sozai_head.jpg

タグ「石清水八幡宮」の一覧

狩尾神社(八幡市)

案内 写真はクリックすれば拡大

橋本のプリン山のてっぺんに鎮座する狩尾神社の写真です。
かりおじんじゃではなく、とがのおじんじゃ。

狩尾神社の写真素材


岩清水八幡宮の境外摂社ということで、だいぶん離れた位置にどーんと山が立っています。
山はコンクリートでがっちり固められ、石段もコンクリート。

狩尾神社の写真素材

石清水八幡宮の摂社となったのは明治10年のこと。
実は石清水八幡宮ができる前からここに建っていた神社だということです。

境内はきれいに掃き清められています。
毎日お手入れをする方は相当たいへんだと思います。

狩尾神社の写真素材


狩尾神社の写真素材

登り切ってふりかえれば想像通りの景色です。
登りより、下りが怖い。

狩尾神社の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

相槌神社(八幡市)

案内 写真はクリックすれば拡大

石清水八幡宮の参道の登り口に建つ相槌神社の写真です。あいつちじんじゃ。
刀工の伯耆安綱と稲荷の神が名刀「髭切」「膝丸」を造った場所として、刀剣好きには有名な神社です。
そのときに使った山ノ井戸はいまでも水が出ている現役の井戸です。
実物の「髭切」は北野天満宮に、「膝丸」は大覚寺に保管されています。

相槌神社(八幡市)の写真素材

刀剣女子にも話題で全国さらには海外からも参拝者が訪れます。ゲームの「刀剣乱舞」をきっかけにはまる人もいるのだそう。
月次祭は月2回行われていますが、御朱印をもらうために長い行列ができることも。


三条神宮道そばの合槌稲荷神社の写真はこちらです。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

本妙寺(八幡市)

案内 写真はクリックすれば拡大

石清水八幡宮のある男山の東側のふもとに建つ法華宗のお寺、本妙寺さんの写真です。
1564年の創建。
織田信長が開催した安土問答で、当寺の日門上人が負けとされ斬首された歴史があります。

本妙寺(八幡市)の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

石清水八幡宮

案内 写真はクリックすれば拡大

男山の石清水八幡宮の写真です。


男山遠景。高い山ではありませんが、傾斜が急で、参道を歩いて登るとけっこう足に来ます。
やっぱりケーブルカーが無難です。

石清水八幡宮の写真素材

南総門越しに社殿を見て。
門と社殿はまっすぐにはなっていません。帰りに八幡さんにお尻を向けないようにずらしてあるのだとか。

石清水八幡宮の写真素材

最近、石清水八幡宮本社の社殿や門や廻廊がまとめて国宝に認定され、注目を集めています。

石清水八幡宮の写真素材


秋の七五三には記念写真用のパネルが出ます。

石清水八幡宮の写真素材


鮮やかな虎と龍の欄間彫刻の下には八幡さまのお使いの鳩の錺金具。

石清水八幡宮の写真素材

桜の季節の定番の構図。

石清水八幡宮の写真素材

エジソンの記念碑。
エジソンの白熱電球には八幡の竹が使われました。
セルローズのフィラメントができるまでは、八幡の竹がアメリカの家庭を照らしていたのだそうです。

石清水八幡宮の写真素材


後ろ側には竹が植えられています。

石清水八幡宮の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]