sozai_head.jpg

タグ「琵琶湖」の一覧

琵琶湖疏水

案内 写真はクリックすれば拡大

琵琶湖疏水の写真です。
山科の本圀寺さんの東側。

琵琶湖疏水の写真素材


本圀寺へと渡る赤い橋が見えます。夕暮れの写真です。

琵琶湖疏水の写真素材

一燈園から安朱へとつながるトンネル。

琵琶湖疏水のトンネルの写真素材

琵琶湖疏水の山科あたりの紅葉写真です。
疏水は特に紅葉の名所ではありませんが、ところどころにはっとするほど赤いカエデを見ることができます。
桜の紅葉や他の樹々の黄色い葉っぱもきれいです。


安朱橋の東側の鮮やかなカエデ。

琵琶湖疏水の紅葉

琵琶湖疏水の紅葉


夕焼。

琵琶湖疏水の写真素材


琵琶湖疏水の写真素材


安祥寺橋の少し西。

琵琶湖疏水の紅葉


もう少し西へ歩けば天智天皇の御陵。

琵琶湖疏水の紅葉


朝日が当たると輝きます。

山科 琵琶湖疏水の紅葉

本圀寺に渡る橋。

山科 琵琶湖疏水の紅葉


山科 琵琶湖疏水の紅葉


第二トンネルの東側。

琵琶湖疏水の紅葉


東福寺あたり。

琵琶湖疏水の写真素材

藤森あたり。

琵琶湖疏水の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

琵琶湖疏水の雪景色

案内 写真はクリックすれば拡大

山科の琵琶湖疏水の雪景色です。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材


桜と菜の花で有名な安朱橋から西のほうを見て。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材


安朱橋から東のほうを。よく雪の降る朝。

琵琶湖疏水の雪景色


雪が止みました。

琵琶湖疏水の雪景色 安朱橋


別の年の写真。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材


西側を向いて。

琵琶湖疏水の雪景色の写真素材

正嫡橋と山科疏水。橋を渡れば本圀寺。

雪の本圀寺の写真素材と山科疏水

琵琶湖疏水の桜はこちら


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

琵琶湖疏水の桜

案内 写真はクリックすれば拡大

山科疏水

桜のピンクと菜の花の黄色、目に鮮やかなコラボレーションが見られる琵琶湖疏水のお花見のベストスポット安朱橋です。日没の写真です。
疏水 桜と菜の花の写真素材

疏水 桜と菜の花の動画素材

こちらは昼間の安朱橋。


次は朝一番の光る桜。

琵琶湖疏水の桜の写真素材


また別の年。少しずつ違う。

疏水 桜と菜の花の写真素材


少し東へ移動して、一燈園あたりの桜。

疏水 桜と菜の花の写真素材

岡崎疏水

岡崎疏水の桜。満開の中を十石船が行きます。 「岡崎さくら回廊十石舟めぐり」
疏水 桜と船の写真素材

桜の向こうは東山。南禅寺の山門も見えます。

疏水 桜と十石船の写真素材


乗ってみるとけっこうスピードがあって爽快です。
橋のくぐるときに屋根が下がるのがおもしろい。

疏水 桜と十石船の写真素材


夕暮れの岡崎疏水。

疏水 桜と船の写真素材

光の中を十石船が行きます。

疏水 桜と船の写真素材


しばらくすると船溜まりで折り返して帰ってきます。

疏水 桜と船の写真素材


もうすぐ日没。

疏水 夕日と桜の写真素材

松ヶ崎疏水

このあたりは桜が満開でも普通の日常生活の朝。
松ヶ崎疏水の写真素材

松ヶ崎疏水の写真素材


藤森疏水


疏水を渡る京阪電車と桜。
京阪電車と疏水と桜の写真素材


名神高速道路が見えます。

京阪電車と疏水と桜の写真素材


伏見インクライン


むかしはここにもインクラインがありました。
濠川と名前が変わって、その上を近鉄が渡ります。
近鉄電車と桜の写真素材




琵琶湖疏水の桜写真をもっと見る


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年8月 [1]
  2. 2021年7月 [2]
  3. 2021年6月 [2]
  4. 2021年5月 [4]
  5. 2021年4月 [3]
  6. 2021年3月 [4]
  7. 2021年2月 [1]
  8. 2021年1月 [1]
  9. 2020年12月 [3]
  10. 2020年11月 [2]
  11. 2020年10月 [8]
  12. 2020年9月 [1]
  13. 2020年8月 [17]
  14. 2020年7月 [4]
  15. 2020年6月 [2]
  16. 2020年5月 [22]
  17. 2020年4月 [4]
  18. 2020年3月 [8]
  19. 2020年2月 [4]
  20. 2020年1月 [27]
  21. 2019年12月 [6]
  22. 2019年11月 [2]
  23. 2019年9月 [18]
  24. 2019年8月 [2]
  25. 2019年7月 [10]
  26. 2019年6月 [35]
  27. 2019年5月 [11]
  28. 2019年4月 [18]
  29. 2019年3月 [2]
  30. 2019年2月 [18]
  31. 2019年1月 [12]
  32. 2018年12月 [16]
  33. 2018年11月 [20]
  34. 2018年10月 [64]
  35. 2018年9月 [80]
  36. 2018年8月 [67]
  37. 2018年7月 [33]
  38. 2018年6月 [94]
  39. 2018年5月 [105]
  40. 2018年4月 [101]
  41. 2018年3月 [35]
  42. 2018年2月 [37]
  43. 2018年1月 [7]
  44. 2017年12月 [11]
  45. 2017年11月 [12]
  46. 2017年10月 [2]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [32]
  49. 2016年11月 [13]
  50. 2016年7月 [2]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [8]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [5]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [4]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [5]
  63. 2014年6月 [9]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [8]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [4]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年6月 [1]
  72. 2013年5月 [11]
  73. 2013年4月 [14]
  74. 2013年3月 [8]
  75. 2013年2月 [2]
  76. 2013年1月 [4]
  77. 2012年12月 [5]
  78. 2012年11月 [12]
  79. 2012年9月 [16]
  80. 2012年8月 [23]
  81. 2012年7月 [2]
  82. 2012年6月 [1]
  83. 2012年2月 [2]
  84. 2011年5月 [5]
  85. 2011年4月 [9]
  86. 2010年7月 [1]
  87. 2008年8月 [1]
  88. 2008年7月 [1]
  89. 2008年6月 [2]
  90. 2000年7月 [1]
  91. 2000年5月 [2]
  92. 2000年4月 [1]