sozai_head.jpg

タグ「紅葉」の一覧

大徳寺 高桐院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺高桐院さんでは紅葉の素晴らしい景色を見ることができます。

大徳寺高桐院の紅葉の写真素材


横幅の広い苔庭には、竹林の緑を背景にカエデの黄色や赤が映えます。ど真ん中に石灯籠がひとつ。

大徳寺高桐院の紅葉の写真素材


苔のうえにカエデが散るさまも美しいです。

大徳寺高桐院の紅葉

大徳寺高桐院の紅葉

大徳寺高桐院の紅葉

大徳寺山内の西側に建つ塔頭高桐院さん。常時拝観できる少ないお寺のひとつです。

雪の大徳寺高桐院 入り口の写真素材

絵になる長い一直線。ですが、向こうでカメラを構えて待っている人がいると慌てて通過しなければならなくて焦る道。

雪の大徳寺高桐院 参道の写真素材

高桐院のメインは書院から見る横長のお庭です。小さい灯籠がひとつだけど真ん中に立っています。

雪の大徳寺高桐院 書院の写真素材

これだけ開いているから、足元は冷え冷えです。
長く座っているひとはいませんでした。
こんな日はカメラマンばかりなので、全員奥側に張り付いて譲り合って撮っています。

雪の大徳寺高桐院 書院の写真素材


端から見るお庭。ときどき木に積もった雪がサラサラっと落ちてきます。

雪の大徳寺高桐院 書院の写真素材

高桐院は1601年細川忠興(三斎)が創建したお寺。開山は玉甫紹琮。
書院の前に広がる「楓の庭」は一面の苔とカエデの庭。真ん中の石灯籠は鎌倉時代のもの。
境内には細川三斎とガラシャ夫人の墓がある。
李唐筆の山水画「絹本墨画山水図」二幅は国宝。
大徳寺高桐院の拝観料は大人400円。お抹茶をいただくこともできます。

細川家ゆかりのお寺、大徳寺高桐院さんの写真です。
竹とカエデの参道も美しく、本堂前の苔とカエデの庭園も素敵です。

大徳寺 高桐院の青もみじ

人工的なものは真ん中の灯籠ひとつ。
雨がしとしとと降り続き、境内には数人だけの参拝者。

大徳寺 高桐院の青もみじ


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大徳寺 芳春院

案内 写真はクリックすれば拡大

大徳寺山内の芳春院さん。加賀前田家の菩提寺です。
参道の青もみじ。雨がしとしと。

大徳寺 芳春院の紅葉の写真

三門。

大徳寺 芳春院の紅葉の写真

次は、紅葉の季節の写真です。

大徳寺 芳春院の紅葉の写真


前庭だけでもこんなに素敵な紅葉の景色が楽しめます。

大徳寺 芳春院の紅葉の写真


日差しが強くて枯山水はギラギラしてしまいました。方丈前庭(花岸庭)。

大徳寺 芳春院の紅葉の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

詩仙堂の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

一乗寺の詩仙堂さんの紅葉写真です。
毎日大勢の人がお見えです。

詩仙堂の紅葉の写真素材


詩仙堂の紅葉の写真素材


書院の床が抜けそうなほどの混雑。団体さんもどんどん来られます。

詩仙堂の紅葉の写真素材

詩仙堂の紅葉の写真素材


詩仙堂の紅葉の写真素材


詩仙堂の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

永観堂

案内 写真はクリックすれば拡大

もみじの永観堂さんの写真です。
右奥に多宝塔が見えます。手前の建物は東山高校。

永観堂の写真素材


春先の永観堂。多宝塔は高い位置にあるので、外からもよく見えます。

多宝塔と山桜。

永観堂の桜の写真素材


多宝塔と山桜。

永観堂の桜の写真素材

初夏の青もみじの永観堂。
永観堂の青もみじの写真はこちらに。

永観堂の青もみじの写真素材


秋の紅葉の永観堂。
永観堂の紅葉の写真はこちらに。

永観堂の秋の写真素材


秋はひとだらけ。

永観堂の秋の写真素材

それからひと月、雪の永観堂。
永観堂の雪の写真はこちらに。

永観堂の雪景色の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

光雲寺

案内 写真はクリックすれば拡大

哲学の道の少し西の光雲寺さんの写真です。
遠くから見る桜の光雲寺

光雲寺 桜の写真素材


夕方の桜の光雲寺

光雲寺 桜の写真素材


秋です。朝一番の強い光を浴びてカエデが真っ赤になりました。

光雲寺 紅葉の写真素材


やっぱり紅葉は朝がいいですね。

光雲寺 紅葉の写真素材


光雲寺 紅葉の写真素材

玄関前に菊が置かれています。

光雲寺 紅葉の写真素材


紅葉のお庭の写真。小川治兵衛が作庭した池泉廻遊式庭園です。

光雲寺 紅葉の写真素材

梅の咲くのが待ち遠しい冬の光雲寺

光雲寺 冬の写真


光雲寺 冬の写真

裏手の哲学の道にのぼってくるとネコがたくさんいます。

哲学の道のネコ 光雲寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

永観堂の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
永観堂の紅葉写真、さらに追加しました。

今回は晴天の朝、しっかり開門前から並んで入りました。
永観堂の紅葉の写真素材


まだ茶店まわりをお掃除ちゅう。
永観堂のもみじの写真素材


永観堂の紅葉の写真素材


永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材

永観堂の紅葉の写真素材


永観堂の紅葉写真、追加しました。曇天。
相当大勢の人が紅葉を楽しんでいますが、広い境内なのでそれほどぎゅうぎゅう感はありません。(平日です)
永観堂の紅葉の写真素材

カエデ越しに見上げる多宝塔。
永観堂の紅葉 多宝塔の写真素材

多宝塔へ登る途中の景色。
永観堂の紅葉の写真素材

多宝塔からもみじの海を見おろす。
永観堂の紅葉の写真素材

阿弥陀堂の柱が美しいです。
永観堂の紅葉の写真素材


次に、永観堂の夜間拝観の写真をいくつか。手持ちなのであまりうまくは撮れませんが。
夜間は多宝塔に登る道は閉じられています。
永観堂の紅葉-夜間拝観

ぶれております。
永観堂の紅葉-夜間拝観の写真素材
夜間拝観のときは阿弥陀堂にまであまり人が来ないので、有名な見返り阿弥陀如来とじっくり対峙することができます。


永観堂のもみじの写真素材

永観堂放生池が青空を映しています。よく雑誌などで見る定番の構図です。
山手には回廊で結ばれた諸堂が並びます。古来より紅葉の名所として名高く、重文の見返り阿弥陀如来も有名です。


永観堂の広い境内にはカエデが多く、京都の紅葉の名所として知られています。垣のようにめぐらした岩に紅葉がはえているさまをいう「岩垣もみじ」も有名。山の中腹の多宝塔から見下ろすと、紅葉の海の中に端正な堂宇の陰が見え隠れし素晴らしい景色です。


永観堂のもみじの写真素材


永観堂阿弥陀堂の紅葉。カエデも鮮やかですが、柱まわりの装飾も鮮やか!

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

宇治 宇治川周辺の風景

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治川の写真です。
宇治橋からはちょっと奥。このあたりは紅葉が鮮やかです。

宇治川の写真素材

桜の季節の朝霧橋。前日にたくさん雨が降ったので、水が多いです。

宇治川の写真素材


喜撰橋の上から。

宇治川 喜撰橋の写真素材

喜撰橋。向こうの十三重の塔はパッと見はふつうですが、近づいてみると巨大なことに気づきます。

宇治川 喜撰橋の写真素材

喜撰橋から宇治橋方向を見て。

宇治川 喜撰橋の写真素材

春先の朝霧橋。

宇治川 朝霧橋の写真素材


朝霧橋のたもには匂宮と浮舟の像。
源氏物語の宇治十帖のモニュメント。扇が分厚い!

宇治川 宇治橋の写真素材

対岸の宇治神社の赤い鳥居が目立ちます。

宇治川 朝霧橋の写真素材


宇治神社。

宇治神社の写真素材


さらに進めば宇治上神社。世界遺産です。

宇治上神社の写真素材

朝霧橋の手前には宇治を代表する平等院。世界遺産。

平等院鳳凰堂の写真素材


メインの橋は宇治橋。渋い色合いの橋です。

宇治川 宇治橋の写真素材


ポカポカと暖かな日だったので、なんとなく宇治橋のそばでJRの電車を撮影。

宇治川 宇治橋の写真素材

背中に日差しが当たるので眠くなる。
のんびりしてしまいました。

宇治川 宇治橋の写真素材

だいぶん日が傾いてきました。朝霧橋にて。

宇治川 宇治橋の写真素材

宇治川 宇治橋の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

妙覚寺

案内 写真はクリックすれば拡大

門前に立派な枝垂桜の咲く妙覚寺さんの写真です。

妙覚寺の桜の写真

妙覚寺の桜の写真


妙覚寺大門は豊臣秀吉の聚楽第の遺構。

妙覚寺の桜の写真


枝垂桜の終わったあとは八重桜。これもまた美しい。

妙覚寺の八重桜の写真

妙覚寺の八重桜の写真


桜が終わったあとの緑の門前の景色。
葉桜もいいものです。

妙覚寺の八重桜の写真


妙覚寺は織田信長の定宿となっていたお寺ですが、歴史的事件があった本能寺に比べればあまり知られていません。斎藤道三が少年時代に得度したお寺でもあり、そのつながりで信長の宿所になったのです。

妙覚寺の写真


正面の大きなお堂は祖師堂。

妙覚寺祖師堂の写真


広い本堂の前は法婆園
5月の法婆園は青もみじと苔で緑一色。

妙覚寺の法婆園の写真


ポットに熱いお茶が用意されていて、のどを潤しながら、お庭を眺めることができます。

妙覚寺の法婆園の写真

妙覚寺の法婆園の写真


次は紅葉の妙覚寺。
外側からも庭園のカエデは見えます。

妙覚寺の紅葉の写真


紅葉の法婆園。開放的な景色です。

妙覚寺の紅葉の写真

拝観のお客さんも少なく、ゆったりカエデを眺めることができます。

妙覚寺の紅葉の写真

鳶が舞っています。

妙覚寺の紅葉の写真


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

建仁寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

建仁寺さんの紅葉の写真です。
京都の他の社寺のもみじが散って12月を過ぎてからが建仁寺の本番。
色づくのがとても遅いのです。

建仁寺の紅葉




潮音庭はどこからも正面の「四面正面」の中庭。

建仁寺の紅葉


建仁寺の紅葉

わたしは北から見るのが好きです。
陽が差せば、キラキラと輝きます。

建仁寺の紅葉

建仁寺の紅葉

建仁寺の紅葉


天井の龍はド迫力。

建仁寺の紅葉


写真では大きさが伝わらないので、やはり実際に見るほうがよいです。

建仁寺の天井の龍


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

蓮華寺

案内 写真はクリックすれば拡大

上高野の天台宗のお寺、蓮華寺さんの写真です。
庭園の青もみじ

蓮華寺の青もみじ


蓮華寺は、京都の他の観光地とは離れているので、静かにお庭を鑑賞できることが多いはずです。
紅葉のときは最近はとても混むようですが。
新緑が美しいお庭は石川丈山作といわれています。

蓮華寺の青もみじ

蓮華寺の紅葉写真、追加しました。

蓮華寺の紅葉

蓮華寺の紅葉

蓮華寺の紅葉




蓮華寺の紅葉

赤いカエデもまだ散っておらず、色づきの浅いほうはグラデーションが美しく、とても良いタイミングだった様子。

蓮華寺の紅葉

蓮華寺の紅葉


週末でしたので引きの写真はありませんが、心はとても満たされました。

蓮華寺の紅葉

(蓮華寺の紅葉追加分ここまで)



京都八瀬の紅葉名所 蓮華寺さん。他の紅葉の名所からはポツンと離れていますので、紅葉ピークでもすいていることがあります。蓮華寺だけを目指して来る人しか来ませんから。


蓮華寺の紅葉

作庭は石川丈山、小堀遠州などと言われていますが、確証はないそうです。

蓮華寺の紅葉


似たような写真ばかりで恐縮ですが、この日はけっこうお客さんがおられましたので、あまり引けず。本当は額縁紅葉を撮りたいのです。
蓮華寺の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

奥山田天神社

案内 写真はクリックすれば拡大

奥山田の天神社の写真です。
桜の時期も紅葉の時期にも素晴らしい光景が見られるところです。

奥山田天神社の桜写真素材

桜のころは遠目に見ても美しく、紅葉は近くから見るのが美しいと思います。
桜の木が外側を覆っているので、秋はそれほどカエデが目立ちません。

奥山田天神社の紅葉写真素材

しかし、石段の下まで近づいてみると、

奥山田天神社の紅葉写真素材

鮮やかな紅葉の景色が降りかかります。

奥山田天神社の紅葉写真素材

石段上から振り返る景色。

奥山田天神社の紅葉写真素材


奥山田天神社の紅葉写真素材


社殿のまわりにはカエデはありませんが、よく手入れされたきれいな境内です。

奥山田天神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

大道神社

案内 写真はクリックすれば拡大

大道神社の写真です。
道路に面した鳥居のまわりをカエデが覆っていて、秋には素敵な紅葉景色が見られます。

大道神社の紅葉写真素材


少しずつ違った角度から。

大道神社の紅葉写真素材


大道神社の紅葉写真素材


大道神社の紅葉写真素材

まっすぐな石段を登り社殿にお詣り。
社殿のバックは緑一色です。

大道神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

桂坂ニュータウン

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市西京区の桂坂ニュータウンの秋の写真をいくつか掲載します。
とてもきれいなモミジバフウの並木が続く桂坂南通り。
歩くだけでも気分が良くなります。
なんとなくバスを入れて撮ってしまうのはなぜでしょうね。

桂坂南通りの写真素材

京都市バス・京阪バス・ヤサカバスがいっぺんに撮れた!

桂坂南通りの写真素材


モミジバフウはカエデよりピークが早いので、このときはスカスカになった木もけっこうありましたが、陽が差すとじゅうぶん輝いていました。11月の中旬ではもう遅いのです。

桂坂南通りの写真素材


アップダウンが激しいので遠くまで並木が見えるのがいいです。
京都でロータリーがあるのも珍しいですね。いま、上賀茂神社とここしか思いつきません。

桂坂南通りの写真素材


次は桂坂野鳥遊園の紅葉。

桂坂野鳥遊園の紅葉の写真素材

あちこちにカエデがあり、落ち着いた秋の景色になっていました。

桂坂野鳥遊園の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

慈徳院

案内 写真はクリックすれば拡大

丹後、与謝野町のもみじ寺、慈徳院さんの写真です。

与謝野町 慈徳院の写真素材


本堂から道をはさんで向かい側の山一面にカエデが植えられていて、真っ赤な光景がみられます。

与謝野町 慈徳院の写真素材

わたしが訪れた日は紅葉見頃のはじめで、グラデーションがきれいでした。

与謝野町 慈徳院の写真素材

山には小道が作られていて散策できます。山には古墳が散在していていくつか札が立てられています。よく見てもどこが古墳かはわかりませんが。
上のほうから見る景色も素晴らしいです。

与謝野町 慈徳院の写真素材


もみじ越しに本堂を見て。
背景には与謝野町の緑の風景が広がっています。

与謝野町 慈徳院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

高台寺

案内 写真はクリックすれば拡大

北政所ねねさんゆかりの高台寺さんの写真です。
青もみじのトンネルになった台所坂。

高台寺 台所坂の青もみじの写真素材


ねねの道を歩いていて思わずすいこまれそうになる景色です。

高台寺 台所坂の青もみじの写真素材


新緑のころの庫裏の前。

高台寺 新緑


波心庭。美しい枝垂桜は元気な葉桜に。

高台寺 新緑

新緑の臥龍池。

高台寺 新緑の臥龍池 写真素材


雨の臥龍池。向こうの斜めの屋根は臥龍廊。

高台寺 雨の臥龍池の写真素材


臥龍池と臥龍廊。

高台寺 雨の臥龍池の写真素材

秋の高台寺の波心庭。

高台寺 秋の写真素材
高台寺、紅葉の写真をもっと見る


雪の降る日の高台寺、石段。

高台寺 雪の写真素材


雪の降る日の高台寺、庫裏。

高台寺 雪の写真素材


しだれ桜咲く春の高台寺波心庭。

高台寺 桜の写真素材


いまお庭に残っている桜は一本だけですが、たいへん形の良い絵になる枝垂桜です。

高台寺 桜の写真素材


高台寺 桜の写真素材


春の夜の高台寺波心庭ライトアップ。

高台寺 桜のライトアップ写真素材


毎年、演出はがらりと変わり、見逃せません。

高台寺 桜ライトアップの写真素材

高台寺 桜ライトアップの写真素材


桜にライトを当て続けないように、ほとんどは暗い時間です。
明るくなるのはほんの数秒。

高台寺 桜ライトアップの写真素材

竹林のライトアップも美しい。

高台寺 竹林 ライトアップの写真素材

竹の隙間に光るのはお月さん。

高台寺 竹林 ライトアップの写真素材


夜の臥龍廊。

高台寺 臥龍廊 ライトアップの写真素材

ねねの道の写真も載せておきます。
石畳が改装されてきれいになったねねの道。
人力車がひんぱんに通ります。

ねねの道の写真素材


いちおう車道なのでクルマも通ります。

ねねの道の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

高台寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
北政所ねねゆかりのお寺、高台寺さんの紅葉の写真です。 高台寺の紅葉の写真素材
高台寺は太閤秀吉の菩提を弔うために、正室の北政所ねねが建立したお寺。 火災などで焼失し、当時から残っているのは開山堂等。 紅葉も美しいが、その前の萩も良い。もちろん春の桜は必見。 春と秋のライトアップもおすすめです。

晴れた日に行くことができました。 高台寺の紅葉の写真素材

高台寺の紅葉の写真素材

高台寺の紅葉の写真素材

次にライトアップの高台寺さんの写真です。
たいへん混雑して人だらけですが、さすがに綺麗です。
方丈の前の広いお庭「波心庭」の写真です。
明るいライトアップではなく、かなり暗いです。写真はもっとも明るいタイミング。この後は闇に近くなります。 高台寺の紅葉ライトアップの写真素材

毎年テーマもレイアウトも変わりますので、この景色はひとシーズン限り。 高台寺の紅葉ライトアップの写真素材

さらに見所は臥龍池に映るカエデなのですが、暗いので手持ちではうまく撮れません。 高台寺の紅葉ライトアップの写真素材

高台寺の紅葉ライトアップの写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の窓の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

京都の窓の紅葉の写真をいくつか。
有名なところでは源光庵の悟りの窓迷いの窓越しの紅葉景色。素敵です。
わざわざ窓を見に出かける価値があります。


まずは源光庵さんの写真です。四角い迷いの窓とまん丸の悟りの窓。
この窓の向こうのカエデは赤くなるのが遅いので、タイミングが読みにくいのです。
鷹峯 源光庵の紅葉の写真素材


こちらも源光庵の窓の紅葉。
鷹峯 源光庵の紅葉の写真素材


東本願寺の庭園、渉成園
赤く燃えておりました。

渉成園の紅葉の写真素材


東福寺塔頭の光明院さん。
羅月庵の丸窓の向こうに波心庭のカエデと苔と石のカラフルな景色。「雲ハ嶺上ニ生ズルコトナク、月ハ波心ニ落ツルコト有リ」

東福寺光明院の波心庭の紅葉の写真素材


鷹ヶ峰の常照寺さん。
遺芳庵の吉野窓。障子が少しだけ開けられています。

常照寺の紅葉


嵯峨野の清凉寺さん。
渡り廊下から見るスライドショーの紅葉。窓とはちょっと違うかもしれませんが。

清凉寺の紅葉


嵯峨野の大河内山荘庭園。

大河内山荘の紅葉


嵯峨野の宝厳院さんの格子。

宝厳院の紅葉の写真素材

追加します。(写真準備中)
ほかには雲龍院・正寿院など。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

興禅寺(南丹市)

案内 写真はクリックすれば拡大

南丹市園部町の曹洞宗のお寺、興禅寺さんの写真です。

興禅寺の写真素材


本堂の前は美しい枯山水になっています。

興禅寺の写真素材


本堂の左手ではカエデが真っ赤に色づいていました。

興禅寺の写真素材


興禅寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

亀岡 延福寺

案内 写真はクリックすれば拡大

亀岡の延福寺さんの写真です。
塀の外からも見える大きな十三重石塔は国の重要文化財。

亀岡 延福寺の写真素材


よく手入れされた庭園。大きな桜の木がありますので、春も楽しみです。

亀岡 延福寺の写真素材

亀岡 延福寺の写真素材


晩秋の延福寺さん。
遠目に見ても境内全体が色とりどりで綺麗です。
左手には赤い二天門が建ちます。

亀岡 延福寺の紅葉 写真素材


亀岡 延福寺の紅葉 写真素材

亀岡 延福寺の紅葉 写真素材

亀岡 延福寺の紅葉 写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

相国寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

金閣寺や銀閣寺の親分ともいえる相国寺さんの紅葉の写真です。
鐘楼の前のカエデが真っ赤です。

相国寺の紅葉


方丈庭園の紅葉。

相国寺の紅葉


天井画「蟠龍図」があり、鳴き龍で知られる法堂の中から。(お許しを得て撮影)

相国寺の紅葉


承天閣美術館の前。

相国寺の紅葉

紅葉の時期にもっとも見たい開山堂。
秋の特別拝観のときだけ見ることができます。

相国寺の紅葉


逆光がちょっとつらい午後。
朝と夕方が良い光だと教えていただきましたので、また機会があれば・・・。

相国寺の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]