sozai_head.jpg

タグ「眺望」の一覧

京都から見る大阪

案内 写真はクリックすれば拡大

京都から見える大阪の写真です。
京都市内でもちょっと高い位置に登れば、大阪のビル群はよく見えます。

将軍塚の市営展望台から見る大阪のビル群。
やはりアベノハルカスが目立ちます。

京都から見る大阪の写真素材


京都から見る大阪の写真素材

京都から見る大阪の写真素材


京都タワーから見る大阪のビル群。

京都から見る大阪の写真素材


大阪の写真素材


京都から見る大阪の写真素材


醍醐寺の上醍醐から見る大阪。

上醍醐から見る大阪の写真素材


目の前の国宝のお堂より、はるか大阪のほうを見てしまう。

上醍醐から見る大阪の写真素材

清水寺境内から見る大阪。

清水寺境内から見る大阪の写真素材

稲荷山の四辻あたりから見る夜景。まんなかの奥は大阪のビル群です。

伏見稲荷大社の夜景 写真素材


宇治から見る大阪方面。観覧車が見えます。

大阪の写真素材

比叡山から見る大阪。
この日はあまり空気が澄んでいませんでした。

大阪の写真素材

天王山中腹から見る大阪。

大阪の写真素材


すぐそこは大阪府。

大阪の写真素材


島本の桜並木も見えます。

大阪の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

三鈷寺

案内 写真はクリックすれば拡大

西山の秘境といえば、金蔵寺さんとこの三鈷寺さんでしょうか。
「天空の名所」ともいわれる景色の良いお寺で、徒歩で登るのはなかなかたいへんですが、善峯寺の拝観をして裏口から出るのがもっとも簡単な行き方だと思います。

表の山門はいたって普通な高低差を感じない見た目です。

三鈷寺の写真素材


三鈷寺の写真素材


空が近い感じがします。

三鈷寺の写真素材


三鈷寺本堂・華台廟。

三鈷寺の写真素材

三鈷寺の写真素材

三鈷寺の写真素材

反対側ははるか京都・宇治・木津まで見渡せる絶景。
天空の寺と呼ぶのもうなずけます。

三鈷寺の眺望の写真素材


都名所図会に「ニ大仏七白俯瞰の地」と書かれた景色です。
この石段を登ってくるかと思うと冷や汗が出ます。

三鈷寺の写真素材


登ってくるひとが見る景色。

三鈷寺の写真素材

下方を見て。グネグネと石段が続きます。
それでもバス停から徒歩10分ちょっとだそうです。

三鈷寺の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

京都タワーからの眺望

案内 写真はクリックすれば拡大

燭台のかたちの京都のシンボル京都タワー
京都タワーには入場料を払えば登ることができます。

京都タワー展望室からの眺望 無料画像 写真素材

その展望室は地上100mの高さ。
エレベーターがへんな形をしています。

京都タワー展望室からの眺望 無料画像 写真素材


展望階は東京タワーをすごくこぢんまりさせたようなかんじ。360度ガラス張りで外側の赤い鉄骨枠で補強されています。

京都タワー展望室からの眺望 無料画像 写真素材


でも、五山が全部見えたり、清水寺や東福寺、東西本願寺、東寺、三十三間堂などの有名なお寺が見えたり、京都らしい景色が楽しめます。
水族館でいるかがジャンプするのも見えます。

京都タワー展望室からの眺望の無料画像 写真素材

フレキシブルな構造物です。じっと立っていると地面がゆーらゆーらと揺れているのがわかります。風もモロに当たりますから。

京都タワー展望室からの眺望 無料画像 写真素材

中から見るタワーのてっぺん。

京都タワー展望室からの眺望 写真素材


すぐ下に京都駅。

京都タワーから京都駅

ひとが慌ただしく行き交う北口。

京都タワーから見る京都駅の写真素材

京都駅や郵便局の向こうに東寺の五重塔。

京都タワーから東寺 無料画像 写真素材

東寺五重塔。日本電産本社ビルも見えます。

京都タワー展望室から見る東寺 写真素材


夕暮れの景色。

夕暮れ 京都タワー展望室からの眺望 フリー写真素材


夕暮れの景色。

夕暮れ 京都タワー展望室からの眺望 フリー写真素材


夕暮れの景色。

夕暮れ 京都タワー展望室からの眺望 フリー写真素材


東寺さんのライトアップも見下ろしましょう。

夜 京都タワー展望室からの眺望 フリー写真素材


きよみずさんのライトアップも見渡しましょう。

夜 京都タワー展望室からの眺望 フリー写真素材


蒼くライトアップされた京都タワーは展望室の中もブルーです。

夜 京都タワー展望室 フリー写真素材

夜 京都タワー展望室 フリー写真素材

双眼鏡の画質がすごくて、夜でも遠くを歩くひとの顔まではっきり見えてしまいます。

夜 京都タワー展望室 フリー写真素材


きらびやかな年の瀬の京都駅。向こうに小さく東寺の五重塔が光ります。

夜 京都タワー展望室 フリー写真素材




京都タワーの見える景色はこちら

京都タワー  無料画像 写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

本栖寺

案内 写真はクリックすれば拡大

小栗栖の丘の上に建つ本栖寺さんの写真です。

本堂。

本栖寺の写真素材

ほかに開運堂や源頼政の塚などがあります。
まわりは広い桃山霊苑と老人ホーム。

鐘楼のところが見晴らしが良いです。

本栖寺の写真素材

日野や宇治の街が見えます。この写真と別の方角には伏見桃山城。遠いですが生駒山、大阪のビル群まで見渡すことができます。

本栖寺の写真素材


高低差があるので車で行くことになりますが、細い道もなく行きやすいです。
駐車場も充実していて、桃山霊苑はなかなか良さそうです。


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

舞鶴 五老ヶ岳

案内 写真はクリックすれば拡大

車で山頂に登れば、舞鶴湾の素晴らしい眺望が広がる五老ヶ岳
五老スカイタワーに登れば、さらに景色は広がります。
晴れた日に行きたい舞鶴の絶景スポットです。

五老スカイタワー。

五老ヶ岳の写真素材


五老ヶ岳からの眺め。

五老ヶ岳の写真素材

五老ヶ岳の写真素材

桜の季節に対岸から見た五老ヶ岳

五老ヶ岳の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

大岩山

案内 写真はクリックすれば拡大

大岩山の写真です。
展望所があり、西側の眺望が開けています。
ゴルフ場がなくなってからはソーラーパネルだらけになって少し不安。

大岩山の写真素材


東側から見る大岩山。

大岩山の写真素材


西側から見る大岩山。

大岩山の写真素材


山頂近くには大岩神社があります。かつては伏見稲荷と並ぶほどの信仰を集めたこともあったようですが、いまは訪れる人も少なく、神社も無住の状態になっています。

大岩神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

酒解神社

案内 写真はクリックすれば拡大

天王山の上のほうに建つ酒解神社の写真です。

酒解神社の写真素材


ふもとからもよく見れば、白い鳥居が見えます。

酒解神社の写真素材

創建は奈良時代。

酒解神社の写真素材

天王山の山頂は境内を抜けて、もう少し。

酒解神社の写真素材

鳥居越しの眺望はなかなかのもの。
すぐそばに旗立台の展望台もあります。

酒解神社の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

将軍塚(市営展望台)

案内 写真はクリックすれば拡大

京都で通称「将軍塚」と呼ばれているのが駐車場のところの市営展望台です。
夕立のあとの見事な夕焼け。

将軍塚市営展望台の夕焼の写真素材


(将軍の埋まっている本当の将軍塚は、将軍塚大日堂の庭園の中にあります。)
将軍塚青龍殿の写真はこちら。
ここでは市営展望台のほうの写真を掲載します。

将軍塚市営展望台の写真素材


薄明光線。

薄明光線 将軍塚市営展望台の写真素材


薄明光線 将軍塚市営展望台の写真素材

西の山に沈む夕日の写真。

将軍塚市営展望台からの夕日の写真素材


思いついたときに気軽に車で行ける展望台です。

将軍塚市営展望台からの夕日の写真素材

カップルも多いし、カメラを持ったひとも多いです。

将軍塚市営展望台からの夕日の写真素材


将軍塚市営展望台からの夕日の写真素材

将軍塚市営展望台からの景色の写真素材


日が暮れました。

将軍塚市営展望台からの景色の写真素材


本日の京都タワーは紫色。

将軍塚市営展望台 夜景の写真素材

将軍塚市営展望台からの夜景。

将軍塚市営展望台からの夜景の写真素材

京都駅・京都タワー東寺の五重塔など。

将軍塚市営展望台の夜景の写真素材



このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

将軍塚青龍殿(将軍塚大日堂)

案内 写真はクリックすれば拡大

青蓮院の飛地境内である将軍塚青龍殿の写真です。

将軍塚青龍殿の写真素材


将軍塚青龍殿の写真素材


将軍塚青龍殿の写真素材


2014年秋に青龍殿が完成し、北展望台や庭園も新しくなりまた公開されるようになりました。

将軍塚大日堂の展望台


将軍塚青龍殿の写真素材

青龍殿。庭園が広いので小さく見えますが、かなり大きな建物です。

将軍塚青龍殿の写真素材


新たに作られた枯山水庭園。

将軍塚青龍殿の写真素材

将軍塚青龍殿の写真素材


将軍塚大日堂の枯山水

2013年5月で長い休園に入るその前の将軍塚大日堂の写真です。

将軍塚大日堂の青もみじ

西展望台。たいへんな高さにも関わらず、まわりの樹々がどんどん伸びて眺望を遮ります。
将軍塚大日堂の展望台

山の上に見えるのが青龍殿。手前は真如堂の三重塔です。

将軍塚の写真素材


鴨川デルタの賀茂大橋から見る青龍殿と西展望台。

将軍塚青龍殿の写真素材


将軍塚青龍殿ができて、舞台も庭園も大改修されました。順路は以前の逆回りになりました。秋にはライトアップもあります。

将軍塚大日堂の紅葉の写真素材


混雑せずにと書きましたが、3連休の中日に行きましたら、駐車場に入るまでたいへんな時間がかかりました。青龍殿ができてからはメディアでの紹介がだいぶん増えましたね。

将軍塚大日堂の紅葉の写真素材

眺望も素晴らしいです。京都御苑が全部見えています。

将軍塚大日堂の紅葉の写真素材

将軍塚大日堂の紅葉です。

将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材

庭園が広いのとアクセスが車に限られるのとで、あまり混雑せずに紅葉を楽しめる場所です。

将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材

将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材

将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材


雨が激しく降ったあとにはこんな景色が広がっていました。(青龍殿のなかでかなり長いあいだ雨宿りしました。)

将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材


将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材


将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材

将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材


将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材

将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材

将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材

将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材

将軍塚青龍殿の紅葉の写真素材

霧の出た冬の朝の大日堂。

将軍塚青龍殿の写真素材


このページをシェアする。


画像を右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
または、画像をクリックして原寸大の写真を表示してから、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。

お持ちのウェブサイトに当サイトへのリンクを貼っていただければ、無料でお使いいただけます。ウェブサイトが無い場合はこちらをごらんください。)

インスタグラム、見ていただけるとうれしいです。→ 最近撮った京都写真を見てみる

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2022年6月 [2]
  2. 2022年4月 [1]
  3. 2022年3月 [1]
  4. 2022年2月 [1]
  5. 2022年1月 [7]
  6. 2021年12月 [8]
  7. 2021年11月 [1]
  8. 2021年10月 [4]
  9. 2021年9月 [3]
  10. 2021年7月 [1]
  11. 2021年6月 [3]
  12. 2021年5月 [3]
  13. 2021年4月 [1]
  14. 2021年3月 [2]
  15. 2021年2月 [1]
  16. 2020年12月 [3]
  17. 2020年11月 [4]
  18. 2020年10月 [29]
  19. 2020年8月 [34]
  20. 2020年7月 [10]
  21. 2020年6月 [8]
  22. 2020年5月 [21]
  23. 2020年4月 [8]
  24. 2020年3月 [6]
  25. 2020年2月 [4]
  26. 2020年1月 [26]
  27. 2019年12月 [6]
  28. 2019年11月 [2]
  29. 2019年9月 [8]
  30. 2019年8月 [1]
  31. 2019年7月 [10]
  32. 2019年6月 [25]
  33. 2019年5月 [8]
  34. 2019年4月 [16]
  35. 2019年3月 [19]
  36. 2019年2月 [11]
  37. 2019年1月 [12]
  38. 2018年12月 [15]
  39. 2018年11月 [16]
  40. 2018年10月 [67]
  41. 2018年9月 [63]
  42. 2018年8月 [55]
  43. 2018年7月 [29]
  44. 2018年6月 [95]
  45. 2018年5月 [93]
  46. 2018年4月 [93]
  47. 2018年3月 [35]
  48. 2018年2月 [47]
  49. 2018年1月 [10]
  50. 2017年12月 [8]
  51. 2017年11月 [7]
  52. 2017年1月 [4]
  53. 2016年12月 [27]
  54. 2016年11月 [10]
  55. 2016年7月 [1]
  56. 2016年6月 [1]
  57. 2016年4月 [1]
  58. 2016年1月 [1]
  59. 2015年12月 [5]
  60. 2015年8月 [3]
  61. 2015年6月 [4]
  62. 2015年5月 [2]
  63. 2015年3月 [3]
  64. 2014年12月 [2]
  65. 2014年11月 [5]
  66. 2014年10月 [1]
  67. 2014年9月 [3]
  68. 2014年6月 [7]
  69. 2014年5月 [4]
  70. 2014年4月 [1]
  71. 2014年3月 [3]
  72. 2014年2月 [6]
  73. 2014年1月 [9]
  74. 2013年12月 [3]
  75. 2013年9月 [3]
  76. 2013年8月 [3]
  77. 2013年5月 [6]
  78. 2013年4月 [14]
  79. 2013年3月 [7]
  80. 2013年2月 [2]
  81. 2013年1月 [4]
  82. 2012年12月 [4]
  83. 2012年11月 [7]
  84. 2012年10月 [9]
  85. 2012年9月 [8]
  86. 2012年8月 [16]
  87. 2012年7月 [2]
  88. 2012年6月 [1]
  89. 2011年5月 [4]
  90. 2011年4月 [9]
  91. 2010年7月 [1]
  92. 2008年8月 [1]
  93. 2008年7月 [1]
  94. 2008年6月 [2]
  95. 2000年7月 [1]
  96. 2000年5月 [2]
  97. 2000年4月 [1]
  98. 2000年3月 [2]