sozai_head.jpg

タグ「聖天」の一覧

覚勝院(大覚寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

大覚寺塔頭の覚勝院さんの写真です。
大覚寺の塔頭はここひとつだけです。

覚勝院の写真素材

本堂には十一面観音と歓喜天を祀り、嵯峨聖天と呼ばれています。

覚勝院の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

山科聖天(双林院)

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の聖天さんの紅葉の写真です。小さな境内で赤いカエデがはなやかです。

山科聖天の紅葉の写真素材

山科聖天さんは双林院というお寺。毘沙門堂の塔頭です。

山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材

晩秋の石段。

山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材

山科聖天の紅葉の写真素材


山科聖天の紅葉の写真素材



次に、山科聖天の雪景色。

山科聖天の雪の写真素材

山科聖天の雪の写真素材


山科聖天の雪の写真素材


山科聖天の雪の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

雨宝院

案内 写真はクリックすれば拡大

西陣の雨宝院さんの写真です。「西陣の聖天さん」と呼ばれるお寺。
山門の向こうは、深い緑で薄暗いほどの境内。

雨宝院の桜写真


木漏れ日が心地いいお参り。

雨宝院の桜写真


雨宝院の桜写真


雨宝院がもっとも注目を集めるのは春。

雨宝院の桜写真


遅めの八重桜が小さな境内を埋め、たいへんな美しさに。本堂前の桜は歓喜桜。

雨宝院の桜写真


雨宝院の桜写真

雨宝院の桜写真

雨宝院の椿写真

雨宝院の桜写真

黄緑の御衣黄桜も咲きます。

雨宝院の桜写真


椿も多いです。

雨宝院の桜写真


秋の雨宝院さん境内。
桜の葉っぱが色づいて、そして散っています。

雨宝院の秋の写真


雨宝院の秋の写真


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

香雪院

案内 写真はクリックすれば拡大

渋谷通から京女の坂に抜ける道沿いに建つ天台宗のお寺、香雪院さんの写真です。
東大路通のそばに石標が立ちます。

香雪院の写真素材


東山聖天と呼ばれるお寺です。妙法院の塔頭。

香雪院の写真素材

境内に入れば、想像より奥行が深く、美しいお庭が広がります。

香雪院の写真素材


歓喜天は本堂の厨子の中に。

香雪院の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

山崎聖天(観音寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

大山崎町の山崎聖天さんの写真です。

山崎聖天の写真素材

山崎聖天の写真素材


山崎聖天にお参りするにはまず、攻撃的な角度の石段を登らねばなりません。

山崎聖天の写真素材


山崎聖天の写真素材

どの入り口から来ても、石段を登ることになります。

山崎聖天の写真素材


登り切れば、平らな場所に本堂や聖天堂が建っています。
山崎聖天の創建は899年ですが、幕末にこのあたりは戦場になりお寺も焼失。いまあるお堂は明治期の再建です。

山崎聖天の写真素材


山崎聖天の写真素材


山崎聖天の写真素材


石段の下の稲荷神社も紅葉のきれいな場所。

山崎聖天の稲荷神社の紅葉写真素材


石段の一番下に紫陽花。

山崎聖天の紫陽花の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

嘉祥寺(深草聖天)

案内 写真はクリックすれば拡大

深草の聖天さんの写真です。
850年に創建された歴史あるお寺で、その後焼失や移転があり、現在地には1670年頃に建っています。
日本最古の歓喜天だそうです。

嘉祥寺(深草聖天)の写真素材


嘉祥寺(深草聖天)の写真素材

別の日の写真。閉まっていました。

嘉祥寺(深草聖天)の写真素材

お隣りは深草北陵。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

御蔵山聖天(宝寿寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

宇治市木幡の御蔵山のてっぺん近くに建つ御蔵山聖天さんの写真です。

御蔵山聖天(宝寿寺)の写真素材

聖天さんによくある形の鳥居。

御蔵山聖天(宝寿寺)の写真素材

鳥居からまっすぐ進むと本堂。
1920年創建の天台宗のお寺ですが、本堂には平安時代の仏像が安置されているそうです。

御蔵山聖天(宝寿寺)の写真素材

御前大明神社。

御蔵山聖天(宝寿寺)の写真素材

御蔵山は全体が住宅地になっていて、景色のいいところもたくさんあり、散歩するのも楽しいです。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

最新の京都写真はインスタグラムでチェック→ フネカワフネオのインスタグラム京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [2]
  2. 2022年4月 [1]
  3. 2022年3月 [1]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2022年1月 [7]
  6. 2021年12月 [8]
  7. 2021年11月 [1]
  8. 2021年10月 [4]
  9. 2021年9月 [3]
  10. 2021年7月 [1]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]