sozai_head.jpg

タグ「祭」の一覧

山科 義士まつり

案内 写真はクリックすれば拡大

大石内蔵助ゆかりの地、山科の義士まつりの写真です。

山科 義士まつりの写真素材

義士まつりは12月14日の討ち入りの日。毘沙門堂をスタートした播州赤穂四十七士の一行はどんどん南下し、やがて西進。岩屋寺を経て大石神社に到着します。
その距離6km。途中いろいろ催し物がありますので、たいへんな行程といえるでしょう。
時代祭とは違って、着付けもカツラもちゃんとしています。メガネの現代人もいません。
かけ声も最初は頼りない感じですが、道を進むにつれてだんだん一体感を増していきます。

山科 義士まつりの写真素材

出発前の毘沙門堂での義士たちの様子です。

山科 義士まつりの写真素材

青空に恵まれた冬の日。
お顔のあまり写っていない写真だけ掲載します。

山科 義士まつりの写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

時代祭

案内 写真はクリックすれば拡大

10月22日の平安神宮のお祭り、時代祭の写真です。

時代祭の写真素材

2000人の大行列がだんだんと時を遡っていきます。
やはり艶やかな女の人が通ると沿道は盛り上がります。
メインのひとつ江戸時代婦人列の皇女和宮。

時代祭の写真素材


衣装は本格的で見応えありますが、着こなしやカツラはかなりテキトーです。メガネはしてるし、腕時計はしてるし、スマホは持ってるし、中にアニメのTシャツ着てるし、だらだら歩くし、大学生のバイトで人数をなんとか揃えているのでしかたない。まあ、とにかく気楽なお祭りです。楽しいです。


行列の中には上七軒や祇園甲部の芸舞妓さんもおられます。こちらは髪もお化粧も姿勢もさすがに他の人々とは違います。
白拍子姿の静御前。

時代祭の写真素材


凛々しい巴御前。木曾義仲の奥さんです。

時代祭の写真素材

和気広虫ほか。

時代祭の写真素材


時代祭のスタート前。京都御所建礼門前。
行列は堺町御門を出て、町へ。

時代祭の写真素材

始まりは維新勤王隊。赤熊をかぶった騎馬侍が行きます。

時代祭の写真素材


笛を吹き鳴らす維新勤王隊列。

時代祭の写真素材

あとはバラバラに掲載します。
あまり見物の人のお顔が写ってはいけませんので、掲載する写真は限られます。

時代祭の写真素材

織田公上洛列の旗指物。

時代祭の写真素材

滝川一益。

時代祭の写真素材

時代祭の写真素材


時代祭の写真素材


薪や炭等を頭にのせた大原女。

時代祭の写真素材

桂川の鮎や飴を売る桂女。

時代祭の写真素材


藤原公卿参朝列の足元。

時代祭の写真素材


延暦武官行進列。
延暦時代まで遡ると、甲冑の色合いは地味です。

時代祭の写真素材

京都 時代祭を見物するためのおすすめホテル


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

葵祭

案内 写真はクリックすれば拡大

新緑がさわやかな賀茂街道を行く葵祭の行列。路頭の儀。
御所から上賀茂神社へと行列は進みます。とても長い長い距離です。

葵祭の行列


上賀茂神社に入ってきた葵祭の行列。斎王代と童女たち。斎王代も腰輿を降り、みなさん静かに歩きます。もう夕方4時近くになっています。このあとの社頭の儀はここからは見えません。

葵祭の行列


あちこち至るところに葵桂が飾られています。もうだいぶん萎れています。

葵祭の行列


中門には桂の枝がたっぷりと。

葵祭の行列




京都 葵祭におすすめのホテル


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

阿含宗総本殿と阿含の星まつり

案内 写真はクリックすれば拡大

阿含の星まつりで知られる北花山の阿含宗総本殿(釈迦山大菩提寺)の写真です。

阿含宗総本殿の写真素材


将軍塚の公園から立派な建物が見えます。

阿含宗総本殿の写真素材


秋。

阿含宗総本殿の写真素材

夕陽を浴びてくっきりと見える総本殿。
右手には大仏さんが見えます。高さは4.8mだそうです。

阿含宗総本殿の写真素材


阿含宗 大仏の写真素材


総本殿を正面から。

阿含宗 総本殿の写真素材

阿含宗 総本殿の写真素材

阿含宗 総本殿の写真素材

阿含宗 総本殿まつりの写真素材


阿含宗 総本殿のお庭の写真素材

阿含の星まつりは毎年2月。五条通沿いの入り口から山道を登って結界のある広場へ。
祭壇には大きく色鮮やかな仏画が掲げられています。

阿含宗 阿含の星まつりの写真素材


ふたつの護摩壇から煙がぐるぐると渦を巻いて立ち上っていきます。
風向きが悪くなると観覧席もホワイトアウト。

阿含宗 阿含の星まつりの写真素材


阿含宗 阿含の星まつりの写真素材

その炎の高さは恐ろしいほどです。

阿含宗 阿含の星まつりの写真素材


阿含宗 阿含の星まつりの写真素材

ドラゴンの炎が出た。

阿含宗 阿含の星まつりの写真素材

炎の制御をする山伏のかたがたが受ける放射熱は相当のものでしょう。近くのものが類焼したりもしていました。
だんだん装束が泥まみれになっていきます。

阿含宗 阿含の星まつりの写真素材


阿含宗 阿含の星まつりの写真素材


阿含宗 阿含の星まつりの写真素材

護摩木が次々と投げ入れられます。

阿含宗 阿含の星まつりの写真素材

東山から煙が立ち昇り、京都市街からもよく見えます。
以前はKBSテレビでも中継されていましたが、最近は放映されていないようです。インターネットで中継を見ることができます。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

平安神宮

案内 写真はクリックすれば拡大

平安神宮(へいあんじんぐう)

岡崎の平安神宮の写真をいろいろ並べます。

朝の大鳥居。
平安神宮の鳥居の写真素材


大鳥居と京都市バス。
平安神宮の鳥居の写真素材


ビルより背が高い大鳥居。
平安神宮の桜の写真素材


夕暮れの大鳥居。
平安神宮の鳥居の写真素材


平安遷都千百年紀念祭・内国勧業博覧会のパビリオンとして建設された平安神宮は、そのまま神社となりました。
朝の参道「神宮道」。道が広いので一日中違法駐車が絶えることはありません。
平安神宮

霧に煙る冬の朝の平安神宮。
平安神宮の写真素材


平安神宮の桜の写真素材


白虎楼。
平安神宮

6月末の茅の輪くぐり。夏越の大祓。
平安神宮

10月、時代祭の朝の平安神宮大極殿
平安神宮

応天門から大極殿を見る。
平安神宮

平安神宮神苑の紅葉の景色。
広大な庭園ですが、カエデが密集している場所はなく、あちこちにセンス良く朱を添えているというかんじです。平安神宮は紅葉の名所とは言われることはないようです。
平安神宮神苑の紅葉

平安神宮神苑の紅葉

平安神宮神苑の紅葉

平安神宮神苑の紅葉

池のまわりにはカエデは少ないですが、ここはいつも良い景色。 平安神宮神苑

2月、節分の日の平安神宮
平安神宮

平安神宮神苑の6月の花しょうぶの景色。
平安神宮の写真素材


平安神宮の写真素材


平安神宮の写真素材


睡蓮もたくさん咲きます。
平安神宮の写真素材


大鳥居の夏の夕焼け空。
平安神宮の夏の夕焼け空の写真素材


変な色合いの夕焼け空でした。
平安神宮の夏の夕焼け空の写真素材


平安神宮の夏の夕焼け空の写真素材


平安神宮の夏の夕焼け空の写真素材


大鳥居の南側、琵琶湖疏水を渡る赤い橋。
平安神宮の夏の夕焼け空の写真素材

平安神宮の桜写真はこちら
京都 平安神宮の桜

雪の平安神宮の写真はこちら

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都祇園祭 山鉾巡行

案内 写真はクリックすれば拡大

暑い暑い京都の夏の祇園祭山鉾巡行の写真です。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材


デザインセンス抜群の船鉾。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材

船鉾。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材


函谷鉾を曳く。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材

菊水鉾を曳く。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材


菊水鉾の辻回し。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材

菊水鉾の辻回し。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材

長刀鉾が行く。屋根の上のひとは日差しを耐える。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材

狭い新町通りを長刀鉾が進む。屋根の上のひとも忙しくなります。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材

月鉾のお稚児さんはお人形。
カメラ目線はうさぎ。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材

撮り鉄みたいに岩戸山を流し撮り!

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材

巡行のスタートを待つ山鉾がずらっと並んで待機。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材


沿道は16万人の人出と発表されました。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材


辻回し以外はのんびりした感じで進みます。

京都祇園祭 山鉾巡行の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]