sozai_head.jpg

タグ「相国寺」の一覧

相国寺の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大
移動しました。

このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

相国寺の紅葉

案内 写真はクリックすれば拡大

金閣寺や銀閣寺の親分ともいえる相国寺さんの紅葉の写真です。
鐘楼の前のカエデが真っ赤です。

相国寺の紅葉


方丈庭園の紅葉。

相国寺の紅葉


天井画「蟠龍図」があり、鳴き龍で知られる法堂の中から。(お許しを得て撮影)

相国寺の紅葉


承天閣美術館の前。

相国寺の紅葉

紅葉の時期にもっとも見たい開山堂。
秋の特別拝観のときだけ見ることができます。

相国寺の紅葉


逆光がちょっとつらい午後。
朝と夕方が良い光だと教えていただきましたので、また機会があれば・・・。

相国寺の紅葉


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

相国寺

案内 写真はクリックすれば拡大

同志社大学に隣接する大きな境内を持つ相国寺さんの写真です。
世界遺産金閣寺&銀閣寺の親分としても有名ですね。

相国寺の夏景色


相国寺の雪景色。

相国寺の雪景色の写真素材

真夏の相国寺法堂の写真です。

相国寺の夏景色


お散歩の市民や通り抜けの学生さんの憩いの場でもあります。


相国寺の庫裏。

相国寺の庫裏


相国寺は臨済宗相国寺派の大本山。ショートディレイがかかる「泣き龍」として知られる丸い蟠龍図は法堂の天井にあります。(写真はありません。)

ここからは春の特別拝観。5月半ばです。

相国寺の大きくてシンプルな枯山水の方丈前庭。白砂が広がっています。

相国寺枯山水の写真素材

相国寺枯山水の写真素材

相国寺の写真素材


華頭窓から覗く枯山水。

相国寺の写真素材


裏側へ回ると、緑いっぱいの大きな裏方文庭園。
写真ではこのサイズ感が伝わらないのが残念。
市街地であることをしばらく忘れてしまいますが、学校のチャイムが鳴るので現実に引き戻される。

相国寺枯山水の写真素材


法堂のまわりのとても背の高い山桜。

相国寺の桜の写真素材

相国寺の桜の写真素材

大きな桜が咲き、華やぐ春の裏方文庭園。

相国寺枯山水の桜の写真素材

相国寺枯山水の写真素材


正面から見る法堂。

相国寺の夏景色

鐘楼のそばに建つ宗旦稲荷。

相国寺の宗旦稲荷の写真素材


宗旦稲荷。

相国寺の宗旦稲荷の写真素材


宗旦稲荷。

相国寺の宗旦稲荷の写真素材


宗旦稲荷の反対側には弁天社。

相国寺の弁天社の写真素材

相国寺の弁天社の写真素材

境内には承天閣美術館も。



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年9月 [5]
  2. 2021年8月 [2]
  3. 2021年7月 [2]
  4. 2021年6月 [2]
  5. 2021年5月 [3]
  6. 2021年4月 [3]
  7. 2021年3月 [4]
  8. 2021年2月 [1]
  9. 2021年1月 [1]
  10. 2020年12月 [3]
  11. 2020年11月 [1]
  12. 2020年10月 [8]
  13. 2020年8月 [28]
  14. 2020年7月 [6]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [26]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [67]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [57]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [93]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [34]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [10]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]