sozai_head.jpg

タグ「雪」の一覧

京都の町並み

案内 写真はクリックすれば拡大
京都の町並みといえば、求められる写真は祇園や先斗町・上七軒などの町家でしょうか。
いくつかアップしておきます。
先斗町、花見小路、祇園、西陣などアップしていきます。


祇園白川あたり。枝垂桜がきれい。
京都の町並み

巽橋。
京都の町並み

巽橋の先。
京都の町並み

新橋通りの落ち着いた町並み。
祇園の写真素材
雪の二年坂。
二年坂の雪の写真素材

三年坂。
三年坂の雪の写真素材

真夏の三年坂。
三年坂の写真素材

夕方の三年坂あたり。
三年坂の写真素材

京都は夜が早いので三年坂もほとんど人がいなくなります。 三年坂の写真素材

石塀小路(いしべこうじ)。

東山花灯路のときの石塀小路。
東山花灯路の石塀小路の写真素材


日暮れの祇園の塔。
祇園閣の写真素材


遠めの八坂の塔。高台寺の駐車場から。

八坂塔の下の町並み。八坂の塔の西側です。うっすらと雪が積もる朝。
八坂の塔の写真素材

あー、おじさんが写っちゃった。
八坂の塔の写真素材

こんどは八坂の塔の東側です。
八坂の塔の写真素材

塔の下の町並み。
八坂塔の下の町並みの写真素材

雨がしとしと降る祇園花見小路。四条より南側の町並みです。
祇園花見小路の町並み写真

祇園花見小路の町並み写真

ポストも古風です。車も走っていいのですが、石畳なのでちょっと躊躇します。 花見小路の町並みの写真素材

先斗町の小道。道路は工事中で、いつもの模様は無し。
先斗町の写真素材


夕立土砂降りの膏薬辻子(こうやくのずし)。四条通から綾小路通に抜ける風情ある路地です。
膏薬辻子の路地の夕立の写真素材

北野天満宮のそば、上七軒。
上七軒 京都の町並みの写真素材
上七軒の写真
御池の柊屋旅館。 京都の町並みの写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

八瀬

案内 写真はクリックすれば拡大

風光明媚な八瀬の写真をいくつか掲載します。

八瀬の写真素材

八瀬川とも呼ばれる高野川。

八瀬の写真素材


叡電の八瀬比叡山口駅。

八瀬の写真素材


高野川を渡る叡電の列車。

八瀬の写真素材

叡山ケーブルのケーブル八瀬駅。

八瀬の写真素材

ケーブルで車両をグイグイとひっぱり、あっという間に比叡山の上へ。

八瀬の写真素材

カエデがいっぱいの八瀬もみじの小径。叡山ケーブルの駅のすぐそばです。
平安遷都千百年紀念塔が建っています。

八瀬の写真素材


八瀬もみじの小径からケーブルカーを見て。

八瀬の写真素材


雪の日の八瀬。

八瀬の写真素材

八瀬の写真素材

八瀬の写真素材

八瀬の写真素材


高野川に沿って奥に進めば「瑠璃の庭」が有名な瑠璃光院さんが建ちます。

瑠璃光院の青もみじの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

雪の京都の写真

案内 写真はクリックすれば拡大

京都市内は年に2〜3回しかが積もりません。それもお昼には融けてしまうことが多いです。
雪の写真を撮り溜めるのは何年もかかります...。

金閣寺

が積もったとき、たくさんの方の脳裏に「そうだ!雪の金閣寺を見よう!」という思いがわき起こるようで、そんな日の金閣寺は拝観券を買うのに長い行列ができてしまうほど。 ひとことで言えば「激混み」です。帰りのバス停もたいへんなことに...。
金閣寺の雪景色の写真素材
雪の金閣寺の写真

銀閣寺

金閣寺ほどではありませんが、雪の銀閣寺も混みます。 雪が多いと山手を回遊できる道が通行止めになりますので、いつもより歩ける範囲がだいぶんせまくなります。
雪の日の銀閣の写真素材
雪の銀閣寺の写真

清水寺

元々美しい景色をほこる清水さん。雪の積もった清水の舞台はさらに綺麗です。 舞台は傾斜しているので、すってんころりん事故防止のため舞台の外側は入れなくなります。
清水寺の雪の無料写真素材
雪の清水寺の写真

清水・二年坂

絵になる清水の二年坂や三年坂。転ぶと二年以内・三年以内に死にますのでそろそろと歩いてください。
二年坂の雪の無料写真素材
雪の二年坂・三年坂の写真

平安神宮

敷地が広いだけに平安神宮は雪が積もるとシンプルで美しい光景を見ることができます。 早朝から開いていますので、写真を撮るなら暗いうちに。
平安神宮の雪の無料写真素材
雪の平安神宮の写真


貴船神社


本殿への石段の雪景色がきれいです。駅から雪の中を歩くのは難儀します。
奥宮まで行けば、雪の深さが違います。
最近では積雪のある日だけライトアップを行っておられます。
貴船神社の雪景色の無料写真

雪の貴船神社の写真


鞍馬寺


鞍馬山に雪が積もると本殿までのつづら折りの山道を歩くのはなかなかたいへん。
山奥だけに景色は雄大です。
奥の院までも行けますが、わたしはやめておきました。
鞍馬寺の雪景色の無料写真

雪の鞍馬寺の写真


妙満寺


岩倉幡枝の妙満寺さん。有名な「雪の庭」は、ぜひ雪の日に見たいものです。
妙満寺の雪景色の無料写真

雪の妙満寺の写真


下鴨神社


世界遺産下鴨神社の雪景色。雪でも初詣客は続々と。
下鴨神社の雪景色の無料写真

雪の下鴨神社の写真

上賀茂神社

世界遺産上賀茂神社の雪景色。広大な芝生の参道が雪で真っ白に。
上賀茂神社の雪景色の無料写真
雪の上賀茂神社の写真


鴨川


雪の朝の鴨川デルタ。遊んでいる人がたくさん。
川の雪景色は広がりがあっていいですね。
京都 鴨川の雪の無料写真

雪の鴨川の写真


相国寺


同志社のすぐ北側にありますが、雪が積もると山奥のお寺みたいになりました。
相国寺の雪景色の無料写真素材

雪の相国寺の写真

天龍寺

天龍寺さんは世界遺産。池越しの雪景色がきれいです。屋根にたくさん雪を積んでいます。
天龍寺の雪景色の写真素材
雪の天龍寺の写真

渡月橋

京都の雪景色の定番のひとつ。白い嵐山を背景にした渡月橋は確かにとても美しい。
京都 嵐山 渡月橋の雪の写真素材
雪の渡月橋の写真


常寂光寺


小倉山の中腹の常寂光寺さんの雪景色。多宝塔が雪に映えます。
常寂光寺の雪の写真素材

雪の常寂光寺の写真

愛宕念仏寺

愛宕念仏寺まで歩くとなるとけっこうたいへんです。でも雪の積もる羅漢さんは見応えがあります。
愛宕念仏寺の雪景色の写真素材
雪の愛宕念仏寺の写真

祇王寺

雪の積もった苔庭に陽が差すとカエデの影がゆらゆらとできて幻想的。
祇王寺の雪景色の写真素材
雪の祇王寺の写真

仁和寺

御室桜のころもある意味雪景色のようですが、本当の雪景色もまた格別です。
仁和寺の雪景色の写真素材
雪の仁和寺の写真

龍安寺

ザロックガーデンインザスノウ。 軽い積もり方で砂紋がうっすら見えるほうが良しとされます。
龍安寺の雪景色の写真素材
雪の龍安寺の写真

青蓮院

青蓮院門跡の雪景色。建物の中の畳も床も冷え冷えとしていました。
雪の青蓮院門跡の写真素材
雪の青蓮院の写真

霊鑑寺

寒い季節、霊鑑寺さんはずっと閉まったままです。でも門前の景色はいいです。
雪の霊鑑寺の写真素材
雪の霊鑑寺の写真

安楽寺

安楽寺さんも冬は閉まっています。
雪の安楽寺の写真素材
雪の安楽寺の写真


哲学の道


哲学の道を歩くひとも秋が終われば少ないです。雪の日はあまり人に会いませんでした。
哲学の道・雪の写真素材

雪の哲学の道の写真

南禅寺

雪の中、早朝にもかかわらず参拝者はちらほらとありました。
南禅寺の雪の写真素材
雪の南禅寺の写真


永観堂


モミジの永観堂も真っ白。ついひと月前は境内は真っ赤だったのに魔法のようです。
永観堂の雪景色の無料写真素材
雪の永観堂の写真


毘沙門堂


雪が降ると良い景色がいっぱいの毘沙門堂。
毘沙門堂 本堂の雪景色の写真素材

雪の毘沙門堂の写真


琵琶湖疏水


凍りそうに見える疏水の水。でも、陽が差すとすぐにいつもどおりの景色に戻ります。
雪 京都山科の疏水の写真素材

雪の琵琶湖疏水の写真


鉄道


雪の朝も、山科の築堤をたくさんの列車が行き交います。
雪 京都山科のJRの写真素材

雪の鉄道の写真

天橋立

雪の積もった天橋立は美しさが際立ちます。
雪の天橋立の写真素材
雪の天橋立の写真


雨の京都の写真はこちらに


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

嵐山 渡月橋・冬・雪

案内 写真はクリックすれば拡大
嵐山 渡月橋の雪景色写真追加しました。 京都 嵐山 渡月橋の雪の写真素材
ちょっと青空も出て清々しい景色ですが、写真を撮っているととなりの若者が叫びました。「くそ寒い!」
おっしゃるとおりで、川端は空気もキンキンに冷えています。

ミニチュア写真風に。

雪の降る嵐山 渡月橋です。 京都 嵐山 渡月橋の冬の写真素材
さすがに観光客も少ないですが、それでも人の流れはありますし、人力車もスタンバイしています。 京都 嵐山 渡月橋の冬の写真素材

渡月橋のライトアップ。嵐山花灯路のメインの景色です。 嵐山花灯路の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

清水寺の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

清水寺(きよみずでら)

清水寺の冬景色・雪景色を掲載します。
いわゆる「ゆきよみず」です。
清水寺は開門が6時とすごく早いので、雪が積もったら一目散に見に行くといいです。

ちらちらと雪の降る音羽の滝。 (これも動くWEB素材としてお使いいただけます。)
清水寺の冬の音羽の滝 写真素材


少し雪の積もった朝一番の仁王門。
清水寺の冬の写真素材


日の出直後の空がきれいです。
清水寺の冬の写真素材


清水寺の冬の写真素材


西門から雪の京都市街を覗き見る。
清水寺の冬の写真素材


雪の降る清水寺三重塔。
清水寺の冬の写真素材


間近に見る雪の三重塔。
清水寺の冬の写真素材


相輪の先。
清水寺の冬の写真素材


いわゆる「清水の舞台」です。寄棟造・桧皮葺きで139本の柱に支えられて崖に立っています。 清水寺の雪の写真素材

江戸時代の再建ですが、もとは坂上田村麻呂が長岡京の紫宸殿を賜わったものとされ、寝殿造風の豪壮優美な建物。舞台からは市街を一望できます。

清水の舞台から子安の塔のほうを眺めて。 清水寺の雪の写真素材

だんだん空に色がついてきました。 清水寺の雪の写真素材

西山にはもう日が差しています。融けるのも早そうです。 清水寺近辺の旅館はこちら


雪の清水の舞台を子安の塔から見たところ。 清水寺の雪

雪に霞む西山方面。
清水寺の冬の写真素材


市街は晴れていますが、向こうはまだ雪の中かも。
清水寺の冬の写真素材


音羽の滝も朝はだれもいません。
清水寺の冬の写真素材

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

一年坂・二年坂・三年坂(一念坂・二寧坂・産寧坂)

案内 写真はクリックすれば拡大

清水界隈の雪景色の写真です。

二年坂の雪の写真素材

JR東海そうだ京都行こうのポスターにもなった二年坂(二寧坂)です。3つの傘が印象的です。

二年坂の雪の写真素材


こちらはうっすらと雪の積もる夜明け前の二年坂

二年坂の雪の写真素材


こちらは明保野亭の枝垂桜が美しい三年坂(産寧坂)を見おろして。

三年坂の枝垂桜の写真素材


三年坂の雪の写真素材

三年坂を坂下から。

三年坂の雪の写真素材


三年坂の雪の写真素材


次に5月の清水界隈。

二年坂の雪の写真素材


産寧坂を下から。

産寧坂の写真素材


産寧坂を坂上から。

産寧坂の写真素材


明保野亭の枝垂桜が木陰を作ります。

産寧坂のあけぼの亭の写真素材

夏の宵の産寧坂。

清水寺の周辺の夜景の写真素材

夏の夜の産寧坂。

清水寺の周辺の夜景の写真素材


産寧坂。

清水寺の周辺の夜景の写真素材

そばの路地の奥に八坂の塔。

八坂の塔の写真素材


伏見稲荷のキツネのお面をつけたカップル。
着物をレンタルするときにいっしょにお面もレンタルできるところがあります。

二年坂の写真素材

夜の二年坂。

清水寺の周辺の夜景の写真素材

ねねの道から二年坂に抜ける一念坂。100mもない短いゆるい坂道です。

一念坂の写真素材

そのほか、京都の坂道の写真はこちらに


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

なかなか雪が積もらない京都の鉄道の雪の写真です。

天橋立と丹鉄の青い列車。

天橋立 京都丹後鉄道の雪景色の写真素材

山科の築堤を走る列車。

山科の築堤を走るJRの列車の写真素材

いつもの景色がスペシャルに見えます。

雪 京都山科のJRの写真素材


山科は京都市街に比べれば雪は多めですが、それでもなかなかこの景色は見られません。

雪 京都山科の貨物列車の写真素材


雪 京都山科のJRの写真素材


サンライズ瀬戸出雲。

雪 京都山科の<br />
サンライズ瀬戸出雲の写真素材

サンライズ瀬戸出雲。

雪 京都山科のJRの写真素材


サンダーバード。

雪 京都山科のJRの写真素材

雪 京都山科のJRの写真素材


このあと朝日が差すと雪はすぐに消えてしまいました。

雪 京都山科のJRの写真素材


叡電の雪景色。

雪 叡電の写真素材


終点の八瀬比叡山口駅の少し西の橋梁にて。

雪 叡電の写真素材


雪 叡電の写真素材

早朝の天橋立駅。列車が遠ざかっていきます。京都丹後鉄道。

雪 京都丹後鉄道 天橋立駅の写真素材


天橋立駅の西側。

雪 京都丹後鉄道の写真素材

天橋立駅の雪景色。京都丹後鉄道。

雪 京都丹後鉄道 天橋立駅の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(丹鉄)

案内 写真はクリックすれば拡大

丹鉄です。
京都丹後鉄道の写真です。
天橋立。

天橋立 京都丹後鉄道の雪景色の写真素材


保津峡を渡る丹後の海。

京都丹後鉄道の写真素材


由良川橋梁。

京都丹後鉄道の写真素材


第二大堰川橋梁のうえの丹後の海。

京都丹後鉄道の写真素材


しかし、京都市内からはなかなか気軽に撮りに行ける距離ではありませんので、まずは京都駅まで来てくれる丹後の海の写真を。


二条駅の近くで。五山送り火の船形が右奥に見えます。

京都丹後鉄道の写真素材


その左側には左大文字も。

京都丹後鉄道の写真素材

花園駅の近くで。嵐山に向かって登っていく丹後の海。

京都丹後鉄道の写真素材


太秦駅の近くで。

京都丹後鉄道の写真素材


嵯峨嵐山駅の近くで。

丹鉄「丹後の海」の写真素材

嵯峨嵐山駅の近くで。

京都丹後鉄道の写真素材


京都丹後鉄道の写真素材


京都丹後鉄道の写真素材


俯瞰すると青い鉛玉みたいです。

京都丹後鉄道の写真素材


連結部分がおもしろい。

京都丹後鉄道の写真素材


トンネルから現れる青い顔面。

京都丹後鉄道の写真素材


保津峡駅をあまりスピードを落とさずに通過。
保津峡は紅葉シーズンを迎えています。

京都丹後鉄道の写真素材

保津峡の橋梁を林道から。列車はお昼前に京都方面に向かっていきました。

京都丹後鉄道の写真素材


馬堀駅のカーブを通過。なんだか汚れています。

丹鉄「丹後の海」の写真素材

溜池のそばを走る。千代川駅と並河駅のあいだ。

丹鉄「丹後の海」の写真素材


右の山は牛松山。たぶん。

丹鉄「丹後の海」の写真素材


宅地になりつつある一画です。

丹鉄「丹後の海」の写真素材

姿の良い杜に包まれた藤越神社。

京都丹後鉄道の写真素材


スピードを落とさず走り抜けていきました。

京都丹後鉄道の写真素材


宮垣神社のそばの踏切で。

京都丹後鉄道の写真素材

安全に正面から撮影できるところです。

京都丹後鉄道の写真素材


園部駅のそばの園部川。

京都丹後鉄道の写真素材


船岡駅の北側の橋梁。第二大堰川橋梁。

京都丹後鉄道の写真素材


カーブしながらトンネルに入ってきます。

京都丹後鉄道の写真素材


去りゆく姿を遠くから見送ります。

京都丹後鉄道の写真素材

ススキの原を行く丹後の海。

京都丹後鉄道の写真素材


原っぱの小さな橋梁を渡ります。

京都丹後鉄道の写真素材

下山駅の近くの高屋川橋梁。

京都丹後鉄道の写真素材

福知山駅に停車するあおまつ。

あおまつ 京都丹後鉄道 福知山駅の写真素材

あおまつから見た丹後の海。

京都丹後鉄道の写真素材

早朝の水戸谷川橋梁。

京都丹後鉄道の写真素材

若宮神社前。

京都丹後鉄道の写真素材


京都丹後鉄道の写真素材


丹後大宮あたり。丘のうえから列車がちょろっと見えました。

京都丹後鉄道の写真素材


丹後大宮駅と峰山駅のあいだ。夜明け前の列車です。

京都丹後鉄道の写真素材

京都丹後鉄道の写真素材

甲山の大文字をバックに走る青い列車。久美浜。

京都丹後鉄道の写真素材


のんびりとカーブを曲がってくる青い列車。

京都丹後鉄道の写真素材


京都丹後鉄道の写真素材


田んぼのふちを走る青い列車。かぶと山駅の東。

京都丹後鉄道の写真素材


ぐるっとどこまでも列車が見える楽しい場所です。

京都丹後鉄道の写真素材

夕日ヶ浦木津温泉駅。

京都丹後鉄道の写真素材

京都丹後鉄道の写真素材


京都丹後鉄道の写真素材


網野駅。

京都丹後鉄道の写真素材


網野の大きなカーブ。福田川橋梁のところ。

京都丹後鉄道の写真素材

天橋立駅に入ってくる青い列車。

天橋立 京都丹後鉄道の雪景色の写真素材


ホテル北野屋さんの前。天橋立駅〜岩滝口駅。

京都丹後鉄道の写真素材


京都丹後鉄道の写真素材

この場所は右も左もS字カーブです。

京都丹後鉄道の写真素材


雪の朝。まだ暗いなか列車がやってきます。

雪 京都丹後鉄道の写真素材

雪 京都丹後鉄道の写真素材


天橋立駅の雪景色。

雪 京都丹後鉄道 天橋立駅の写真素材

天橋立駅の雪景色。

雪 京都丹後鉄道 天橋立駅の写真素材

天橋立駅の雪景色。

雪 京都丹後鉄道 天橋立駅の写真素材

夕陽を浴びる列車。海園望。宮津駅と栗田駅のあいだ。
座席も光っています。

京都丹後鉄道の写真素材

もう一本あとの列車。

京都丹後鉄道の写真素材


栗田湾と丹後の海。
休耕寺さんのそばのカーブで。栗田駅と丹後由良駅のあいだ。

京都丹後鉄道の写真素材


朝6時台の丹後の海。

京都丹後鉄道の写真素材


京都丹後鉄道の写真素材


由良川のそばで。

京都丹後鉄道の写真素材


由良川橋梁を渡る丹鉄の列車。
朝7時台。海がキラキラ。

京都丹後鉄道の写真素材

夏のお昼前。暑すぎるからか砂浜が蜃気楼になって浮いています。

京都丹後鉄道の写真素材


左岸の由良オリーブもみじ公園から。
安寿と厨子王丸の像が立つ公園です。

京都丹後鉄道の写真素材


一番上の展望台はジャングルになっていて、展望がほんの少ししかありませんでした。

京都丹後鉄道の写真素材

京都丹後鉄道の写真素材


京都丹後鉄道の写真素材


右岸からも撮影。

京都丹後鉄道の写真素材

由良川橋梁の上。爽快。

京都丹後鉄道 由良川橋梁の写真素材


同じく由良川橋梁の上。あかまつの車内から。
雨の日。

京都丹後鉄道 由良川橋梁の写真素材


四所駅。あかまつの車内から。

雨 京都丹後鉄道の写真素材


雪の残る東雲駅。

雪 京都丹後鉄道 東雲駅の写真素材


東雲駅の南。

京都丹後鉄道の写真素材


見えるのは緑ばかり。

京都丹後鉄道の写真素材


森のトンネルになっています。

京都丹後鉄道の写真素材


四所駅。

京都丹後鉄道の写真素材


京都丹後鉄道の写真素材

控えめな煙が上がります。

京都丹後鉄道の写真素材


京都丹後鉄道の写真素材


四所駅の近くの踏切で。

京都丹後鉄道の写真素材


西舞鶴駅のタンゴエクスプローラーとくろまつ。

雪 京都丹後鉄道 西舞鶴駅の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の鉄道(叡山ケーブルと叡山ロープウェイ)

案内 写真はクリックすれば拡大

八瀬から比叡山に登る叡山ケーブルの写真です。
京福電気鉄道の運営するケーブルカーです。

叡山ケーブルの写真素材


比叡山のふもとのケーブル八瀬駅と中腹のケーブル比叡駅を結んでいます。
その先の山頂へはロープウェイに乗り換えます。

叡山ケーブルの写真素材

乗車時間は9分。
出発したのを見送ってからけっこうすぐに次の車両が駅に戻ってきます。

叡山ケーブルの写真素材


叡山ケーブルの写真素材


駅を出るとすぐに線路は折れ曲がります。

叡山ケーブルの写真素材


ケーブルの力でぐんぐんと高度を上げていきます。

叡山ケーブルの写真素材


ふたつの車両は行程の中間のターンアウトですれ違います。

叡山ケーブルの写真素材


複線になっている部分は少しだけ。

叡山ケーブルの写真素材


叡山ケーブルの写真素材


ピースサインが出た!

叡山ケーブルの写真素材


だんだんと視界が開け、京都市街が見え始めます。

叡山ケーブルの写真素材

叡山ケーブルの写真素材


ケーブル比叡駅構内。

叡山ケーブルの写真素材


雪の日の叡山ケーブル八瀬駅です。

雪 叡山ケーブルの写真素材


まだいろいろと点検中で、動いていませんでした。

雪 叡山ケーブルの写真素材


雪 叡山ケーブルの写真素材


雪 叡山ケーブルの写真素材


比叡山の山頂へはさらにロープウェイに乗り継ぎます。
ロープウェイ比叡駅。

叡山ロープウェイの写真素材

ロープウェイは一気に比叡山頂へ。

叡山ロープウェイの写真素材

歩いて登ることもできますので、健脚のかたはご自分でどうぞ。

叡山ロープウェイの写真素材


木々の隙間にロープウェイ。

叡山ロープウェイの写真素材


叡山ロープウェイの写真素材


比叡山頂駅。

叡山ロープウェイの写真素材


下界から見た比叡山と叡山ロープウェイの比叡山頂駅。
駅舎が傾いているので屋根の上が見えます。

比叡山と叡山ロープウェイの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

鴨川の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大
まずは三条大橋の雪景色。 まだ木に積もった雪が融けていなくて綺麗です。 京都 鴨川の雪の写真
欄干の雪は通る人が崩していくのでまばら。 京都 鴨川の雪の無料写真素材

川面がキラキラ。 京都 鴨川の雪の無料写真素材

今回の雪はなんと61年ぶりだとか。京都は雪が少ないのです。 京都 鴨川の雪 無料画像
雪の上を歩いて通勤。 京都 鴨川の雪の無料写真素材

次は今出川の賀茂大橋から。
京都 鴨川の雪 無料写真
鴨川三角州では雪と戯れる人々も。 京都 鴨川の雪の写真

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

琵琶湖疏水の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の琵琶湖疏水の雪景色です。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材


桜と菜の花で有名な安朱橋から西のほうを見て。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材


安朱橋から東のほうを。よく雪の降る朝。

琵琶湖疏水の雪景色


雪が止みました。

琵琶湖疏水の雪景色 安朱橋


別の年の写真。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材


西側を向いて。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材

正嫡橋と山科疏水。橋を渡れば本圀寺。

雪の本圀寺の写真素材と山科疏水

琵琶湖疏水の桜はこちら


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

雪の毘沙門堂(冬の毘沙門堂)

案内 写真はクリックすれば拡大
山科は京都市内中心部よりはだいぶん雪が多く降ります。 といっても積もるのは年に数回ですが。
毘沙門堂も雪景色は素敵です。 こちらは改修前の本殿。
まっすぐ本堂へと登る急な石段。
仁王門から南を見て。
毘沙門堂 門の雪景色

仁王門越しに見る本堂。
毘沙門堂 仁王門の雪景色

カメラマンに人気の勅使坂。地面の雪はもう融けていました。でも今朝カエデに積もった雪はきれいです。


いつも閉まっている勅使門。
毘沙門堂 勅使門の雪景色

宸殿前の立派な枝垂桜般若桜も真っ白です。
毘沙門堂 枝垂桜の雪景色

石段は融けていても、こちらはまだだいじょうぶ。真っ白です。
毘沙門堂 本堂の雪景色

鮮やかな本堂は雪景色にもマッチします。
毘沙門堂 本堂の雪景色

横長の山水画とでも言いましょうか。渡り廊下越しの弁天堂の雪景色が素晴らしい。高台弁才天。
毘沙門堂 弁天堂の雪景色

拝観開始の時間までじっと待って、中に入ります。
本堂裏からみる高台弁才天。

晩翠園。ここの雪景色を見たのはひさしぶり。
朝日が差し始めると、一気に雪が融け出します。

雪のない冬の写真も載せておきます。
冬の毘沙門堂


冬の毘沙門堂


紅葉で有名な勅使坂もスッカスカですが、これはこれで清々しい。
冬の毘沙門堂


初詣には石段の下まで行列ができることもあります。
初詣の毘沙門堂



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

山科聖天(双林院)

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の聖天さんの紅葉の写真です。小さな境内で赤いカエデがはなやかです。

山科聖天の紅葉の写真素材

山科聖天さんは双林院というお寺。毘沙門堂の塔頭です。

山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材

晩秋の石段。

山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材

山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材



次に、山科聖天の雪景色。

山科聖天の雪の写真素材

山科聖天の雪の写真素材


山科聖天の雪の写真素材


山科聖天の雪の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

八坂の塔(法観寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

八坂の塔(やさかのとう)Yasaka Tower,Yasaka Pagoda

夕暮れの美しい空と塔。薄明光線もうっすらと。
八坂の塔の写真素材


八坂の塔の写真素材


八坂の塔と朝の虹。

八坂の塔と朝の虹の写真素材

平安神宮の大鳥居の向こうに八坂の塔と祇園の塔が並ぶ景色。

八坂の塔と祇園の塔の写真素材


相輪の上にぼんやりした夕日。

八坂の塔の写真素材


夜の京都タワーと八坂の塔。

京都タワーと八坂の塔の夜景の写真素材


塔の手前の素敵な建物は旧清水小学校を利用してできたホテル青龍。

八坂の塔の写真素材


京のランドマークタワー八坂の塔を西側から見る。

八坂の塔の写真素材


夜中に西側から見る。

八坂の塔の写真素材

東大路を渡って西側から見る八坂の塔。
電線だらけで、けっこう京都らしい風景といえるかも。

八坂の塔の写真素材


東大路通りから。なんでもない写真ですが、昼間なのにひとがいない奇跡の瞬間です。
歩いていた人々が路地へ曲がっていって消えて、直後にまたいろんなところからひとが出てきました。

八坂の塔の写真素材


北側から見る八坂の塔も電線の向こう。

八坂の塔の写真素材


ねねの道から見る八坂の塔。

八坂の塔の写真素材


ねねの道の桜の向こうに八坂の塔。

八坂の塔と桜の写真素材


高台寺の台所坂の途中から。

八坂の塔の写真素材


塔のうえに反薄明光線が出ていました。西から東までずっとつながっていました。

八坂の塔の写真素材

塔の上のほうを見る。

八坂の塔の写真素材

相輪を見る。

八坂の塔の写真素材

塔の真下から見上げる。

八坂の塔の写真素材


東側から見る。

八坂の塔の写真素材


八坂の塔はいろいろな位置から見えます。次は遠くから見る八坂の塔です。

八坂の塔の写真素材


遠く嵐山から。
八坂の塔を探してみてください。


夜の八坂の塔と京都タワー。

八坂の塔の写真素材

意外なところから八坂の塔が見えると得した気分になります。

八坂の塔の写真素材

これは祇園閣の上から見た八坂の塔のある景色。

八坂の塔

京都駅から遠望する八坂の塔と霊山観音。

八坂の塔の写真素材

次の数枚は高台寺の駐車場から見た八坂の塔のある景色です。
よく雑誌などでも見かけるアングルですね。

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の写真素材


台風前は複雑な雲が浮かぶ。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の写真素材

夕暮れの八坂の塔。

八坂の塔の写真素材


夕暮れの八坂の塔。

夕暮れの八坂の塔の写真素材

夕暮れの八坂の塔。

夕暮れの八坂の塔の写真素材


夕日が相輪に食い込む。

夕暮れの八坂の塔の写真素材

夕暮れの八坂の塔の写真素材

塔を横切って山に沈んでいきました。

夕暮れの八坂の塔の写真素材


天に昇る龍を思わせるような不穏な空。
じっと見ていると龍が見えてくる...かも。

八坂の塔の写真素材

初夏の八坂の塔。横幅2048pxの大きめの写真。

京都の八坂の塔の写真素材

逆光シルエットの八坂の塔。

八坂の塔の写真素材

少し移動して高台寺鐘楼あたりから。

八坂の塔の写真素材


坂の上から見る近めの八坂の塔。初夏。
ソフトクリームが気になります。

八坂の塔の写真素材


真夏の八坂の塔。百日紅が咲いています。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材


飛行機雲と八坂の塔。

八坂の塔の写真素材

紅葉シーズンはさらに素敵。

八坂の塔の写真素材


雪の朝の八坂の塔
以前は近くから見上げると電線だらけで、写真を撮れば線がいっぱい写りましたが、近年電線の地中埋設工事が行われてすっきりとした風景になりました。

雪の八坂の塔の写真素材


雪の降る日の八坂の塔

雪の八坂の塔の写真素材


雪の八坂の塔の写真素材


地面にも屋根にも雪はありません。このくらいが京都らしいかもしれません。

雪の八坂の塔の写真素材


雪に霞む五重塔。

雪の八坂の塔の写真素材

雪の八坂の塔の写真素材

龍馬坂から振り返る八坂の塔

八坂の塔の写真素材

桜に彩られる春の八坂の塔。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の写真素材


霊山護国神社の墓地から桜越しに。

八坂の塔の桜写真素材

八坂の塔の桜写真素材


幕末の志士たちが眠る山の斜面の墓地です。

八坂の塔の桜写真素材


維新の坂から。

八坂の塔の桜写真素材

高台寺駐車場から。

八坂の塔の桜写真素材

高台寺と八坂の塔と京都タワー。

八坂の塔の写真素材

八坂の塔の写真素材


ザ・ホテル青龍 京都清水から。

八坂の塔の写真素材


景色の良いルーフトップのバーが人気です。

八坂の塔の写真素材


八坂の塔の南、大漸寺さんあたりから。電線だらけ。

八坂の塔の写真素材

比叡山から遠望する八坂の塔と知恩院。

八坂の塔と知恩院の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

愛宕念仏寺

案内 写真はクリックすれば拡大

愛宕念仏寺の石仏
奥嵯峨の清滝トンネルに近いところに建つ愛宕念仏寺さんは1200体もの石の羅漢さんで有名です。

愛宕念仏寺の石仏の写真素材

愛宕念仏寺の石仏の写真素材


愛宕念仏寺の石仏の写真素材


愛宕念仏寺の石仏の写真素材


愛宕念仏寺の石仏の写真素材

愛宕念仏寺の雪景色
奥嵯峨 愛宕念仏寺の雪景色画像です。
京都市内より雪深い山あいです。

愛宕念仏寺の雪景色の写真素材

京都奥嵯峨 愛宕念仏寺の雪景色です。石仏に囲まれた多宝塔にも雪が積もります。

愛宕念仏寺の雪景色の写真素材


愛宕念仏寺の新緑とシャガ
4月5月になると境内はシャガの花だらけ。

愛宕念仏寺の写真素材


青もみじも清々しい。

愛宕念仏寺の石仏の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

銀閣寺・雪

案内 写真はクリックすれば拡大

世界遺産銀閣寺。雪の日の銀閣の写真です。

京都にしてはたくさん雪が降りすぎたので、山のほうをめぐる道には進入できませんでした。
銀閣を隠さずに撮影できる場所は幅3mくらいしかありませんでした。

雪の日の銀閣の写真素材


銀閣(観音殿)は国宝。 足利義政の山荘として造営、没後寺となった銀閣寺。北山文化に対し東山文化の中心となりました。

雪の日の銀閣の写真素材

雪の日の銀閣の写真素材


雪の日の銀閣の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

金閣寺の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

雪の日の金閣寺さんの写真です。
いわゆる「ゆきんかく」です。
金閣寺に雪が積もるだけでニュースになるほどですから、めったにない珍しいことといえます。

金閣寺の雪景色の写真素材

雪はもう融けかけですが、それでも綺麗です。
少しずつ違う角度から見た金閣を。

金閣寺の雪景色の写真素材


陽が差して金閣がキラキラと輝き、

金閣寺の雪景色の写真素材


その代わりに雪はどんどん融けていきます。

金閣寺の雪景色


裏側から見る金閣

金閣寺の雪景色の写真素材

雪の朝の金閣寺は最近はたいへんな混雑ぶり。紅葉シーズンよりはるかに多い人出です。

金閣寺の雪景色の写真素材


わたしも何度か行きましたが、表の通りから受付まで百m以上の行列ができていることもあって、諦めたことがあります。
テレビのニュースで紹介されたりすると、境内まで1時間、金閣まで1時間などという行列になることもあるそうです。特に祝日には足を向けてはいけないお寺です。


金閣寺の雪景色の写真素材


金閣寺の雪景色の写真素材


金閣寺の雪景色の写真素材

陸舟の松にも雪。

金閣寺の雪景色の写真素材


振り返って見る金閣。この景色を見ると出口は近いです。

金閣寺の雪景色の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

金閣寺 VS 銀閣寺

案内 写真はクリックすれば拡大
写真素材として必要としている方がいつでもおられる金閣寺銀閣寺
このページでは金閣寺と銀閣寺の写真をずらずらと羅列しておきます。(写真は他のページと重複しているものが多いです)

正式名は鹿苑寺と慈照寺。
どちらも相国寺の塔頭寺院です。どちらも世界遺産です。
そう聞くと、本山相国寺がすごいお寺だと思えますね。いまでも相国寺のお坊さんが任期制で金閣寺と銀閣寺の運営をしています。

金閣寺を建てたのは足利義満。元は西園寺公経の別荘地で足利義満が譲り受けたもの。そのころはお寺ではありませんでした。
銀閣寺を建てたのは足利義政。山荘東山殿として自らの美意識すべてを投影し作ったもの。そのころはお寺ではありませんでした。

雪の金閣寺・銀閣寺

雪が積もると金閣寺は大混雑。近場に住むひとも「よし!雪の金閣をひと目見よう!」と思い立つので、お客さんが集中します。秋よりも混むかも。

雪が積もって高台の散策路が閉鎖されると、銀閣を見るポイントがすごく狭くなります。ほんの数メートルのポイントにカメラマンが折り重なるように・・・・。
雪の日の銀閣の写真素材


新緑の金閣寺・銀閣寺

若々しい色合いの新緑に包まれる金閣寺。
ただし周りは外国人でぎゅうぎゅうすし詰めなのだ。
金閣寺の杜若の写真素材


新緑の銀閣寺は素晴らしい。ただし新緑のころの境内は修学旅行の生徒でごったがえしています。
新緑の銀閣寺の写真素材



緑の中の金閣寺・銀閣寺

緑に首まで浸かっている金閣・銀閣。良い景色です。
金閣寺の鳳凰の写真素材

金閣寺の写真素材


銀閣寺の鳳凰の写真素材


金閣寺・銀閣寺の花

あまり花咲く寺のイメージがない両寺ですが、金閣寺はカキツバタ、銀閣寺はボタンが綺麗。
金閣寺のカキツバタはゴールデンウィーク明けの写真。カキツバタ咲く鏡湖池は極楽浄土かと思うほどきれい。
金閣寺の杜若の写真素材


銀閣寺のボタンはゴールデンウィーク少し前の写真です。
銀閣寺のボタンの写真素材


夏の金閣寺・銀閣寺

池がなにやら濁っていますが、濁ってすら金色になるのは金閣寺だからか!?
金閣寺の写真素材
(夏の銀閣寺 準備中)

盛秋の金閣寺・銀閣寺

どちらも紅葉の名所としては有名ではないかもしれませんが、やはり素敵な景色だと思います。
金閣を見る鏡湖池の手前にはカエデが数本植えられていて、枝振りも計算されていますので絵になります。
金閣寺の紅葉の写真素材
カエデの赤がポツポツと混じり、遠くまで見渡せるこの景色が好きです。向こうの山は吉田神社のある吉田山。
銀閣寺の紅葉の写真素材

金閣寺・銀閣寺の鳳凰

金閣寺はゴールド、銀閣寺はブロンズ。
金閣寺の鳳凰の写真素材


銀閣寺の鳳凰の写真素材


イラストの金閣寺・銀閣寺

イラスト金閣寺なら気軽に使えるかな。
金閣寺のイラスト素材


イラスト銀閣寺
新緑の銀閣寺のイラスト素材


わたしは個人的には銀閣寺のほうが好きですが、雪の日の金閣はちょっと別格の美しさですねえ。

折りをみて写真を追加していきます。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

仁和寺の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

仁和寺(にんなじ)

仁和寺の御殿から見るお庭の雪景色。五重塔にも雪。
仁和寺の雪景色の写真素材


午前中にどんどんと雪は融けてボタボタと。
仁和寺の雪景色の写真素材


仁和寺の雪景色の写真素材


仁和寺の雪景色の写真素材


仁和寺の紅葉の写真はこちら
仁和寺の桜の写真はこちら

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

龍安寺の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大
龍安寺の石庭の雪景色。いつもと違うなにかが悟れるかと思いましたが、「あぁきれいだなあ」と感じただけでした。 龍安寺の雪景色の写真素材
写真を撮るひとたちが欲しいのは本当はもっとうっすらした雪で、白砂の模様が残るくらいが風情があっていいのですね。
実際、入り口ですれ違ったカメラマンさんは「金閣寺は最高やったけど、ここは残念や。積もり過ぎや...。」と、嘆いておられました。 龍安寺の雪景色の写真素材

雪の鏡容池。大珠院方丈の屋根にも雪。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]