sozai_head.jpg

タグ「紅葉」の一覧

南禅寺 金地院(こんちいん)

案内 写真はクリックすれば拡大

金地院さんの入り口のカエデは真っ赤です。
金地院は南禅寺塔頭のひとつ。

南禅寺 金地院の写真

中門をくぐれば黄色のカエデ。

南禅寺 金地院の写真

南禅寺 金地院の写真

一面の苔の中を飛び石を伝って歩く。

南禅寺 金地院の写真

東照宮。外の通りからも見えますが、やはり中から見たいもの。

南禅寺 金地院東照宮の写真


中には徳川家康の遺髪と念持仏が祀られているそうです。

南禅寺 金地院東照宮の写真


鶴亀の庭。小堀遠州作の枯山水庭園です。

南禅寺 金地院の写真


南禅寺 金地院の写真

横幅がとても広い白砂の長方形。

南禅寺 金地院の写真

南禅寺 金地院の写真

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

南禅寺 天授庵(紅葉・青もみじ)

案内 写真はクリックすれば拡大

天授庵さんの枯山水は隅から隅までカエデの壁。
エントランスを入れば書院を通してカエデが目に入ってきます。

南禅寺天授庵の青もみじの写真素材


南禅寺天授庵の青もみじの写真素材

秋はここにたくさんの人が腰掛けますが、青もみじのころは誰もいないことも。

南禅寺天授庵の青もみじの写真素材

敷石と苔のデザインもモダンです。

南禅寺天授庵の青もみじの写真素材


南禅寺天授庵の青もみじの写真素材


池泉回遊式の庭園はアップダウンがあって楽しくてきれい。板を渡ったり、飛び石を渡ったり、雨の日は緊張感が漂います。

南禅寺天授庵の青もみじの写真素材

次は南禅寺天授庵の紅葉写真。

南禅寺天授庵の紅葉の写真素材

真っ赤なカエデが御出迎え。

南禅寺天授庵の紅葉の写真素材

カエデの壁は赤や黄色に。

南禅寺天授庵の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

南禅寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

南禅寺さんの紅葉の写真です。
三門の向こうの赤い色。

南禅寺の紅葉の写真素材



カエデ越しに見る三門。

南禅寺の紅葉の写真素材




たくさんの人が三門の上に登っています。特別公開です。


石川五右衛門が「絶景かな」と叫んだとか。

南禅寺の紅葉の写真素材


こちらは三門の上からの紅葉写真。

南禅寺山門から見る紅葉



方丈の玄関。

南禅寺の紅葉の写真素材

奥に真っ赤なところがあります。ぜひ中へも入るべき時期です。

南禅寺の紅葉の写真素材


庫裏の前の紅葉。ここが南禅寺方丈へのエントランス。

南禅寺の紅葉


方丈庭園の枯山水ひとつ、小堀遠州作「虎の子渡しの庭」。

南禅寺の紅葉の写真素材

南禅寺の紅葉の写真素材

白砂の中で真っ赤なカエデが光ります。

南禅寺の紅葉の写真素材


いつまでも見ていたいが、それなりに急いで撮らなければひとも増えてきます。

南禅寺の紅葉の写真素材

奥へ進めば、いろいろなお庭があります。

南禅寺の紅葉の写真素材


こちらも紅葉真っ盛り。

南禅寺の紅葉の写真素材

龍吟庭と涵龍池。巨大な鞍馬石が置かれています。

南禅寺の紅葉の写真素材

まさに色とりどりの紅葉。

南禅寺の紅葉の写真素材

茶室「窮心亭」も紅葉に包まれています。

南禅寺の紅葉の写真素材


南禅寺の塔頭の天授庵
紅葉シーズンにはぜひ眺めたいお庭です。

南禅寺の紅葉

南禅寺の紅葉


南禅寺の紅葉


入ってすぐのこの景色も絵になります。

南禅寺天授庵の紅葉





こちらは三門の上から見おろす紅葉の天授庵。
南禅寺山門から見る天授庵の紅葉

南禅寺の塔頭の南禅院。こちらも紅葉シーズンは外せません。


南禅寺境内の琵琶湖疏水の水路閣


とても真っ赤なカエデが1本あります。(このカエデは春からずっと赤い)

南禅寺の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

南禅寺 南禅院

案内 写真はクリックすれば拡大

南禅院さんは南禅寺境内の隅、水路閣をくぐった奥にある塔頭寺院です。

天授庵に比べると紅葉の見頃がだいぶん遅いです。

南禅寺南禅院の紅葉

左側のカエデの赤が際立っています。

南禅寺南禅院の紅葉

曹源池をぐるりとひとまわり歩いていろいろな角度からカエデを眺めることができます。池泉廻遊式庭園は亀山法皇の作庭といわれます。

南禅寺南禅院の紅葉


次は南禅院さんの青もみじ。

南禅寺南禅院の写真素材


野趣あふれる大迫力の青もみじを見ることができます。

南禅寺南禅院の写真素材


池をひと回りできますが、雨の日は歩きにくいです。

南禅寺南禅院の写真素材


南禅寺南禅院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

光悦寺(紅葉・青もみじ)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都は鷹峯の光悦寺さんの写真です。

青もみじの参道。
最初にこのフレッシュな青もみじの参道をくぐって進んでいきます。

光悦寺の青もみじの写真素材


光悦寺は光悦垣が有名です。

光悦寺の青もみじの写真素材


茶室の建物が7つもあり、お寺っぽくないお寺です。
庭園をお散歩しながら散在する茶室の建物を見て回る感じです。
芥川龍之介さんの京都日記にも出てきますが、「寺を見にきたのに茶室ばかり見せてけしからん」みたいなコメント。1918年のものなので、当時は茶室はふたつだったようです。

光悦寺の青もみじの写真素材


光悦寺の紅葉写真です。

光悦寺の紅葉の写真素材

よく手入れされた真っ赤なカエデがたくさんあります。

光悦寺の紅葉写真


借景は鷹ヶ峯。

光悦寺の紅葉の写真素材


不自然なほどポコンと丸いかわいい山です。

光悦寺の紅葉の写真素材

鷹峯三山と呼ばれる鷹ヶ峯・鷲ヶ峯・天ヶ峯が並んでいます。鷹ヶ峯は左側。

光悦寺の紅葉の写真素材

光悦寺の紅葉の写真素材

光悦寺の紅葉の写真素材

光悦寺の紅葉の写真素材
鷹峯の光悦寺近くのお寺の紅葉はこちら。 源光庵の紅葉 吟松寺の紅葉 常照寺の紅葉

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

神護寺(紅葉・青もみじ)

案内 写真はクリックすれば拡大
京都市近辺では最も早く色づくといわれる神護寺の紅葉です。
長い石段がありますので、健脚の方向きのお寺です。
金堂に向かう幅広い石段。





次は、新緑と青もみじの神護寺の写真。 山門前。あと少しで力尽き、動けなくなっている方をときどき見かけます。
神護寺の新緑の写真素材

青もみじの向こうの鐘楼にかかる梵鐘は875年製。
神護寺の新緑の写真素材

青もみじと石段。そして金堂。
神護寺の新緑の写真素材

金堂の前から五大堂と毘沙門堂を見下ろして。
神護寺の新緑の写真素材

金堂。
神護寺の新緑の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

祇王寺

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の祇王寺さんの雪景色の写真です。

祇王寺の雪景色の写真素材


雪の祇王寺。大河ドラマ「平清盛」の影響で参拝者も増えているそうです。
平清盛が愛した祇王・祇女、仏御前が尼僧として余生を過ごしたお寺。

祇王寺の雪景色の写真素材


平家物語ゆかりのお寺、嵯峨野の祇王寺さん。
苔のじゅうたんと青もみじの深い緑の世界は幻想的です。

祇王寺の青もみじ



追加しました。祇王寺の青もみじ写真

祇王寺の青もみじ


祇王寺の入り口。

祇王寺の青もみじ



嵯峨野の祇王寺さんの苔庭には、晩秋に向かってさらに散り紅葉が積もっていきます。

祇王寺の紅葉の写真素材


祇王寺の紅葉の写真素材


祇王寺の紅葉の写真素材


祇王寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

勝持寺(花の寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

花の寺と呼ばれる勝持寺さんの写真です。
4月には西行ゆかりの西行桜が咲きます。

勝持寺(花の寺)の桜の写真素材

勝持寺の山門。

勝持寺(花の寺)の桜の写真素材

桜の写真、もっと見る


新緑の勝持寺さん。きれいな水が勢い良く流れています。

勝持寺(花の寺)の新緑の写真素材

境内は圧倒的なもみじ力!

勝持寺(花の寺)の新緑の写真素材

勝持寺(花の寺)の新緑の写真素材

勝持寺さんの紅葉の写真です。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材


花の寺のイメージが紅葉を連想させないからか、紅葉の時期にはひどく混むことはないようですが、カエデの発色の良さは目をみはるものがあります。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材

この年の紅葉はここが一番だったように思います。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材


京都でこんなにのんびりと紅葉狩りができるお寺は、最近はなかなかありません。

勝持寺(花の寺)の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大文字山(如意ヶ嶽)

案内 写真はクリックすれば拡大

大文字山(465m)は京都の市街地の至る所から見え、京都市民に親しまれる山。
その背後の如意ヶ嶽(472m)の支峰。
比叡山とは兄弟の山。

大文字の送り火の写真素材


大文字送り火が行われる山です。

大文字の送り火の写真素材

京都の夏の風物詩、五山の送り火は毎年8月16日です。

五山送り火 大文字の写真素材


真夏の大文字山。

大文字山の写真素材


大文字山の写真素材


大文字山から入道雲が湧き立ちます。

大文字山と入道雲の写真素材


秋の大文字山。

大文字山


神楽岡から間近に見る大文字はなかなかの迫力です。

竹中稲荷神社の社殿前から。

竹中稲荷神社の紅葉の写真素材

鴨川の遊歩道をトレーニングする野球部の向こうに大文字。

うっすらと雪の積もった大文字山。

雪の大文字山の写真素材


常林寺さんの向こうに見える雪の大文字山。

雪の大文字山の写真素材


雪の大文字山の写真素材


鴨川の橋から見た大文字。

鴨川の橋から見た大文字。


さて次は、大文字の送り火の行われる字形のところからの眺望です。
送り火の翌日8月17日の写真です。雨が降りました。

大文字からの眺望

大文字の送り火の写真はこちら


大文字からの眺望


こちらは冬の写真。
大切な火床をクツで踏んだり腰掛けたりしないでね。

大文字からの眺望

五山送り火 | 京都市観光協会
五山送り火 | 京都新聞
五山送り火 | スポット情報


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

実相院

案内 写真はクリックすれば拡大

岩倉の門跡寺院、実相院さんの写真です。

滝の間のテカテカの床に映る秋の「床もみじ」、夏の「床みどり」が有名な門跡寺院です。へんぴな場所にありますが、一度は見ておきたいお寺。

がっしりとした風格ある山門。

岩倉 実相院の写真素材


モミジの新緑の向こうに紅枝垂桜の花びらが積もっていました。

岩倉 実相院の写真素材


紅枝垂桜咲く石庭。

岩倉 実相院の写真素材

初夏の石庭。左側の青もみじの壁が重苦しいほど。

実相院 石庭

岩倉 実相院の写真素材


岩倉 実相院の写真素材

石庭の反対側には美しい池泉式庭園があります。

岩倉 実相院の写真素材


秋は床もみじが有名ですが、こちらは写真撮影不可なので、足を運んでみていただく他ありません。
でも、お庭の紅葉もとても綺麗です。


こちらは石庭。

実相院の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]