sozai_head.jpg

タグ「猫」の一覧

光雲寺

案内 写真はクリックすれば拡大

哲学の道の少し西の光雲寺さんの写真です。
遠くから見る桜の光雲寺

光雲寺 桜の写真素材


夕方の桜の光雲寺

光雲寺 桜の写真素材


秋です。朝一番の強い光を浴びてカエデが真っ赤になりました。

光雲寺 紅葉の写真素材


やっぱり紅葉は朝がいいですね。

光雲寺 紅葉の写真素材


光雲寺 紅葉の写真素材

玄関前に菊が置かれています。

光雲寺 紅葉の写真素材


紅葉のお庭の写真。小川治兵衛が作庭した池泉廻遊式庭園です。

光雲寺 紅葉の写真素材

梅の咲くのが待ち遠しい冬の光雲寺

光雲寺 冬の写真


光雲寺 冬の写真

裏手の哲学の道にのぼってくるとネコがたくさんいます。

哲学の道のネコ 光雲寺の写真素材


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

行願寺(革堂)

案内 写真はクリックすれば拡大

御所の南側、寺町通り沿いに建つ行願寺さんの写真です。
お参りする人の多い町なかのお寺です。

行願寺(革堂)の写真素材


創建は1004年と古いですが、町なかのお寺の宿命で、何度も火災に遭い移転をくり返しています。
現在地には1708年頃に建ちました。

行願寺(革堂)の写真素材

木漏れ日を浴びる石仏。

石仏 行願寺(革堂)の写真素材


藤袴といえば革堂さん。
境内ぜんぶ藤袴というくらいたくさんの鉢が置かれています。

行願寺(革堂)の写真素材

10月です。

行願寺(革堂)の写真素材


絶滅寸前といわれた花ですが、多くのかたの努力により最近はあちこちで見かけるようになりました。

行願寺(革堂)の写真素材

行願寺(革堂)の写真素材

行願寺(革堂)の写真素材


花に誘われて、アオスジアゲハがひらひら。

行願寺(革堂)の写真素材

アサギマダラも来ています。

行願寺(革堂)の写真素材

ネコが何匹かいます。

行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花咲く7月の境内。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材


ガラスに映る白とピンク。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材


空は快晴。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材


蜘蛛の糸も輝く。

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材

蓮の花 行願寺(革堂)の写真素材



このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

猫寺(称念寺)

案内 写真はクリックすれば拡大

猫寺と呼ばれる称念寺さんの門前の写真です。
猫の恩返しの伝承が知られています。写真に見える松の木は「猫松」。

猫寺(称念寺)の写真素材

生きているネコの写真はこちら


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

京都の猫

案内 写真はクリックすれば拡大

京都で見かけた猫の写真を並べていきます。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


紅葉の陰の白ネコ。

奥嵯峨のネコと紅葉の写真素材

桜と菜の花で有名な安朱橋を渡るネコ。ネコにはネコの通り道があります。

疏水のネコの写真素材

満開のモッコウバラの下の黒ネコ。金戒光明寺境内で。

京都の猫の写真素材

来迎院さんの暖かな縁側でネコが手をペロペロ。
ガラスには真っ盛りの紅葉が映ります。

泉涌寺 来迎院「含翠庭」の猫の写真素材


そのあと寝てしまいました。11月にしては暖かすぎる日。

京都の泉涌寺来迎院のネコの写真素材

梅宮大社さんのネコ、縁側で昼寝中。

梅宮大社のネコの写真素材

千本釈迦堂さんのネコ、木材のうえで昼寝中。

千本釈迦堂のネコの写真素材

千本釈迦堂のネコの写真素材


クロネコは距離を保って見ています。

千本釈迦堂のネコの写真素材

千本釈迦堂のネコの写真素材


菅大臣神社のネコ。

菅大臣神社のネコの写真素材


さっそうと通り過ぎて行きました。

菅大臣神社のネコの写真素材

伏見稲荷大社にはたくさんの猫がいます。
キツネ......ネコ。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


キツネと同じポーズのネコ。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


ガオー。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


灯籠のなかは居心地が良いようです。見ているとこの高さに地面からスッと登ります。
すごい身体能力です。

京都の伏見稲荷大社の灯籠ネコの写真素材


涼しくなって活動開始。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材

キツネ・キツネ・キツネ・キツネ・ネコ。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


熊鷹社のそばの新池(谺ヶ池)のほとりで。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


リラックスムード。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材

コンコン様に守られて安心。
ここなら気づくひとも少ないようです。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材

夕方、お山へ帰ります。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


黄昏時のクロネコ。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材

飲んだくれて寝ているクロネコ。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


子猫もいます。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


冒険に出ます。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材

ジャンプ。
ぶれた。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


ネコピラミッド。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


猫の写真素材


風の吹き渡る涼しいところで寝ています。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


たまにちょっと伸びをしたり、

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


あくびしたり、

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材

寝返りを打ったり、

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材

ヒマそうな伏見稲荷のネコです。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材

「そこはあかんよ。」
神職さんに追い出されました。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


それでもこういうところに納まりたがる。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


鳥居の礎石のくぼみに納まります。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材

見るからに親子。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


賽銭箱のしたに潜む。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


狛犬とネコ。ここも安全な場所です。

京都の伏見稲荷大社のネコの写真素材


柵の向こうからこちらをじっと見るネコ。将軍塚。

京都の将軍塚のネコの写真素材

見張りをするネコ。将軍塚。

猫の写真素材

一匹があいさつしに来てくれました。

京都の将軍塚のネコの写真素材


なんかなれなれしい。

京都の将軍塚のネコの写真素材


大谷本廟の池のまわりで暮らしているようです。

京都の大谷本廟のネコの写真素材


哲学の道ではたくさんのネコに出会います。

哲学の道のネコの写真素材


哲学の道。

哲学の道のネコの写真素材

哲学の道。日没の迫る光雲寺さんの裏手にて。

哲学の道のネコの写真素材


眺めの良い特等席のようです。

哲学の道のネコの写真素材

桜も満開です。

哲学の道のネコの写真素材


藤袴の花だらけの革堂さんの境内にネコ。

猫の写真素材

蝶々の向こうをネコがすーっと通り過ぎます。

猫の写真素材


ひとはひとりもいなくて、ネコ一匹。
最初、タヌキかと思った。金蔵寺さん。

京都の金蔵寺のネコの写真素材

紅葉の石清水八幡宮境内で。

京都の猫の写真素材

宝ヶ池のネコ。夏。ヒマそうだ。
いまは鹿のほうが多くなってしまいました。

猫の写真素材


塀のうえでくつろぐネコ。

猫の写真素材

狛ネコ。

狛猫の写真素材


ネコ、困っている顔。

猫の写真素材


椿とネコ。退蔵院さんの入り口。

猫の写真素材

笠置山の笠やん。

猫 笠置山の笠やんの写真素材

木陰、岩陰の笠やん。

猫 笠置山の笠やんの写真素材


鳥獣戯画のネコ。

鳥獣戯画のネコの写真素材


ネコはひとが見ていないとき立って歩く。

猫人の写真素材


なかなか岩合光昭さんみたいにはうまくいかないなあ。


このページをシェアする。


画像をクリックして原寸大の写真を表示したら、右クリックで「名前を付けて画像を保存」。
当サイトへのリンクを記載すれば、無料でお使いいただけます。印刷物や放送に使用する場合も、お手数ですが、HPやブログなどからのリンクをお願いします。)

このページの上部へ

五十音順索引

↑お探しの場所がはっきりしている場合はこちらから。

ご案内



よく使われる写真


京都のgif写真素材
↑たとえばこんな写真を掲載しています。

サイト内検索

カテゴリ

月別アーカイブ

  1. 2021年12月 [2]
  2. 2021年10月 [3]
  3. 2021年9月 [3]
  4. 2021年8月 [1]
  5. 2021年7月 [2]
  6. 2021年6月 [2]
  7. 2021年5月 [3]
  8. 2021年4月 [2]
  9. 2021年3月 [2]
  10. 2021年2月 [1]
  11. 2020年12月 [3]
  12. 2020年11月 [1]
  13. 2020年10月 [22]
  14. 2020年8月 [34]
  15. 2020年7月 [10]
  16. 2020年6月 [8]
  17. 2020年5月 [21]
  18. 2020年4月 [8]
  19. 2020年3月 [6]
  20. 2020年2月 [4]
  21. 2020年1月 [26]
  22. 2019年12月 [6]
  23. 2019年11月 [2]
  24. 2019年9月 [18]
  25. 2019年8月 [1]
  26. 2019年7月 [10]
  27. 2019年6月 [30]
  28. 2019年5月 [8]
  29. 2019年4月 [16]
  30. 2019年3月 [19]
  31. 2019年2月 [10]
  32. 2019年1月 [12]
  33. 2018年12月 [15]
  34. 2018年11月 [16]
  35. 2018年10月 [67]
  36. 2018年9月 [63]
  37. 2018年8月 [54]
  38. 2018年7月 [31]
  39. 2018年6月 [95]
  40. 2018年5月 [96]
  41. 2018年4月 [94]
  42. 2018年3月 [35]
  43. 2018年2月 [49]
  44. 2018年1月 [10]
  45. 2017年12月 [8]
  46. 2017年11月 [10]
  47. 2017年1月 [4]
  48. 2016年12月 [27]
  49. 2016年11月 [10]
  50. 2016年7月 [1]
  51. 2016年6月 [2]
  52. 2016年4月 [1]
  53. 2016年1月 [1]
  54. 2015年12月 [5]
  55. 2015年8月 [3]
  56. 2015年6月 [4]
  57. 2015年5月 [2]
  58. 2015年3月 [3]
  59. 2014年12月 [2]
  60. 2014年11月 [5]
  61. 2014年10月 [1]
  62. 2014年9月 [3]
  63. 2014年6月 [7]
  64. 2014年5月 [4]
  65. 2014年4月 [1]
  66. 2014年3月 [3]
  67. 2014年2月 [6]
  68. 2014年1月 [9]
  69. 2013年12月 [5]
  70. 2013年9月 [3]
  71. 2013年8月 [2]
  72. 2013年6月 [1]
  73. 2013年5月 [6]
  74. 2013年4月 [14]
  75. 2013年3月 [7]
  76. 2013年2月 [2]
  77. 2013年1月 [4]
  78. 2012年12月 [4]
  79. 2012年11月 [8]
  80. 2012年10月 [9]
  81. 2012年9月 [8]
  82. 2012年8月 [16]
  83. 2012年7月 [2]
  84. 2012年6月 [1]
  85. 2011年5月 [4]
  86. 2011年4月 [9]
  87. 2010年7月 [1]
  88. 2008年8月 [1]
  89. 2008年7月 [1]
  90. 2008年6月 [2]
  91. 2000年7月 [1]
  92. 2000年5月 [2]
  93. 2000年4月 [1]
  94. 2000年3月 [2]