sozai_head.jpg

タグ「紅葉」の一覧

瑠璃光院

案内 写真はクリックすれば拡大

紅葉の名所、八瀬の瑠璃光院さんの写真です。

瑠璃光院の紅葉の写真素材


お二階から眺められるお庭というのは珍しいタイプです。
他には下鴨の三井別邸くらいかな。
お寺という印象が薄いのには理由があります。ここは元は料理旅館「喜鶴亭」だったところ。岐阜の光明寺の支院として、お寺に変身したのは2005年なのです。

瑠璃光院の紅葉の写真素材


苔にはJのような文字。
以前は拝観料500円でしたが、3000円を経て最近は2000円となっています。

瑠璃光院の紅葉の写真素材


次に、青もみじと苔の美しい八瀬の瑠璃光院さんの「瑠璃の庭」。

瑠璃光院の青もみじ


写真、追加しました。
瑠璃光院の春から初夏の特別拝観のときには緑一色のお庭が楽しめます。

瑠璃光院の青もみじ

瑠璃光院の青もみじ


写経の机に緑がよく映ります。

瑠璃光院の青もみじ

よくみなさんが撮っているのはこんなふうに緑を強調した構図。

瑠璃光院の青もみじ


二階から見るお庭もいいですが、一階から見るお庭もいいです。

瑠璃光院の青もみじ

山門前にはシャガの花。

瑠璃光院のシャガの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

苗秀寺

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡市の苗秀寺さんの参道のカエデは真っ赤に色づきます。
みょうしゅうじと読みます。

苗秀寺の紅葉の写真素材

苗秀寺の紅葉の写真素材


苗秀寺の紅葉の写真素材

苗秀寺の紅葉の写真素材

苗秀寺の写真素材

苗秀寺の紅葉の写真素材



山門をくぐり本堂へ。

苗秀寺の写真素材

苗秀寺の写真素材

裏手のお稲荷さんの坂。

苗秀寺の写真素材


おもしろいお地蔵さんがあちこちにあります。

苗秀寺の紅葉の写真素材

おだんごじぞうの背も燃えています。

苗秀寺の紅葉の写真素材


苗秀寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

西光寺(南丹市)

案内 写真はクリックすれば拡大
京都府南丹市の西光寺さんの紅葉の写真です。
こんもりとひと山全体がグラデーション。「紅葉が七色に映える」という表現もぴったり。 西光寺の紅葉の写真素材

赤もあれば緑もあり色とりどり。神護寺のカエデを植えて増やしたのだそうです。 西光寺の紅葉の写真素材

西光寺さんではライトアップも行っておられます。 西光寺の紅葉の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

猿丸神社

案内 写真はクリックすれば拡大

猿丸神社(さるまるじんじゃ)

宇治田原町の猿丸神社は古今和歌集のこの歌で知られています。
奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の声きく時ぞ秋はかなしき。
猿丸神社
狛猿が両側にいます。
猿丸神社

猿丸神社の紅葉

猿丸神社境内にはカエデがたくさん植えられています。
若木が多いので、年々大きくなり、紅葉景色の迫力も増してきます。


彩りがまちまちで、どこを見てもグラデーションの美しさがあります。
拝殿のかたわらのカエデは真っ赤。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大覚寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

大覚寺(だいかくじ)

嵯峨野の大覚寺の大沢池まわりの紅葉。 大覚寺の紅葉

池のほとりのこの道はテレビや映画でお侍さんや黄門様御一行が歩く道でもあります。 大覚寺の紅葉

追加しました。大沢池と多宝塔の紅葉写真。
池の蓮は枯れてカサカサと。
大覚寺の紅葉


大覚寺の紅葉
他の季節の大覚寺と大沢池の写真

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

粟田神社

案内 写真はクリックすれば拡大

粟田口に建つ粟田神社さんの写真です。
粟田口は京の七口のひとつ。ここを過ぎれば都の外、ということで、古くから旅の安全を祈願する神様として信仰を集めてきました。

粟田神社の写真素材


新緑の粟田神社。本殿前の青もみじ。

新緑の粟田神社の写真素材


拝殿の向こうに夏越しの祓の茅の輪が見えます。

粟田神社の写真素材


茅の輪越しに本殿を。

粟田神社の写真素材

本殿。

粟田神社の写真素材


人気のアヒル手水。

粟田神社の写真素材

アヒル手水。

粟田神社のアヒル手水写真素材


粟田神社のアヒル手水写真素材

粟田神社のアヒル手水写真素材

秋。カエデがきれいに色づきました。

粟田神社の紅葉の写真素材


嵯峨菊もきれいでした。

粟田神社の紅葉の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

鞍馬寺

案内 写真はクリックすれば拡大

鞍馬寺さんの写真です。

京都 鞍馬寺の写真素材


向いの山から見る鞍馬寺境内。

京都 鞍馬寺の写真素材


100mほど上から見下ろします。

京都 鞍馬寺の写真素材


京都 鞍馬寺の写真素材

ケーブルと多宝塔周辺は2018年の台風被害が甚大。

京都 鞍馬寺の写真素材

鞍馬寺のふもとの集落も俯瞰できます。

京都 鞍馬寺の写真素材


大きな山門。

京都 鞍馬寺の写真素材

鞍馬寺は牛若丸修業の地として知られるお寺。深い木立ちの中に本堂、金堂などが点在しています。鞍馬山霊宝殿もあります。

京都 鞍馬寺の写真素材


ケーブルカーの駅を出てすぐの多宝塔。

京都 鞍馬寺の写真素材


本堂に向かう石段の最後の登り。山門からはけっこうな道のりです。

京都 鞍馬寺の写真素材


桜に包まれる本堂。

京都 鞍馬寺の写真素材


本堂前の金剛床。
観光客は真ん中に立って天を仰ぎ祈りを捧げます。

京都 鞍馬寺の写真素材


鞍馬寺の奥の院に向かう途中の「木の根道」。
歩きにくいです。

鞍馬寺 木の根道の写真素材


そのむかし、牛若丸がここで修業したといわれます。
暗闇の中、ここをぴょんぴょんと飛び跳ねるようにトレーニング。それがのちの壇ノ浦の八双飛びに結実するのです。

鞍馬寺 木の根道の写真素材


山深いパワースポット鞍馬寺の紅葉写真。

鞍馬寺の紅葉の写真素材

がんばって登ってきて良かったなあと思わせてくれます。

鞍馬寺の紅葉の写真素材

叡山電鉄の鞍馬駅の改札を出ると左手にあるのがこの大きな赤い顔の天狗です。
鼻が重いのでワイヤーでつられています。
大雪が降ると、鼻が折れて悲しい顔になります。
いまは代替わりして、違う天狗さんになっています。


叡電を降りるとこの天狗がお出迎え!
深い樹林がおおう鞍馬山。貴船までハイキングコースがあります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙満寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

岩倉の妙満寺さんの仏舎利塔と紅葉。
妙満寺の紅葉

妙満寺の紅葉

比叡山もくっきり見えて美しい。
妙満寺の紅葉

雪の庭にはカエデはなかったように思うのですが、秋にはまだ入ったことがありません。
妙満寺のツツジ


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

古知谷阿弥陀寺

案内 写真はクリックすれば拡大

古知谷阿弥陀寺(こちだにあみだじ)

大原の古知谷阿弥陀寺さんの写真です。 青もみじが美しい特徴的な山門。
古知谷阿弥陀寺の写真素材
拝観するには山道をだいぶん登らねばなりません。
古知谷阿弥陀寺の写真素材
石垣の上には半分はみだす懸崖造りの茶室「瑞雲閣」。 でも、本堂のほうから見ると普通に見えて、危機感はありません。
古知谷阿弥陀寺の写真素材
安定感のある本堂の建物。でも入ってみるとすこし歪んでいました。
古知谷阿弥陀寺の写真素材
古知谷阿弥陀寺が美しい秋。 山門前の紅葉です。 古知谷阿弥陀寺 紅葉の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

圓光寺

案内 写真はクリックすれば拡大

一乗寺の圓光寺さんの紅葉写真です。
有名な「十牛の庭」。
まんなかの石は牛なんですね。

圓光寺の紅葉の写真素材

見事に敷き詰められた紅いカエデの葉。

圓光寺の紅葉の写真素材

書院から見る十牛の庭。

圓光寺の紅葉の写真素材

書院から見る十牛の庭。カエデが緋毛氈にくっきりと影を落とします。

圓光寺の紅葉の写真素材


圓光寺の初夏の写真です。

圓光寺の青もみじの写真素材


元々は1601年に徳川家康が学校として開いたお寺。

圓光寺の青もみじの写真素材


圓光寺の青もみじの写真素材


圓光寺の青もみじの写真素材


圓光寺の青もみじの写真素材

枝垂桜が迎えてくれる春の圓光寺。

圓光寺の桜の写真素材


春はすいていてゆっくりお庭を散策できます。

圓光寺の桜の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

廬山寺

案内 写真はクリックすれば拡大
紫式部が源氏物語を書いていたまさにその場所とされる廬山寺さんの写真です。
カエデは塀の向うからお庭に枝を差し掛けています。
廬山寺の紅葉写真素材

廬山寺の紅葉写真素材

節分には鬼が三匹やってくる。先頭は赤鬼。
廬山寺の鬼の写真素材


廬山寺さんの桔梗のお庭「源氏の庭」。
桔梗は見頃期間が長いので、7月〜8月に行けば美しい光景が見られます。
廬山寺の桔梗


廬山寺の桔梗



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

梨木神社

案内 写真はクリックすれば拡大

京都御苑のおとなりの梨木神社さんの写真です。
紅葉の季節。

梨木神社の紅葉の写真素材


萩の咲く初秋の梨木神社

梨木神社の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

善法律寺

案内 写真はクリックすれば拡大

八幡のもみじ寺、善法律寺さんの紅葉写真です。

善法律寺の紅葉の写真素材


小さな境内はカエデでいっぱいです。

善法律寺の紅葉の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

厭離庵(えんりあん)

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の厭離庵さんの写真です。
厭離庵は臨済宗天龍寺派の尼寺。

厭離庵(えんりあん)の写真素材

新緑のころは閉まっていて誰もおられませんが、山門の前までは歩くことができます。

厭離庵(えんりあん)の写真素材


門の向こうは青もみじの世界。

厭離庵(えんりあん)の写真素材


秋、紅いモミジが鮮やかな厭離庵

厭離庵(えんりあん)の紅葉の写真素材

それほど広い境内ではありません。カエデの多いお庭もこぢんまり。

厭離庵(えんりあん)の写真素材


藤原定家の小倉山荘跡で、定家が百人一首を撰したところといわれています。

厭離庵(えんりあん)の紅葉の写真素材


書院のほか、茶席時雨亭、定家塚などがあります。

厭離庵(えんりあん)の紅葉の写真素材


庭園はほとんど赤いカエデだけで構成されていて、敷きもみじも真っ赤です。
京都でもっとも赤い印象のお寺だと思います。

厭離庵(えんりあん)の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

直指庵

案内 写真はクリックすれば拡大

大覚寺の北側にある嵯峨野の紅葉の名所、直指庵さんの写真です。

直指庵の紅葉の写真素材


直指庵の紅葉の写真素材

直指庵の紅葉の写真素材

交通の便が悪いぶん、お客さんは比較的少なく、ゆったりと紅葉を楽しめることが多いのではないでしょうか。

直指庵の紅葉の写真素材





直指庵の紅葉の写真素材


直指庵の紅葉



続きまして、直指庵の青もみじの頃の写真です。

直指庵の青もみじの写真素材


直指庵の青もみじの写真素材


直指庵の青もみじの写真素材


直指庵の青もみじの写真素材


直指庵の青もみじの写真素材


直指庵の青もみじの写真素材

もう少しでハートになりそうだったカエデの隙間。

直指庵の青もみじの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宝筐院

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の宝筐院さんの写真です。

宝筐院の写真素材


秋。宝筐院は紅葉の名所。
鮮やかな黄色いカエデと真っ赤なカエデの混ざり具合がファンタスティック。

宝筐院の紅葉の写真素材



ひとがいっぱいですので、全体の写真はなく、イメージっぽくなります。
宝筐院の紅葉の写真素材


宝筐院の紅葉の写真素材


宝筐院の紅葉の写真素材




苔の上に降り積もる色とりどりのカエデの葉。




もはや夢の国でござります。


宝筐院の紅葉写真、追加しました。
今回は朝一番に訪問してお参りしたのち、誰もいないまっすぐな道を撮ることができました。




宝筐院の紅葉の写真素材



宝筐院の紅葉の写真素材




宝筐院の紅葉の写真素材



宝筐院の紅葉の写真素材



本堂の中から見る紅葉のお庭。

宝筐院の紅葉の写真素材




宝筐院の紅葉の写真素材



拝観を行っていない時期の宝筐院山門。

宝筐院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

安楽寺

案内 写真はクリックすれば拡大

紅葉シーズンには毎年特別拝観を行っておられる安楽寺さんの写真です。
特にその山門は紅葉に彩られ、見事な景色。

安楽寺の紅葉の写真素材

山門の写真、追加しました。丁度良い日に訪れることができました。

安楽寺の紅葉の写真素材


安楽寺の紅葉の写真素材

安楽寺の紅葉の写真素材


赤と黄色が混ざっています。

安楽寺の紅葉の写真素材

(追加分ここまで)

山門ほどではありませんが、お庭にも鮮やかなカエデの景色があります。

安楽寺の紅葉の写真素材

安楽寺の紅葉の写真素材


特別拝観が終わってからしばらくすると素敵な散り紅葉の朝が訪れます。
例年、特別拝観は12月に入った土日で終わることになっています。

安楽寺の紅葉の写真素材

ある年の12月11日の朝の写真です。

安楽寺の紅葉の写真素材

秋の特別公開も終わり、雪の中の安楽寺さん。

雪の安楽寺の写真素材

安楽寺さんのサツキの頃の特別拝観。土日だけ。

安楽寺のサツキの写真素材


安楽寺のサツキの写真素材


安楽寺のサツキの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

祇園閣(大雲院)

案内 写真はクリックすれば拡大

祇園の塔と八坂の塔がなかよく並んでいます。

八坂の塔と祇園の塔の写真素材

東山界隈を歩くと八坂の塔とともによく見えるのが大雲院さんの祇園の塔です。

祇園閣の写真素材


てっぺんにはツル。

祇園の塔の鶴の写真素材

満開の桜と祇園閣。

祇園閣と桜と夕日の写真素材

ツルはシルエットに。

祇園の塔の鶴の写真素材

夕日が根元に重なりました。

祇園の塔の鶴の写真素材


わらびもちの洛匠さんからみる祇園閣。

祇園閣の写真素材


祇園祭の山鉾のかたちをしているので祇園閣。

祇園の塔の写真素材

北側の大谷祖廟の参道から見る祇園閣。

大雲院祇園閣の写真素材


通常非公開ですがときどき特別公開され、上まで登ることができます。

大雲院の本堂。左側には白い涅槃仏。

大雲院の写真素材

高台寺の境内から見る祇園閣


同じ場所から見る桜と祇園閣

祇園閣と桜の写真素材


日没後の祇園閣

祇園の塔の写真素材

シルエットになった大雲院。

大雲院の写真素材


夜の祇園閣。

祇園の塔の写真素材


祇園閣のうえからの眺め。
八坂の塔が見えます。


大雲院さんの紅葉の写真です。

大雲院の写真素材


特別公開のときに祇園閣に登れば、上から紅葉の景色を眺めることができます。

大雲院の紅葉

八坂の塔や霊山観音も見渡せて、まさに絶景。
秋に毎年公開されるわけではありませんので、情報に敏感でないと見逃してしまいます。

大雲院の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

善峯寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

秋には素晴らしい景色を誇る西山の善峯寺

善峯寺の紅葉の写真素材

カエデの赤も黄色も鮮やかです。西山のカエデはいつも色がきれい。
大きな屋根は最初にくぐる山門。

善峯寺の紅葉の写真素材


けっこうな標高差を登っていきます。お稲荷さんの前も真っ赤っか。


眺望も素晴らしい。

伽藍と紅葉越しに遠く京都の街を見渡せます。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

随心院の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
隨心院(隨心院)の紅葉
山科の随心院さんの庭園の紅葉は素晴らしいです。 隨心院の紅葉
真っ赤なカエデが印象的です。 隨心院の紅葉
隨心院の紅葉

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]