sozai_head.jpg

タグ「石庭」の一覧

龍安寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大
移動しました

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

龍安寺

案内 写真はクリックすれば拡大

世に「石庭」として名高い龍安寺の枯山水庭園の写真です。白砂に15個の石を置いて、洋々たる海原に浮かぶ小島を象徴するといわれます。「虎の児渡しの庭」とも呼ばれています。
世界文化遺産

龍安寺の石庭

誰が言ったか、「15個の石ぜんぶを一箇所から見渡すことはできない」と。
東洋思想において、15は完全な数だから、不完全な人間には15個すべては見えないのだとか。
だから静かに座って、心眼でフォースを使い、見えぬ石を見るのだとか。

龍安寺の石庭



初夏の龍安寺石庭。
龍安寺の石庭



雪の龍安寺石庭。

龍安寺の雪景色


紅葉の龍安寺の石庭。

龍安寺の紅葉

再建される前の方丈からは15個ぜんぶ見えたらしいです。
15個すべてが見えるように設計されていたということです。
なにが本当かわかりません。





龍安寺の桜
世界遺産龍安寺さんは桜の名所。
桜苑は枝垂桜の森のようですし、石庭の1本の枝垂桜は大きなインパクトがあります。
八重紅枝垂桜のあとには里桜が満開を迎えます。
そして、なぜか駐車場の桜がものすごいのです。
そんな龍安寺の桜の写真をいくつか載せていきます。

龍安寺の桜の写真素材


石庭の真ん中で存在感を放つ紅枝垂桜。

龍安寺の桜の写真素材

龍安寺の桜の写真素材

枝垂桜がたくさんの桜苑。

龍安寺の桜の写真素材

無駄にゴージャスな駐車場の桜!
公共機関で来る人は見ることのない景色です。

龍安寺の桜の写真素材




龍安寺の青もみじ
ゴールデンウィークの新緑まぶしい龍安寺さん。

龍安寺の青もみじと石庭



龍安寺の鏡容池。
江戸時代はこの鏡容池の庭園がメインの見どころだったそうです。

龍安寺 鏡容池





向こう岸に見えるお堂は大珠院の方丈。




龍安寺の紅葉
龍安寺の紅葉の見頃は京都でも遅め。
2015年などは12月11日にまだ見頃でした。

龍安寺のもみじ


ザ・ロックガーデン石庭です。カエデは太陽を背にしているので晴れると暗がりの中になります。
かといって曇ると暗いし、やっぱり目で見るものなのかもしれません。

龍安寺の紅葉

石庭を見たあと鏡容池を巡れば、池の紅葉は壮大できれいです。
池の周りは木の種類が多く、緑の木も多いのですが、その中でカエデと柿がいい色を出しています。

龍安寺の写真素材





龍安寺 鏡容池の写真素材





龍安寺 鏡容池の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [1]
  2. 2021年8月 [1]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [2]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年9月 [1]
  14. 2020年8月 [28]
  15. 2020年7月 [6]
  16. 2020年6月 [2]
  17. 2020年5月 [22]
  18. 2020年4月 [4]
  19. 2020年3月 [8]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [27]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [2]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [35]
  28. 2019年5月 [11]
  29. 2019年4月 [18]
  30. 2019年3月 [2]
  31. 2019年2月 [18]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [16]
  34. 2018年11月 [20]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [80]
  37. 2018年8月 [57]
  38. 2018年7月 [33]
  39. 2018年6月 [93]
  40. 2018年5月 [105]
  41. 2018年4月 [101]
  42. 2018年3月 [34]
  43. 2018年2月 [37]
  44. 2018年1月 [7]
  45. 2017年12月 [11]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年10月 [2]
  48. 2017年1月 [4]
  49. 2016年12月 [32]
  50. 2016年11月 [13]
  51. 2016年7月 [2]
  52. 2016年6月 [2]
  53. 2016年4月 [1]
  54. 2016年1月 [1]
  55. 2015年12月 [8]
  56. 2015年8月 [3]
  57. 2015年6月 [5]
  58. 2015年5月 [2]
  59. 2015年3月 [4]
  60. 2014年12月 [2]
  61. 2014年11月 [5]
  62. 2014年10月 [1]
  63. 2014年9月 [5]
  64. 2014年6月 [9]
  65. 2014年5月 [4]
  66. 2014年4月 [1]
  67. 2014年3月 [3]
  68. 2014年2月 [8]
  69. 2014年1月 [9]
  70. 2013年12月 [4]
  71. 2013年9月 [3]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [11]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [8]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [5]
  79. 2012年11月 [12]
  80. 2012年9月 [16]
  81. 2012年8月 [23]
  82. 2012年7月 [2]
  83. 2012年6月 [1]
  84. 2012年2月 [2]
  85. 2011年5月 [5]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]