sozai_head.jpg

タグ「京都市右京区」の一覧

天龍寺の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨野の天龍寺さんの枝垂桜の写真です。

天龍寺の枝垂桜の写真素材

圧倒的な数と密度を誇る桜群です。

天龍寺の枝垂桜の写真素材


天龍寺の枝垂桜の写真素材

天龍寺の枝垂桜の写真素材


望京の丘は断層。斜面にも大きな桜の樹。

天龍寺の枝垂桜の写真素材

天龍寺の枝垂桜の写真素材

天龍寺の枝垂桜の写真素材

曹源池のまわりの桜は奥ゆかしい感じ。

天龍寺の枝垂桜の写真素材

天龍寺の桜 もっと見る


雪の中の桜。

天龍寺の雪景色の写真素材

夏の桜。

天龍寺の枝垂桜の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

天龍寺

案内 写真はクリックすれば拡大

嵯峨嵐山に建つ臨済宗の大本山、天龍寺さんの写真です。

天龍寺の写真素材

天龍寺の写真素材


小倉山から見る天龍寺。

天龍寺の写真素材

春の天龍寺庭園。
借景の嵐山にもポツポツと桜が咲いています。池は曹源池。大方丈の裏側に広がる大きな池です。

天龍寺の庭園の写真素材

夢窓国師の作といわれる亀山と嵐山を借景にした池泉回遊式の庭園が有名。
世界遺産。嵯峨の天龍寺は京都五山制度では第1位にもなった格式ある禅寺です。明治以降再建の諸堂がたち並びます。

庫裏が拝観の入り口。

天龍寺の写真素材


庫裏の手前に建つ八幡社は霊庇廟と呼ばれます。カエデに覆われた美しいお社です。

天龍寺の神社の写真素材

初夏の曹源池。青もみじ

天龍寺の庭園の写真素材

特に雨の日は美しいです。

天龍寺の庭園の写真素材

大方丈越しに見る青もみじ。

天龍寺の庭園の写真素材

天龍寺の写真素材


半夏生の白い葉。

天龍寺の半夏生の写真素材


夏のしだれ桜。

天龍寺の枝垂桜の写真素材

葉っぱの密度が高いうえ、枝の先はかえるちゃんの池に浸っています。

天龍寺の枝垂桜の写真素材


天龍寺の蓮池。

天龍寺のハスの写真素材


天龍寺の紅葉の写真素材

天龍寺の紅葉の写真はこちら

雪の天龍寺の写真はこちら


天龍寺の桜の写真はこちら

天龍寺の枝垂桜の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

天龍寺の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

天龍寺(てんりゅうじ)

嵯峨野の天龍寺さんの雪景色の写真。 雪に囲まれた曹源池は必見です。
天龍寺の雪景色の写真素材

望京の丘から見おろす境内もきれいです。

天龍寺の雪景色の写真素材

深い断層に巨大な桜。

天龍寺の雪景色の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

虚空蔵法輪寺

案内 写真はクリックすれば拡大

十三まいりのお寺、嵐山の虚空蔵法輪寺さん。

数え年13歳でお詣りします。お詣りの後は「渡月橋を渡り終わるまで振り返ってはならぬ!」と都市伝説のようにいわれています。
振り返るとせっかく授かった知恵が抜けてしまい、元の木阿弥に...。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


もし、渡月橋から振り返れば、こんなふうに緑に埋もれた多宝塔が見えます。

虚空蔵法輪寺の多宝塔の写真素材

虚空蔵法輪寺の山門。夏。
虚空蔵法輪寺


カエデに覆われた石段。
虚空蔵法輪寺


舞台からの眺めは爽快です。向こうの山は五山の送り火の鳥居形。
虚空蔵法輪寺


法輪寺の舞台から見おろす渡月橋。
なぜ渡月橋を渡り終わるまで振り返ってはならないのかというと、かつては渡月橋は「法輪寺橋」といい、文字通り橋までが法輪寺の境内だったからだそうです。
虚空蔵法輪寺


修復されて舞台がきれいになりました。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材

嵐山花灯路でのサイケデリックなプロジェクトマッピング。

虚空蔵法輪寺


桜は早咲き。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


虎の上をピンクの花びらが覆います。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


虚空蔵法輪寺の桜の写真素材


桜のなかの法輪寺多宝塔。

虚空蔵法輪寺の桜の写真素材

紅葉の法輪寺さん。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


渡月橋のほうも真っ赤です。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


舞台から見る紅葉。イチョウも大きい。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


多宝塔。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材

石段上から見下ろす紅葉。

虚空蔵法輪寺の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

平岡八幡宮

案内 写真はクリックすれば拡大

平岡八幡宮は梅ヶ畑八幡宮とも呼ばれています。創建は809年。ご祭神は応神天皇。

新緑に包まれる社殿。

平岡八幡宮の写真素材

拝殿本殿の背後は杉木立。
内陣の「花の天井」が有名で、春と秋に公開されています。

平岡八幡宮の写真素材


石段のわきに大きなカエデがあります。
平岡八幡宮の紅葉


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

清滝不動院

案内 写真はクリックすれば拡大

清滝不動院さんの写真です。

清滝不動院の写真素材

夕方に訪れました。誰もおられない境内でカエデが陽を浴びていました。

清滝不動院の写真素材


清滝不動院の写真素材


歩いて参拝するには清滝トンネルの脇道から山道を登っていきます。
嵐山高雄パークウェイ沿いにも入り口があります。

清滝不動院の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

下稲荷神社

案内 写真はクリックすれば拡大

京北下町の下稲荷神社さんの写真です。
立派な赤い鳥居は上桂川の対岸からもよく見えます。
創建は1112年といわれ、治承寿永の乱や明智光秀の丹波攻めの際に焼失した記録があるそうです。
わきの道を進めば、稲荷谷林道となります。

京北下町の下稲荷神社の写真素材


まっすぐ進んで奥に小さな本殿が建ちます。

京北下町の下稲荷神社の写真素材


向かって右手に境内社。

京北下町の下稲荷神社の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

熊野神社(京北大野町)

案内 写真はクリックすれば拡大

京北大野町の大野公民館のそばに建つ熊野神社さんの写真です。
岩山を背にして西向きの社殿です。

京北 熊野神社の写真素材


紅葉盛りでカラフル。

京北 熊野神社の写真素材


幹の太いイチョウの木が目を引きます。

京北 熊野神社の写真素材

京北 熊野神社の写真素材

このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

三明院(京北)

案内 写真はクリックすれば拡大

京北塔町の三明院さんの写真です。
477号線から狭間峠のほうへ少し入った山際に建つお寺です。

三明院の写真素材


春は境内が桜の木々にすっぽり包まれてしまいます。

三明院の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

山国神社

案内 写真はクリックすれば拡大

広々とした空間の奥に鎮座する京北の山国神社さんの写真です。
京北の山国神社の写真素材


京北の山国神社の写真素材


背の高い杉の木立に囲まれた社殿。
京北の山国神社の写真素材


秋の夕暮れの山国神社。
京北の山国神社の写真素材


真っ赤な葉っぱは桜です。
京北の山国神社と夕日の写真素材

京北の山国神社の写真素材


夕陽が沈んで行きました。
京北の山国神社と夕日の写真素材

京北の山国神社と夕日の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

西院春日神社

案内 写真はクリックすれば拡大
社務所前の六尺藤の花が見頃の5月の西院春日神社
長いときには1メートルを超えるそうです。
西院春日神社 藤
創建は833年、平安初期。奈良春日大社から神様を勧請したもの。

このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

小塩の上げ松

案内 写真はクリックすれば拡大

小塩の上げ松

小塩の上げ松は愛宕信仰に基づく地域の火の祭典。京都府無形民俗文化財。


訪れた年は30分以上も火が入らず見物人はやきもきして見守っていましたが、
もじに火がついて燃え上がると破裂音が鳴り響き迫力がありました。

小塩の上げ松の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

広河原の松上げ

案内 写真はクリックすれば拡大

広河原松上げ

広河原の松上げは、愛宕信仰に基づく火の祭典。20メートルの大傘に向けて火のついた松明を投げ上げ火をつけます。
広河原の松上げの写真素材


実際に見ると大傘はとても高く届かないように思えますが、何度かのトライで火が入り、やがて激しく燃え上がります。

広河原の松上げの写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

直指庵

案内 写真はクリックすれば拡大

大覚寺の北側にある嵯峨野の紅葉の名所、直指庵さんの写真です。

直指庵の紅葉の写真素材


直指庵の紅葉の写真素材

直指庵の紅葉の写真素材

交通の便が悪いぶん、お客さんは比較的少なく、ゆったりと紅葉を楽しめることが多いのではないでしょうか。

直指庵の紅葉の写真素材





直指庵の紅葉の写真素材


直指庵の紅葉



続きまして、直指庵の青もみじの頃の写真です。

直指庵の青もみじの写真素材


直指庵の青もみじの写真素材


直指庵の青もみじの写真素材


直指庵の青もみじの写真素材


直指庵の青もみじの写真素材


直指庵の青もみじの写真素材

もう少しでハートになりそうだったカエデの隙間。

直指庵の青もみじの写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

広隆寺(紅葉/桜)

案内 写真はクリックすれば拡大
太秦の広隆寺さん。
広隆寺

カエデや桜、秋はいろいろな種類の木が色づいてきれいです。
広隆寺の紅葉

広隆寺の紅葉

まだ小さいけれど真っ赤なカエデ。
広隆寺の紅葉

広隆寺の紅葉


次に、桜の頃の写真です。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

西明寺

案内 写真はクリックすれば拡大

神護寺と並んで有名な西明寺さんの紅葉。遠景。

西明寺の写真


西明寺へ渡る指月橋。

西明寺の紅葉

山門。

西明寺の紅葉


山門のわきのカエデがとても紅いです。

西明寺の紅葉


西明寺の紅葉の写真


西明寺の紅葉写真




季節は変わって春の西明寺

西明寺の紅葉の写真

石楠花が咲いています。

西明寺の紅葉の写真

裏山はミツバツツジの群生と山桜。

西明寺の写真




次は5月の西明寺の青もみじ写真

西明寺の青もみじの写真

カエデの緑がまぶしいほどの指月橋。

西明寺の青もみじの写真


川原におりて指月橋を見上げます。昨日は雨だったので川の水が多い。

西明寺の青もみじの写真


山門前には赤いノムラモミジも。

西明寺の青もみじの写真


境内は緑一色でとても清々しいです。

西明寺の青もみじの写真


西明寺の青もみじの写真


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

神護寺

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市近辺では最も早く色づくといわれる神護寺さんの写真です。
長い石段がありますので、健脚の方向きのお寺です。


金堂に向かう幅広い石段。

神護寺の紅葉の写真素材


神護寺の紅葉の写真素材


神護寺の紅葉の写真素材

神護寺の紅葉の写真素材

神護寺の紅葉の写真素材

次は、新緑と青もみじの神護寺の写真。
山門前。あと少しで力尽き、動けなくなっている方をときどき見かけます。

神護寺の新緑の写真素材


青もみじの向こうの鐘楼にかかる梵鐘は875年製。

神護寺の新緑の写真素材

青もみじと石段。そして金堂。

神護寺の新緑の写真素材

金堂の前から五大堂と毘沙門堂を見下ろして。

神護寺の新緑の写真素材


金堂。

神護寺の新緑の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

高山寺

案内 写真はクリックすれば拡大

Kosan-ji
京都の世界遺産の中ではもっとも地味で渋好みのお寺、高山寺さんの写真です。

高山寺の雪景色の写真素材

読み方は「こうさんじ」。こうざんじでもOK。
774年に光仁天皇の勅願により創建されました。はじめは神願寺都賀尾坊といいましたが、1206年に明恵上人が再興した際に高山寺と名付けました。


屋根に雪を載せた石水院。

高山寺の雪景色の写真素材

石水院の入り口。

高山寺の雪景色の写真素材


高山寺の雪景色の写真素材

高山寺の雪景色の写真素材

立ち入ることはできない落板敷のまんなかに、善財童子の木像が置かれています。

高山寺の雪景色の写真素材

高山寺の雪景色の写真素材

石水院の素晴らしい雪景色。

高山寺の雪景色の写真素材

蔀戸のすきまから射す太陽。

高山寺の雪景色の写真素材


日が差してきて、柱の影がくっきりと現れ、降る雪がキラキラと輝きました。

高山寺の雪景色の写真素材


雪が明るく照らす鳥獣人物戯画。
鳥獣人物戯画は鳥羽僧正の作と伝えられてきた絵巻ですが、長い年月にかけて複数の人により描き継がれたものであるようです。

高山寺の雪景色の写真素材

高山寺の雪景色の写真素材

高山寺の雪景色の写真素材

参道。

高山寺の雪景色の写真素材

石段を登れば本堂。

高山寺の雪景色の写真素材

雪の本堂。

高山寺の雪景色の写真素材

雪の開山堂。

高山寺の雪景色の写真素材


雪の茶園。

高山寺の雪景色の写真素材

高山寺の青もみじ
紅葉シーズン以外は無料で入れるのもうれしいです。
青もみじのころが素敵です。森林浴というかんじです。

風情のある石段の先には金堂が建ちます。

高山寺の青もみじの写真素材


金堂は1634年に仁和寺の御堂を移築したもの。

高山寺の青もみじの写真素材


国宝の石水院。
もとは東経蔵で、明恵上人の庵室だった建物です。
たしかに住居っぽいこぢんまりした雰囲気です。

高山寺の写真素材

石水院から見る青もみじの景色。

高山寺の青もみじの写真素材

高山寺の紅葉
落ち着いた秋景色を見ることのできる高山寺境内。
それほど派手な紅葉はありません。
この時期だけは駐車場が500円になり、入山料が500円になり、さらに石水院の800円が必要となりますので、ちょっとびっくりするかもしれません。

高山寺の秋の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

車折神社

案内 写真はクリックすれば拡大

車折神社

拝殿前から枝を伸ばしているのはカエデの木。
車折神社の写真素材

車折神社の写真素材


車折神社の写真素材

境内の北側はすぐ嵐電の駅。

車折神社の写真素材


車折神社の桜


次は春の車折神社です。
車折神社の桜の写真素材

狛犬の上の桜。

車折神社の桜の写真素材

ソメイヨシノよりもだいぶん早く河津桜や彼岸桜が咲いていました。

車折神社の桜の写真素材


車折神社の桜の写真素材


車折神社の桜の写真素材


車折神社の桜の写真素材


車折神社の桜の写真素材


車折神社の桜の写真素材


渓仙桜と呼ばれる白いしだれ桜は、車折神社の中心的な存在。

車折神社の桜の写真素材

車折神社の万灯祭

お盆の行事「車折神社の万灯祭」は夜の10時まで灯りが点いています。 暗い中にも参拝者がたくさんおられました。
車折神社の万灯祭

車折神社の万灯祭の写真素材


嵐山に近いパワースポット車折神社の紅葉の写真です。
拝殿の正面に大きなカエデがあります。

車折神社の紅葉の写真素材


飛び出してくる迫力ある枝ぶり。

車折神社の紅葉の写真素材

車折神社の紅葉の写真素材




芸能神社にも若々しい色合いのカエデ。

車折神社の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

護法堂弁財天(紅葉・青もみじ)

案内 写真はクリックすれば拡大

鳥居本の護法堂弁財天さんの写真です。
五山送り火の鳥居形の曼荼羅山のふもとに建つ小さな弁天さんです。嵯峨の弁天さんとも呼ばれます。

護法堂弁財天の紅葉の写真素材

静かに紅葉を眺められるところです。赤いカエデも黄色いカエデもとてもいい発色。

護法堂弁財天の紅葉の写真素材


初夏のひっそりとした境内。

護法堂弁財天の青もみじの写真素材

通りから少し入っただけですが、山の中にいる感じです。

護法堂弁財天の青もみじの写真素材

護法堂弁財天の紅葉の写真素材

このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年12月 [1]
  2. 2022年9月 [2]
  3. 2022年6月 [2]
  4. 2022年4月 [1]
  5. 2022年3月 [1]
  6. 2022年2月 [1]
  7. 2022年1月 [6]
  8. 2021年12月 [8]
  9. 2021年11月 [1]
  10. 2021年10月 [2]
  11. 2021年9月 [3]
  12. 2021年7月 [1]
  13. 2021年6月 [3]
  14. 2021年5月 [3]
  15. 2021年4月 [1]
  16. 2021年3月 [2]
  17. 2021年2月 [1]
  18. 2020年12月 [3]
  19. 2020年11月 [4]
  20. 2020年10月 [29]
  21. 2020年8月 [34]
  22. 2020年7月 [10]
  23. 2020年6月 [8]
  24. 2020年5月 [21]
  25. 2020年4月 [8]
  26. 2020年3月 [6]
  27. 2020年2月 [4]
  28. 2020年1月 [26]
  29. 2019年12月 [6]
  30. 2019年11月 [2]
  31. 2019年9月 [8]
  32. 2019年8月 [1]
  33. 2019年7月 [10]
  34. 2019年6月 [25]
  35. 2019年5月 [8]
  36. 2019年4月 [16]
  37. 2019年3月 [19]
  38. 2019年2月 [11]
  39. 2019年1月 [12]
  40. 2018年12月 [15]
  41. 2018年11月 [16]
  42. 2018年10月 [67]
  43. 2018年9月 [63]
  44. 2018年8月 [55]
  45. 2018年7月 [29]
  46. 2018年6月 [95]
  47. 2018年5月 [93]
  48. 2018年4月 [93]
  49. 2018年3月 [35]
  50. 2018年2月 [47]
  51. 2018年1月 [10]
  52. 2017年12月 [8]
  53. 2017年11月 [7]
  54. 2017年1月 [4]
  55. 2016年12月 [27]
  56. 2016年11月 [10]
  57. 2016年7月 [1]
  58. 2016年6月 [1]
  59. 2016年4月 [1]
  60. 2016年1月 [1]
  61. 2015年12月 [5]
  62. 2015年8月 [3]
  63. 2015年6月 [4]
  64. 2015年5月 [2]
  65. 2015年3月 [3]
  66. 2014年12月 [2]
  67. 2014年11月 [5]
  68. 2014年10月 [1]
  69. 2014年9月 [3]
  70. 2014年6月 [7]
  71. 2014年5月 [4]
  72. 2014年4月 [1]
  73. 2014年3月 [3]
  74. 2014年2月 [6]
  75. 2014年1月 [9]
  76. 2013年12月 [3]
  77. 2013年9月 [3]
  78. 2013年8月 [3]
  79. 2013年5月 [6]
  80. 2013年4月 [14]
  81. 2013年3月 [7]
  82. 2013年2月 [2]
  83. 2013年1月 [4]
  84. 2012年12月 [4]
  85. 2012年11月 [7]
  86. 2012年10月 [9]
  87. 2012年9月 [8]
  88. 2012年8月 [16]
  89. 2012年7月 [2]
  90. 2012年6月 [1]
  91. 2011年5月 [4]
  92. 2011年4月 [9]
  93. 2010年7月 [1]
  94. 2008年8月 [1]
  95. 2008年7月 [1]
  96. 2008年6月 [2]
  97. 2000年7月 [1]
  98. 2000年5月 [2]
  99. 2000年4月 [1]
  100. 2000年3月 [2]