sozai_head.jpg

タグ「京都市上京区」の一覧

護王神社

案内 写真はクリックすれば拡大

御所の西側に建つ護王神社境内には、イノシシがたくさん。
和気清麻呂公を祀る神社で、足腰守護の神様としても知られています。
すぐ向いは御苑の蛤御門。

護王神社の写真素材


護王神社の写真素材


護王神社の写真素材


節分には立派な装束の赤鬼・青鬼が出ます。

護王神社の鬼の写真素材

護王神社の鬼の写真素材

このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

櫟谷七野神社

案内 写真はクリックすれば拡大

西陣の町のちょっと入りくんだところに建つ櫟谷七野神社の写真です。

櫟谷七野神社の写真素材

復縁を願うひとが密かに訪れる神社でもあります。

櫟谷七野神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

聖アグネス教会

案内 写真はクリックすれば拡大

京都御苑の西に建つ印象的なレンガ造りの教会、聖アグネス教会の写真です。

聖アグネス教会の写真素材


その敷地は古くは足利義昭の二条城だった場所。
外側はレンガでガッシリした感じですが、内部は木のぬくもりあふれるシックな雰囲気です。
アメリカの建築家、ジェームズ・ガーディナーさん設計のゴシック様式の建物。
天井は船底のような形で、ハンマービームトラストという骨組みを使っています。
創建は1898年。そのころからあまり変わっていないそうです。

聖アグネス教会の写真素材


学生でなくても学校関係のひとでなくても、誰でも入れるところです。

聖アグネス教会の写真素材


日曜日には英語聖餐式が行われているので、外国からの観光客も大勢訪れます。

聖アグネス教会の写真素材


聖アグネス教会の写真素材


聖アグネス教会の写真素材

聖アグネス教会の写真素材


一日中、陽の当たらない北側に枝垂桜や八重桜が美しく咲きます。

聖アグネス教会の写真素材

まわりにはハナミズキが植えられています。

聖アグネス教会の写真素材

白とピンクの花の色がレンガの色によく合っているように思います。

ハナミズキ 聖アグネス教会の写真素材


ハナミズキ 聖アグネス教会の写真素材

ハナミズキ 聖アグネス教会の写真素材


ハナミズキ 聖アグネス教会の写真素材

ハナミズキ 聖アグネス教会の写真素材

南側お隣りは菅原院天満宮さん。デザインがまったく合わないのも京都らしいといえるかもしれません。

菅原院天満宮の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

廬山寺

案内 写真はクリックすれば拡大

紫式部が源氏物語を書いていたまさにその場所とされる廬山寺さんの写真です。
カエデは塀の向うからお庭に枝を差し掛けています。

廬山寺の紅葉写真素材

廬山寺の紅葉写真素材

節分には鬼が三匹やってくる。先頭は赤鬼。

廬山寺の鬼の写真素材

廬山寺さんの桔梗のお庭「源氏の庭」。


桔梗は見頃期間が長いので、7月〜8月に行けば美しい光景が見られます。

廬山寺の桔梗

廬山寺の桔梗


入り口にフジバカマの鉢が置かれています。

廬山寺のフジバカマの写真素材


アオスジアゲハが飛ぶ。

廬山寺のフジバカマの写真素材

廬山寺のフジバカマの写真素材

このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

梨木神社

案内 写真はクリックすれば拡大

京都御苑のおとなりの梨木神社さんの写真です。
紅葉の季節。

梨木神社の紅葉の写真素材


萩の咲く初秋の梨木神社

梨木神社の紅葉の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

北野天満宮 御土居の紅葉・青もみじ

案内 写真はクリックすれば拡大
北野天満宮の御土居の紅葉です。
流れている川は紙屋川。 北野天満宮の紅葉

北野天満宮の紅葉

こちらは初夏の青もみじの写真。 2015年から公開になりました。
北野天満宮の御土居の青もみじ

このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

雪の北野天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

受験の神様北野天満宮さんの雪景色です。
朝は5時半に門が開きます。みなさん総出で雪かきをしておられます。

雪の北野天満宮

雪が降った日はもう受験シーズン真っただ中だからか、朝早すぎるからか、お詣りの学生さんはおられませんでした。
みなさん最後は自力でがんばるしかない。


牛は雪をかぶり、白い梅はつぼみがふっくら膨らんでいます。

雪の北野天満宮の牛と白梅

雪は降ったりやんだり。ときどき陽も差したり。

雪の北野天満宮本殿拝殿

朝日がパッと差して、社殿の屋根の雪が輝きました。社殿は国宝です。

雪の北野天満宮本殿拝殿


中門(三光門)から拝殿を見て。

雪の北野天満宮本殿拝殿

咲いた梅の花に雪が積もると、なんともいえず美しいのですが、この日はまだ1月半ばで白梅が少ししか咲いていませんでした。
白梅に雪が積もっても見えない!


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

北野天満宮

案内 写真はクリックすれば拡大

学問の神として知られる菅原道真を祀る北野天満宮さん。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の写真素材


日本全国の天満宮のトップの社です。

北野天満宮の写真素材


京都の受験の神様といえば北野天満宮。
だれもがテストの前にまずお参りするのはここ。
祈願すれば京都大学だって一発合格。

北野天満宮の雪の写真素材

本殿・拝殿など桃山時代の建物がたち、史跡や遺跡も。
毎月25日は縁日。梅の名所としても全国的に有名です。

北野天満宮の雪の写真素材


比叡山から遠望。緑の部分は手前から北野天満宮と平野神社、妙心寺、双ヶ丘。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の節分。一番うしろにいても豆はしっかり飛んできました!

北野天満宮の節分の写真素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材


短冊がキラキラリン。

北野天満宮の七夕のgif動画素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材

北野天満宮の七夕。

北野天満宮の写真素材


北野天満宮の写真素材


本殿前の茅の輪。

北野天満宮の茅の輪の写真素材


楼門の大茅の輪。

北野天満宮の茅の輪の写真素材


直径5mの茅の輪は京都でも最大級。
城南宮のクルマ用の茅の輪の次に大きいかしら。

北野天満宮の茅の輪の写真素材


北野大茶会のときの井戸。

北野天満宮の井戸 写真素材

灯籠の大黒様は鼻がえぐれています。

北野天満宮の写真素材

北野天満宮の花手水。梅の紋がデザインされたビタミンカラー。

北野天満宮の花手水の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

祐正寺

案内 写真はクリックすれば拡大

娶妻結地蔵(つまとりじぞう)で知られる祐正寺さんの写真です。

祐正寺の写真素材

境内の左手奥が地蔵堂。

祐正寺の写真素材

見事すぎるしだれ梅。

祐正寺のしだれ梅 写真素材

たった1本で圧倒されます。

祐正寺のしだれ梅 写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

十念寺

案内 写真はクリックすれば拡大

よそにはないしゃれた本堂を持つ十念寺さんの写真です。
前庭もいつもきれいに手入れされています。

十念寺の写真素材

1431年の創建で、この地には桃山時代に移っています。
この本堂が建ったのは1993年。一心寺の住職の設計だそうです。

十念寺の写真素材

十念寺の写真素材


夏の十念寺さん。

十念寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

宝鏡寺

案内 写真はクリックすれば拡大

宝鏡寺さんの写真です。百々御所とも呼ばれます。
皇族の子女たちが入寺して暮らした門跡寺院で、天皇から贈られたお人形が次第に増えていき、人形寺と呼ばれるようになりました。

宝鏡寺門前。春の人形展の看板が出ています。

宝鏡寺の写真素材

宝鏡寺さんのカエデは巨大です。

宝鏡寺の紅葉の写真素材


宝鏡寺の紅葉の写真素材

たくさんの人形のなかでも有名なのは万勢伊さん。
後西天皇の皇女のものだった人形で、持ち主のことを気遣い、毎晩あんどんを手に持ってお寺の境内を見回ったそうです。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

阿弥陀寺(寺町)

案内 写真はクリックすれば拡大
阿弥陀寺の写真素材


寺町の阿弥陀寺さんは織田信長や織田信忠、森蘭丸のお墓があるお寺。

阿弥陀寺の紅葉の写真素材

阿弥陀寺の真っ赤なカエデ。

阿弥陀寺の紅葉の写真素材


夏のカエデの下のお地蔵さん。

阿弥陀寺の地蔵の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

本隆寺

案内 写真はクリックすれば拡大

西陣の本隆寺さんの写真です。
焼けずの寺、不焼寺とも呼ばれます。
大きな本堂。

本隆寺の本堂


本堂のわきの夜泣止松。

本隆寺の松の写真素材


本隆寺百日紅はそれはそれはもう見事!

本隆寺のさるすべりの写真素材

花の密度がすごいです。

本隆寺のさるすべりの写真素材

これでもピークを少し過ぎているとか。

密度が高い本隆寺の桜。

本隆寺の桜の写真素材

本隆寺の桜の写真素材

本隆寺の桜の写真素材

本隆寺の桜の写真素材

裏手の斜めの桜もすごい密度。

本隆寺の桜の写真素材

紅枝垂れ桜も咲いています。

本隆寺の桜の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

有栖館(有栖川宮旧邸)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都御苑の西に建つ有栖川宮旧邸は、いまは平安女学院大学のキャンパスに含まれています。

有栖館(有栖川宮旧邸)の桜の写真素材


国登録有形文化財に指定されており、一般のひとは入ることはできませんが、春などに数日だけ一般公開されることがあります。邸内には小川治兵衞が作庭した庭園があります。
巨大なしだれ桜があり、土塀の外へあふれるように枝を広げていますので、通るひとも桜を楽しむことができます。

有栖館(有栖川宮旧邸)の桜の写真素材

醍醐三宝院から分けられた桜だということです。
向こうに見えるのは同じく平安女学院の文化財の聖アグネス教会

有栖館(有栖川宮旧邸)の桜の写真素材


見頃を迎えたばかりなので、花の色は濃いピンクです。

有栖館(有栖川宮旧邸)の桜の写真素材

ソメイヨシノよりも早くに満開をむかえる桜です。

旧有栖川邸の枝垂桜の写真素材

5月になり、桜は葉桜になりました。

旧有栖川邸の枝垂桜の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

本満寺

案内 写真はクリックすれば拡大

本満寺の大枝垂桜は知る人ぞ知る京都の名木。

本満寺の枝垂桜の写真素材


真っ白な花が満開になるとため息を誘います。

本満寺の枝垂桜の写真素材


形の良さも京都を代表するにふさわしい。

本満寺の桜の写真素材

本満寺の桜の写真素材

円山公園の「祇園しだれ桜」と姉妹樹で、樹齢は90年を越えたそうです。

本満寺の枝垂桜の写真素材


枝垂桜はたった1本ですが、存在感がすごいです。

本満寺の枝垂桜の写真素材


本満寺の桜の写真素材

妙見宮の山桜も同じタイミングで満開でした。

本満寺の桜の写真素材


本満寺の桜の写真素材


本満寺の桜の写真素材


テレビなどで有名になったせいで見にくるひとが増え、桜の根を踏まれることによるダメージが深刻になったため、いまは防護のための柵が設置されています。

本満寺の枝垂桜の写真素材

他には少し咲くタイミングは後になりますが、ソメイヨシノもあります。

しだれ桜の散ったあとには八重桜が咲きます。

本満寺の八重桜の写真素材

本満寺の八重桜の写真素材


しだれ桜はこんもりと葉桜になり、大輪の牡丹が次々と咲きます。

本満寺の桜と牡丹の写真素材


本満寺の桜と牡丹の写真素材


本満寺の牡丹の写真素材


夏の本満寺の桜の下は薄暗いほどです。

夏の本満寺の桜の写真素材


晴れているのに不安なほど暗い。

夏の本満寺の桜の写真素材


秋の静かな境内。

本満寺の写真素材

裏手の墓地にまわれば山中鹿之助のお墓があります。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラムで最新の写真をごらんいただけます → 最近撮影した京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年12月 [1]
  2. 2022年9月 [2]
  3. 2022年6月 [2]
  4. 2022年4月 [1]
  5. 2022年3月 [1]
  6. 2022年2月 [1]
  7. 2022年1月 [6]
  8. 2021年12月 [8]
  9. 2021年11月 [1]
  10. 2021年10月 [2]
  11. 2021年9月 [3]
  12. 2021年7月 [1]
  13. 2021年6月 [3]
  14. 2021年5月 [3]
  15. 2021年4月 [1]
  16. 2021年3月 [2]
  17. 2021年2月 [1]
  18. 2020年12月 [3]
  19. 2020年11月 [4]
  20. 2020年10月 [29]
  21. 2020年8月 [34]
  22. 2020年7月 [10]
  23. 2020年6月 [8]
  24. 2020年5月 [21]
  25. 2020年4月 [8]
  26. 2020年3月 [6]
  27. 2020年2月 [4]
  28. 2020年1月 [26]
  29. 2019年12月 [6]
  30. 2019年11月 [2]
  31. 2019年9月 [8]
  32. 2019年8月 [1]
  33. 2019年7月 [10]
  34. 2019年6月 [25]
  35. 2019年5月 [8]
  36. 2019年4月 [16]
  37. 2019年3月 [19]
  38. 2019年2月 [11]
  39. 2019年1月 [12]
  40. 2018年12月 [15]
  41. 2018年11月 [16]
  42. 2018年10月 [67]
  43. 2018年9月 [63]
  44. 2018年8月 [55]
  45. 2018年7月 [29]
  46. 2018年6月 [95]
  47. 2018年5月 [93]
  48. 2018年4月 [93]
  49. 2018年3月 [35]
  50. 2018年2月 [47]
  51. 2018年1月 [10]
  52. 2017年12月 [8]
  53. 2017年11月 [7]
  54. 2017年1月 [4]
  55. 2016年12月 [27]
  56. 2016年11月 [10]
  57. 2016年7月 [1]
  58. 2016年6月 [1]
  59. 2016年4月 [1]
  60. 2016年1月 [1]
  61. 2015年12月 [5]
  62. 2015年8月 [3]
  63. 2015年6月 [4]
  64. 2015年5月 [2]
  65. 2015年3月 [3]
  66. 2014年12月 [2]
  67. 2014年11月 [5]
  68. 2014年10月 [1]
  69. 2014年9月 [3]
  70. 2014年6月 [7]
  71. 2014年5月 [4]
  72. 2014年4月 [1]
  73. 2014年3月 [3]
  74. 2014年2月 [6]
  75. 2014年1月 [9]
  76. 2013年12月 [3]
  77. 2013年9月 [3]
  78. 2013年8月 [3]
  79. 2013年5月 [6]
  80. 2013年4月 [14]
  81. 2013年3月 [7]
  82. 2013年2月 [2]
  83. 2013年1月 [4]
  84. 2012年12月 [4]
  85. 2012年11月 [7]
  86. 2012年10月 [9]
  87. 2012年9月 [8]
  88. 2012年8月 [16]
  89. 2012年7月 [2]
  90. 2012年6月 [1]
  91. 2011年5月 [4]
  92. 2011年4月 [9]
  93. 2010年7月 [1]
  94. 2008年8月 [1]
  95. 2008年7月 [1]
  96. 2008年6月 [2]
  97. 2000年7月 [1]
  98. 2000年5月 [2]
  99. 2000年4月 [1]
  100. 2000年3月 [2]