚寺の桜の写真


妙覚寺は織田信長の定宿となっていたお寺ですが、歴史的事件があった本能寺に比べればあまり知られていません。斎藤道三が少年時代に得度したお寺でもあり、そのつながりで信長の宿所になったのです。

妙覚寺の桜の写真


正面の大きなお堂は祖師堂。

妙覚寺の桜の写真


広い本堂の前は法婆園
5月の法婆園は青もみじと苔で緑一色。

妙覚寺の桜の写真


ポットに熱いお茶が用意されていて、のどを潤しながら、お庭を眺めることができます。

妙覚寺の桜の写真

妙覚寺の桜の写真


次は紅葉の妙覚寺。
外側からも庭園のカエデは見えます。

妙覚寺の桜の写真


紅葉の法婆園。開放的な景色です。

妙覚寺の桜の写真

拝観のお客さんも少なく、ゆったりカエデを眺めることができます。

妙覚寺の桜の写真

鳶が舞っています。

妙覚寺の桜の写真


西陣の雨宝院さん。
山門の向こうは、深い緑で薄暗いほどの境内。

雨宝院の桜写真

木漏れ日が心地いいお参り。

雨宝院の桜写真


雨宝院の桜写真

遅めの八重桜が小さな境内を埋め、たいへんな美しさに。本堂前の桜は歓喜桜。黄緑の御衣黄桜も咲きます。
椿も多いです。

雨宝院の桜写真

雨宝院は「西陣の聖天さん」。

雨宝院の桜写真


雨宝院の桜写真


春の枝垂桜が有名な堀川通の水火天満宮
「水火天神」「水火の天神さん」とも呼ばれています。本社の祭神は菅原道真公。
学問の他、水難火難除けの信仰があります。

水火天満宮の桜の写真


水火天満宮の桜の写真


冬の水火天満宮

水火天満宮の写真


初夏の水火天満宮。緑がこんもりと境内を包んでいます。

水火天満宮の写真


木漏れ日の下で、お参りするのが気持ちいいです。

水火天満宮の写真

西陣の本法寺さん。
仁王門。

本法寺の写真

本法寺の写真

桜の季節の仁王門

本法寺の桜の写真


本法寺の桜の写真

多宝塔。

本法寺の写真


本法寺の桜の写真


本法寺の写真

本堂。

本法寺の写真


十(つなし)の庭。講堂前の前の庭です。

本法寺の写真

巴の庭。
本阿弥光悦作の「三巴の庭」です。

本法寺の写真

日蓮の「日」を表す円形(半円を二個)の石と、「蓮」を表す十角形の蓮池が配されています。

本法寺の写真

哲学の道沿いにはたくさんのソメイヨシノが咲きます。枝垂桜もあります。 哲学の道の桜の写真
》 》 哲学の道の桜写真、もっと見る
インクラインの桜。
京都 蹴上のインクラインの桜


新緑のころのインクライン京都 蹴上のインクラインの新緑
草がぼーぼーと延びてきて廃線らしいレトロ感が出てきます。

蹴上浄水場より見る新緑のインクライン。トンネルはねじりまんぽ。向こうには南禅寺の山門が見えます。
京都 蹴上のインクラインの新緑


真夏のインクライン。春よりさらにボーボー。
夏のインクライン

山科疏水 桜と菜の花のコラボ(山科安朱橋)

疏水 桜と菜の花 桜のピンクと菜の花の黄色の目に鮮やかなコラボレーションが見られる琵琶湖疏水のお花見のベストスポットです。日没の写真です。


こちらは昼間。
疏水 桜と菜の花

次は朝一番の光る桜。
琵琶湖疏水の桜

岡崎疏水

岡崎疏水の桜。十石船が行きます。 岡崎疏水の桜

桜の向こうには大文字。
岡崎疏水の桜

松ヶ崎疏水

このあたりは桜が満開でも普通の日常生活の朝。 松ヶ崎疏水

松ヶ崎疏水




琵琶湖疏水の桜写真をもっと見る

京都の世界遺産仁和寺といえば、遅咲きの御室桜が有名ですが、その前にたくさんのソメイヨシノが咲き、紅枝垂れ桜もたいへん綺麗です。
しかもあまり混んでいませんよ。

仁和寺の五重塔と紅枝垂桜・ソメイヨシノのコラボ。

仁和寺の五重塔と紅枝垂桜。 枝垂桜のころは、御室の桜はまだつぼみです。


こちらは遅咲きで知られる背の低い御室桜。
仁和寺の桜、もっと見る

このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ

最近のピクチャ