sozai_head.jpg

タグ「紅葉」の一覧

長楽寺(紅葉・青もみじ 他)

案内 写真はクリックすれば拡大

円山公園の奥にある長楽寺さんは、「今昔物語」「山家集」「平家物語」などにも出てくる古刹です。元は円山公園も含む広いお寺だったそうです。

長楽寺の紅葉の写真素材

晩秋の参道。

長楽寺のもみじの写真素材


本堂と梵鐘のあたりの紅葉。
すでに散り際でしたので、また機会があれば行きたいなと思います。

長楽寺の紅葉の写真素材


長楽寺の紅葉の写真素材


門前には紫陽花が植えられています。梅雨のころの写真です。

長楽寺の写真素材


初夏の雨の日の長楽寺の写真です。上の写真とは年も季節も違いますが...、違いがわかりませんね。

長楽寺の青もみじの写真素材


山門までもだいぶん坂道を登ってきましたが、さらに石段を登って本堂へ。

長楽寺の青もみじの写真素材


ぬかるんで歩けないところもたくさんありましたが、青もみじがきれいです。

長楽寺の青もみじの写真素材


書院より見るお庭。相阿弥が銀閣寺の庭を作る前にこのお庭を手がけたのだそうです。
けっこう高い位置にまで緑の壁があり、空は上のほうにあります。
ときどき左側の建礼門院さんと目が合います。

長楽寺の青もみじ


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

今熊野観音寺

案内 写真はクリックすれば拡大

泉涌寺塔頭、今熊野観音寺さんの写真です。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材

紅葉の名所として知られており、秋には賑わいます。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材

今熊野観音寺の紅葉の写真素材


弘法大師をお祀りする大師堂。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材


かたわらにぼけ封じ観音さんが立っています。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材

カエデ越しに見る本堂。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材

真っ赤っかです。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材


日没が近く、多宝塔だけに陽が当たっていました。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材

弘法さんの背後が燃えています。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材

子護弘法大師。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材


向こうのカエデは真っ赤ですが、黄色や緑の葉もあり、きれいです。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材


今熊野観音寺の紅葉の写真素材

多宝塔の下から境内を見下ろします。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材


とても濃い赤の部分がある。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材


多宝塔(医聖堂)。

今熊野観音寺の多宝塔(医聖堂)の写真素材


東寺あたりから遠望する多宝塔。

今熊野観音寺の多宝塔(医聖堂)の写真素材

三階建の大講堂。

今熊野観音寺の紅葉の写真素材

今熊野観音寺の紅葉の写真素材

次は、今熊野観音寺の桜。

今熊野観音寺の桜の写真素材


山桜。

今熊野観音寺の桜の写真素材

大講堂の桜。

今熊野観音寺の桜の写真素材


本堂右手の小さな枝垂れ桜。

今熊野観音寺の桜の写真素材

次は、今熊野観音寺の初夏の青もみじ。

今熊野観音寺の青もみじの写真素材

緑にもさまざまな緑があって、美しい青もみじ。

今熊野観音寺の青もみじの写真素材


今熊野観音寺の青もみじの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

泉涌寺 来迎院

案内 写真はクリックすれば拡大

泉涌寺の塔頭、来迎院さんの紅葉写真です。

泉涌寺来迎院の紅葉の写真素材

山門の枠のなかだけで、美しさは完成されています。

泉涌寺来迎院の紅葉の写真素材


石段の上は荒神堂。

泉涌寺来迎院の紅葉の写真素材


泉涌寺来迎院の紅葉の写真素材

今熊野観音寺にはたくさんの参拝者が訪れますが、ここはいつでも人が少ないです。

泉涌寺来迎院の写真素材

泉涌寺来迎院の写真素材


道を折れて北へ進めば、庭園の受付へ。

泉涌寺来迎院の紅葉の写真素材


苔と笹とカエデに包まれる含翠茶庭の写真。

泉涌寺来迎院の紅葉の写真素材

苔むしたつくばいに散ったカエデの葉。

泉涌寺来迎院の紅葉の写真素材

泉涌寺来迎院の紅葉の写真素材


お庭を歩くには苔を踏むしかないので、そっと足を運びます。

泉涌寺来迎院の紅葉の写真素材


こちらは初夏の青もみじ。

泉涌寺来迎院の写真素材


泉涌寺来迎院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

泉涌寺 雲龍院

案内 写真はクリックすれば拡大

泉涌寺塔頭の雲龍院さんの紅葉の写真です。

雲龍院の紅葉の写真素材


雲龍院の紅葉の写真素材


新緑と皐月の雲龍院

泉涌寺雲龍院の写真素材


泉涌寺雲龍院の写真素材


泉涌寺雲龍院の写真素材

春先には梅と河津桜。

雲龍院の梅と河津桜の写真素材

雲龍院の梅と河津桜の写真素材


雲龍院の梅と河津桜の写真素材

雲龍院の梅と河津桜の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

泉涌寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

「御寺」泉涌寺さんの紅葉の写真です。

泉涌寺の紅葉


紅葉を見るならぜひ入りたい御座所庭園。

泉涌寺の紅葉の写真素材


泉涌寺の紅葉の写真素材


泉涌寺の紅葉の写真素材


泉涌寺の紅葉の写真素材

泉涌寺の紅葉の写真素材

泉涌寺の紅葉の写真素材

御座所庭園の他はそれほど紅葉の景色は多くはありません。

泉涌寺の紅葉の写真素材


嵯峨菊。

泉涌寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

常寂光寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の常寂光寺さんの紅葉写真です。
遠くからもその多宝塔が見えます。

常寂光寺の紅葉の写真素材


仁王門・本堂・多宝塔とどこをとってもよく色づいたカエデが迎えてくれます。
しかし、やはり混んでいるので、ややイメージっぽい写真が多くなります。


仁王門。

常寂光寺の紅葉の写真素材


仁王門。

常寂光寺の紅葉の写真素材


仁王門。

常寂光寺の紅葉の写真素材


仁王門。

常寂光寺の紅葉の写真素材


仁王門。

常寂光寺の紅葉の写真素材


仁王門から本堂へと続く石段。

常寂光寺の紅葉の写真素材

常寂光寺の紅葉の写真素材

石段。

常寂光寺の紅葉の写真素材


本堂前の鐘楼。たいへん美しい発色!

常寂光寺の鐘楼の紅葉の写真素材

常寂光寺の鐘楼の紅葉


本堂。

常寂光寺の紅葉の写真素材

常寂光寺の紅葉の写真素材

本堂の裏の庭園。

常寂光寺の紅葉の写真素材

寺務所前の石段の紅葉のグラデーションはいつも綺麗です。

常寂光寺の石段の紅葉


常寂光寺の紅葉の写真素材



多宝塔は黄色いカエデと赤いカエデに彩られています。

常寂光寺の多宝塔の紅葉

もみじに首まで浸かっているかんじの多宝塔。遠くのお山もグラデーションがきれい。

常寂光寺の多宝塔の紅葉

多宝塔。

常寂光寺の紅葉の写真素材


多宝塔。

常寂光寺の紅葉の写真素材


多宝塔。

常寂光寺の紅葉の写真素材


多宝塔。

常寂光寺の紅葉


さらには眺望も良いのです。
妙見堂前からの眺望。

常寂光寺の紅葉の写真素材

遥か大文字もよく見えます。

常寂光寺の紅葉

比叡山も見えます。

常寂光寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

桃源山地蔵院

案内 写真はクリックすれば拡大

鷹ヶ峰から京見峠を越えて高雄街道に抜ける道沿いに桃源山地蔵院さんがあります。
永観堂の末寺で、浄土宗のお寺です。
秋の紅葉が素敵なお寺ですが、まずは春の写真です。

桃源山地蔵院の写真素材


苔むした石段をジグザクに登っていきます。
「音はしくれか」の種田山頭火の句碑が立ちます。

桃源山地蔵院の写真素材


秋の地蔵院さん。

桃源山地蔵院の写真素材


大きな石碑には「桃源山」の文字。

桃源山地蔵院の紅葉 写真素材


見頃には早いがカエデのボリュームが素晴らしいです。

桃源山地蔵院の紅葉 写真素材

桃源山地蔵院の紅葉 写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

教伝寺

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市園部町の教伝寺さんの写真です。

園部 教伝寺の写真素材


大きなお不動さんが紫陽花に包まれて立ち、通りを見守っています。

園部 教伝寺の写真素材


紫陽花は1000株もあるのだそうです。
緑の奥に見えるのが本堂。

園部 教伝寺の写真素材


墓地は広く、一画には動物のための霊園も。

園部 教伝寺の写真素材


次に秋の教伝寺さんの写真です。
本堂まわりは色とりどりです。

園部 教伝寺の紅葉の写真素材


お不動さんのまわりも赤い。

園部 教伝寺の紅葉の写真素材


境内にはカエデの木が多く植えられており、特に裏山のカエデの発色は素晴らしいです。大きなイチョウもあります。

園部 教伝寺の紅葉の写真素材


園部 教伝寺の紅葉の写真素材


園部 教伝寺の紅葉の写真素材


園部 教伝寺の紅葉の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

源光庵

案内 写真はクリックすれば拡大

迷いの窓と悟りの窓が有名な鷹峯の源光庵さんの紅葉の写真です。

源光庵の紅葉の写真素材


迷いの窓と悟りの窓の向こうの色づきは遅めなので、なかなかタイミングが難しいのですが、今回はまあまあ良い日に行くことができました。
でも、ホントは写真より目で見るほうがきれいです。


丸いほうが悟りの窓。四角いのが迷いの窓。

鷹峯 源光庵の紅葉の写真素材


黄色いカエデと赤いカエデ、白いサザンカと濃い緑。
座る位値によって窓の中の景色が変化します。

源光庵の紅葉の写真素材

この時期はちょっと左側から見るのがいいなと感じました。

源光庵の紅葉, 悟りの窓の写真素材


迷いの窓の向こうも鮮やか。

源光庵の紅葉の写真素材

じっくり座って見たいけれど、この季節は人が多くて落ち着いて眺めることはできません。

源光庵の紅葉, 悟りの窓の写真素材

門前のすすきも風情があります。

源光庵の紅葉の写真素材

源光庵の美しさは紅葉ばかりではありません。
樹々が緑のころもとてもいいです。
写真は初秋の源光庵。

源光庵の新緑の写真素材


悟りの窓と迷いの窓。

源光庵の写真素材


窓の向こうは緑一色ですが、紅葉の頃より葉の密度がぐんと高いです。

源光庵の写真素材


鷹峯の近くのお寺の紅葉はこちら。
光悦寺の紅葉
吟松寺の紅葉
常照寺の紅葉

迷いの窓と悟りの窓は東山の泉涌寺雲龍院にもあります。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

天龍寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産、天龍寺さんの紅葉写真です。

天龍寺の紅葉の写真素材

境内全体がカラフルに染まっています。

天龍寺の紅葉の写真素材

たいへんな混雑ですが、一度は見ておきたい素晴らしい景色があります。

天龍寺の紅葉の写真素材

庭園入り口を入ってすぐ。

天龍寺の紅葉の写真素材


曹源池のふちを彩るカエデ。

天龍寺の紅葉の写真素材


天龍寺の紅葉のgif動画素材

天龍寺の紅葉の写真素材


天龍寺の紅葉の写真素材


毎年安定した美しさです。

天龍寺の紅葉の写真素材

朱を映す曹源池を鯉が泳ぎます。

天龍寺の紅葉の写真素材

天龍寺の紅葉の写真素材

望京の丘より。

天龍寺の紅葉の写真素材


望京の丘は枝垂れ桜が多く、カエデは少ない。

天龍寺の紅葉の写真素材

天龍寺の紅葉の写真素材

カエデに包まれる八幡社。霊庇廟。

天龍寺の紅葉の写真素材


天龍寺の紅葉の写真素材


観音さんも朱のなかに。

天龍寺の紅葉の写真素材


御陵にも真っ赤なカエデ。

天龍寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

天龍寺 宝厳院

案内 写真はクリックすれば拡大

天龍寺塔頭の宝厳院さんの写真です。

宝厳院の紅葉の動画gif素材


宝厳院のもみじの写真素材


青もみじの美しい宝厳院獅子吼の庭。
完全に貸切だった雨の日の写真です。

宝厳院の青もみじの写真素材




紅葉のころのように見頃に合わせて慌てて出かける必要もないので、心も落ち着きます。

宝厳院の青もみじの写真素材


宝厳院の青もみじの写真素材

宝厳院の青もみじの写真素材

宝厳院の青もみじの写真素材

宝厳院の青もみじの写真素材


宝厳院の青もみじの写真素材


嵐山の宝厳院さんは「獅子吼の庭」が有名な紅葉の名所。
それはまあ見事な紅葉の発色と苔の上の敷き紅葉。

宝厳院の紅葉


世界遺産天龍寺の塔頭寺院です。

宝厳院の紅葉


全部縦の写真になってしまいました。次は横のを撮ってきます。

宝厳院の紅葉


宝厳院の写真、追加しました。ただし外からの写真のみです。

宝厳院の紅葉の写真素材


良い色づきですが、入る時間がありませんでした。

宝厳院の紅葉の写真素材


また別の年の紅葉の写真です。

宝厳院の紅葉の写真素材


宝厳院の紅葉の写真素材


宝厳院の紅葉の写真素材


宝厳院の紅葉の写真素材

宝厳院の紅葉の写真素材


宝厳院の紅葉の写真素材


宝厳院の紅葉の写真素材


宝厳院の紅葉の写真素材


宝厳院の紅葉の写真素材

宝厳院の紅葉の写真素材


ライオンが見上げます。

宝厳院の紅葉の写真素材


右向くライオン。

宝厳院の紅葉の写真素材


一番ライオンに見える角度で。ROAR!
まるで琴引浜のライオン岩だ。

宝厳院の紅葉の写真素材


最後に歩くところもカエデのトンネルになっています。

宝厳院の紅葉の写真素材

名残惜しいので、格子からまた中を覗きます。

宝厳院の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清閑寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

ひっそりとした清閑寺さんの紅葉写真です。
清水寺から少し歩いたところにありますが、ここまで来る人はそれほど多くないようです。
紅葉の季節でも誰もおられないことがあります。

清閑寺の紅葉の写真素材

こぢんまりした境内には美しいカエデが数本枝を広げています。

清閑寺の紅葉の写真素材


清閑寺の紅葉の写真素材


清閑寺の紅葉の写真素材



高い位置にあり、少しだけ眺望が開けています。

清閑寺の紅葉の写真素材


隣には六條天皇の御陵。こちらも真っ赤なカエデに包まれています。

清閑寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清凉寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の清凉寺さんの境内のカエデが真っ赤です。

清涼寺の紅葉の写真素材

清凉寺はほんとうはにすいの「凉」の字ですが、変換しにくいので清涼寺と書かれていることもあります。

清涼寺の紅葉の写真素材


聖徳太子殿。

清凉寺の写真素材


拝観料金を払って中へ入れば、紅葉の美しい景色がいくつもあります。
スライドショーの紅葉といわれる渡り廊下から見る弁天堂の紅葉。
清凉寺の紅葉の写真素材

弁天堂や忠霊塔のある庭園は歩くことはできないので、写真も撮りやすいです。
清凉寺の紅葉の写真素材


清凉寺は、それほど混雑していたことはありませんので、紅葉の穴場っぽい場所といえます。
清凉寺の紅葉



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清凉寺

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の清凉寺さんの写真です。
西からの遠景。

清凉寺の写真素材


清凉寺の立派な山門。通りの正面に建つ門なので遠くからも見えます。
清涼ではなくて清凉なのですが、漢字の変換ですぐでてこないので、公式にも清涼寺と書かれていることがあります。
清凉寺の写真素材


赤い仁王さんの向こうに赤いカエデ。

清凉寺の写真素材

立派な本堂。

清凉寺の写真素材


清凉寺の写真素材


形のよい多宝塔。

清凉寺の写真素材


梅や河津桜、ソメイヨシノもたくさん咲きます。

清凉寺の桜の写真素材

清凉寺の桜の写真素材

河津桜が見頃のときの写真です。

清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材


清凉寺の桜の写真素材

清凉寺の紅葉の写真はこちら

清凉寺の写真素材


清凉寺の紅葉の写真素材


清涼寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

かけ観音寺

案内 写真はクリックすれば拡大

八瀬の崖の上の小さなお寺、かけ観音寺さん。
秋には紅葉に包まれてきれいです。
碊観音寺


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

虚空蔵法輪寺

案内 写真はクリックすれば拡大

十三まいりのお寺、嵐山の虚空蔵法輪寺さん。

数え年13歳でお詣りします。お詣りの後は「渡月橋を渡り終わるまで振り返ってはならぬ!」と都市伝説のようにいわれています。
振り返るとせっかく授かった知恵が抜けてしまい、元の木阿弥に...。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


もし、渡月橋から振り返れば、こんなふうに緑に埋もれた多宝塔が見えます。

虚空蔵法輪寺の多宝塔の写真素材

虚空蔵法輪寺の山門。夏。
虚空蔵法輪寺


カエデに覆われた石段。
虚空蔵法輪寺


舞台からの眺めは爽快です。向こうの山は五山の送り火の鳥居形。
虚空蔵法輪寺


法輪寺の舞台から見おろす渡月橋。
なぜ渡月橋を渡り終わるまで振り返ってはならないのかというと、かつては渡月橋は「法輪寺橋」といい、文字通り橋までが法輪寺の境内だったからだそうです。
虚空蔵法輪寺


修復されて舞台がきれいになりました。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材

嵐山花灯路でのサイケデリックなプロジェクトマッピング。

虚空蔵法輪寺


桜は早咲き。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


虎の上をピンクの花びらが覆います。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


桜のなかの法輪寺多宝塔。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材

紅葉の法輪寺さん。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


渡月橋のほうも真っ赤です。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


舞台から見る紅葉。イチョウも大きい。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


多宝塔。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材

石段上から見下ろす紅葉。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

下鴨神社と糺の森の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市の紅葉のトリを飾る糺の森の紅葉

糺の森の紅葉


京都の他の場所よりスケールの大きな秋景色。

糺の森の紅葉

あまり真っ赤なカエデはありませんが、この森だけ紅葉が遅いのは確かです。

糺の森の紅葉


霧のかかる12月中旬の朝。

糺の森の紅葉

だいたい12月を過ぎないと染まりません。鳥居は河合神社。ここはイチョウの散るのがきれい。

糺の森の紅葉

どこから糺の森で、どこからが下鴨神社なのか、ちょっと境目がわからない。
でもこの南側の鳥居がなんとなく境目のような気がします。

下鴨神社・糺の森の紅葉


次は下鴨神社の紅葉
とはいっても境内にカエデは少なく、西側の鳥居わきのこの一本だけが紅葉らしい紅葉かなと思います。

下鴨神社の紅葉


下鴨神社の紅葉も京都市内のほかの場所よりずいぶんと遅く、なかなか染まりません。

下鴨神社の紅葉

このカエデ、11月終わりまでほぼ緑でした。

下鴨神社の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

二尊院の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
嵯峨野の二尊院の紅葉写真です。追加しました。今年はお天気の日に行くことができました。

入ってすぐの広めの石段は紅葉の馬場。有名ななだらかな石段です。
二尊院の紅葉の馬場の写真素材

石段から人を7人ほど消して無人にしました。よく見るとそれなりに違和感はありますので、それを踏まえたうえでご使用ください...。
二尊院の紅葉の馬場の写真素材

二尊院の大きな本堂。
二尊院の紅葉の本堂の写真素材

二尊院の紅葉の写真素材



前年の写真です。日差しがなかった曇天の日。
京都 二尊院の紅葉の写真素材

京都 二尊院の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

三室戸寺

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治の三室戸寺さんの写真です。

ツツジ。その数2万株!すごいとしか言いようがありません。
三室戸寺のツツジの写真素材


小山ひとつがぜんぶ平戸ツツジの花で埋まっています。
三室戸寺のツツジの写真素材

縦の幅が他所とまるで違います。
三室戸寺のツツジの写真素材


三室戸寺の紅葉の写真はこちらに

三室戸寺の紅葉の写真素材


三室戸寺のあじさいの写真はこちらに

宇治の紫陽花の名所といえば三室戸寺さん。


大雨の中で1万株の紫陽花が咲き乱れていました。

三室戸寺の紫陽花の写真素材


三室戸寺の紫陽花の写真素材



小径に紫陽花の葉や花が覆いかぶさっていますので、全身びしょぬれになりました。


足元もぬかるんでいて、靴もびしょびしょです。



三室戸寺の紫陽花の写真素材



ハートの紫陽花も日替わりでいろんなところに出現します。

雨に日に探せば、濡れて濡れてたいへんなことになります。風邪ひかないように。

三室戸寺の紫陽花ハートの写真素材


宇治の三室戸寺さんの紅葉
紫陽花やツツジが有名すぎて、紅葉のころは穴場状態になっていることが多いですが、たいへん美しい景色を見ることができるお寺です。
わたしが訪れたときは見頃にもかかわらず、ガラガラでした。

三室戸寺の紅葉

三室戸寺の紅葉

庭園もきれいですが、絵になるのはやはり三重塔まわりのカエデ。大きなイチョウもありアクセントになっています。
蓮の鉢がたくさん並んでいます。次の夏も楽しみですね。

三室戸寺の紅葉

三重塔は本堂に向かって右手になります。

三室戸寺の紅葉

三室戸寺の紅葉
三室戸寺の紅葉


ヘビのからだの宇賀神さんもこの場所になじんできました。

三室戸寺の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清滝不動院

案内 写真はクリックすれば拡大

清滝不動院さんの写真です。

清滝不動院の写真素材

夕方に訪れました。誰もおられない境内でカエデが陽を浴びていました。

清滝不動院の写真素材


清滝不動院の写真素材


歩いて参拝するには清滝トンネルの脇道から山道を登っていきます。
嵐山高雄パークウェイ沿いにも入り口があります。

清滝不動院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]