sozai_head.jpg

タグ「雪」の一覧

相国寺(しょうこくじ)

同志社大学に隣接する大きな境内を持つ相国寺さんの雪景色。 相国寺の雪景色
雪の日の銀閣 雪の日の銀閣です。 銀閣(観音殿)は国宝。 足利義政の山荘として造営、没後寺となった銀閣寺。北山文化に対し東山文化の中心となりました。



銀閣寺・金閣寺の写真はテレビや書籍には使えないようです。 個人的な目的にのみお使いください。

金閣寺(きんかくじ)

雪の日の金閣寺さん。
雪はもう融けかけですが、それでも綺麗です。

少しずつ違う角度から見た金閣を。

陽が差して金閣がキラキラと輝き、


その代わりに雪はどんどん融けていきます。


裏側から見る金閣。

陸舟の松にも雪。 (世界遺産鹿苑寺 冬)



銀閣寺・金閣寺の写真はテレビや書籍には使えないようです。 個人的な目的にのみお使いください。
まずは三条大橋の雪景色。 まだ木に積もった雪が融けていなくて綺麗です。 京都 鴨川の雪の写真
欄干の雪は通る人が崩していくのでまばら。 京都 鴨川の雪 無料画像
今回の雪はなんと61年ぶりだとか。京都は雪が少ないのです。 京都 鴨川の雪 無料画像

次は今出川の賀茂大橋から。
京都 鴨川の雪 無料写真
鴨川三角州では雪と戯れる人々も。 京都 鴨川の雪の写真

天龍寺(てんりゅうじ)

嵯峨野の天龍寺さんの雪景色。雪に囲まれた曹源池は必見です。
天龍寺の雪景色
望京の丘から見おろす境内もきれいです。 天龍寺の雪景色

下鴨神社(しもがもじんじゃ)

2015年のお正月。京都では61年ぶりの大雪ということですが、下鴨神社に初詣に行ってきました。
61年ぶりの積雪は何センチかというと、21センチ!
329cmなどと発表されている青森の方に申し訳ないかんじです...。 下鴨神社の雪景色
青空が出て爽快でした。
下鴨神社の雪景色


こちらは夏の下鴨神社。 下鴨神社の夏 夏の下鴨神社の写真はこちら

仁和寺(にんなじ)

仁和寺の御殿から見るお庭の雪景色。五重塔にも雪。 仁和寺の雪景色
仁和寺の雪景色


仁和寺の紅葉の写真はこちら
仁和寺の桜の写真はこちら
世界遺産上賀茂神社の雪景色。
京都は61年ぶりの大雪ということで、境内には真っ白地帯がたくさん。
でも、お正月なので参拝客はどんどんと詰めかけています。 上賀茂神社の雪景色
上賀茂神社の雪景色
上賀茂神社の雪景色
上賀茂神社の雪景色
龍安寺の石庭の雪景色。いつもと違うなにかが悟れるかと思いましたが、「あぁきれいだなあ」と感じただけでした。 龍安寺の雪景色
写真を撮るひとたちが欲しいのは本当はもっとうっすらした雪で、白砂の模様が残るくらいが風情があっていいのですね。
実際、入り口ですれ違ったカメラマンさんは「金閣寺は最高やったけど、ここは残念や。積もり過ぎや...。」と、嘆いておられました。 龍安寺の雪景色

雪の鏡容池。大珠院方丈の屋根にも雪。
哲学の道・雪
"日本の道百選"の一つにも選ばれている哲学の道は若王子神社前の白川疏水に架かる若王子橋から、銀閣寺橋までの約2kmにわたる琵琶湖疏水支流に沿った散歩道。哲学者西田幾多郎が思索の場として散策したところから名付けられたもので、昭和14年作の歌を刻んだ鞍馬産の自然石の歌碑があります。この土堤には画家・橋本関雪夫人が植えたソメイヨシノの並木があり、春には花のトンネルになります。 哲学の道・雪
雪の日の哲学の道。

貴船神社(きふねじんじゃ、きぶねじんじゃ)

貴船神社の雪景色です。貴船神社は叡電の貴船口が最寄り駅なのですが、駅から雪道を歩くとけっこう遠く感じます。バスに乗ったほうがいいですね。 貴船神社の雪景色
雪の日にも参拝者はちらほらと。
さすがに奥社は参拝者は少なめでした。 貴船神社の雪景色

鞍馬寺(くらまでら)

鞍馬寺の雪景色写真です。
山門はそれほど積もっていませんが、本堂まで登ればかなり深い雪に。
京都 鞍馬寺の写真素材


雪の日にもお参りの方はちらほらとおられました。 ケーブルカーも動いています。 鞍馬寺の雪景色
本堂前の金剛床の三角のスポットはたくさんの人が掘って立ったらしく、そこだけ雪がありません。 鞍馬寺の雪景色

京都 鞍馬寺の写真素材


奥の院への入り口。さらに雪が深くなります。
京都 鞍馬寺の写真素材

雪の朝の平安神宮大極殿(だいごくでん)。
6時半頃でしたか、早朝一番乗りではありませんが、神職さんもお詣りの方もみな外側を縁取るように歩かれますので、真ん中には足跡がまったく付いていません。

平安神宮の雪

平安神宮の写真

平安神宮の桜の写真

清水界隈の雪景色

JR東海そうだ京都行こうのポスターにもなった二年坂(二寧坂)です。3つの傘が印象的です。

二年坂の雪の写真素材


こちらはあけぼの亭の枝垂桜が美しい三年坂(産寧坂)を見おろして。

三年坂の雪の写真素材

せっかくなので、足跡のないほうが写真素材としては使いやすいかと思い、足跡をひとつひとつ消しました。
時間がかかりました。二年坂の写真、どうぞお使いください。

二年坂の雪の写真素材

山科の琵琶湖疏水の雪景色です。
よく雪の降る朝。
追加しました。桜と菜の花で有名な安朱橋から東のほうを撮りました。
琵琶湖疏水の雪景色 安朱橋

別の年の写真。
巨大なクスノキが目をひく青蓮院さんの雪景色。 雪の青蓮院門跡
雪の青蓮院門跡
障子や扉を開け放たれた室内はとても寒く、特に足が冷え冷え〜。 雪の青蓮院門跡

雪の中の霊鑑寺さん。
拝観は春まで待たねばなりません。

雪の霊鑑寺

次は、紅葉の時期の霊鑑寺の写真です。
特別公開が終わり、また山門の閉ざされた霊鑑寺。まだ赤いカエデが残っています。

秋の霊鑑寺の写真素材


秋の霊鑑寺の写真素材


中の写真、追加しました。
山門が開くと向こうにはカエデの朱が見えます。

秋の霊鑑寺の写真素材

秋の霊鑑寺の写真素材

椿のころとは歩くコースが変わっています。

秋の霊鑑寺の写真素材


秋の霊鑑寺の写真素材


一面の苔に朝日が差します。

秋の霊鑑寺の写真素材

銀閣寺の門前を左に行くと八神社。
その先は大文字山の登山口ですが、この雪ではやめておきましょう。 雪の八神社
秋の特別公開も終わり、雪の中の安楽寺さん。 雪の安楽寺の写真素材
紅葉の安楽寺の写真はこちら。
初夏の安楽寺の写真はこちら。
嵐山 渡月橋の雪景色写真追加しました。 京都 嵐山 渡月橋の雪の写真素材
ちょっと青空も出て清々しい景色ですが、写真を撮っているととなりの若者が叫びました。「くそ寒い!」
おっしゃるとおりで、川端は空気もキンキンに冷えています。

ミニチュア写真風に。

雪の降る嵐山 渡月橋です。 京都 嵐山 渡月橋の冬の写真素材
さすがに観光客も少ないですが、それでも人の流れはありますし、人力車もスタンバイしています。 京都 嵐山 渡月橋の冬の写真素材

渡月橋のライトアップ。嵐山花灯路のメインの景色です。 嵐山花灯路の写真素材

このページの上部へ

サイト内検索


五十音順索引

ご案内

よく使われる写真



カテゴリ