sozai_head.jpg

タグ「雪」の一覧

天橋立

案内 写真はクリックすれば拡大

日本三景のひとつ、天橋立の写真です。

天橋立の写真素材


宮津湾と阿蘇海を切り分ける長い砂州です。世界遺産登録を目指していますが、まだ達成されず。

夏の天橋立の写真素材

松林が続く気持ちのいいまっすぐな散歩道です。籠神社の参道でもあります。

天橋立の写真素材

松林に夕日が差すと影が線路のように見えます。サンセットレールロードなんていうおしゃれな呼び方も。

夕方の天橋立の写真素材


傘松公園から見おろす天橋立。桜のころ。「斜め一文字」と呼ばれます。
いまでもたくさんの人が股のぞきをしています。
この景色は江戸時代に貝原益軒が見た景色に近いようです。益軒さんは「たしかに日本三景のひとつというのもうなずける」と書いておられます。このときが1600年代ですので、天橋立が日本三景とされたのは江戸時代より以前かもしれません。

傘松公園から見る天橋立の写真素材

空は春らしく霞んでいますが、最高の季節です。
傘松公園は初日の出の絶景スポットとしても知られています。わたしは未体験です。

傘松公園から見る天橋立の写真素材

天橋立の南のほとりに建つ智恩寺さん。知恵を授かる文殊信仰のお寺です。

天橋立 智恩寺の写真素材


南西側から見た天橋立の松並木。

天橋立の写真素材


浜辺から見る海。波もそれほどなく海水浴にも良い浜です。

天橋立の写真素材

天橋立の砂浜から見るビューランドと玄妙庵。文珠山の上にあります。

天橋立の写真素材


リフトがすごく急な傾斜に見えますが、これは望遠で撮っているから。
ほんとうは緩やかな斜面です。ベタ踏み坂みたいなもんです。

天橋立の写真素材


右側が玄妙庵。お風呂に浸かりながら天橋立を見下ろせます。

天橋立の写真素材


獅子崎から見る夕暮れの天橋立。

天橋立の写真素材

天橋立の写真素材


日没の時間の赤い空。

天橋立の写真素材

天橋立の写真素材
[PR]天橋立の温泉宿


現代では天橋立といえば文珠側のビューランドからの景色のほうが有名です。

天橋立の雪景色の写真素材


「飛龍観」と呼ばれ、竜の背ビレのギザギザがある動的な景観です。
これは砂が減って痩せていくのを防ぐために人工的に作られた突堤ですが、迫力があっていいなと思います。

天橋立の雪景色の写真素材


雪の残る天橋立。だんだんと晴れてきました。

天橋立の雪景色の写真素材


天橋立の雪景色の写真素材

天橋立の雪景色の写真素材


雪の上でこどもたちが遊んでいるのが見えます。

天橋立の雪景色の写真素材


リフトで登りながらだんだんと天橋立の全貌が見えてくるのは、とてもワクワクします。

天橋立の雪景色の写真素材


そばには数隻の船が停泊していました。

天橋立の写真素材

京都の海の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

実光院

案内 写真はクリックすれば拡大

大原の三千院塔頭の実光院さんの写真です。

実光院の写真素材

里桜と石楠花のころの実光院のお庭。

実光院の里桜の写真素材

実光院の写真素材


客殿からのんびり眺める緑豊かな「契心園」。

実光院の写真素材


実光院の写真素材


秋。実光院さんの裏門の外側の紅葉写真です。この時期すでに不断桜がちらほらと咲いています。

実光院の紅葉の写真素材


雪の日の実光院さん。

雪 実光院の写真素材


雪 実光院の写真素材

雪 実光院の写真素材


雪 実光院の写真素材


雪 実光院の写真素材


お庭に降りて散策することができます。雪の日もだいじょうぶでした。

雪 実光院の写真素材

雪 実光院の写真素材


雪 実光院の写真素材

雪 実光院の写真素材


雪の中でも不断桜が咲いています。

雪 実光院の写真素材

想像よりたくさんの花が開いていました。

雪 実光院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

船岡山

案内 写真はクリックすれば拡大

船岡山 Funaoka-yama

船岡山はこんもりと緑に包まれた岡。平安京の中心線の基準になったスポットです。 公園と建勲神社があります。
高いところから見た船岡山の写真です。
船岡山の写真素材

建勲神社が見えます。右奥には左大文字の字形。

船岡山の写真素材

船岡山の写真素材

次は雪の日の船岡山。日曜日だったので雪遊びをする家族が何組か来ておられました。

雪の船岡山の写真素材

大徳寺の伽藍も雪を載せています。

雪の船岡山から大徳寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

平安神宮の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

平安神宮の雪景色の写真です。

平安神宮の雪の写真素材

雪の朝の平安神宮。

平安神宮の雪の写真素材


朝早い平安神宮 應天門。

平安神宮の雪の写真素材


平安京大内裏の朝堂院を再現したもの。
「應天門」の扁額が掲げられています。

平安神宮の雪の写真素材

平安神宮の雪の写真素材

平安神宮の雪の写真素材

平安神宮大極殿(だいごくでん)。

平安神宮の雪の写真素材

朝6時半頃、早朝一番乗りではありませんが、神職さんもお詣りの方もみな外側を縁取るように歩かれますので、真ん中には足跡がまったく付いていません。

平安神宮の雪の写真素材


平安神宮の雪の写真素材


平安神宮の雪の写真素材

平安神宮の雪の写真素材

平安神宮の雪の写真素材


平安神宮の写真

平安神宮の桜の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

諸羽神社

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の諸羽神社さんの写真です。
読み方はもろはじんじゃ。

山科 諸羽神社の夜の写真素材

秋、毘沙門堂の帰りに寄るひとや疏水歩きの寄り道で紅葉を見るひとがちらほらおられました。
普段からお詣りに来る地元の人は多いようです。

山科 諸羽神社の紅葉の写真素材


いろいろな種類の木の色づきがあり、カラフルでした。

山科 諸羽神社の紅葉の写真素材


雪の朝の諸羽神社。

山科 諸羽神社の雪の写真素材

春、参道に桜が一本。

山科 諸羽神社の桜の写真素材


サルスベリ咲く真夏の諸羽神社参道。

山科 諸羽神社の写真素材


夏越の祓の茅の輪が設置されました。

山科 諸羽神社 夏越の祓の茅の輪の写真素材


半年の間の穢れを落とします。

山科 諸羽神社 夏越の祓の茅の輪の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

哲学の道

案内 写真はクリックすれば拡大

四季折々の哲学の道の写真です。
「日本の道百選」のひとつにも選ばれている哲学の道は若王子神社前の白川疏水に架かる若王子橋から、銀閣寺橋までの約2kmにわたる琵琶湖疏水支流に沿った散歩道。
哲学者西田幾多郎が思索の場として散策したところから名付けられたもので、その歌を刻んだ鞍馬産の自然石の歌碑が立っています。目を向けるひとはあまりおられませんが。

哲学の道の新緑の写真素材


雪の日の哲学の道。

哲学の道・雪の写真素材

哲学の道・雪の写真素材


赤いのぼりは若王子神社の参道。

哲学の道・雪の写真素材


雪の哲学の道 写真素材

哲学の道沿いにはたくさんのソメイヨシノが咲きます。山桜や枝垂桜もあります。

哲学の道の桜の写真素材

哲学の道の桜の写真素材


哲学の道の桜の写真素材

哲学の道の桜の写真素材

銀閣寺道あたりには画家の橋本関雪夫人が植えた桜並木があり、春には花のトンネルになります。

哲学の道の桜の写真素材


哲学の道の桜の写真素材


白川通近くでは大文字山も見えます。

哲学の道の桜の写真素材


哲学の道の桜の写真素材


桜が散ったあとの新緑の哲学の道。

哲学の道の新緑の写真素材


喧騒が去り、また思索の道に戻ります。

哲学の道の新緑の写真素材

哲学の道の新緑の写真素材

哲学の道の新緑の写真素材

哲学の道の新緑の写真素材

哲学の道の紫陽花。
たくさんはありませんがとても綺麗。

哲学の道・紫陽花の写真素材


哲学の道・紫陽花の写真素材

夏の終わり、9月の哲学の道の写真です。
このころは観光客も少ないので、ぶらぶらと気楽に歩くことができます。
川沿いですので、白川通りを歩くのに比べればいくぶんか風も涼しいですね。

哲学の道の写真素材

哲学の道の写真素材

哲学の道のところどころに美しい紅葉の景色があります。
光雲寺の脇道から哲学の道のほうを見て。
この先の階段を登れば琵琶湖疏水分線と哲学の道です。

哲学の道の紅葉の写真素材


哲学の道沿いは、ずっとカエデが続くわけではありません。
哲学の道は桜がメインですので、カエデが色づくころには桜は散っていて冬枯れっぽい景色に。

哲学の道の紅葉の写真素材

宗諄女王墓のそばにはひときわ赤いカエデ。

哲学の道の紅葉の写真素材


カエデとドウダンツツジの赤。

哲学の道の紅葉の写真素材

右岸は秋で、左岸は冬。左側は桜並木。

哲学の道の紅葉の写真素材


こちらではカエデが散り、山茶花が主役になりました。

哲学の道の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

二条城

案内 写真はクリックすれば拡大

二条城(にじょうじょう)

京都の世界遺産のひとつ二条城。 手前は京都御苑で、奥の緑が二条城。
京都御苑と二条城の写真


二の丸御殿。
二条城の写真素材


天守閣跡からの眺め。
二条城の写真素材

比叡山や大文字も見えます。

二条城の写真素材

この東南隅櫓は天明の大火で焼けなかった古いもの。重要文化財。

二条城の写真素材


二条城の写真素材


外側を歩いてみます。南側の堀。

二条城の写真素材


西側の堀。水草がびっしりで水面が見えません。

二条城の写真素材



石垣はいろいろな時代のものがあるようで、おもしろいです。

二条城の写真素材


北側のこのあたりは膨らんでみえるように錯覚してしまいます。

二条城の写真素材





二条城の桜


二条城は桜の名所でもあります。
堀川通の向かいから八重桜越しに見る開城前の二条城。
二条城の写真素材


天守閣跡から見下ろす桜。
二条城の写真素材




城内には50品種約400本の桜が植えられていて、豪華なお花見ができます。
こちらは里桜。


二条城の雪景色

開城時間前でしたので、中の写真はありません。 二条城の南東角の雪景色です。道路は真っ白け。
雪の二条城の写真素材


雪の二条城と濠の写真素材

このあとは神泉苑に行きました。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

由岐神社

案内 写真はクリックすれば拡大

鞍馬寺の鎮守社、由岐神社さんの写真です。

由岐神社 鞍馬寺の写真素材

靫明神(ゆきみょうじん)とも。

由岐神社 鞍馬寺の写真素材

ケーブルに乗らずに歩いて鞍馬山を登れば、参道わきに建っていますのでお詣りできます。

由岐神社 鞍馬寺の写真素材

1607年に豊臣秀頼が再建した割拝殿の向こうには巨大な杉の幹。

由岐神社 鞍馬寺の写真素材


拝殿と本殿には高低差がかなりあります。

由岐神社 鞍馬寺の写真素材


樹齢800年の大杉さん。高さは50mを越えます。

由岐神社 鞍馬寺の写真素材


杉が大きいからか、本殿はとても小さく感じます。

由岐神社 鞍馬寺の写真素材


本殿の前から見る景色。

由岐神社 鞍馬寺の写真素材


雪が深い三宝荒神社。

由岐神社 鞍馬寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

鞍馬寺の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

鞍馬寺さんの雪景色写真です。
山門はそれほど積もっていませんが、本堂まで登ればかなり深い雪に。

京都 鞍馬寺の写真素材

比叡山ケーブルでちょっと楽して登ります。
ケーブルカーもちゃんと動いています。

京都 鞍馬寺の写真素材

ケーブルを降りてすぐの雪の多宝塔。歩いて登るひとは見られない景色です。

京都 鞍馬寺の写真素材


雪の日にもお参りの方はちらほらとおられました。

石段途中の龍の手水舎。

京都 鞍馬寺の写真素材


本堂はもうすぐ。

京都 鞍馬寺の写真素材


本堂前の金剛床の三角のスポットはたくさんの人が掘って立ったらしく、そこだけ雪がありません。

京都 鞍馬寺の写真素材

京都 鞍馬寺の写真素材

立ち入ることのできない場所にはふかふかの雪が。

京都 鞍馬寺の写真素材


京都 鞍馬寺の写真素材


京都 鞍馬寺の写真素材


奥の院への入り口。さらに雪が深くなります。

京都 鞍馬寺の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙満寺の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

岩倉の妙満寺さんの雪の日の写真です。

妙満寺の雪景色の写真素材


妙満寺の雪景色の写真素材


妙満寺の雪景色の写真素材


妙満寺の雪景色の写真素材

妙満寺の雪景色の写真素材

雪の日の「雪の庭」です。妙満寺さんは岩倉のちょっと辺鄙な場所にあるので、「雪の庭」を見ようと思ってもなかなか行きにくいのです。

妙満寺の雪景色の写真素材


静かです。

妙満寺の雪景色の写真素材


妙満寺の雪景色の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

霊鑑寺

案内 写真はクリックすれば拡大

雪の中の霊鑑寺さんの山門の写真です。

雪の霊鑑寺の写真素材


石段にたっぷりの雪を積もらせています。

雪の霊鑑寺の写真素材


いま門は閉じられていて、拝観するには春まで待たねばなりません。

雪の霊鑑寺の写真素材


妙見堂も雪のなか。

雪の霊鑑寺の写真素材

次は、紅葉の時期の霊鑑寺の写真です。
特別公開が終わり、また山門の閉ざされた霊鑑寺。まだ赤いカエデが残っています。

秋の霊鑑寺の写真素材


秋の霊鑑寺の写真素材


中の写真、追加しました。
山門が開くと向こうにはカエデの朱が見えます。

秋の霊鑑寺の写真素材

秋の霊鑑寺の写真素材

椿のころとは歩くコースが変わっています。

秋の霊鑑寺の写真素材


秋の霊鑑寺の写真素材


一面の苔に朝日が差します。

秋の霊鑑寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

八神社

案内 写真はクリックすれば拡大
銀閣寺の門前を左に行くと八神社さん。 その先は大文字山の登山口ですが、この雪ではやめておきましょう。
雪の八神社の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

安楽寺

案内 写真はクリックすれば拡大

紅葉シーズンには毎年特別拝観を行っておられる安楽寺さんの写真です。
特にその山門は紅葉に彩られ、見事な景色。

安楽寺の紅葉の写真素材

山門の写真、追加しました。丁度良い日に訪れることができました。

安楽寺の紅葉の写真素材


安楽寺の紅葉の写真素材

安楽寺の紅葉の写真素材


赤と黄色が混ざっています。

安楽寺の紅葉の写真素材

(追加分ここまで)

山門ほどではありませんが、お庭にも鮮やかなカエデの景色があります。

安楽寺の紅葉の写真素材

安楽寺の紅葉の写真素材


特別拝観が終わってからしばらくすると素敵な散り紅葉の朝が訪れます。
例年、特別拝観は12月に入った土日で終わることになっています。

安楽寺の紅葉の写真素材

ある年の12月11日の朝の写真です。

安楽寺の紅葉の写真素材

秋の特別公開も終わり、雪の中の安楽寺さん。

雪の安楽寺の写真素材

安楽寺さんのサツキの頃の特別拝観。土日だけ。

安楽寺のサツキの写真素材


安楽寺のサツキの写真素材


安楽寺のサツキの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

神泉苑

案内 写真はクリックすれば拡大

神泉苑の雪景色

雪の日の朝7時前の神泉苑です。 御池通りも真っ白で、クルマもあまり走っていません。 北側の門は閉まっているのを知らなかった。
神泉苑の雪景色 御池通りからの写真素材

南側の歩道から。

神泉苑の雪景色の写真素材

静まり返っている池に映る赤い橋、法成橋。
善女竜王社は金色に光る。

神泉苑の雪景色 池と赤い橋の写真素材

垣根はサザンカで、たくさんの花が咲いていますが、雪の下で目立ちません。

神泉苑の雪景色 池と赤い橋 サザンカの写真素材


神泉苑のツツジ


ツツジ満開の5月の神泉苑
神泉苑のツツジの写真素材

神泉苑のツツジの写真素材

法成就池のまわりをぐるりとツツジが彩ります。

神泉苑のツツジの写真素材


ただし、池の周りをずっと歩けるわけではないので、遠目に見るだけのところもあります。

神泉苑のツツジの写真素材



4月。桜咲く神泉苑の池。

京都 神泉苑の桜の写真素材

二条城の南側にある神泉苑は東寺真言宗のお寺。
二条城の南といっても、元は平安京大内裏に接して造営された禁苑で、二条城自体が昔は神泉苑の敷地でした。
桓武天皇を始めとして歴代の天皇が行幸しています。
西寺の守敏と東寺の空海が雨乞いバトルをしたのもここ。
源義経と静御前が電撃の出会いを果たしたのもこの神泉苑であります。
863年に神泉苑で行われた御霊会が祇園祭の起源とされています。

ご本尊は聖観音・不動明王・弘法大師。
境内の法成就池のほとりの歳徳神は可動式で、毎年年の暮れに恵方にロックオンされます。
境内には料亭「祇園神泉苑平八」があります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

雪の北野天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

受験の神様北野天満宮さんの雪景色です。
朝は5時半に門が開きます。みなさん総出で雪かきをしておられます。

雪の北野天満宮

雪が降った日はもう受験シーズン真っただ中だからか、朝早すぎるからか、お詣りの学生さんはおられませんでした。
みなさん最後は自力でがんばるしかない。


牛は雪をかぶり、白い梅はつぼみがふっくら膨らんでいます。

雪の北野天満宮の牛と白梅

雪は降ったりやんだり。ときどき陽も差したり。

雪の北野天満宮本殿拝殿

朝日がパッと差して、社殿の屋根の雪が輝きました。社殿は国宝です。

雪の北野天満宮本殿拝殿


中門(三光門)から拝殿を見て。

雪の北野天満宮本殿拝殿

咲いた梅の花に雪が積もると、なんともいえず美しいのですが、この日はまだ1月半ばで白梅が少ししか咲いていませんでした。
白梅に雪が積もっても見えない!


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宝泉院

案内 写真はクリックすれば拡大

大原の宝泉院さんの写真です。

宝泉院の写真素材

入り口で見るこんもり五葉の松と、里桜やシャクナゲの景色。

宝泉院の写真素材


有名な額縁庭園「盤桓園」の紅葉。

宝泉院の紅葉の写真素材


宝泉院の紅葉の写真素材


桜咲く盤桓園。

宝泉院の桜の写真素材

この一本の桜がポイントになります。

宝泉院の桜の写真素材

右手には水琴窟があり、いい音を響かせます。ポリーン、キラーン。

宝泉院の桜の写真素材

樹齢700年の五葉の松は迫力があります。

宝泉院の五葉の松の写真素材

宝泉院の五葉の松の写真素材

宝泉院の五葉の松の写真素材


どの季節も立ち去りがたい光景です。

宝泉院の写真素材


つくばいに花びらが溜まっていきます。

宝泉院の写真素材


お正月の宝泉院の写真です。

雪景色の宝泉院の写真素材

雪景色の宝泉院の写真素材


雪を乗せた五葉の松。

雪景色の宝泉院の写真素材


雪景色の盤桓園。

雪景色の宝泉院の写真素材

雪景色の宝泉院の写真素材

雪景色の宝泉院の写真素材


五葉の松がさらに存在感を増しているように感じます。

雪景色の宝泉院の写真素材

雪景色の宝泉院の写真素材


雪景色の宝泉院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

雪の南禅寺

案内 写真はクリックすれば拡大

南禅寺さんの雪景色の写真です。
遠くからも大きな三門が目立ちます。

南禅寺の雪の写真素材

絶景かなの三門前。

南禅寺の雪の写真素材

雪の中でも参拝者はちらほらと。

南禅寺の雪の写真素材


三門をくぐってからも真っ白な境内が続きます。

南禅寺の雪の写真素材


みなさん楽しそうです。

南禅寺の雪の写真素材

南禅寺の雪の写真素材


雪だるまが大量生産されていました。

南禅寺の雪の写真素材

南禅寺の雪の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

奥嵯峨

案内 写真はクリックすれば拡大

奥嵯峨の平野屋さんつたやさん辺りの初夏の風景です。

京都 奥嵯峨の写真素材


クルマやタクシーが停まっていることも多く、写真が撮りにくい場所です。

京都 奥嵯峨の写真素材

京都 奥嵯峨の写真素材


奥嵯峨の冬景色。雪。
京都 奥嵯峨の冬景色の写真素材

このへんで雪が降っていても京都市内は雨かみぞれ程度。
京都 奥嵯峨の冬景色の写真素材


激しく降っていますが、積もりそうな雪ではない。

京都 奥嵯峨の冬景色の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

祇王寺

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の祇王寺さんの雪景色の写真です。

祇王寺の雪景色の写真素材


雪の祇王寺。大河ドラマ「平清盛」の影響で参拝者も増えているそうです。
平清盛が愛した祇王・祇女、仏御前が尼僧として余生を過ごしたお寺。

祇王寺の雪景色の写真素材


平家物語ゆかりのお寺、嵯峨野の祇王寺さん。
苔のじゅうたんと青もみじの深い緑の世界は幻想的です。

祇王寺の青もみじ



追加しました。祇王寺の青もみじ写真

祇王寺の青もみじ


祇王寺の入り口。

祇王寺の青もみじ



嵯峨野の祇王寺さんの苔庭には、晩秋に向かってさらに散り紅葉が積もっていきます。

祇王寺の紅葉の写真素材


祇王寺の紅葉の写真素材


祇王寺の紅葉の写真素材


祇王寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

野宮神社

案内 写真はクリックすれば拡大

京都嵯峨野の縁結びパワースポットとして人気の高い野宮神社
平安時代は伊勢神宮の斎宮になる皇女が一年間このお宮に籠って精進潔斎をしました。
雪の日でも参拝者は次々と訪れます。

野宮神社の雪景色の写真素材

縁結びの御利益でよく知られる神社です。

野宮神社の雪景色の写真素材


5月の野宮神社

野宮神社の写真素材


境内の隣にはすぐJRの線路があります。雰囲気のよい踏切です。

野宮神社の写真素材

7月の野宮神社。緑に包まれているので少しだけ涼しいです。

野宮神社の写真素材

野宮神社の写真素材


夜の野宮神社。紅葉の散ったあとの12月。

野宮神社の写真素材

夜でもお詣りできました。

野宮神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]