sozai_head.jpg

タグ「萬福寺」の一覧

萬福寺の塔頭寺院

案内 写真はクリックすれば拡大

萬福寺さんの塔頭のお寺の写真です。


萬福寺 龍興院
萬福寺塔頭の龍興院さんの写真です。
真白な竜宮門をくぐれば、祠の中には出世地蔵尊が安置されています。

萬福寺 龍興院の写真素材


萬福寺 宝蔵院
萬福寺塔頭の宝蔵院さんの写真です。1669年の創建。
写真にも見えていますが、本堂の奥の一段高いところにガッシリした建物があり、その中に「鉄眼版一切経版木」が収蔵されています。
明朝体のルーツがここにあります。吉野桜で作られた版木の数は6万本。いまでも現役です。

萬福寺 宝蔵院の写真素材

赤い前掛けの寶地蔵尊が立ちます。

萬福寺 宝蔵院の写真素材



萬福寺 瑞光院
萬福寺塔頭の瑞光院さんの写真です。
萬福寺境内の南側、細い道に面して建ちます。

萬福寺 瑞光院の写真素材

山門をくぐれば丸窓が印象的な建物。

萬福寺 瑞光院の写真素材

見所は直原玉青の襖絵やお庭「玉青苑」。


萬福寺 萬松院
萬福寺塔頭の萬松院さんの写真です。
大きな萬福寺の駐車場に面して、一段高くなった境内が広がります。本堂の前は竜宮門。
萬福寺の萬は「まん」なのに、萬松院の萬は「ばん」ですね。
不動堂には財運のご利益があるという金成不動尊が祀られています。

萬福寺 萬松院の写真素材



萬福寺 聖林院
萬福寺山門と駐車場をつなぐ細い道に面して建つ聖林院さんの写真です。かわいらしい山門です。
門のかたわらに「みみづく地蔵尊」が置かれています。

萬福寺 聖林院の写真素材




萬福寺 法林院
萬福寺塔頭の法林院さんの写真です。
1669年の創建。桂昌院ゆかりのお寺のひとつです。

萬福寺 法林院の写真素材



萬福寺 緑樹院
緑樹院さんの写真です。

萬福寺 緑樹院の写真素材

萬福寺境内の南端に位置する小さなお寺です。

萬福寺 緑樹院の写真素材

窟門は閉まっています。

萬福寺 緑樹院の写真素材

美しい参道。

萬福寺 緑樹院の写真素材


萬福寺 緑樹院の写真素材

向かいの青少年文化研修道場を運営しておられます。
道場は研修、坐禅、写経のほか、修学旅行の宿としても利用されています。



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

萬福寺

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治の萬福寺さんの写真です。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材

牌楼式の総門。

萬福寺の写真素材


萬福寺の写真素材

扁額には「第一義」と書かれています。

萬福寺の写真素材


開山はインゲン豆の隠元禅師。天王殿にはにこやかな布袋さんがおられます。

真ん中の石は歩かず、少しわきを歩きましょう。

宇治 萬福寺の写真素材

宇治 萬福寺の写真素材

伽藍の至るところに中国風の装飾が見られます。

宇治 萬福寺の写真素材

欄干は卍くずしの勾欄。

宇治 萬福寺の写真素材

朱色の通玄門。

宇治 萬福寺の写真素材

宇治 萬福寺の写真素材


春の夜のイベント、萬福寺ランタン。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材


参道も紫や緑に照らされて妖しい雰囲気。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材


妖しく派手なライトアップのもと、大雄宝殿をバックに様々な中国の催しがあります。
変面、揚琴と二胡、中国獅子舞、講談、龍舞など、普段は見慣れないものが見られてとても新鮮です。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材


変面。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材

揚琴と二胡。

宇治 萬福寺ランタンの写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [2]
  2. 2022年4月 [1]
  3. 2022年3月 [1]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2022年1月 [7]
  6. 2021年12月 [8]
  7. 2021年11月 [1]
  8. 2021年10月 [4]
  9. 2021年9月 [3]
  10. 2021年7月 [1]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]